「神奈川県三浦市産のスイカからCs137を11 Bq/kg検出」の真相を求めて

関東地方にチェーン展開するスーパーマルエツhttp://bit.ly/OEalxN では、食品の放射線の自主検査を行い毎週1回ここhttp://bit.ly/OE8Tvg に結果を公表していますが、7/31付け公表結果http://bit.ly/NS4GS7 で神奈川県三浦市産のスイカ(7/11収穫、7/23検査)から11 Bq/kgのCs137が検出されていることが判明。この結果に気づいてからスペクトルを請求し検証を要請、反応が返ってくるまでの議論をまとめました。 マルエツの自主検査の使用機種はベルトールドのLB2045。NaI検出器入りの簡易検査装置で、パソコンを外付けせず装置本体単独で使用する場合、手動で設定変更してから使わないと天然放射性物質のK40を放射性セシウムと誤検出することがわかっています(詳しくはこのまとめhttp://bit.ly/pfzrQU続きを読む
科学 放射性セシウム 簡易型測定装置 検出限界値 放射線測定 食品
58

発端

はみんぐばーど @kei_sadalsuud
@tokok 先生こんばんは。いつもありがとうございます。マルエツの検査結果に三浦のスイカが出ているのですが、CS137が11Bq/kg出ています。Nalシンチで検出下限が25Bq/kgなのでNDだと思うのですが。PDFです http://t.co/nDORlQly
Toru Matsumura @tokok
@kei_sadalsuud 情報どうもです。測定下限値<25という表記には違和感が。マルエツさんの方で何か勘違いされているのかもしれません。で、Cs-137の11Bq/kgですが、にわかには信じがたいです。が、どんな汚染ルートがあるかも知れず、先ずはスペクトルを見たいところ。
Toru Matsumura @tokok
マルエツの放射能検査で三浦市のスイカからCs-137が11Bq/kg検出とある。にわかに信じがたいが、ちゃんと測定できているのか心配。スペクトル見ることができれば何か分かるのだが・・ http://t.co/SR9Wo39Z 
りんたろう(脱原発に一票) @boniboni1040301
@tokok 先生こんばんはです。以前も本当は不検出だったバターの騒ぎありましたし…毎日1個食べている勢いの我が家は三浦西瓜信じたいです…汗
Toru Matsumura @tokok
@boniboni1040301 機材が故障中ですぐには測定できないのですが、こういう情報が出ている以上、三浦のスイカはできるだけきちんと測定したいと思います。
りんたろう(脱原発に一票) @boniboni1040301
@tokok ありがとうございます。心強いです。…とりあえず冷蔵庫にあるスイカ…母がこっそり食べてしまいます!半分に割ったスイカを一人でスプーンですくって食べるの夢でした(笑)
やまぐちあやこ @goodsun928
三浦のスイカから⁈気になる…“@tokok: マルエツの放射能検査で三浦市のスイカからCs-137が11Bq/kg検出とある。にわかに信じがたいが、ちゃんと測定できているのか心配。スペクトル見ることができれば何か分かるのだが・・ http://t.co/rsL8G93y
高橋由為子(比例は山本太郎) @umiusagi
@goodsun928 @tokok 三浦のスイカからCs-137が出たことについてですが、空間線量からでなく、客土や肥料などが原因ではないですか?
Toru Matsumura @tokok
@umiusagi @goodsun928 恐らく汚染ではなく、セシウムの誤判定を疑っています。問い合わせますので、しばしお待ちを。

情報続々集積

きょん @Rosa_centifolia
@tokok ここ川崎のキャベツとか神奈川産のカボチャや山梨の桃からセシウムが検出されていて、何回か問い合わせています。担当者にいえばスペクトルは送ってもらえそうですが、カボチャは137のピークにちょうどカーソルがあってよくわかんないということでした。
きょん @Rosa_centifolia
@tokok 担当者とお話ししたら、カボチャに関しては、LB2045で20分の計測で、誤検出の原因を、結露、BGがずれていた、検体の詰め方が甘かったなどなど色々おっしゃっていて、そもそもメーカーが20分で10ベクレルまで測れるとか、厚生労働省がスクリーニングは合算値でいいとか・・

