古本じゃなく新刊を買ってほしいなぁと漫画家が呟いたら、何故か叩かれた

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ! 「漫画家の近藤ようこ先生 @suikyokitan が古本じゃなく新書を買ってほしいなぁとつぶやいていたら、いつのまにか叩かれていた。」 な… 何を言っているのか わからねーと思うが  おれも 何をされたのか わからなかった… 頭がどうにかなりそうだった… 催眠術だとか超スピードだとか 続きを読む
マンガ 古本 近藤ようこ void 新書
462
近藤ようこ @suikyokitan
お願いします…古本は著者の貧困を加速させます。それでも読んでいただけるのはありがたいのですが。 RT @orca0304: 古本屋さんに行くとまず最初にする事…近藤ようこさんの本がないかチェック。ほとんどの著作を古本で購入していたので(汗)、新作は必ず新品で購入しようと心に誓う。
近藤ようこ @suikyokitan
私の本はすぐ絶版になって、古本以外に入手できないという事情もあるのです。でもまだ生きている本もあるので、いちおうamazonとかでチェックしていただけると幸いです。
近藤ようこ @suikyokitan
そうですね。何十年も売れ続ける本は、漫画でも小説でも奇跡的なごく一部ですね。 RT @ishikawajun: 俺は百冊以上本を出してるけどほとんど絶版だっていうと、俺だけ売れてないと思われるんだけど、誰が新刊出しても、よほど売れない限り何年か経てば絶版なんだよな。//
近藤ようこ @suikyokitan
だからこそ新刊の時には古書店じゃなくて、新本で買ってほしいなあ…まあ古本で買う価値しかない漫画家と判断するのも読者の自由なんだけど。私自身は古書店で買うのは絶版本だけだけど、それは私の方針なので人に押し付けるものでもないし。
近藤ようこ @suikyokitan
現在は大手で出した単行本はほとんど電子出版されているので、それもチェックしてほしい。そうでないと契約に縛られている意味がない。
本橋ゆうこ@『カゼキル』1巻10/25 @kuromog
@suikyokitan 自分の友人もこんな感じで漫画をネット配信してます。PC用のフリー配布のビューワみたいですが結構見やすいです。 http://t.co/r1rF9ssO これは見本の一話目で、続きの有料配信(予定)のほうはアプリにも対応してるサービスでDL配布するとかで。
近藤ようこ @suikyokitan
@kuromog 個人で配信する人も増えるんでしょうね。見るほうが「ネットの情報は只で当然」という認識を変えてくれたらいいんですが。
近藤ようこ @suikyokitan
本を出したら、「こんなのは本にせずにネットで只で読ませればいいのに」という書評があって驚いたなー。著者がどうやってご飯を食べているのかわからない人がいるのは想像できなかった。
Kusakabe Youichi @void_No3
それだけくだらないないようだと言う書評なのでは? RT @suikyokitan: 本を出したら、「こんなのは本にせずにネットで只で読ませればいいのに」という書評があって驚いたなー。著者がどうやってご飯を食べているのかわからない人がいるのは想像できなかった。
近藤ようこ @suikyokitan
くだらないこととネットで只で読ませろとうのは違う次元の話です。 RT @void_No3: それだけくだらないないようだと言う書評なのでは? RT @suikyokitan: 本を出したら、「こんなのは本にせずにネットで只で読ませればいいのに」という書評があって驚いたなー。/
Kusakabe Youichi @void_No3
同じなのでは? 『こんなのは金とる価値がない』とその人が評したというだけのことでしょ? RT @suikyokitan: くだらないこととネットで只で読ませろとうのは違う次元の話です。 RT @void_No3: それだけくだらないないようだと言う書評なのでは?
近藤ようこ @suikyokitan
私個人の本に価値がないというのはその人の判断ですが、ネット云々は創作物全般に対価を払うか どうかという話です。RT @void_No3: 同じなのでは? 『こんなのは金とる価値がない』とその人が評したというだけのことでしょ? RT @suikyokitan: くだらない//
Kusakabe Youichi @void_No3
というか、あなたには読者が『自分のおまんま食う金』をけずって払って読んでいる感覚がぬけている。だからこそあんな発言になわけで、きっと独りよがりの著作を書いているんだと予想できます。 RT @suikyokitan: 私個人の本に価値がないというのはその人の判断ですが…
Kusakabe Youichi @void_No3
ネット云々の問題に矮小化しようとしていますが、ようするにその読者は『くだらない。金払う価値がない』(たとえば)ネットで『タダならば』読んでやってもいい、とあなたの著作を評したというだけのことでしょ? RT @suikyokitan: ネット云々は創作物全般に対価を払うか どうかと
Kusakabe Youichi @void_No3
まずい料理に『こんなのはタダで配ればいい』と誰か言ったら、金を出す価値がないと評しただけの話。その人を『料理店がどうやって生活費を稼いでいるかという視点を持たない人』だということにしてしまいたい人は、自分の作品に『当然価値がある』と思い込みたいだけでは? @suikyokitan
ついっとん @gonna55
「予想」、大ハズレです。近藤ようこさんの作品、買って読んでみてください。 RT @void_No3: というか、あなたには読者が『自分のおまんま食う金』をけずって払って読んでいる感覚がぬけている。だからこそあんな発言になわけで、きっと独りよがりの著作を書いているんだと予想できます
Kusakabe Youichi @void_No3
はい、そのうち機会があれば…立ち読みしてみます;) (数ペイジ読んでから買うかどうかは決めます) RT @gonna55: 「予想」、大ハズレです。近藤ようこさんの作品、買って読んでみてください
ペンギンごはん @p_gohan
@suikyokitan @void_No3 ある作品に お金を取る価値があるか無いかを判断するには、まずお金を払ってそれを買う必要があります。そうして初めて、「くだらない!金返せ!」と言えるのだと思います。ネットフリー云々はまた話が別なのではないかと思います。
Kusakabe Youichi @void_No3
そりゃ『金返せ』は前払いじゃなきゃいえないのはあたりまだろうに。 RT @p_gohan: @suikyokitan ある作品に お金を取る価値があるか無いかを判断するには、まずお金を払ってそれを買う必要があります。そうして初めて、「くだらない!金返せ!」と言えるのだと思います。
後藤寿庵 @juangotoh
げ、近藤ようこさんとvoid_No3さんが会話してる。いや別に「げ」とかいう話でもないが
田中ほさな@「川島芳子は男になりたい」2巻7月発売予定! @tanakahosana
ただで売ってる肉まんやハンバーガーがあったらさぞかし異様だろうに、ネット上の情報や創作物だとそうは受け取られない不思議。これは一体どういう錯誤なんだろう?
近藤ようこ @suikyokitan
@tanakahosana というか、まずいもの食べさせれたら「こんなんで金とるな!」と怒ることはあっても「ただで配れ!」とは私なら言いませんが、この人は言うんでしょうね。
近藤ようこ @suikyokitan
@tanakahosana まずいものはただで配っても誰も喜ばないし、ただにするかどうかは作った人が決めることなんですけどね。
Kusakabe Youichi @void_No3
自分の作品を『タダなら読んでもいい』とか評価する客がいたとき、『どうウケが悪かったのだろう?』と反省するか『オレの作品の価値がわからんやつめ』と無視するかとかなら話はわかるが、『著作者がどうおまんま食ってるのかがわかってないやつ』だと思い込もうとするのは精神的に問題かかえている人
ばんじゃく @banjyaku
@void_No3  お金を支払って著作を買っていただいた読者に対して、「作家だって生きなきゃなんないんだから内容のないつまんない本だって出さなきゃなんないのよ!グダグダ言うな!」って言ってる様なものですよね。
残りを読む(19)

コメント

さあにん@山本直人 @sarnin 2012年7月15日
昔、PCソフトをコピー所持している人がいて、その理由を聞いたら「お金を払う価値がないから」と返答された。私はそれに対して「ではその価値のないものを何故あなたは所持しているのか? 価値がないならコピーして遊んだとしても捨てればいい」と尋ねると、その人はコピー所持を止めた。百歩譲ってその作品を体験するまでは無料で良いとしても、それを楽しめたり何かを感じたなら対価を払うことを迷わないようにしたいと思う。
キャズムの住人たちばな せいいち @S_T 2012年7月15日
読者が『自分のおまんま食う金』をけずって払って読んでいるの下りで衣食足りて礼節を知るって本当だなと思った。衣食削ったらいかんよ。
Naruhito Ootaki @_Nekojarashi_ 2012年7月15日
大抵の場合、「金を払う価値がない」ってのは言い訳でしかないんだよね。“盗んだ”ことに対するやましさの言い訳。
Naruhito Ootaki @_Nekojarashi_ 2012年7月15日
あと、「正価の価値はない」という意見はありだけど、古本の場合は著者には1円も還元されないって現状があるのが難しいところ。買う側にはディスカウントだけど作る側は何も得られない。定価1,000円の本について「私には300円の価値」と古本を選ぶと、著者に入るのは3割どころか0割。
Anonymous Coward.jp @Anonymous_jp_ 2012年7月15日
作者が直接販売できるので、書籍の電子化に猛反発している。出版社が中抜き状態にされるのを怖がっているが…Amazon帝国にどれだけ抗うことができるかなぁ…
V厨 47歳(フリー) @vchu_ 2012年7月15日
多分叩いてた人にとって、近藤ようこ先生とその作品の内容なんか「どうでもいい」のだと思います。
黒い靴 @kvasskvass 2012年7月15日
こういう話題になるといつも、佐藤亜紀の「作家は飯食えない方がいい」という言葉を思い出す。void_No3という人がどういう「読者」なのかはまだわからない。
インデックス @braindex 2012年7月15日
一応参考に。あひるちゃんアイコンの人は、ネット上で1988年7月の書き込みが確認されてる。mixiで暴れてた時のまとめ記事//2005年8月 http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2005/08/voidkusakabemix_ef09.html
インデックス @braindex 2012年7月15日
しかしリンク先ブログの、これは承服しかねる。 >氏の主張はおおむね真であることが多い のである。 
殺仏殺祖煮豚 @porkofpork 2012年7月15日
本当に世界をちょっぴり体験したポルナレフみたいになった。何がなんだかわからない。
nekosencho @Neko_Sencho 2012年7月15日
ネットでただで配って意味があるのは、何かの宣伝くらいのものだよねえ。漫画家さんだと新作に向けての宣伝か、何か商品の宣伝漫画とか。無名な人なら自分の宣伝ってのもありだけど
mimkenjinno @mimkenjinno 2012年7月15日
Voidさんって手動スクリプトで有名なVoidさん?
あおじる @kale_aojiru 2012年7月15日
金を払う価値がないと思うのなら買わなければいいんじゃないの。いらないものを向こうから押しつけてくるのなら「タダにしろ」ってのも判らんでもないけど、「タダで配れ」ってのは違うよねえ。そもそも、金を払う価値もないものならタダでも要らないような気もするし
Neroli/miu @miumelodyofgold 2012年7月15日
一部参加者が謝罪したあともこっそりぐずぐず言ってるのが何だかな
小林虹介 @ya1212 2012年7月15日
「金返せ」と「無料で配れ」は問題が違うから同列で語っちゃいけないのに、語るから混乱が起きる
言葉使い @tennteke 2012年7月15日
いや、作家には印刷された時点でお金は支払われてるだろう、買ったらお金が入るてのは再版するかどうかであって、今の日本出版事情では売れたからといって再版されるとも限らないんじゃないだろか?知らないが。
言葉使い @tennteke 2012年7月15日
また岡田斗司夫が前に「一冊売れたって作者に支払われるお金なんて微々たるもんです」と言って、「ただ、多く売れると、それだけ次の本を(企画内容だったかな?)作るとき、作者の意見が通りやすくなるんです。ファンなら私の意見を読みたいでしょ?」みたいな。実物が手元に無いので違う可能性あり。
tomoconet @tomoconet 2012年7月15日
作家は作品を作るのが仕事。出版社や書店は本を売るのが仕事。「古本ではなく新書を買え」は出版社や書店が主張するのが筋。出版社や書店は作家を守るがの仕事。作家がクレームを入れる先は読者ではなく出版社や書店。
言葉使い @tennteke 2012年7月15日
「買わないけど落ちてたら広う」議論を目にする割には、初版○部のうち何割売れたら再版がかかって「買わないけど~」の人たちが実際どれだけいるんだかの検証は見ないな。
さあにん@山本直人 @sarnin 2012年7月15日
作家には刷られた時点で印税が…というのは、今は出版社によって異なる。なにより実売が出ないと担当者の次の企画や作者の次の本の部数に影響が出ます。あと、重版は何割売れたからかかるんじゃなく、在庫と注文のバランス関係。注文以上の在庫がある本は重版されない。
たかしまよしお @takashimayoshio 2012年7月15日
おまえの労働には金を払う価値がないから無給で働け。
言葉使い @tennteke 2012年7月15日
takashimayoshio サービス残業を押しつけるロジックが「おまえは就業時間中に仕事を終わらせられないんだから」が多いような。
うにら @riafeed 2012年7月15日
voidが相変わらずすぎてワロタ
巡礼者 @Hagiasophia765 2012年7月15日
これ、どっちの言い分も分かるなぁ。悪いけど。その上で書くけど、そろそろ、アートやホビーを市場原理のみ供給受容するシステムに限界が来てるんじゃないの?下らんものの積み重ねで傑作ができるかもしれん可能性には対応できんわけだしね。
巡礼者 @Hagiasophia765 2012年7月15日
正直、バリュージャッジで本の価格を決めないでくれ、筆者が生活できるかどうかで価格を決めてくれって言ってる方も、消費者には筆者の生活なんて関係ない。面白いかどうかが価格の全てだって言ってる方も、資本主義に踊らされているだけにしか見えん。
メトロン星人好き @alien_metron 2012年7月15日
void_No3ってmixiにいたKusakabeなんだ、大嫌いな奴だ、どうりで頭のおかしい奴だと思った
巡礼者 @Hagiasophia765 2012年7月16日
上の段で、無料の肉や食品が出てきたら、不気味じゃないの?ってコメントあったけど、これも的外れかな。たぶん、中古本購入している連中ってのは、デパ地下で試供品食ってるのと感覚変わらん。試供品に誰もカネ払わんし、不気味でもないだろ?
