乗工社HOナロー・シェイについて

旧乗工社が製品化したHOナローのシェイ式蒸気機関車について
電車 ナローゲージ 軽便鉄道 hoナロー 鉄道模型
1
うかい @ke_ukai
誰か乗工社シェイの系譜について語ってほしいなぁ~
あららぎ先生のHOナローシェイ講座(第一夜)

さっそくあららぎ先生によるシェイ講座が開始。第一夜は乗工社シェイについて。

アララギ @araraxi
@ke_ukai 釣られました。製品化の発端はやはりダックスストーリーかと思います。初期製品のデザインは、On3カツミの13tonシェイの影響をモロに受けています。以下つづく。
アララギ @araraxi
【SHAY】乗工社のシェイ系譜:初期キット→ミシカル2(未塗完成のみ)→16tonTボイラー(塗装完成のみ)間でツカサ、ZOOの初期キットベースの特製品がある。
アララギ @araraxi
【SHAY】初期キットは、低いキャブのプロポーションとオイルバーニングのテンダー形状は13tonシェイから、いわゆるワゴントップのボイラーは引継がないで、ストレートとして広告では津軽のシェイを唱っていた。
アララギ @araraxi
【SHAY】初:ドーム形状はシェイでは、ほとんど見られない3ピース分割でデザインはBLW形状(注、ラウンドドームタイプでは)。これは×××。ヘッドライトは、初期のC51に付いていたような側面表示付きのもので、ユナイテッドのシェイの影響が
アララギ @araraxi
【SHAY】影響が見られる。つづく
アララギ @araraxi
【SHAY】動力の特徴:キャラメルを2段ウォームで減速、挽きモノが多くネジで固定できる反面、緩み遊びの加えて抵抗も大きい。台車も含めると5組のウォームの調整が必要。アゴ外しも特徴。
アララギ @araraxi
【SHAY】5組→3組+平ギャ
うかい @ke_ukai
ありがとうございますm(__)m 勉強になります。RT @araraxi: @ke_ukai 釣られました。
アララギ @araraxi
【SHAY】ギャの総数は18(記憶ですが)と1台の車両としては、最多クラスではないでしょうか。ベベルに拘らない製品化は、R150を可能にし、乗工社の一貫したコンセプトとも合致したものでした。
アララギ @araraxi
【SHAY】初期キットは、全軸駆動を諦めて前後台車1軸づつを駆動するなどの方法論、前後が±となっている電車型の集電を改めるなどがスムーズな走行のツボです。もちろんモーター交換も効果があります。
いないないばあっ! @skt48
あ、たしかにそうなってましたね。思い出した。しかしそのままでもキャラメルモータでスムーズに走ってくれてるように思いますが……音がうるさいけど。 RT @araraxi 前後が±となっている電車型の集電
アララギ @araraxi
@skt48 作る方が作ればキャラメルでも・・・上手く行かなかった人や、更に走行性能を求める議論とトライからの方法論です。
いないないばあっ! @skt48
@araraxi キャラメルモータの位置がオフセットしているというのもまたシェイらしくてなるほどと感心してたりしてました(苦笑)
アララギ @araraxi
【SHAY】雑誌掲載の見本、史前ネコ社のナローゲージモデル&ジオラマ以外では、乗工社の手による完成品は無かったかと思います。この辺りをご存知の方がいらっしゃれば、是非ご教示ください。
アララギ @araraxi
【SHAY】ミニランドのリベンジか、動物園の仕込、フェロースイスへの輸出ビジネスの米国展開版か、事情は推測の域を出ませんが、ミシカル2号機風が完成品で製品化されました。
アララギ @araraxi
【SHAY】発売は、西南海さんのサイトによると1984年だったようです。完成品で未塗装、輸出向けのHOn3もあったようです。
西南海 @nishinankai
@araraxi 今リストを見直しましたら、広告初出はとれいん誌の82年12月号のようです。
アララギ @araraxi
【SHAY】一見すると、初期キットのバリエーションに見えますが、走行系は一新されています。挽物の軸受けがプレスに改めてられ抵抗が軽減された他、平ギャが真鍮のみの組み合わせからデルリンが1つ置きに入るなどの見直しもされています。
アララギ @araraxi
【SHAY】台車の支持方法が柔らかなバネを組み合わせた線路への追従性の高いものとなった点は、見逃されがちですが、特筆すべき点だと思います。アゴ外しファンwにはフロント、エンドビームの大欠きが残念でした。
アララギ @araraxi
【SHAY】基本的なデザイン以外では、コイニングのマニアックなフレームがシンプルなものに変更されています。
アララギ @araraxi
【SHAY】2シリンダーのエンジンは残念ながら、初期キットのモノが受け継がれ、クランクケースタイプのまま、若番製造のシェイの特徴であるブラケットタイプには改められませんでした。
アララギ @araraxi
【SHAY】つづきは、マサハルの合間にでも・・・とりあえず弊ブログの画像、オノデラ兄と自分の並びです。双方ともそれなりにイジってあります。 http://t.co/Fntp9mIg
拡大
残りを読む(28)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする