たびすとり!~旅するドイツ史(1):ベルリン~ブランウンシュヴァイク編

歴史ごった煮闇鍋マガジン「ひすとり!」の一環として、作成したコンテンツです。 http://wikiwiki.jp/wesmag/ 試作品です。ご意見、ご感想、お待ちしています。
6
noby @nob_de

「たびすとり!」は、簡単にいえば旅行して見た物品・建築等々から浮かび上がる歴史(ドイツ史)を旅行記風に記していく企画です。 #wesmag で呟いて後にトギャって、「ひすとり!」サイトにアップします。

2010-07-12 01:09:29
noby @nob_de

本企画に関していくつかの心づもりがありますがまず二つ。1:絶対的に知識を押し付けるのではなく双方向的で「?」も呟く。2:ヒストリーコミュニケーションの一コンテンツの試み。(温かく反応してくださいw) #wesmag

2010-07-12 01:11:33
noby @nob_de

「たびすとり!~旅する歴史」の第一回「ベルリンからブランウンシュヴァイクへ」。今回は実験的試みなのです。日独の時差もあり、また、日本では選挙話題一色の中で空気を読まずにツイートして、後にトギャッておきます。 #wesmag http://twitpic.com/24f0ry

2010-07-12 01:19:01
noby @nob_de

ICEの中でお仕事をしながら調査・取材の旅へ。お約束通り25分遅れで特急は運行。後ろの席では「私が初めて西で買い物をしたのがシャルロッテンブルクよ」という老夫婦の会話が。 #wesmag http://twitpic.com/24f1er

2010-07-12 01:21:16
noby @nob_de

http://twitpic.com/24f1er - 旧東ドイツ出身のご夫妻なのだろうか…。既に特急の通過駅となったベルリン・ツォー駅のことを知らない様子。勝手にベルリンを取り囲むブランデンブルク州の田舎の老夫婦と妄想。 #wesmag

2010-07-12 01:22:30
noby @nob_de

【ベルリンを離れる】女性の車掌さんが検札。旧東独では約半数が女性の車掌。統一後、影響を受けて女性の車掌が鉄道員の中で増えたとのこと。そして、この路線は、旧東独の路線(もちろん改修済み)だからか、揺れが酷い。 #wesmag http://twitpic.com/24f3jp

2010-07-12 01:28:38
noby @nob_de

【ベルリンを離れる】ベルリンから西側に向かう特急に乗ると通るのが風力発電地帯。1980年代半ばの「緑の党」の躍進は、環境問題への取り組みを促すとともに、環境をビジネス化させた嚆矢だといわれている。 #wesmag http://twitpic.com/24f407

2010-07-12 01:30:09
とうふう@ウサギヤシキのイナリ @winter_fuchs

@nob_de ポズナン行く時のECの車掌も女性でしたねぇ

2010-07-12 01:30:24
noby @nob_de

http://twitpic.com/24f407 - トム・クルーズ主演の『M.i.3』でベルリンが舞台となりますが、確か風力発電風車の間をかいくぐるシーンがあります。同映画の監督はこの風車群をイメージして作ったようです。かなり誇張あるけど…。 #wesmag

2010-07-12 01:35:23
noby @nob_de

いつもどこかが故障してますRT @akkochankitazo 関連あり?→ @k_sensei: 今夏最も暑くなった昨日、エアコンが故障したまま走行し車内温度50度程になったICE内で数十人が脱水症状など起こし病院に運ばれて点滴を受けたり入院したりしたらしい。他にも...