うにら @riafeed 2012年7月16日
というかそもそもの論点である中古書店に関してはブックオフの株主に印刷会社や大手出版社が並んでるのを知ってたら文句を言う先は客じゃないのはわかりそうなものだが・・・
巡礼者 @Hagiasophia765 2012年7月16日
中古本市場がなくなれば、さらに漫画離れが加速して、漫画読まない人口が増えるだけ。実際同じ危険性は著作権絡みで音楽業界でも指摘されている。漫画だけ描けばメシ喰えるようにしてくださいとか、それこそアタマおかしい。文楽も音楽も漫画も、資本主義下の市場原理って意味では、同じ土俵なんよ。すでに、土俵に向いていないだけ
七篠@ダイエット戦死 @CrowNanashino 2012年7月16日
お金を払う価値があるか否かってのは、作品に対する評価基準の一側面に過ぎないよね。商売としてマンガを描いてる以上、マンガ家が作品の対価を回収したいと願うのは当然のこと。つまらないマンガにお金を払いたくないと思うのは自由だけど、それは読む側の都合でしかない。それを描き手に押しつけるような主張は幼稚に過ぎる。
ひきがえる @ikebukuronomori 2012年7月16日
「お前ら漫画家なんて好きなことして生活の糧を得ているんだから、最低限の賃金でもいいだろ?俺らなんて好きでもない仕事して給料をもらってるんだから…。」みたいな話かwww
うにら @riafeed 2012年7月16日
まぁ実際に中古も違法アップもなくなれば読者も出版社も売れた実績のあるモノしか選ばなくなる傾向がますます強くなるのは容易に想像できる、それが近藤氏にとっていい話なのか悪い話なのかは知らない。
まさらっき@4日目 南ウ05b @masarakki 2012年7月16日
あれこのヒヨコkusakabeさんっぽい? と思ったら完全にkusakabeさんだったでござる
さあにん@山本直人 @sarnin 2012年7月16日
近藤さんのツイートを見ればわかるのだけど、中古を否定しているわけではない。著作が見つからないので中古で買っているという方に対して「amazonと電子書籍版もあるのでそちらも探して買ってくれると著者的には嬉しいし、いろいろ頑張れる」と言っているだけ。そこへ「価値がないものは無料にしろよ」とイチャモンを付けられている流れなんだけど。
かまやん @kamayan1980 2012年7月16日
あ、知ってる知ってる。これ羅生門で読んだ。
荒井禎雄 @oharan 2012年7月16日
(1)「タダなら見るけど有料なら」は現在の(PCでの)ネット利用者によく見られる意見。またそれが更に自己弁護の色を強くすると「こんなの金払う価値ないからタダなら見てやる」になり、最終的には万引き犯の言い訳のように「この程度の作品を読んで貰えただけありがたく思え」になる。
うにら @riafeed 2012年7月16日
絶版書籍しか扱わない中古書店となると規模を大幅に縮小せざるをえずかつその中古書籍の価格は必然的に(場合によっては元の販売価格よりも)上昇するので結局同じことに
きよりん @PBD86935 2012年7月16日
ASCII-NET時代の Void はもうちょっとまともな奴だったんだが、ぼけたか。
荒井禎雄 @oharan 2012年7月16日
(2)PCでネット接続している人間に特に多く見られるのだが、コンテンツは無料が当たり前で、どんな理由があろうとも有料コンテンツに対して反射的にツバを吐きかける、悪と看做すという謎の習性がある。作者・クリエイターの生活がどうなろうと知ったこっちゃなく、「オレ様はタダでWEBコンテンツを楽しめて当然」と考えるのだ。
荒井禎雄 @oharan 2012年7月16日
(3)こうした「有料ってだけで悪者扱い」という風潮が根付いてしまったせいでどうなったかというと、まず広告屋はネットが直接金にならないもんだから、少数のバカを騙して搾り取る詐欺や「ステマ」くらいしかやる事がなくなった。コンテンツに対して対価を払わない、ネット上のコンテンツは全て無料でなければいけないという原理主義者達が招いた結果である。ネットはあくまで導入口と割り切って、それ以外のどこかで金にするっていう。
まさらっき@4日目 南ウ05b @masarakki 2012年7月16日
これタイトルが酷いミスリードでkusakabeさんもタダにしろだなんて言ってないし多分この人は性格的に中古じゃなく新品を買う kusakabeさんは『「こんなのは本にせずにネットで只で読ませればいいのに」という書評 』をデコードしているだけ
うにら @riafeed 2012年7月16日
タダで見ようとする種の人間を見下したところで有料コンテンツに手を出すわけがないんだが
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2012年7月16日
ま、モラルがない人間には迎合しないけど、今の出版のシステムとかアレなために全面同意もできないんだよなぁ。出版社都合(多分作者の都合じゃない)で簡単に入手性がきわめて劣化するんだもん。安易に流れるのもいるだろうなぁ。
箸呂院マジチキ@note @kairidei 2012年7月16日
著作権問題なんかは米騒動になりうるんだろうか。
荒井禎雄 @oharan 2012年7月16日
(4)横道にそれたので戻すけれども、今回の一件では、まず金を払って作品を読んだ人間が「金を払う価値ない」と言っているなら認めなければならない。それは購入者による正当な批評である。またその後に「こんなの無料で読ませればいいのに」と続いても、実はちょいと考え方を変えたらそれほど間違った意見とは言えない。
My_last_bow @nasty_medicine 2012年7月16日
「漫画」に対する「作り手」と「読み手」の捉え方の違いだ。作り手:たとえそれが(読み手にとって)つまらないものであったとしても、時間と手間をかけて作ったものだから、その対価を受取る権利がある! 読み手:おれは作品の内容の「質」に金を払っている(つもりだ)。だから内容がつまらないのなら金を払う必要など無い! 金返せ!
荒井禎雄 @oharan 2012年7月16日
(5)さっきのステマの話に近付くが、【コンテンツを無料で公開する→作者・クリエイターの名前を売る→間接的に売り上げになる】というのはよくある手段だ。だから購入者が「この内容にいきなり金を払わされるのは辛いから、まずはネットで無料公開でもすればいいのに」という意味で言葉を発したのであれば、非常識だとは言い切れない。
よいやま @yoiyama_sk 2012年7月16日
「作家が読者の金の使い方まで指図すんじゃねえよ!」ってこと?
My_last_bow @nasty_medicine 2012年7月16日
自分としては何もなかったところから作品を創りだした、つまり「無」から「有」をつくりだしたのだから、それだけでもうお金を払ってもいいと思うんだけどなあ。読み手の満足度に合った価格設定を望むのなら…… うん! オークションだ!(笑)
荒井禎雄 @oharan 2012年7月16日
(6)結論として、この話がどこでこじれたかというと、金を払ってる訳でもない、作者に対して何か思い入れがある訳でもない、単なる口喧嘩して憂さ晴らししたいだけの、最初から相手を挑発して引っ掻き回したいだけのゲスに発言権を与えたからだ。彼は目先の口喧嘩に勝ちたいが為に、最初の方で書いた「逆切れしてる万引き犯」のような主張をしてしまってる。まずは買ってから言え。
うにら @riafeed 2012年7月16日
金の使い方を指図はしなくても買い方は出版社を通じてある意味指定されているわけで、そのひとつとして中古書店での購入を事実上出版社は追認している
My_last_bow @nasty_medicine 2012年7月16日
「『こんなのは本にせずにネットで只で読ませればいいのに』という書評」はおそらく何も考えずに書き込んだものと思われる。それについて細かく追求し始めたら、それこそ書き込んだ人間の無意識とか、属している社会とかについての分析が暴走し始めて、そりゃあTwitterは大騒ぎさ!
さあにん@山本直人 @sarnin 2012年7月16日
PBD86935 ASCII NETのVoidさんかーΣ(゚д゚lll) 当時、私と話していたのも覚えていないだろうなぁ…。
荒井禎雄 @oharan 2012年7月16日
(7)今は出版社自体が自分の稼ぎを守れない世の中なんだから、作家が「中古ではなるべく買わないでくれ」なんて言っても事態は変わらないと思う。またそうした発言をしたいならば、もっと言い方を考えないと、今後も第二第三の逆切れコジキみたいな輩が続出するだろう。彼らを説得するとか啓蒙するより、出版業界の勘違いや目端の利かなさを糾弾して、業界を変えていく方が話が早いかも。それくらい「(PCの)ネットは無料!」という一方的な価値観が強く根付いてしまってる。だからみんなモバイル系のビジネスモデルに逃げたのだ。
Law Neet @LawNeet 2012年7月16日
まとめた人の読解力を疑う。「つまらない本は無料でネット公開しろ」という書評に対して「著者がどうやってご飯を食べているのかわからない人がいるのか」と著者がコメントしたことについて叩いてるんでしょう。「古本では著者に還元されないから新刊を買ってください」と一般的に述べることとの差異がわからんかねぇ
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2012年7月16日
tsuyoshi_cho あ、文章が変に読めるな。ほぼ同意なのは作家さん側ね、念の為。
箸呂院マジチキ@note @kairidei 2012年7月16日
「古本は著者の貧困を加速させます」のくだりに違和感がある。何気なく事実を言われたのだろうけど。この手の問題を見ていて、たまに感じることだ。
うにら @riafeed 2012年7月16日
また図書館という国公認のタダ見施設があるから図書館が変に賑わうのかもしれません。そうなったらまたひと悶着あるんでしょうが。
祥夫 @syouo 2012年7月16日
まさしく昔のオタク気質。懐かしいねfj。
荒井禎雄 @oharan 2012年7月16日
(8)結局、以前の出版業界の規模(金の動く量)であれば、古本屋があろうと、そこでどれだけ作品が売れようと問題はなかったんだろうけど、今の悲惨すぎる紙媒体の実情からすると、古本屋が脅威になってしまったんだろう。言葉を発しても無駄な場所でいくら頑張ってもリターンなんかないから、出版業界から変えましょう、蘇生しましょうという結論かなあ。
箸呂院マジチキ@note @kairidei 2012年7月16日
「古本で買わないでください」と「新刊で買ってください」は、一見するとイコールなようだが、イコールではない。あと、憐憫の情と、罪悪の情はイコールではない。どうせなら憐憫の情だけに訴えたほうが反感を買わずに済む。
fengfeeldesign @fengfeeldesign 2012年7月16日
日本人、ツイッターにハマりすぎやろ…。
まさらっき@4日目 南ウ05b @masarakki 2012年7月16日
kusakabeさんが関わってるまとめを集めるだけでかなりのコンテンツになる
うにら @riafeed 2012年7月16日
なんだかなぁ、昔からブックオフ始め古本屋と出版業界や作者はいろいろ争ってたのに出版社と印刷会社が共同でブックオフ株取得する流れをみていたらいまさら古本屋が脅威になったなんて結論はありえないと思うんだがなぁ。
日下春生(zsphere) @faketaoist 2012年7月16日
人類史に残る名作であるだろうシェイクスピアの戯曲は500円かそこらで文庫で読めます。読む人の少ないマイナーな本ほど、需給の関係で値段は高くなります。さて、本の値段って本当に作品の価値とイコールなんですかね?