(食品の簡易検査装置に使われているNaI検出器は温度変化を嫌い、熱いものも冷たいものも十分室温に戻してから測定するのが鉄則です。結露は最悪の場合装置を壊すこともありますので、絶対にあってはならない事態です)

nao @parasite2006
@tokok @kei_sadalsuud 横からすみません、スーパーマルエツの自主検査結果拝見しました。ここはCs134とCs137単品については測定誤差から計算した検出限界値を記載する一方で、総セシウム量については検出限界値の計算をせず、厚労省のスクリーニング法の基準値で代用
nao @parasite2006
@tokok @kei_sadalsuud しかもこの検査結果報告書は簡易検査に使用した装置の製造元と機種名を記載せず、測定条件(とくに測定時間)が不明なのが致命的。装置の機種名と測定手順(試料重量から1 L入り容器を使用とわかる)公開の例http://t.co/zCxsL41w

(↑引用は福島市に本社をおく食品スーパー「スーパーいちい」の食品検査手順。使用機種は応用光研FNF-401 http://bit.ly/sBC25w http://bit.ly/zoDwBZ 1 kgを1000秒=16分40秒測定。カタログにはこの条件で検出限界10 Bq/kgと書いてありますが、実際には1時間の測定でも単一核種で検出限界10 Bq/kgの達成がおぼつかないケースがあることがわかっています)

きょん @Rosa_centifolia
@parasite2006 @tokok @kei_sadalsuud 先週から何度もお客様相談室と電話してやっと担当者とお話しできたものです。@parasite2006さんのおっしゃる通りです。スペクトルも言えば送ってくださるそうですが、生データ見ないとよくわからないようです。
nao @parasite2006
@Rosa_centifolia はじめまして、ご確認ご苦労様でした。検査結果報告書を見るとCs134が検出限界割れでCs137だけ検出限界越えというものがいくつか見受けられますが、問題の三浦半島産のスイカの結果は特に疑問が多いです。@kei_sadalsuud @tokok
nao @parasite2006
@Rosa_centifolia 事故から1年4カ月後の現在、事故直後ほぼ1だったCs134/Cs137比は0.658まで減少しており(計算こちらhttp://t.co/h9WuBgcV )このスイカのCs137の値が正しいなら(続) @kei_sadalsuud @tokok
nao @parasite2006
@Rosa_centifolia (続き)Cs134の値は11.4 X 0.658 = 7.50 Bq/kgとなり、この値だと報告されている検出限界値4.02が正しければCs134の検出限界割れは考えられないことになります。@kei_sadalsuud @tokok
nao @parasite2006
@Rosa_centifolia 何かの理由でCs137が過大評価になっているというのが一番可能性が高く、ぜひスペクトルを見てみたいものです。@kei_sadalsuud @tokok
Toru Matsumura @tokok
@Rosa_centifolia @parasite2006 @kei_sadalsuud 測定して公開するという姿勢は大変共感できるのですが、その一方で機械任せの測定では簡単に誤検出を叩き出すということもよく理解して頂きたいですね。(自分が生産者の立場だったらどう思うか…)
nao @parasite2006
@tokok @kei_sadalsuud @Rosa_centifolia たびたび横からすみません、もしスーパーマルエツの自主検査の装置がベルトールドのLB2045で、しかもパソコンを外付けせずに本体だけで使っていて、Cs134とCs137を合算せず別々に定量しているなら(続
残りを読む(200)