2010-07-12 01:47:03
noby @nob_de

ブランウンシュヴァイク駅到着(写真撮り忘れ)。今回の第一目的は、同地の鉄道マニアサークル訪問と記念碑・記念像調査です。 #wesmag

2010-07-12 01:48:25
noby @nob_de

ブランウンシュヴァイク駅を中心部方面とは逆に行くこと二十分弱。「機関車公園」があります。ココは市民団体が運営している。ものすごい鉄道臭が…。 http://www.vbv-bs.de/ #wesmag http://twitpic.com/24fe5b

2010-07-12 02:03:58
noby @nob_de

と、その前に機関車公園に行く前に見つけた石碑。この地域は、ベーベル・ホフといって、19世紀末~20世紀初頭にかけての社会民主主義社アウグスト・ベーベルにちなんだ住居群であることが判明。 http://bit.ly/a6wdZ2 http://twitpic.com/24fg1g

2010-07-12 02:09:59
noby @nob_de

ベーベル・ホフは、1920年代に建造された住居群で労働者用のものと推察。旧東ドイツの社会主義的住居群にクリソツ。全体から見渡せる時計台が「時間の発明と労働」の関係を想起させてくれる。 #wesmag http://twitpic.com/24fgor

2010-07-12 02:12:07
noby @nob_de

ベーベル・ホフの記念碑(建造年不明)。父親が母と子を抱くイメージだが、1920年代の父権と共産主義の問題に関する研究を思い出した。 #wesmag http://twitpic.com/24fhli

2010-07-12 02:15:03
noby @nob_de

ベーベル・ホフは住居群ですが、一回部分には薬局やパン屋が入っている。これも労働者住居の特徴かも。ちなみに写真の左がパン屋。右が介護サービス会社。右は、この住居群が抱える問題を象徴する感じ。 #wesmag http://twitpic.com/24fia2

2010-07-12 02:17:14
noby @nob_de

さて、話は戻って「機関車公園」。その入口近くの「野原」には吹きっ晒しの旧西ドイツの特急が。侮るなかれ、これは「超」歴史的な特急なのです!戦後初の超特急と称されることもあります。 #wesmag http://twitpic.com/24fizv

2010-07-12 02:19:37
noby @nob_de

なんと、1954年にサッカーワールドカップでドイツが優勝した際に選手団を運んだ車両だったのです。いわゆる「ベルンの奇跡」と呼ばれる出来事です。ベルンの奇跡はドイツの戦後復興のシンボルのひとつです。 #wesmag http://twitpic.com/24flah

2010-07-12 02:26:53
noby @nob_de

中にはワールドカップの展示室がある模様(入れなかった)。しかもそこには2006年ワールドカップの珍キャラとして有名なゴレオも鎮座しておりました(写真では分かりにくいですが)。http://bit.ly/dbxnqd #wesma http://twitpic.com/24fm8o

2010-07-12 02:29:58
とうふう@ウサギヤシキのイナリ @winter_fuchs

@nob_de ゴレオさん、会社破産させて逃亡中ですね

2010-07-12 02:32:08
noby @nob_de

さて、サッカーワールドカップの決勝前なので、とりあえずサッカーネタで「たびすとり!~旅する歴史」実験編の第一回終わらせます。続きは明日か明後日。おそらくあと一回で終わりです。ご意見、ご感想お待ちしています。 #wesmag

2010-07-12 02:32:12
noby @nob_de

@fuyukitune 深夜のリアクション、本当にありがとうございます!こんな感じのついったー企画をやってみたいと思います。今回の滞在では、ブラウンシュヴァイク以外に、あとひとネタくらいできればと思います。

2010-07-12 02:33:45
とうふう@ウサギヤシキのイナリ @winter_fuchs

@nob_de なるほど、楽しみにしていますw リヒテンベルク駅の構内にある東独の気動車はどうなるのでしょうねぇ

2010-07-12 02:35:32
noby @nob_de

「たびすとり!旅する歴史:ブラウンシュヴァイク編の続き」:ブラウンシュヴァイク鉄道サークルから。 今までのまとめ: http://togetter.com/li/34876 ちなみに私はブラウンシュヴァイク専門家ではないので不備や追加情報など求む! #wesmag

2010-07-14 01:05:18
残りを読む(33)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?