まどちん● @madscient 2012年7月16日
クサカベせんせーをまともに相手しちゃダメだよなー。あれは遠くから眺める物だから。
鮎麻呂 @aymro 2012年7月16日
おすすめ商品に「ファミリーダック ラバーダッキー親子セット」加えたの誰や!!www
A.C.✨NCC1710hh2 @AerospaceCadet 2012年7月16日
げ。voidじゃんw。未だ生きてたのかと言うかすっかり老害になっちゃって…。(ノ_・、)
T-Bone @T_BoneCrazy 2012年7月16日
voidってあのクソカベ? いい歳してまだこんな糞みたいな事言ってるのか。
うにら @riafeed 2012年7月16日
個人的には古本屋に対する脅威は昔から感じていていろいろ言ってきたが、もう少し先を見据えてあえてブックオフの株主になった感じがするんだよなぁ、電子出版がらみなのかなくらいの想像しかつかないが・・・
Épouvante @epouvante 2012年7月16日
一方英語圏では、本を出してさらにネットで無料公開する人が続々と現れているのであった。
甘味処 @kanmitokoro 2012年7月16日
新刊でも古本でも「お金を払う」ってことには変わりが無いって感覚で「誰に払う」って認識が完全に欠如しちゃっているんだろうナーと…。
長槻望@うさぎがかわいくて辛い @nozomi_nagatuki 2012年7月16日
金を払う事が無駄だと思うような物は、そもそもネットにUPしてリソースを消費するということ事態無駄だと思うんだが。少なくともUPして誰かが見ることに価値を見いだせる代物である以上、著者が対価を要求するのは自然なこと。取るか取らないかは著者の胸三寸。
甘味処 @kanmitokoro 2012年7月16日
>古本は著者の貧困を加速させます。 これが本当なのかはもう少し考えたいところですけどね。「つまらなかったら売ればいい」の選択肢が無くなれば買うのに躊躇する場合が増えるかもしれない。購入者の予算に変化があれば購入量にも影響がでるだろうし。マイナーなものほど影響が大きいんじゃないかな。実際どう変化するかは難しい話だろうけど、古本でしか買わない人は今の価格だと古本がなくなっても新刊を買わないと思う。
うにら @riafeed 2012年7月16日
とにかくタダでなければ見もしないという人種はいても少数派だとは思うんだけどなぁ、多数派だったらそもそもiモード始めモバイルビジネスすら成立しなかったはず。
えるFさん @takex 2012年7月16日
「金を払う気はねぇ。でも、あなたの漫画を読むための時間は割いてやんよ」みたいな。
POP3/八雲信宗 @Explorer_POP 2012年7月16日
お金が足りないので基本中古で、気に入った作家さんのだけ新刊で……という層もいるしなぁ。そりゃ買えるもんなら全部新刊で読みたいが、読者だって富裕層とは限らないわけで。
POP3/八雲信宗 @Explorer_POP 2012年7月16日
あと、ネットの世界は元々(インターネット初期あるいは更に前から)ユーザーの互助が基本、という気風があったので、ソフトなんかは基本フリーで、ソース公開して皆で改良……なんてのがよくあったと社会学の講義で聞いた。嫌儲なんかはその名残なのかも。oharan氏がコメントで批判してる「風潮」にはそういうバックボーンがあるので謎とか悪しきものというのも……
うにら @riafeed 2012年7月16日
値段を上げて買う人がはいそうですかと消費する額を増やす(増やせる)わけがないしなぁ。無理やりそうすれば可能な限り今までの額で収まるように厳選し、ハズレを掴んでお金の無駄にならないよう無難なモノを選ぶ志向がさらに強くなるだけだし・・・
武藤礼恵@通常営業 @rei_muto 2012年7月16日
ひろゆき辺りがしたり顔で「ビジネスモデルが古いからです」「滅ぶのもしょうがないんじゃないんですか」「むしろどうしてお金を払うのか」と言ってくるという予言。あ、もう言ってたかも。
うにら @riafeed 2012年7月16日
Explorer_POP それはUNIX界隈の話で、Windows界隈ではフリーソフト(価格が\0という意味)でもクローズドソースが主流だったし、シェアウェアといってお金を徴収するソフトウェアもあった。個人的には課金方法がクレジットや銀行振り込みくらししかなくて課金するとなると途端に手間が大きくなってしまっていたのが原因だと思う。
POP3/八雲信宗 @Explorer_POP 2012年7月16日
そういうわけで「『ネットの情報は只で当然』という認識を変えてくれたら」には同意しかねますね……ってか、「作家としてはできるだけ新刊で買って欲しい」だけなら全く同意なんですが、この話は言葉の端々から拗れてしまってわけがわからなくなってる感が。
うにら @riafeed 2012年7月16日
なのでモバイルではiモードなんかのキャリア徴収代行によって課金に対する利用者の手間が大幅に軽減されたことでビジネスとして成立したのに対してPCは電子マネーが本格普及するくらいまで大して課金方法に変化がなかったのがこの状況を生んでいるじゃないかと思う。
うにら @riafeed 2012年7月16日
別のまとめにも書いたんだけど、いまさら意識を変えようなんて無理に決まってるんだよ、いままでそれで通っていたものを急に変えられて素直に受けいられる人間なんてそうそういない。
POP3/八雲信宗 @Explorer_POP 2012年7月16日
riafeed なるほどなるほど、界隈によっても違ったわけですね。となると当時の「UNIXユーザーの」思想的末裔と言えると。 しかし、今でもクレジットや銀行振り込みで課金しているソフトウェアは多いですが、あれってそんなに手間がかかるでしょうか?
うにら @riafeed 2012年7月16日
Explorer_POP それはUNIX思想的末裔ともまた違うんですが(GNUっていう誤解を恐れず平たくいうとアンチ商業ソフトみたいな思想はあるけど代わりをオープンソースで作る感じだし)、キリがないので置いといて、クレジットは取得が難しい人は難しいし、持ってる人が限られるという面がありますし、銀行振り込みは銀行に行く必要があってPC画面内で完結しないという問題があります。ケータイひとつで完結するモバイルとは大違いです。
えるFさん @takex 2012年7月16日
無銭で読もうとする奴らは、読者であることと、「(上から目線で)あなたを作品を読んであげている」という事が免罪符になると思っているみたい。
○○もへじ @marumarumoheji 2012年7月16日
微妙に複数の話が混じってる気がする。「今まで中古で買ってたけど、新作は新品のもの買います」って人がいて、それに作者さんが「お願いします」と返して、これはこれで終わり。別に中古撲滅せよという話じゃない。その先は「無償である」と「金を払う価値が無い」と「読む価値が無い」は別の話だと思っている作者さんと、一緒だと思ってる人の言い争い。私は別の話だと思いますけどね。
tarata @tarattaa 2012年7月16日
ハリーポッターも出版社抜きで売り始めちゃったわけだし、音楽も書籍も、作り手が自分で直接届けられる仕組みを作っていく必要があるんだろう。作り手もユーザも幸せになれるように。
ぽかーばるうづき @uzuky 2012年7月16日
人工無能のKusakabeさんじゃん
kagehiens @kagehiens 2012年7月16日
へんな例えではあるんだけど、今まで皆自転車で行き来してたところに高速道路が出来て、今まで通行してた人たちが通れなくなるような感覚かな。権利の侵害で訴えを起こすか、自転車道路を別に作るしかない。後者のほうが筋は良いけど、ハードル高いな;
keel @NORTHtheKEEL 2012年7月16日
新刊買ってくれると評価高くなるから応援してくれる人はよろしくね! で終われば炎上しなかったと思う。古本のくだりがなけりゃ引火しなかった。言い方悪いけど漫画描いてるだけの人が流通の話に口出すの危ない。それより個人的には絶版になったら手に入らないという現状を何とかして欲しい。まあ今は古本も買えませんがね。
お茶菓子魁!!@壱岐津 礼 @ochagashidouzo 2012年7月16日
えーと、コメントが最初から変な方向向いてるんですが、タダでコピーと古本は違います。古本は合法の流通で、古書店があるからこそ新刊書店は安心して新刊入荷できる、という側面もある。
お茶菓子魁!!@壱岐津 礼 @ochagashidouzo 2012年7月16日
つーのも、売れなければ返品できる新刊書もあれば、店が買い取らなきゃいけない新刊書もあって、後者の在庫が出た場合、新刊書店から古書店にそれが流れたりするわけ。
お茶菓子魁!!@壱岐津 礼 @ochagashidouzo 2012年7月16日
ていう構図もあって、古書店が無いと新刊書店が「えい、これ入荷するか!」と踏み切れなくなる危険もあります。読者に届く前に堰き止められてしまう。
お茶菓子魁!!@壱岐津 礼 @ochagashidouzo 2012年7月16日
一方、読者がどこで本を買うかも自由なんだけど、著者が新刊書で売れて欲しいと言うのも自由。だからどっちも叩かれるべき対象じゃありません。それぞれの自由を行使してるだけです。
お茶菓子魁!!@壱岐津 礼 @ochagashidouzo 2012年7月16日
読者がどこで本を買うかは自由だけど、著者に「古本で買いました」と言う必要は無いし、言えば失礼になる。著者に「どうせあんたの本は価値無いんでしょ」と言うのはもっと失礼。これはマナーの問題。
Cal Que El Lulu-rain @senzaluna 2012年7月16日
懐かしのfj見てる気分に、、、。
お茶菓子魁!!@壱岐津 礼 @ochagashidouzo 2012年7月16日
買う価値の有無を判断するのは読者側の権利だし、「無い」と思うのはいくらでも思っていいけど、著者当人に直接メンション投げてまで言うのはマナーに欠けてます。
お茶菓子魁!!@壱岐津 礼 @ochagashidouzo 2012年7月16日
商売の世界は非情なもんだし、全員が生き残れるわけではないし、でも生き残りたいって思うのも自然な事だし。当人が自分で言っちゃったら「余裕無いんだな」と思われるのも自然だけど、「思ったから叩く」は、違うよね。
お茶菓子魁!!@壱岐津 礼 @ochagashidouzo 2012年7月16日
こういう話題は新刊書購入を支持すると古書購入を叩く、古書買うなら新刊書を叩かなきゃいけないみたいな流れになりやすいけれども、どちらも叩かれるべきではないから。
bas @bas_ponkotsu 2012年7月16日
漫画なんかは「お布施」、もっといい言い方をすれば「縁遠いパトロン」になるつもりで買えと。メジャー漫画なんかは買わなくても、作者はしにゃあしないが、マイナー漫画なんかあっというまに作者が喰えなくて死ぬんだから。
ぺんでゅらむ@大阪 @pendulumknock 2012年7月16日
「雑誌」というのはマイナー漫画家が、「お布施」なしでもある程度食っていくためのシステムという側面もあったんですけどねー。最近はオンデマンドの流れが強いようでうまく機能しなくなりつつあるところは、まあ
ぺんでゅらむ@大阪 @pendulumknock 2012年7月16日
商売相手が少ないからこそのマイナーな訳で、ネットで読者と直接やり取りできるようになると却ってプロとしては成立しにくくなる可能性は低くないと思います
ぺんでゅらむ@大阪 @pendulumknock 2012年7月16日
本論の話をすると、新品で買うか中古で買うかを作品の評価のシグナルにするのはエスパーが過ぎると思います。本質的には値段の問題なのではないですか?
けん @ken0001y 2012年7月16日
voidこと日下部陽一 Netnewsの頃から知っているけど、相変わらずの芸風のようで 言葉の定義論のずれで議論が有耶無耶になる毎度の展開
超時空2020年5月7日トニック @NkGRnT 2012年7月16日
権利者に金が入る新品を買え、は当然だろう。しかし既存の商品(物体)をただエネルギィ消費してゴミにするのを止める中古というシステムは残すべき。後者は著作権とは無関係な人間(動物)にまで影響するわけだから、著作権利者の利益とエコロジィを両立する対策、国際法が必要だと思う。DVDのUOPは金出した消費者の時間を無駄にする越権だと思うし、著作権は必要だが近年過剰だとも思う。
ubunrar @ubunrar 2012年7月16日
すげえwマジで「なぜか」叩かれてるw意味がわからねえw乞食ぱねぇw
SCA自(すかぢ) @SCA_DI 2012年7月16日
無料でおもしろいの云々の前に近藤ようこ先生がどれだけ偉大な漫画家かは知ってほしい。近藤ようこ先生が描いたおよび描こうとされている世界は間違いなく他のどの漫画家も描けない。知名度ですべて測るべきではない。あらゆる作家と次元が違う作家。
E-コ(けいな) @a_fs 2012年7月16日
入った料理屋がなんとも言えない微妙な味だったとして、こんな料理タダで振る舞えば良いのに!って言う人居ないよね。個人的に漫画家とか小説家は技術職だと思うから作り上げたその労力に金を払うべきだと思う。つまんない本掴んじゃうのは買う方のリサーチ不足。中古で買いました!を本人に言わないのはマナーの問題、こっちは自分が商品に見合うと思うお金払ってるけど作者からしたらタダで読まれてるのと変わんないし。
momo2000 @itj57fhhhgt 2012年7月16日
モノ買うなら制作者に還元出来ないと次回に繋がる「資源」が出来ないと言うだけの話しでしょう?それを「お願い」しているだけの話しなのに何で制作者が叩かれる?作品のクオリティとか知名度とか完成度なんて関係無いでしょ?タダのお願いでなんでこんなに作者を叩けるのかな?
綾加奈🐏 @saionzi_ayakana 2012年7月16日
揚げ足取り、と言うか各々が言いたい事を勝手に独自展開して暴走しているだけ。
momo2000 @itj57fhhhgt 2012年7月16日
勘違いしている人も多いけれども所謂正規ルートでの無料で読めるネット作品って何かしら作者への「還元」が有るモノなんですよ(作者の宣伝広告を含めた知名度では無くアフィリエイトやアクセスした人間のデータを活用することで得られる参加企業からの情報料等、つまり読む側は本当は無料では無いんですよ、一部の個人情報が何かしらの形で渡すので)それすらしないのは作者にとって「減益」になると言うだけの話。生きる為の普通の話ですよコレ
momo2000 @itj57fhhhgt 2012年7月16日
それを無視して作者をなじる人の気が知れない・・・・
巡礼者 @Hagiasophia765 2012年7月16日
資本主義の筋論から言えば、商品(本)の価値を決める基準に、著者が生活できるかどうかは含まれないし、商品を購入した代金が小売業者以降、どういうルートを辿って誰に分配されるかも関係ない。これだけは、紛れも無い事実。ここを否定したいなら、まず、資本主義(とくに市場原理と直結した資本主義)を否定するところからスタートすべきだろう。それをせずに、モラルがーとか、マナーがー。とか言うのは、あまりにムシが良すぎる。
巡礼者 @Hagiasophia765 2012年7月16日
中古販売、古本販売が違法行為だってなら、話は別だがね。実際、日本でも有数の古本業は、既に誰かが書いているけど、出版社が主要株主になっている。自分らの利権保全に怠慢な連中が、消費者に一方的なモラル求めるとか、意味不明でしかない。そんなに古本販売が目に余るなら、まず、違法化しろ。話はそれからだ。
巡礼者 @Hagiasophia765 2012年7月16日
日本のレコード業界は、その点はしっかり違法ダウンロード処罰化など、清清しいほどに反吐の出る利権保全活動を展開している。まあ、墓穴掘ってるようにしか見えんのが愛嬌だけどね。
いくた♥️なお/伊奈緒たくみ /なまひめざんまい @ikutana 2012年7月16日
@void_No3 氏も「作ってわかるCプログラミング」をネットで無償で公開すればいいのに。
言葉使い @tennteke 2012年7月16日
oharan 金払って読んだ人が「金払う価値無し」「金返せ」と言ったところで、何かしてくれる作家がいるとは、な~んか思えない。編集者の意見なら聞きそう。というイメージ。
すぎ @sugipack 2012年7月16日
void先生は「著者がどうやってご飯を食べているのかわからない人がいる」に引っ掛かったというだけでさほど大層な話しはしてないw
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2012年7月16日
著者に面と向かって「あんたの本には値段が付くだけの価値が無いって事だよw」と言ってしまえる人間の頭がおかしいだけの話だと思うけどな。
どすこい @dothkoi 2012年7月16日
作ってわかるCプログラミングの人だっけ
巡礼者 @Hagiasophia765 2012年7月16日
昔はファンレターぐらいしか、作家との接点がなかったから、面罵できる人間が目立たなかっただけで、いまは手段が確立されたから、面罵できる人間が目立ち始めたってだけだろ。むしろ、問題が顕在化してよかったんじゃないのか?これで、作家連中も、今の経済システムが自分たちの生存権を全く保護しないと気づけただろう。気づいた後にどうするかまでは、知らんがねw
水月透 @thor_mitsuki 2012年7月16日
音楽の話だけれど、親の世代が音楽にお金を払いたくないがゆえに、歌手本人が歌っているものではなく、カラオケ用に別の歌手が歌った廉価版の歌を買ったり、あるいはカセットテープのダビングを繰り返して配布したりしているのを見てきた。ビデオのダビングもそう。彼らはいま、60代。ネット普及どころか、かなり昔からあったのだろう。
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2012年7月16日
たしかにマナーかもしんないけど、場合によって実は入手できないこともあるので、「古本ですけど、作品を買いました、素敵ですね」すら言えないなら、そもそも作家と読者は断絶してるべきな気がする。
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2012年7月16日
それを変におもうなら、まず(高くても)常に確実に入手できる手段(さっきの連絡が電子的で、それでできることを知っているならこれも電子的でいいだろう)を用意するように出版社と団体対団体での協議をするくらいはあってもいいとも思うんだけどね...
momo2000 @itj57fhhhgt 2012年7月16日
細かい事書いておくと「無料です、ご意見下さい」的なモノはソレはソレでアリ。「試供品」として提供して多数の意見を貰いソレを商品にフィードバックするのは当然アリ。但し今回の件は無料試供品配布の問題でも無ければ試供品モニターの問題でも無い、タダの作者からの「お願い」、其処までヒートアップする程の話しでも無いんじゃないの?
まちゃるんと @UnfoundNimo 2012年7月16日
そしてループするコメント欄。問題の本質は、題1「新刊(売れないと次作の印税が落ちるから)買ってくれると嬉しいな…」って話と、題2「本にせずにネットで只で読ませればいいのにという書評はどうなのよ」を、パッチワークで「金払う価値のない作品と読者が判断したんだからネットでタダで読ませろ」という発酵し過ぎてる話になったところかな?
kghdt @kghdt 2012年7月16日
タダでクオリティの高いコンテンツがネットに溢れてるとは思わないのだが。そういうのは大抵、著作権無視の違法なブツじゃないか?
うにら @riafeed 2012年7月16日
ふとこれが「図書館で(借りて)読みました」に対して「図書館で(借りて)読まずに買ってほしい」って話だったらどうなったんだろうと思った。
momo2000 @itj57fhhhgt 2012年7月16日
話しがもの凄い脱線して色々流れているけれども単に作者が「お願いです、中古でも作品を読んでくれるのは嬉しいですけれども新品を買ってくれないと作者自身にお金が回りません。出来るだけお願いします」的な事言っているだけでしょ?作品のファンなら精々「今はお金が無いので中古屋立ち読みが多いですが出来るだけ新品を買います、雑誌や本を買ったらアンケートは必ず送ります」位で終わりでいいんじゃない?何でこんなに話しが広がる?ヒートアップする?正直意味がワカリマセン・・・
竹本淳一 池袋ファミリー整体院 @takemotojunichi 2012年7月16日
@suikyokitan 同意。古本ばっかり売れたら、絵師さん作家さんの印税が入らず結局おもしろい作品が読めなくなるものね。幼稚園でもわかる理屈
うにら @riafeed 2012年7月16日
kghdt 東方関係とかボカロ関係ならそこそこありますよ、それがクオリティ高いと思うかどうかは人によるけど
うにら @riafeed 2012年7月16日
中古書店が作者を困らせるのなら中古書店の最大手ブックオフにお金を出した印刷会社や大手出版社はいったいなんなんだという話に・・・
まちゃるんと @UnfoundNimo 2012年7月16日
あくまで建前でしかも漫画に限った話じゃないけど、出版というもののフローは、出版社が○○な作品を作りたい→著者に発注・製作→原稿料はX万円+印税という契約→書店で委託販売というもの。よく漫画家が搾取され出版社が中抜き云々という話になるけど、その中抜きで印刷して取次に出して返本在庫の倉庫代まで出して粗利は著者の印税より低かった(赤字は言うまでも無く)なんて事も割とある訳で。
まちゃるんと @UnfoundNimo 2012年7月16日
その上「電子化は漫画家が直販します」とか言い出したら、コスト回収力の面から程々売れたら初版で絶版にして利益確定させる流れになってるよね。そして古本へ…
巡礼者 @Hagiasophia765 2012年7月16日
古本業者の株主が出版社である以上、出版社は別に著作者に印税入るかどうかなんて、純利益以下にしか気にかけてないのは、バカにでも分かる理屈。絵師や作家はいい加減に、出版社や寄り合いだけに頼る事の危うさに気づくべき。
だるま@2/16鍵島3A02 @KurzweilMaster 2012年7月16日
タダで配れという主張は、価値がないという主張では全然なくて、自分が読むためのコストを作者が負担せよという主張なのだが…
ミトス@宮城 @mitos7 2012年7月16日
10年代になってfjのVoid氏がついったーで拝めるとは…! ブレない芸風よりも繰り広げられてるやりとりが当時とあまり変わらない方に吹いた。
うにら @riafeed 2012年7月16日
タダで配れという主張自体は図書館にでも行っとけで済む話なんでなんとも
~久家拍徒(){} @signed_coward 2012年7月16日
うん。元のまとめからコメントまで全部、みんながみんなあさっての方向を向いて罵倒合戦を繰り広げている。みんなもう最初の話なんてどうでもいいんじゃないかと。
ふぁむ氏 @phantom0730 2012年7月16日
スーパーの試食とか無料冊子ってのは、それで利益を出すビジネススタイルなんだけど、ヒヨコさんは「俺が万引きしたのは、商品に価格分の価値が無かったのが悪い」って言い訳が通ると思う人なん?
うにら @riafeed 2012年7月16日
最初の話である「古本は著者の貧困を加速させます」を言う先は古本を買う客じゃないとは言ったつもり
うにら @riafeed 2012年7月16日
phantom0730 ひよこさん(void.日下部陽一)は十数年前からあんな芸風なので考えるだけ時間の無駄ですよ
山本握微 @elevator_p 2012年7月16日
”「こんなのは本にせずにネットで只で読ませればいいのに」という書評”のソースが不明のまま。
るび @rubirubi555 2012年7月16日
著作者側のメインの主張が「読みたいならお金払って下さい。読みたいけどお金払いたくないは無しで」 なのに、VOIDは、書評なんだから評価なんだから受け入れろとか、微妙にずれたところに噛み付いてるから、話の中心がぶれるぶれる。しかも「予想」と称して個人攻撃までしとるし。 VOIDは揚げ足取り芸人を名乗って下さい。
うにら @riafeed 2012年7月16日
Amazonレビューあたりにそんな奴がいそうな気がしないでもない
春近 @haruchika2191 2012年7月16日
絶版かそうでないかの検索を読者にお願いすること自体は問題ないけど、購入者の手間ばかり増える状況はしっくりこない。絶版=Amazonにも在庫無しだけど、Amazonに在庫無し=絶版ではないし。入荷前・入荷無し・在庫切れ・再入荷未定・絶版をリアル書店もネット書店も、もう少しユーザーにはっきりと提示できないのかと。
うにら @riafeed 2012年7月16日
rubirubi555 ええ、それを十数年前からいろんなところで延々とやってきた人なんです
FX-702P @fx702p 2012年7月16日
void氏は20年前と変わらずで何より。
undo(俺の花だよ月見草) @tolucky774 2012年7月16日
なんだ、voidかよー。構ってちゃんじゃん
undo(俺の花だよ月見草) @tolucky774 2012年7月16日
void先生は無料働きしてくれるそうです。こき使おう
観月藍(みづきらん) @ctcpink 2012年7月16日
「金を払う価値がない」という書評はもちろんあっていいが、近藤先生を叩いている人はまず読解力を身につけようか。論点がどこにあるのかを冷静に見直そう。先生の言い方に誤解を招くような問題があったとは、少なくとも私には思えない。「タダで配れ」って言う時点で「タダなら欲しい」って言っているようなもの。それをあさましいと思う感覚がないほうがおかしい。
ululun @ululun 2012年7月16日
古本屋を使わず定価で漫画を買ってくださる方が沢山いらっしゃるようで嬉しいです
ululun @ululun 2012年7月16日
私は漫画家の身でありながら漫画や小説を古書店で買い求めたり、あるいは売りさばいたことのある罪深い者です。どうぞおゆるしください
ululun @ululun 2012年7月16日
手持ちの作品を三日掛けて電子書籍にして100円で売ったら「高額い」と言われました。どうすればいいですか
とよこ @toyoko27 2012年7月16日
新刊は定価で買うから既刊を中古で揃えるのは許してほしい。
ululun @ululun 2012年7月16日
「おまんまを削」る程の貧困は、他の人を貧困に追い落としますね
ululun @ululun 2012年7月16日
漫画の資料を図書館で借りたり古本屋で買い求めるのは自己矛盾なんだろうな
無職宮(皇族) @musyokunomiya 2012年7月16日
@void_No3 が出した本がクソみたいな出来栄えだった件について誰も触れていないのは往年のジャイアント馬場を見守る心境なのか。
ジョージ2世 @GEORGE221 2012年7月16日
「こんな本は只で公開しろ」の読者の人は、ネットが無い時代なら「金返せ」と言ってたでしょう。著者にお金が入らないという意味で大した違いはないと思うのだけど。
ジョージ2世 @GEORGE221 2012年7月16日
Amazonにもマーケットプレイスというのがあってですね、こちらの方がもっと脅威では? 定価の本と1円の中古本が並んで売られてるんですよ。1円の本を何冊買っただろう。(一方で漫画の新作を大人買いしたりもするが)
もきち @mokichi 2012年7月16日
F先生の紡ぎだしたセリフを、ろくに理解せずに恣意的に捻じ曲げて利用するのはやめてください…。
君津区 @Dr_KIMMiK 2012年7月16日
古書店巡りはむしろ一期一会とかロマンとか、そんな感じで楽しんでます
和泉カヅ@葱 @kazunegi_ 2012年7月16日
mokichi あの話でも佐倉十郎パパが怒ってたシーンからあってこそですやね…っていうかこれマジでポルナレフ状態体感できて凄い
君津区 @Dr_KIMMiK 2012年7月16日
ネットで展開してたものを書籍化するという事はあるけれど、それはあくまでスタート地点がネットでの展開(≒無償)なんだから、メシを食う前提で作ってるものにも同じように当てはめるのは難しいんじゃないかな
巡礼者 @Hagiasophia765 2012年7月16日
資本主義の筋論でいくなら、自分にとって価値のないものをゼロ円と判断するのは、間違っていない。で実際の売値と希望する買値がマッチングしなければ買わなければ良い話だ。「無料で配れ」は論外だが、「払う価値なし」という判断は無礼ではあるかもしれんがありえる判断だ。だが、「配れ」については、是非論の前に配布費用を寄越せと言うべきだろう。
伊藤用🔞 @himaari 2012年7月16日
藁人形論法使用者の相手って大変だな… 常識的な話してる人からすれば寝耳に水もいいとこだろうし。
ひのこ @hinokichi 2012年7月16日
読む価値のないツイートに丁寧に受け答えしている姿がすべてを物語っている。と、おもう。
COZY_T @COZY_CHA 2012年7月16日
とりあえず、自分が読んだことも無い漫画家さんの作品を『くだらない』とぶった切る感覚が理解不能。 自分がこの漫画家さんに興味無いなら、いちいち絡む必要も無いんじゃないの?
Bach Q. Ho @hqba 2012年7月16日
グッズなんだけど、サービスなんだよなー。
どすこい @dothkoi 2012年7月16日
コミックビーム今月号の、まんが極道がこんな感じ。
珍小鳥@短歌を詠みながら小説を書くアライさんbot=拝金主義者 @chinkotori_fake 2012年7月16日
riafeed 借りて読みました、ならありがとう気に入ったなら買ってくださいで終わりじゃないですかね。
うにら @riafeed 2012年7月16日
chinkotori_fake 「図書館に行ったら近藤ようこさんの本がないかチェック、ほとんどの著作を図書館で読破したので(汗」 にたいして 「お願いします、図書館で済ませるのは著者の貧困を加速させます。」って言い出したらどうなったのかなぁという話のつもりでした
紙魚 @silver_fishes 2012年7月16日
「お前の本を読んだがタダで読んでも損するような駄本だった、なのでお前が俺に金を払え」といって稼ぐ商売を思いつきました
星崎連維@SSF03 B-13 @rennstars 2012年7月16日
えー、これは(珍しく)void正論じゃん。作者がただの罵倒書評の「こんなのは本にせずにネットで只で読ませれば」を勝手にネット無断配信と結びつけて持論展開始めたからおかしくなってるだけで。
星崎連維@SSF03 B-13 @rennstars 2012年7月16日
まとめのタイトルも恣意的。要するに「金取る価値が無い」ってだけの罵倒書評(これ自身は下品だし是非は問えるが別問題)が起点の話で古本がどーとかも(ネットの話と同じく)まったく関係ないし。なんだかなぁ。
星崎連維@SSF03 B-13 @rennstars 2012年7月16日
ましてや元書評の人間は(いや孫引用だから分からんけど)対価も払ってりゃ物理本も買っての発言じゃねーか。読んだ事も無いのにネットでタダで寄越せって主張に「読み替えて」カルタゴ滅ぶべしの持論に持ってくやり方は美しくないなぁ。
うにら @riafeed 2012年7月16日
嫌いという言葉を使わずに「私は近藤ようこ(の著作)が嫌いです」ってはっきり言ってるとしか評価できない書評を持論に都合がよかったのか相当気に食わなかったのかしらないけど額面どおり捉える藁人形論法は確かにいただけない。
たられば @tarareba722 2012年7月16日
読んでて胸が痛くなった。ここで近藤先生に向けられている批判は本来ならすべて版元出版社に向けられるべきであり、乞食呼ばわりされている読者はその出版社にとって守るべきカスタマーのはず。仕事しろよ担当編集。
Kenryu @kenryu_UMA 2012年7月16日
_Nekojarashi_ 古本で出回ってる時点で著者に定価分の利益は回っているのでは。
須藤(屑) @sudohkz 2012年7月16日
rennstars 同意。持論の是非はさておき、これは持論への持っていき方がおかしい。その過程で余計な要素を出したのだから、議論がどこか的外れになるのも当然。
うにら @riafeed 2012年7月16日
kenryu_UMA 古本で買った人も古本がなければ定価で新書を買ったはずという前提の話だと思う。実際にはそうとは限らないのですが。
monomin916 @monomin916 2012年7月16日
中古本を買ったら「著者にお金が入らないから新刊で買えばいいのに」という意見があって驚いたなー。古本屋がどうやってご飯を食べているのかわからない人がいるのは想像できなかった。
君津区 @Dr_KIMMiK 2012年7月16日
著者だって古本じゃない本屋だってご飯食べているのは同じ
ふえこ🏠 @fuekoyosuji 2012年7月16日
voidさんて、ヘミねこのくさかべさん?確か正論を述べる方だと記憶してたのだが。
moritatsu @moritatsu 2012年7月16日
voidさんがネット上の言説で誤解されるのは、20年前のパソコン通信時代から変わらないということだなw
nasubee @nasubee6 2012年7月16日
こんなのは本にせずに(チラシの裏にでも描いてろよ、どうしても他人に読ませたいなら)ネットで只で読ませればいいのに と受け取った
Kenryu @kenryu_UMA 2012年7月16日
riafeed 中古品に関して、本のような著作物だけが守られるような意見にちょっと違和感を覚えました。中古で安いから買う、といった層を無視できるわけもなく、著作者へ利益を還元したいと思う方には新刊を買う選択肢もあるわけですから、一度中古に出回ったものの購入機会と、新刊の購入機会を比べて0割の利益というのはちょっと変かな、と。
前冬 @eggplant1231 2012年7月16日
一番最初に先生がRTした人が可哀想にちょっと思える。先生に飛ばしたリプではないのに、何名様かに先生にそんなリプ飛ばしたと勘違いされてるし。一応新品は新品でかってるみたいだし。
前冬 @eggplant1231 2012年7月16日
勿論一番同情されるべきなのは作者さんだけどね。
takohati_zombie @takohati_zombie 2012年7月16日
近藤さんの「著者がどうやってご飯を食べているのかわからない人がいるのは想像できなかった。」ってのは皮肉だと思った。
tocoma/Salt and SanctuaryやろうZE☆ @tocoma110 2012年7月16日
何かこう、あさましい人間が増えて作者は大変な時代に入ってるなぁ、と感じる。アヒルの意見は「お前の家ろくなもんおいてないな」という盗人のようなものだと思うんだけど…あさましすぎだろ
yuichi2 @yuichi2 2012年7月16日
お題に対する意見はあるものの、それは置いといて時代だなという感じ。ここに落ち着きどころはあるのかしら?
Jumpei Ogawa @phanect 2012年7月16日
ひよこの人の言いようにはあまり賛成できないし、確かに作品をフリーにするか否かは著者が決めることかもしれないが、ただ、個人的には作る方が「ネットの情報は只で当然」という認識になってくれるといいなぁとは思う。本当にコンテンツを有料配信しないと稼げないのかどうかという疑問は持って欲しいなぁ…
るび @rubirubi555 2012年7月16日
著作者が、ズレた書評に、「なにいってんだ?」ってすこしくらい嫌味を 言いたくなる気持ちって結構わかりやすいと思うんだけど、タダの嫌味にまともに食いついてギャーギャー騒ぎ立てるのって・・・ 何歳かしらないけど、もういい大人なんだからやめなよ。な?
闇の聖母ガラテア @galatea_rs3 2012年7月16日
ガンガンOnlineとか裏サンデーでも読んで黙ってろよ。
うにら @riafeed 2012年7月16日
浅ましいといえばお金を出してくれるようになるほど世の中甘くも豊かでもないと思うんだが…
Agano 💫 while(1); @Agano 2012年7月16日
void氏は噛み付ける所があるから噛み付く訳で、迂闊な事を言うとかズレた事を言うとか隙を見せなければと思うけどね。だからと言って、回避出来る訳じゃないが。
Agano 💫 while(1); @Agano 2012年7月16日
void氏を知らないからだろうが、「何故か」叩かれたと言っている内はきっと分からないだろう。
うにら @riafeed 2012年7月16日
rubirubi555 書評への嫌味ではなくネット無料文化(?)に嫌味を言うために単純に嫌いレベルの価値のない書評を持ち出しているように見えたもんで
るび @rubirubi555 2012年7月16日
riafeed ああいやごめん、言いたいのはVOIDの事です。 誤解させたなら申し訳ない。
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2012年7月16日
んー、まあ、途中からはまあ読もうとも思わないんだが「こんなのは本にせずにネットで只で読ませればいいのに」に関してはまあ、「同人でやれ」「商品として成立してない」「クニに帰れ」とかその類のレトリックだと思うのでその受け取り方は少々首をかしげるなあ。いや、決して良い書評だとは思わないけど。
甘味処 @kanmitokoro 2012年7月16日
ブックオフとの話は株購入を役人の人が進めたりした話があったり、著作権料などでブックオフ側の譲歩案を出版社側がけったりとかいろいろと大人の世界の話があったりしたそうですんで世の中複雑なんだよねーと。
甘味処 @kanmitokoro 2012年7月16日
無料に関してですけど、最近でこそ立ち読みお断りな所も増えてきてますが、日本の本屋って立ち読みおkなんですよね。欧米人からするとすっごい不思議がられていた話ですが、無料で読める手段があるものでもお金払ってくれるお客がいて商売として成り立ってたんですよね。そういうことを考えるとweb公開ってのと作者の生活ってのをつなげて考えるのは難しいよナーなどと…。
Simon_Sin @Simon_Sin 2012年7月16日
あんま関係ないけど電子出版なら「一章だけ無料で立ち読み可能」みたいな売り方もできるね。やってるとこあんのかな
うにら @riafeed 2012年7月16日
Simon_Sin 俺の知る限りモバイル向けの電子書籍サイトでは最初の数ページから5話くらいまでと無料分に幅があるけどどこもそれは普通にやってる印象
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2012年7月16日
あー1話ためし読みは一応本屋でも出来るのか。というか俺はグラゼニをそれで買ったし。へうげものは1巻だけ試し読み可能な店があってそれでかった(´・ω・`)
富槻義裕(よしお) @fudu 2012年7月16日
これが「何故叩かれてるのか解らない」のは読解力がないだけでしょう。近藤先生の全体的な主張はわかるけど、「やりとりだけをとらえる」ならkusakabe氏の筋が通ってる。
野良猫に襲われる @damaten 2012年7月16日
漫画はものにもよるけど兼業出来る作業量じゃ無い事が多いのでつらいよね。文章のほうは兼業でやって結果として専業になるかどうかって世界で良いと思うけど。
kartis56 @kartis56 2012年7月16日
誰かの本をいくらで売るかは出版社が決めるんだから、言うんなら出版社に言えばいい。あとvoidは相手にするだけ時間の無駄。
ぼる @b0box 2012年7月17日
@fudu氏 いや、通ってないでしょ。「こんなくだらない物は駄目だ」「金返せ」という書評なら作者も納得するでしょう。批判は受けるべきです。しかし「こんなのは本にせずにネットで只で読ませればいいのに」と言う評価は求めておきながらゴミ扱い。そりゃあちょっと虫が良すぎるのでは。
ぼる @b0box 2012年7月17日
金を貰える作品を出せずに、プロの矜持があるって言うのか、という話ですわな。「俺はプロだ。死んでもタダではやらねー」という台詞がありますけど、まあ、金を貰うのが前提だから仕事に責任が出るってもんなのでは。無償でやる人は将来プロになるための布石でしょうし。
富槻義裕(よしお) @fudu 2012年7月17日
@b0box Kusakabe氏の語り口は慣れてないととっつきづらいでしょうが、「行間を読まない」事が前提です。もう一度純粋にKusakabe氏の書き込みを拾ってみてください。
ぼる @b0box 2012年7月17日
色々と考えた。「俺はプロなんだからそれに見合う真っ当なお代を貰う」。当たり前の事が当たり前に通らず、安く買い叩いた人件費で「それなり」のパッケージで装丁した商品で満足。だれも不満を持たない……って異常事態がまかり通ったから、政権担当能力もない素人が政治を舵取りし、安い給料で原発なんて重要施設が運用されていた。一見「筋が通っている」とプロの能力と矜持を比例させねえ、とんでもねえアマチュア社会
富槻義裕(よしお) @fudu 2012年7月17日
@b0box 彼は「自分の作品を『タダなら読んでもいい』とか評価する客がいたとき、その評価を書いた人間を『著作者がどうおまんま食ってるのかがわかってないやつ』だと思い込む」のは精神的に問題かかえている人だ。と言っているだけですよ。
hoge_systemz  @hoge_systemz 2012年7月17日
voidさんの「伝統芸能」っぷりはタダでネットでヲチ出来て嬉しいですけど、金出してまで見たいものではありませんですw
人山田 @kakakuko 2012年7月17日
新古書店が出来る前なら、古本を買われる作家っていうのは「古くても手に入れる価値がある作家」だったわけだがね。さらに前になると作家は自分の作品を高く買ってくれるパトロンでもいなきゃ食えないのが当たり前になったりするわけで。近年までの出版業が近年までしか通用しない特殊な状況でしかなかったんじゃないかと。
ミィム@糖質制限中 @happylab 2012年7月17日
古書店は貧乏人か絶版書などを次に受け渡す役目を担ってたと思うんだけど、ブックオフ含む最近の古本屋は単なる二次流通になっちゃたもんな
Lil 既読 @gai_doku 2012年7月17日
出版社と印刷会社は古本屋大手に資本を入れて利潤を得ているのに、本の中心的価値を作り出している著者はそのサイクルから完全に除外されていることが問題なのかと。あと新古書店問題は、資本入れた人たちもそれで解決したとは思っていない。あまりにもこじれ過ぎた問題を解決するための苦肉の一歩だと思う。
Lil 既読 @gai_doku 2012年7月17日
同様のビジネスモデルを見ると、家具のリサイクルショップをニトリが価格設定で圧倒して、今やリサイクルショップから「本棚は売れないから、持って行ってほしければ引取料払って」と言われるまでになった。翻って書籍の場合を見ると、根っこは再販制度とか書籍独特の価格の固定化にまで及んで、ビジネスモデルというより書店まで含めた出版業界の構造的な問題と連結しているのが分かる。
ちくわ@だいぶヱロい @tikuwa_ore 2012年7月17日
だがちょっと待って欲しい。金払って買ったのにクソだったから批判したのに、酷評に対して文句を云う作り手がいるのも事実だ。(キリッ)
@hayate3173 2012年7月17日
新刊を買ってもらいたいと思うのは作者なら当たり前だし、言う権利もあると思う。 けど、作品を読んだ評価がいかに辛辣でも『著作者がどうおまんま食ってるのかがわかってないやつ』なんて事は言ったらいけないんじゃねーかなぁ
けふ @kef_in_kyoto 2012年7月17日
結局「劣っている物(者)に対しては何をしてもいい」というよくあるメンタリティというか優生思想。劣った作品なら割れでDLしても無罪、劣った作品なら規制してもいいし世界がきれいになる、等々。
おいちゃん @semispatha 2012年7月17日
gdgdだなぁ・・・たまに「どうしようこれ?・・・」て作品にも信者がいるので、作者の運次第に思える。
ずん姉 @zungyo 2012年7月17日
お金払う価値があるかないかを考える際に「それでメシ食ってるから」は関係ないと思うな。言い方がアレだけどvoidさんは間違ったこと言ってない。そしてもちろん、近藤ようこ先生の作品は素晴らしいので、ファンとして私はお金を払うのだ。それも間違ってない。良さが分からない人は放っておきゃいいのだ。
言葉使い @tennteke 2012年7月17日
作家が「新刊を買って欲しい」てのは、図書館の貸し出しについてでぐずぐず燻っているのに、不用意な発言だと思う。
フミナリIMO @fnariimo 2012年7月17日
いーじゃん、みんなお金欲しいだろ。 この手の話題で湧いてくるクリエイターは貧しくてなんぼみたいな幻想には疑問を感じる。結局の所は「道楽でやってるんだろガタガタ言うなよ」っていう風にしか聞こえんよ。そういう意見がものつくりそのものの地位を貶めている訳で。 作られた物は大好きだけど、作っている人は軽視されるというのは日本人の悪い癖だよ。
うにら @riafeed 2012年7月17日
ソースのない書評でしかも単なるお前(の作品)が嫌いと遠まわしに(?)言いたいだけの比喩表現の無料公開要求に本気で怒ってる人たちはいったいなんなんですかね?
けやき あきひと(としあき @zelkovatreefolk 2012年7月17日
お金の循環を考えればタダよりも高いものはないんだけどな
玉藻さん@地球 @Roseate_Rosy 2012年7月18日
実際、「ネットでタダで読ませればいい」は批評批判として成り立ってないと思うのよ。読ませればいい、って時点で読むだけの価値認めてるわけで。だからこそ「価値があるのになぜそんな事いうの?」って話になる
かたせ@しばらく低浮上 @monographica 2012年7月18日
kusakabe発言は事を端的にしか言わないから、会話の流れで読み取ろうとすると話が全く噛み合わないけど、要は「辛辣な言葉で評されただけ。読者が作者側の金の稼ぎ方を考えてくれるなんて期待せず自分で努力するべき。」って事のみしか言ってないと判断。
かたせ@しばらく低浮上 @monographica 2012年7月18日
いつもkusakabeが現れる所には嵐が起きるんだけど、大抵は発言の真意を曲解してしまって無駄に荒れるっていう。今回はあくまで「ネットで無料で読ませろって書評されたけど作者の稼ぎ方を理解してない」という旨の発言に対して意見してるだけで、実は「古本より新刊」とか「ネット配信」それ自体については一切意見していないって所がミソ。
○○もへじ @marumarumoheji 2012年7月18日
作者さんの発言も「書評に対して」発言しただけで「書評されたことに対して」発言した訳じゃないんだけどな。
うにら @riafeed 2012年7月19日
「こんなのタダで公開しとけばぁ?」的な罵詈雑言に「公開しません!」とマジレスする意味もわからないし、これで「ネット乞食許すまじ」と言い出すのはネット乞食嫌いって言いたいがために評論やマジレスを利用した単なる藁人形論法にしか見えん。
M.Aono @aomonoya 2012年7月19日
うわーくさかべvoid氏ってまだいたんだ。芸風&反応もそのまま・・・
KAkashi / 今木 洛 @maikakashi 2012年7月19日
ホント不思議なんだけど乞食って何でそんなに欲張りなんだろう。中古は兎も角無償配布の意味がわからない。中古だろうと金払ってまで手に入れようと思わない著作物がただであってもそれに時間を割く暇とかないし。
ゆーぱん @8yriyg2 2012年7月19日
この作家の考えだとリサイクルとかそういうの全否定だよな。
うにら @riafeed 2012年7月19日
maikakashi で、その乞食さんはどこにいらっしゃるんですか?
とある発達障害者 @ahattatushougai 2012年7月19日
インターネットに於いて無対価で自分のほしいもの(情報)が無制限に手に入る(ように見える)環境にずっといる人間はこのような思考に陥ってしまうのですね
三毛招き @mikemaneki 2012年7月19日
サーセン! 古本で買ってサーセン!
三毛招き @mikemaneki 2012年7月19日
でもなぁ、ここ数年古本を購入すること自体が叩かれすぎじゃないのと思うことはある。コメ欄でも明らかに万引きや割れと同一視してる人いるし。
三毛招き @mikemaneki 2012年7月19日
中古の本を買うことってそんな犯罪者のごとく言われるまでのことなのか。自分自身やましさみたいなものは持ってるけどさ。
dynee/ダイニー @dynee_morinaga 2012年7月19日
筆者は、『価値なしと判断したコンテンツについて、「無料で公開せよ」』と言って憚らない人たちに、狂気を感じてるんだろ。「つまらん」「くだらん」「金を損した」といった書評は当然存在するが「(だから、この程度のものは)ネットで公開せよ」というのはそれと完全に矛盾する。(下らないと思っているものを公開させる意味がない)あと、自分の価値判断が普遍的真理だと思ってることが前提になるから、相当アレだね。
KAkashi / 今木 洛 @maikakashi 2012年7月19日
@riafeed 具体的に何処にいらっしゃるのかは存じ上げませんがそういった類の発言をされる方をネットで見掛けるのは確かです。
かたせ@しばらく低浮上 @monographica 2012年7月19日
そもそも論としてタイトルが間違ってると思われます。事の発端は、読者が「この内容ならネットで無料公開しろ」という辛辣な書評をし、著者はそれを「漫画家がどうやってご飯を食べているのかわからない人がいるとは」と反応しました。それに対しkusakabeが「ネットで無料公開すればいいと思う程度の内容だったと言ってるんでしょ」と突っ込んだわけで、つまり「表現はどうあれ、別に稼ぎ方を理解してないわけではないだろう」と言ってるのではないかと。
かたせ@しばらく低浮上 @monographica 2012年7月19日
ここで注意するべきは「新刊で買って欲しいなぁ」という著者の発言ではなく「書評者は漫画家の稼ぎ方を理解していない」発言に対する表現の捉え方の是正でしかないわけです。もちろん「ネット無料公開」の是非についてでもありません。
○○もへじ @marumarumoheji 2012年7月19日
最初の内だけなら確かに読み替えの指摘に過ぎないけど、「>内容よしあしかかわらず『著者が食うため』払うのは当然って感じ。」とか言い出した時点であさっての方向行っちゃってると思いますけどね、私。
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2012年7月19日
んー書評が矛盾しているというのが良くわからないな「そんなに世に出したいんならネットで公開デモしてりゃあ良いだろwwww」というような罵倒そのものは成立しえるので。いや、無論ドンだけ口が悪いんだよとか、そこまでやるともう「書評」なんて上等なもんじゃないよなあとは思うわけだけれど
うにら @riafeed 2012年7月19日
mikemaneki 散々近藤氏の古本に関する主張は客に言う前にいうところがあるとも、古本屋最大手ブックオフと出版社等の関係も、古本がなくなるとどうなるかもいろいろコメントしてるのに都合よくスルーされる現実(汗
かたせ@しばらく低浮上 @monographica 2012年7月19日
marumarumoheji その辺りは自分も「著者はそこまでは思ってないだろう」という判断をしてます。ただ、総じて明後日の方向を向いてるというならば著者まとめ製作者側にあるというのも私の判断です。反論が的を射てないように思えます。著者の呟きを見る限り「ようやくわかった」とは言ってるものの、最後まで理解してないように見えます。
○○もへじ @marumarumoheji 2012年7月19日
monographica あなたがどう考えているかは知りません。件の方の行為が「表現の捉え方の是正でしかない」というのは誤りであると言ってます。
○○もへじ @marumarumoheji 2012年7月19日
言いかえが成立するから問題ないというのであれば作者さんの言うことの「無償公開するのはそこから利益を出そうと戦略的にやることで、戦略性なしに(くだらないものだかとか)やったら創作者は食っていけない」と言い換えられ、なんら問題ない主張だと思います。
かたせ@しばらく低浮上 @monographica 2012年7月19日
marumarumoheji 私は「まとめのタイトルは誤り」「発言の捉え方が誤り」「論じてる内容が誤り」であると発言し、あなたが異を唱えたようなので答えさせて頂いたに過ぎません。是正というのは最初の返信の「それだけくだらないないようだという書評なのでは」という発言についてです。別に最初から最後までkusakabeが優しく説いているとは言ってないので勘違いなきよう。ただ、kusakabe発言を理解せず、まとめのタイトルを見て叩いてる人が多そうだと思ったので自分の解釈を書いてるまでです。
かたせ@しばらく低浮上 @monographica 2012年7月19日
marumarumoheji (私の解釈でも既に書いてあると思いますが)別にkusakabe氏は「ネット無償公開」の是非について発言してるわけではないと思いますが、どの部分をお読みになって「ネットの公開に対する主張を問題視している」と考えられました?
○○もへじ @marumarumoheji 2012年7月19日
monographica 私は件の方が無償公開の是非について論じてるなんて主張はしていません。
かたせ@しばらく低浮上 @monographica 2012年7月19日
marumarumoheji 言い換えが成立うんぬんという内容からして、件の方のお話の続きだと解釈しておりますが、「〜であるから、よって著者の主張は問題ないと思います」という旨の意見を仰ったという事は「著者の主張には問題ある」と指摘されたからそう意見したのだと思いますけど、では一体「誰が、どの発言に対して、どのように問題ある」と言ってそういう発言をしたのでしょうか?(言い換えが成立するから問題ないという内容も意図がいまいち掴めないのですが、書評の表現の是正のことを言っているのでしょうか?)
○○もへじ @marumarumoheji 2012年7月19日
monographica 私は作者さんの発言の意図はこうであろうという話しかしてません。それを件の方が無償公開の是非について論じていると理解してしまうのは、単なる誤読です。
かたせ@しばらく低浮上 @monographica 2012年7月19日
marumarumoheji 件の方でないならないで私の解釈が異なってたということで構わないのですが、私は上記において「では誰が、どの発言に対して、どのように問題あるといった発言をしたのでしょうか?」とお聞きしたんですけどね。
○○もへじ @marumarumoheji 2012年7月19日
monographica 最初に言ってるでしょう。「>内容よしあしかかわらず『著者が食うため』払うのは当然って感じ。」という誤読に対し、そんなことは言っていない、と。
うにら @riafeed 2012年7月19日
kusare_gedou その論だとますますそれを理由にネット無料公開要求(乞食)に苦言を呈す意味がわからないんですよね、最初から苦言を呈すために持ち出したのなら話は別なんですが。
言葉使い @tennteke 2012年7月20日
今の時代に「製本された紙の束」という形式に固執する理由が、なんとなくは解るけど、明確には解らないな。Webマンガ連載が書籍化されたらWebでは中途終了とか。そういう契約なんだろうけど…。
言葉使い @tennteke 2012年7月20日
考えてみたら「続きはWebで」とかBeeTVみたいに、新媒体と契約しないと見られない・結末が解らない“お話”がどんどん出ている状況があるんだから、お客の「じゃぁ、いいや。いらね」とカタルシスを求めない姿勢だって増えている。時代の変化に付いていけないクリエーターは蛸壺化するしかないんだろうな。
言葉使い @tennteke 2012年7月20日
ベテランのクリエーターが、昔の形式に愛着を持つ気持ちは分かるけど、それは私もベテランと同じ時代を過ごしたからであって、不特定多数の人に発信するのは拙いだろ。駆け出しのころ「自分はこの世界でやっていけるのだろうか?」という気持ちを思い出せば、なぁ。
とげやま @togeyama 2012年7月20日
ほんとに面白いな。「人は自分の聞きたいことだけを聞く」のわかりやすい例文だよこれ
ざくろ @zak_raw 2012年7月20日
たぶんvoidさんの最初の指摘は「書評の『ネットでタダで~~』のくだりは言葉通りではなくてものの例えではないか?」という意味だと思うんだけどそこから論点横滑りしてる気がする
monomin916 @monomin916 2012年7月20日
「無料なら利用してもいい」と「古本屋の売上を吸いたい」のどっちが卑しいかなんて論ずる必要もないと思うのだが。そもそも無料なら利用してもいいという感覚は誰しもが持ってるものだし。
none @naminosadarou 2012年7月20日
「こんなのは本にせずにネットで只で読ませればいいのに」は、どの程度なら容認できたか、という話でしかないと思う。恐らく、この書評を書いた人物にとっての「ネットでの無料公開」の意味も価値も、suikyokitanさんが考えるそれとは違っている。
HeppokoEther @HeppokoEther 2012年7月20日
続きはtwitter.net.usageでどうぞ
読子・リードマン@拝み屋書店員 @K_Kou5121 2012年7月21日
まあ、日本人の考え方もかわりつつあるんだなぁ。 たしかに新刊で買って欲しい作者の気持ちもわかるし、古本で買う人の気持ちもわかるけど 古本でしか買わない人にファンですと言われたくないだろうし、作家だってできれば新刊で買って欲しいという愚痴こぼす権利くらいはあろうと思う
権田藁犬銃郎 @akasiaken 2012年7月21日
コメントを入力してください。本は昔からタダで読むための方法がたくさんあるだろ。図書館、立ち読み、人から借りる、人から貰うなどなど、今だとネットで読むと漫画喫茶も加わるか・・・できれば新刊で買ってくださいという著者の懇願を無碍にはできんよ。
誤ロン @dara2goron 2012年7月21日
近藤先生がこういう事を言いたくなった気持ちは解るし、言う自由もあるんだけど、こういうメッセージって古本でしか買わない人には届かないんですよね。元からのファンの気持ちを強くする事にはなるかも知れないけど。
聖夜 @say_ya 2012年7月21日
それは偏見だと思いますよ。タダで公開しろという人に比べれば古本であっても購入する人は少なくとも支払う能力と意思はあるわけです。だからこそ一緒にされることに不快感があるわけです。
聖夜 @say_ya 2012年7月21日
根本的問題は「消費者のお金と意思が原著作者に届かない」ことなのでそれを解決する方法があればいいのです。例えば巻末の二次元バーコードリンクにアンケートフォームと一緒に入金フォームを作ることで”振り込めない詐欺”を無くすほうが建設的だと思います。
レベッカ宮本 @TheLeast100sec 2012年7月21日
「月刊 戦国武将」創刊号は特別価格280円で予約特典として全巻が収まるバインダーが(ry
高村武義 #WalkAway @tk_takamura 2012年7月21日
『古本じゃなく新刊を買って欲しいなぁと呟かれても、それはなかなか難しいよね。何故なら世帯所得が昭和62年並だから』 http://d.hatena.ne.jp/taka_take/20120721
うにら @riafeed 2012年7月22日
say_ya 一生懸命表現を選んではいるけど古本購入もネット無料公開要求を実質的に同一視してるのは近藤氏だと思う
うにら @riafeed 2012年7月22日
tk_takamura そのリンク先の作者への著作権料に関してはブックオフが作者に対する報奨金を出すと言ったけど実際どうするかは棚上げにされたままなんだよねぇ・・・
聖夜 @say_ya 2012年7月22日
riafeed 近藤氏からしたら古本でも「1円も入ってこない」という意味でタダ見なのは事実です。大事なのは妥協案や解決策を探すことであって個人攻撃ではありません。
うにら @riafeed 2012年7月22日
say_ya うーん…個人攻撃扱いかぁ、もし俺のツイートが個人攻撃に見えてるのなら妥協点や解決策なんて見つからないと思いますよ。
うにら @riafeed 2012年7月22日
@say_yaさんによると個人名を出して云々している時点で十分個人攻撃なんだそうなのでそれならもうそれでいいです。そこまで気にしてたら何もいえなくなってしまうんで。
聖夜 @say_ya 2012年7月22日
riafeed そういうやり方が個人攻撃だという自覚がないならやめたほうがいいですね。 表現の自由は何を言ってもいいということではありません。
うにら @riafeed 2012年7月22日
TheLeast100sec その商法が成功してるのどうか非常に微妙な気がするのは俺だけなんだろうなきっと
体を柔らかくしたいと思い続けて15年以上経つuraw @uraw 2012年7月22日
論点が輻輳しちゃってて論争が成立していないですね。自分もそうだけど、感情全部をごちゃ混ぜにして論じちゃぁいけないんだよ みつを
誤ロン @dara2goron 2012年7月23日
元々作者の切なる希望を書いただけなんだから、「お前の作品が下らねえっていう批評だよ」みたいな広げ方は難癖付けたいだけにしか見えない。議論の為の議論が好きで有名な方みたいだが。趣味が悪いよ。
H.Sakai 🚲UberEats大阪🍔🍱🍜 @FoD5 2012年7月23日
皆が貧乏だったころは、古書購入というのは共同購入の一形態だった。確かに出版社や作者にお金を払うのは第一購入者だったが、古本屋に売ることを前提に金を払って買い、第二の読者がそれを負担するという構図において。でもまぁ、漱石だって鴎外だって、やっぱり古本で読まれるより新刊を買ってほしいという思いはあっただろう…
清水悠 @YewShmz 2012年8月1日
活性化させるという点では、void発言は未だに有効なんだな、と思う。 と同時に、相変わらず周りが見えていない子供染みた大人が多いな、とも思う。
oneone @oneone64928 2012年8月7日
「こんなもん無料で配れや」という中傷的な言い回しってネット云々以前に昔からあったような気がするので 俺の脳内でも「ネットで無料配布されている現状の話」には繋がらなかった。
hig @hig___ 2012年9月10日
スキャナでとりこんでタダで読ませてるサイトを撲滅しないと、 タダ発言が出てくること自体がおかしいってのが分からないだろうなーと思ったw
プルフェイド・リュパール @purufeido 2012年11月16日
Missingあとがきで新刊購入しなければ怪異に襲われる呪いを受けてしまったのでちゃんと新刊購入してます><
ざの人 @zairo21 2012年12月8日
シンプルな話 古本では印税が入らないから、って話だわな。そりゃ古本買うなだわさ。 そういう意味では 絶版を救済する意義として、著作者に再び印税が入る可能性のある電子書籍という市場にも注目してしまうのであった。
Yの趣味アカ、botアカ @yh_forbot 2012年12月11日
とりあえず無料で読むことができて、作者の方に任意のカンパができるようなサイト、 オリジナル作品を描いてもらえる権利のオークションやオリジナルグッズの物販を行なって 利益を運営費用とし、知る機会増加による購入動機増加や潜在需要の動向を探るようなサイトがあっても良いとは思います。
坪井 X Æ A-Xii 遥 Haruka X Æ A-Xii Tsuboi @YashinNoMeisou 2012年12月13日
voidさんがtwitterにまで進出してるのに驚愕した。UMAをみたような気分
みのうら @wind_steed 2012年12月13日
よりにもよって近藤ようこさんのような作風の漫画家が古本で買いましただの言われてしまうとか、マナーってどうなってんだ…それ以外の所はアレすぎて世の中ポイズン。
ミィム@糖質制限中 @happylab 2013年1月11日
絶版古書と新刊古書は全く性質が違う。こういう問題をなくすためにも、電子書籍化は必要だと思うんだけどな(コピーコントロール問題は付きまとうけど)
もなか @monamour555 2013年1月20日
voidさん久々に見た.トシ取らないねこの方…
へぼやま @heboya 2013年2月2日
じゃあ俺もレストランに入って、「タダなら食っていい」って言いながら食い逃げしてもOKなのかしら?
きなこもち@トンベリ鯖 @mochiko_FF14 2013年2月7日
欲しい本はいつだって全部新刊で買いたいけど、現状そうも行かなくて悲しい。 後で余裕ができて、改めて新品で欲しいと思った時には既に中古しかない、って時もどうしようもなく悲しい。
きなこもち@トンベリ鯖 @mochiko_FF14 2013年2月7日
中古があるならまだマシで、絶版になってると本当にどうしようもない・・・
ウミドリくん @umidori_kun 2013年2月10日
どう見ても最初に難癖をつけたのは近藤ようこのほうです。自業自得。
ウミドリくん @umidori_kun 2013年2月10日
ここで盗人がどうのと愚痴っている人は子供に「どうして自殺をしてはいけないの?」と聞かれて「そんなに死にたいなら殺してやる!!」と逆上するタイプの人たちではないのかな。
あっちゃん @acchan_nike 2013年2月23日
うわあ、くさかべよういち大先生ではありませんか。それだけですべてを理解した。
name @unagi_anago 2013年2月25日
「金取る価値がない」に対応するのは「世に出すな」であって、「タダで配れ」じゃないと思うけど。
阿賀野 霞 @Kasumi_Agano 2013年2月26日
古本を販売する場合にも、著者に一定のロイヤリティが入るべきだと私は考える。これは本に限らず、あらゆる著作物に対して、金額的に雀の涙でも、法で定めた率の支払いを各中古販売業者が支払えばいいことだ。それが出来ない業者は潰れて然るべき。
船沢荘一(知識と想像力と勇気で悲しみに抗え。) @Funaschon 2013年3月13日
要は「漫画でご飯食べているプロとしていかなる作品批評も甘受するが、然るべき対価を払わずただ乗りしようとする人は許せない」「っていうか新刊買ってもらえないと増刷かからないし印税も入らない、原稿料だけじゃ食えないんでホントマジでお願いします」という近藤氏と、その文言を途中から勘違いしてさんざん難癖つけたにもかかわらず、誤解に気づいても謝りにも来ない「フリーライド肯定派の何某」&よく確認もせず便乗して叩いた人々――という構図なんだよね? もし途中で第三者のジャッジが入らなければ泥沼化していた可能性も。
船沢荘一(知識と想像力と勇気で悲しみに抗え。) @Funaschon 2013年3月13日
→というか、たとえば1個あたり10銭相当の“安いのに高品質で大手企業からの引き合いも多い”ネジを作っている町工場のおっちゃんが、どこの馬の骨ともわからん現場の苦労やノウハウも知らないマニアに「そんなに安いんだからタダで配れよ」とか言われたら、おそらくたまたま手に持っているハンマーでそのバ……世間知らずな貴族を怒りのあまり殴り殺しちゃってるんじゃあないかと思うのです。そのくらい、日本の産業界は上から下まで危機的状況。→
船沢荘一(知識と想像力と勇気で悲しみに抗え。) @Funaschon 2013年3月13日
→まあ前記のたとえは極端にしても、問題の一端が「下請け・孫請け企業の親会社/元請け依存」「クリエイター(ベンダー)のパブリッシャー依存」にあるのは確か。作り手の立場からいえば、顧客もまた進化しているのであって、売る方も製品の価値や品質を高めるとともに、販売チャネルやマネタイズスキーム、顧客フォーカスといった「売り方そのもの」を根本的に変えていく必要があるかと。プラットフォーム依存ではいざ放り出された時に路頭に迷ってしまう。→
船沢荘一(知識と想像力と勇気で悲しみに抗え。) @Funaschon 2013年3月13日
→あと、近藤氏はぜひ一度、クリス・アンダーソンの『FREE』を一読することを強く勧奨したい。電子コミックの「1話目だけ無料」が主流化している理由、『Evernote』『Zoho』などのクラウドサービスが成り立つ理由などもきっとご納得いただけるかと。→
船沢荘一(知識と想像力と勇気で悲しみに抗え。) @Funaschon 2013年3月13日
→そして、以前の連続ツイートでも何度か述べているけれども、「正義≠善」。つまり、「正義」と「善」はイコールじゃない。たとえ良かれと思ってしたことでも、「正しさ」は時に誰かを傷つける。たとえば警察や司法がそうであるように。
船沢荘一(知識と想像力と勇気で悲しみに抗え。) @Funaschon 2013年3月13日
→まあそのなんだ、結局「どっちもどっち」ってことで。m(_ _)m
船沢荘一(知識と想像力と勇気で悲しみに抗え。) @Funaschon 2013年3月13日
ついでに、明らかに叩かれても仕方のない大物(苦笑)がいる一方で、こういうアプローチで商業デビューする作家もいる→ http://togetter.com/li/335142 という事実も鑑みると、一概に作り手ばかりを責め立てる昨今の風潮はいささか気の毒かと。「心無い人間(身内も含む)にちょっと小突かれた程度でも首を吊る」ほど繊細なメンタリティを持っているからこそ持ち込みや投稿にも躊躇するのだろうし、編集者に会っていろいろ言われるのも怖いし、だからこその「叙情的な作風」だったりするのでしょうから。
GODますたー☆藤崎 @Ochoko4 2013年4月5日
@suikyokitan ようこ先生、はじめまして、こんにちは。 本居宣長の古書を求めてうろ覚えの知人から聞いたスーパー源氏のサイトへの立ち寄りで何故かここにきました☆ 私は先生に、努力目標ですが、賛同したいと思います。 漫画は読み手の理解を絵と文字の組み合わせにより、時間を短縮出来る著作物、知的財産です。 続く
GODますたー☆藤崎 @Ochoko4 2013年4月5日
@suikyokitan ケルベロス 著作物、知的財産権の中でも漫画といふものの特徴は。 先に述べた理由のように、漫画とは、読み手にとっては時間を短縮するのに対し、墨絵する一ページに技法と時間を要するものです。 先生が呼びかけているのは消極的なアクションです 知的財産権という著作物について述べます。 続く
GODますたー☆藤崎 @Ochoko4 2013年4月5日
@suikyokitan 大胆に例えれば。 他人の土地に勝手に占有する事を要請する事と。 今日はじめまして知りましたが近藤ようこさんのように、新潟で高橋留美子さんと、若い漫画家さんを応援するような人格の人が未来を憂い、呟いた事に対して。 ネット慣習からくる人の悪意が生み出す傲慢さが対称的です。 知的財産法という体系はまだ取り入れられたばかりの概念です。 出版社と著作物の在り方について、漫画家の力も借りて法を見直す必要がある.と私は宣言します。
GODますたー☆藤崎 @Ochoko4 2013年4月5日
@suikyokitan 確かに、現在作家が生存していて、出版社に出している続き物まで、ネットに配信してしまうのは、特定して配信者を捕まえられるかは別として、罪は軽くはない。 それを当然のように言える人が存在する。 これを異常なおかしな狂ったものと漫画家の方が感じ捉えるのも無理はないと思います。 歴史を伝えたくてとか、永久に誰かと、届けたくて、会話したくて一人にでも届けたくて、心に残るなら、ネット配信は、改竄され、捻じ曲げられる真実と闘う者にとって武器になります。誰か一人にでも深
GODますたー☆藤崎 @Ochoko4 2013年4月5日
@suikyokitan 千年以上、残って語り継がれてるものもある。 漫画家は、主人公や背景にとって、命を吹き込んでる神なのだから、そして技法を持っているのだから。
Ali Al-Saachez (Gary Biaggi) @Koichiro_INOUE 2013年4月6日
読まなくていーから買えよ。一人十冊買え。買ったら燃やせ。 古本屋には絶対売るな。貸し借りもダメだ。買ったらすぐ燃やせ。 火事に気をつけろ。水、用意しとけ。わかったか、コノヤロ。 わかったら、とっとと行け。 走れ。 by 漫★画太郎(単行本の「あらすじ」欄)
u1ρ 🌧 @u1p 2013年4月6日
何だくさかべさんか。ここまで驚いている人が多いってのは、ネットに新しい人が増えた証拠だな。
ふき @gushout 2013年4月17日
誰だって自分の行動を正当化しようとする。ちゃんと買えば「○○がよかったから満足」って価値を見出そうとするし、不法に手に入れれば「「○○がダメだったからタダが妥当」ってさ。
加藤 @world_of_bear 2013年4月21日
これからの作家に必要なのは「愚痴は親しい友人にだけ」ということかもしれませんね。交通事故と一緒で、正しく生きていても、巻き込まれて事故に遭う可能性があるようですし。
muramasa @muramasa931 2013年4月21日
作者の意志を100%汲み取ったなら。図書館も許さん。中古本も許さん。知り合い同士の貸し借りも許さん。漫画喫茶も許さん。定価で買って、読んだら大事にしまっておくか捨てろ。廃品回収に出すのも、古本屋に横流しされるので許さん。燃えるゴミの日に出せ。 つーことになる罠。
muramasa @muramasa931 2013年4月21日
あとね。新刊本を買ってくれないと作者にお金が入らないの。他の方法で読まないで・・・ていうより。只でもいいから好きなだけ読め、面白かったか?だったら出世払いでもいいから時価で支払え。払いのいいやつはパトロンや信者にしてやるぞ・・・てな方がいいんでないの。AKBやソシャゲみたいに、何十何百万と使う儲もいるだろ。某池田や某大川なんて昔からやってるけどさ。
長峯明子 @xshochanx 2013年4月22日
@void_No3 ある意味凄い読解力だな。まずいという評価とタダで配布には何の関連性もない。
長峯明子 @xshochanx 2013年4月22日
@void_No3 本人そんなこと全然言ってませんよ。精神的に問題があるのは貴方でしょう。
ブリバリゲリピービチグソハッピー @poolhool 2013年4月30日
「金払う価値無いからタダで読ませろ」ってなんかすげえ論理だなあ。雑誌のほうで読めば良いだけじゃない。あと「私もファンだが」というのは別にわざわざ言うこっちゃないね。なんの免罪符にもならない。
手洗いうがいじぇど。 #StayHome @jade_jp 2013年5月13日
voidか。懐かしいな。voidは噛み付きたいだけ。これまでも。そしてこれからも。
手洗いうがいじぇど。 #StayHome @jade_jp 2013年5月13日
voidの尻馬に乗って極論してるひともちょっと気をつけて自分の言動振り返ったほうがいいぜ。彼は誰の味方でもないから。
ピート@夏への扉 @susanoo 2013年5月14日
void氏を指示している人たちはあれですか。「お前の仕事金払うだけの価値ないから。でもとりあえず成果物は使わせてもらう」といって支払いをされなくてもOKってことでよろしい?
A.C.✨NCC1710hh2 @AerospaceCadet 2013年5月14日
voidの言はそれがvoidから発せられたと言うその事で内容の精査無しに全否定すべきものだろ女子高生。
うにら @riafeed 2013年5月15日
voidの特徴 ・人を小馬鹿にした文章で対象をDisるのがうまい ・まともに反論するとさらに小馬鹿にする ・それをもろともせず反論するとどうでもいい部分で揚げ足取りを始める ・それもうまくかわして反論を続けると一切反応しなくなる といった行動を20年くらい繰り返してきた人間なので相手するだけムダ
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧) @L_O_Nihilum 2013年6月2日
ひよこアイコンの人が突如飛躍したこと書評だとか言いだしてビビったw。 てか、この人以前からいたんだ…叩きでアイドルになるのはやめようぜ…。
アンドゥトロワ之助 @_udt 2013年6月18日
この作家さんの「文化を廃れさせないためにも、なるべく作者にお金が届くように消費者も意識してほしい」という考え方には大賛成だし、アヒルアイコンの人が他人に対していきなり攻撃的な態度でつっかかってるのは論外だとも思うけど、アヒルアイコンの人が言っている事自体は別に間違っていない。
アンドゥトロワ之助 @_udt 2013年6月18日
なぜなら「こんなのは本にせずにネットで只で読ませればいいのに」って書いた奴はたぶん本気でネットでタダで公開するのを要求してるわけじゃなく、単なる比喩表現を使った作品ディス程度のものでしかないのに、それを作家さんが勝手に勘違いして受け取って、ネット乞食とかそういう問題に当てはめただけしか見えないから。それともその書評の要約をミスっただけで、原文は本気でタダで公開する事を要求している主旨のものだったのだろうか。
Si(ケイ素) @KEISO_Si 2013年6月29日
論点ずれずれだから あとスルースキル磨け
さうす @south_ws 2013年7月16日
論点を推し量るつもりがさらさらないvoid氏が20年経っても変わってないのと内容の是非はさておき、この人こそ馬鹿発見器のハシリだよね。
タライ・ラマ @agujeta 2013年7月29日
漫画家って誰かと思ったら近藤ようこかよ。みんなガロとか知ってるのかな。
γさくらい ゆかきちγ @sakurai_yuka 2013年7月29日
ホテルマンが「おパーナさん達がデマまで飛ばして無理やり野宿だのするくらいならうちのホテルに泊まってほしいなぁ」と呟いたら「どこで夜を明かそうと勝手だろ」と返されたようなものかなw生産者・供給者の都合と消費者・需要者の都合は噛み合わなくて当然だゼ☆
矢乃崎宗影@ヤる気すらおきない系男子 @yanosaki 2013年8月4日
なんでも安ければよいという意識があるうちはこの国の文化は変化せんわな。食の問題でもサービスでも趣味でも。エンタメが基本タダである地上波に依存している以上無理かもしれんが。
矢乃崎宗影@ヤる気すらおきない系男子 @yanosaki 2013年8月4日
価値を払うからこそ、そのものを深く考察するし読み返して作者の意図を読もうとする。文脈の間を読むことだってできるようになる。ただのモノを執念深く読むようなことは無いだろう。安いからと言っている人間には。結局、必要なモノには必要と思われるコストを払うという意識の問題だねぇ。そういう意味では使い捨て的な取り方しかしない安値信者の意見はクリエイターには無意味だろ。
Cri_Af @Cri_Af 2013年8月31日
http://togetter.com/li/339036もあわせてどうぞ。40代オッサンの浅ましさを皆で体感しよう!!   クズすぎて反吐がでること請け合い。
Cri_Af @Cri_Af 2013年8月31日
まとめてくれたのはTakahashiMasaki氏です。
ふみふみぃ🌔じえい @humihumii 2013年9月9日
何事かと思ったらvoidさんでしたか、お元気に活躍されているようで何より。
Tamemaru🔞俺得本舗 @Tamemaru 2013年9月18日
「本当に良いものは買う」とかのたまう違法コピーユーザーは数多くいるけど、 「本当に良いものだったから買った」という報告は聞かない不思議。
えふじ@早く医者にかゝれ @Fg1226 2013年9月23日
こいつらはレストランの料理がまずかったら「金を払う価値はないから」って言って金を払わず食い逃げするってことだろ?それで言い訳は「食ってもらっただけありがたく思え」だろ?何様だよ。
goya4 @goya4 2013年9月23日
欲しい本が近所の大手・中規模書店に置いてなく、取り寄せが無理と宣言されてもあきらめきれずに車で県内探索(not古本屋・古書店)巡り→それでも入手不可だったらブックオフを利用する私が一言申し上げます。
goya4 @goya4 2013年9月23日
1)読み手が(その時点で)完全に満足するコンテンツなんて、読み手本人以外の誰にも選べないはずなんです。だから、ある程度の不満が生じるのは当たり前なんです。
goya4 @goya4 2013年9月23日
2)a)こんなモノを選ぶ私の選択眼はまだまだ鍛えなければいけないな! b)こんな取るに足らない作品を私に見せやがって! どちらの立場をお取りになっても個人の自由ですが、どっちの生き方を選択したほうが人生楽しいかと言えば私はa)です。
goya4 @goya4 2013年9月23日
3)(一見)無料なコンテンツだけでもとりあえずの「娯楽欲望」は満たせますが、それだけだと私は不満足になります(フィギュアとかも大好き)。
goya4 @goya4 2013年9月23日
4)有料だけのコンテンツしかない業界よりも、有料・無料が混在している業界の方が選ぶ楽しみは大きい。だけど全部無料化なんて無理強いはバランスを崩す。比率は重要。
goya4 @goya4 2013年9月23日
5)最後に。無料とはいっても、そのコンテンツを鑑賞したり活用するのに費やした『あなたの人生時間』は有償(単価は計算不可能だけど、零はありえない)です。そこを自覚して楽しみましょう。長文失礼いたしました。
中田吉法 @ynakata 2013年10月4日
void氏のスタイルって切れ味鋭いからまだ許されるものなのに、この件での氏は切れ味だいぶ鈍くってこれじゃあただうるさいだけの頭おかしい雑音じゃん、と思ってしまった。もっと頭おかしくないといかんのや!
kiniro @kiniro_system 2013年10月8日
http://japan.zdnet.com/development/analysis/35012519/ この小説家は自身の小説が絶版になった後で、出版社が増版に応じないという問題を抱えていたという
佐倉和音🥴 @O_Flow 2013年10月9日
ちょっと考える問題かな?と思ったらくそかべが噛み付いていたんでお得意の「定義の意図的なずらしによる自己正当化」芸を久しぶり見ることができた。この爺さんまだこんなことやってるのか。諸行無常から意図的に外された哀れな存在だな。
海◆eoxyl9RE @umi_eoxyl9RE 2013年10月9日
だれしもの心の中にvoid_No3に陥る可能性をもっている。危機感や心のタガがはずれるとこうなる。
蜜蜂いづる @mindgater 2013年10月27日
鶏が先か卵が先かみたいな話になって来るけれど、「タダで読める」状況が整ったのとどうしても「タダで読みたい」というのとはやはり違う気がするんだけどなー。 @void_No3 さんがそのあたりどう考えているか知りたいのでリプライを飛ばしてみるテスト
お茶菓子魁!!@壱岐津 礼 @ochagashidouzo 2013年11月8日
tsuyoshi_cho 「縁あって最近読みました」もしくは単に「最近読みました」ではなぜいけないのですか?敢えて「古本で買いました」ってカミングアウトする必要性がわかりません。
お茶菓子魁!!@壱岐津 礼 @ochagashidouzo 2013年11月8日
「コンテンツの作成者には相応の報酬があるべき」と考えてますが、古書とコレは別の話だよなぁ、と。
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2013年11月8日
ochagashidouzo 後でとしましたが、個別メンションでほぼ言いつくしてしまってました。が、こちらにも改めて。別件で考えを改めています、もし言うことがある場合はあなたの言われる言い方であるべき、と今は考えています。すみません。
お茶菓子魁!!@壱岐津 礼 @ochagashidouzo 2013年11月8日
tsuyoshi_cho いえ、こちらこそ。遅レスに丁寧に返答をいただきありがとうございます。
小倉無線2282 @kokuramusen2282 2014年1月14日
著作権を色々言う事情自体は理解できないわけではない。ただ、著作権者たちは自分が死後50年経過して自分の作品がパブリックドメインになった際に、ボランティア有志が自分の作品を無料でネットで掲載してくれるほど、素晴らしい作品を出していると自負できる人はどれくらいいるのかねえ?
冶金 @yakeen4510 2014年2月27日
電子出版の漫画、もう少し安けりゃバカスカ買うんだがなあ。紙の本と変わらない値段じゃ、どうしたって借りてすまそうと思う。借りれば一冊30円とかの世界だよ? 安い方に流れるのは当たり前。
脳内がエロで埋まっている白痴のネトウヨ @dokuman3 2014年4月19日
自分なんかは、紙の本より多少高くなってもいいから電子版がほしいと思っちゃいますね。物理的保管場所が不要ってのはメリットだ。
球磨川 雪 @Sosogi_K 2014年5月16日
kokuramusen2282 『そんな事より、明日の飯。だよ。』
つよし(清野剛) @tseino 2014年7月21日
うわ、void久し振りにみた。劣化したねぇ
toyoben @toyoben 2017年7月2日
作品に金を払う価値があるかどうかを判断するのは買う側の人だけど、作品の値段を付けるのは売る側だよね。その金額に見合った価値がなければ買わなければ良い。「買わなければ価値はわからないんだからタダで読ませろ!」ってのは作者に言うことじゃないよな。
ぽちわわ @2s3q1 2017年7月3日
void の はつげん は むじゅん しては いないが あげあしとり では あるかもな
熱田ユリアン @atsutasaiko 2018年3月3日
これはゲームの中古販売で答えが出た問題。合法行為にガタガタ言えば速攻で反撃が来るのが当たり前。売主と買主は対立関係にあることをもっと認識すべきで、感情論で対立相手を同調に持ち込もうとすれば、即座に理屈で反論できなくとも「なんかおかしいこと言ってる」ことは確実に察知される。作者に分配するべき、いやもっと価値があるものかけとか、そういう問題ではない。
熱田ユリアン @atsutasaiko 2018年3月3日
中古を買うこと自体、もっと堂々としていていい。本はぜいたく品でありも文化の発展の寄与の過程で、売れた数の数倍の人に読まれるのが資本主義で帰結する正常な形だと考えている。漫○村とかは異常でありダメだよ。
悪意表出ソムリエ夙谷稀 ⋈ Vie fécondée @ILoveTraciLords 2018年6月5日
近藤ようこ先生の漫画がガロにしか載ってなかった頃ですら、ガロは原稿料払わないと知ってたので心苦しかったもんだ。という昭和の遺物は私です。
ピオリム @Acceleratle_SF2 2019年12月21日
sarnin 真のクズ「お金を払ってまで手に入れるほどの価値は無いが、手間だけで手に入れる程度の価値はある」
ピオリム @Acceleratle_SF2 2019年12月21日
スルーして中古で買い続ければいいだけのことなのに何故一々叩くの?