コメント

nao @parasite2006 2012年8月5日
まとめを公開しました。
nao @parasite2006 2012年8月6日
ベクミルの所在地は千葉県柏市で埼玉県ではありませんでした。お詫びとともにリストの説明文を訂正させていただきます。@makototension さん、ご教示感謝いたします。
nao @parasite2006 2012年8月7日
まとめ公開後、スイカの危険性を疑うツイートを複数見かけましたので、今回のケースは検査に使われた簡易測定装置の誤検出の可能性が高いことをまとめの説明文に追加記載しました。
津田クモスケ和俊 @kaztsuda 2012年8月11日
LB2045の20分計測で放射性セシウム総量10Bq/kgは明らかに無茶です。いいとこ25Bq/kgの基準がクリヤーできるかどうかギリギリの線じゃないかしら?
津田クモスケ和俊 @kaztsuda 2012年8月11日
あとセイコーEG&Gは確かにORTECの代理店ですが、これだけではなんとも ^^ まぁLB2045と同じところで測ってるなら、測定時間不足か試料不足で統計足りなくて誤差多すぎという気はしますねえ。確定検査は社外の第三者機関に任せたほうがいいのでは?
audmi @audmi 2012年8月11日
マルエツの測定結果を公表しているPDFの右上には「測定下限値 25Bq/kg」の表記があります。数値の出たら記載した方が親切と思われているのかもしれませんが、測定値には揺らぎがある。食品測定のデータの取り扱いにはとても注意が必要です。せめて時間をかけて再測定していただきたい。
nao @parasite2006 2012年8月11日
マルエツの簡易検査の総セシウム量の「測定下限値 25Bq/kg」の表示は、誤差のある量の和の誤差を計算できないため厚労省のスクリーニング基準値25 Bq/kgを間に合わせに書いているに過ぎません。LB2045の現行版のファームウェアではCs134とCs137の検出限界値(3.29σ)が画面表示されるようになっていますから、測定結果報告にはこれをそのまま書けばいいのですが、和の誤差はそれぞれの誤差の和には等しくないので、一旦これを計算してからさらに和の検出限界を出さなければなりません。
nao @parasite2006 2012年8月11日
和の誤差の計算のしかたを調べて見たところ、「測定誤差がガウス分布に従うとすると、測定値の和の誤差もガウス分布に従い、その誤差の2乗(分布の分散)は元の誤差の2乗和 (σ1)2 + (σ2)2 になる」http://bit.ly/R0o7wW とありました。
nao @parasite2006 2012年8月12日
その後の議論から、マルエツは本社(東池袋)と同じ住所に食品の品質・安全・衛生検査の受託を行うグループ企業があり、食品検査装置はNaI検出器、ゲルマニウム半導体検出器ともそこに設置されていると見られることが判明しましたので、いきさつをまとめに追加しました。@Slight_Bright さん、ご確認どうもありがとうございました。
nao @parasite2006 2012年8月15日
@Slight_Bright さんがご連絡下さったマルエツのお客様相談室からの回答によれば、マルエツは検査室の見学は基本的に受け付けておらず、この姿勢は当面変わることはないとのことです。改善の必要があることを認識していないのか、それともこの事態を動かすにはお客様相談室よりももっと上の方に働きかける必要があるのか、はたしてどっちでしょう?
nao @parasite2006 2012年8月15日
まとめを作った者として今回の顛末を見ていて一番強く感じたのは、いま放射線計測で一番てこ入れが必要なのは、食品の製造と流通にかかわる民間企業の自主検査だろうということです。
nao @parasite2006 2012年8月15日
消費者庁から検査機器を貸し出された自治体の測定担当者向けには、国民生活センター主催の講習会が開催され、講師は日本アイソトープ協会から派遣されています。また全国各地の検査結果を消費者庁のホームページの専用コーナーhttp://bit.ly/LBpuhD で見比べ、測定条件や結果公表のやり方の例を知ることもできます。
nao @parasite2006 2012年8月15日
しかし食品関連の民間企業向けには、監督官庁の肝入りによる講習会はまだありません。自治体の担当者向けの講習会に企業からの参加者を受け入れることは、消費者庁がまず首を縦に振らないでしょうから、ここは食品衛生法の所管官庁である厚労省がアイソトープ協会に業務委託して、自治体向けと似た内容の講習会を企業向けに開催してもらうことはできないものでしょうか?
nao @parasite2006 2012年8月15日
マルエツが神奈川県三浦市産のスイカを再び自主検査し、Cs134、Cs137とも検出限界5 Bq/kg未満と報告http://bit.ly/NBfmCJ 関連ツイートをまとめに追加しました。@tokok さん、情報有難うございました。
nao @parasite2006 2012年8月15日
まとめの中のツイートにも書きましたが、マルエツの簡易検査ではカリウムの量の多い野菜でセシウムが誤検出されている傾向が伺えます。これは測定条件を見直せば改善できる可能性がある事態ですが、マルエツ側に改善の必要を認識してもらうことが難しそうなので、当分の間カリウムを多く含む食品のリストhttp://bit.ly/guYATX を手元において公表される検査結果を読むことをおすすめさせていただきます。
nao @parasite2006 2012年9月20日
@tokok さんによる神奈川県三浦市産のスイカの検証測定結果をまとめに追加しました。結果はCs134、Cs137とも不検出。検出限界は生重量あたりでCs134が0.16 Bq/kg、Cs137が0.19 Bq/kg。どうも有難うございました。
nao @parasite2006 2012年9月20日
スーパーマルエツの食品自主検査結果http://bit.ly/OE8Tvg は9月に入ってからすでに3回公表されていますが、NaI、Geとも全品目不検出で最終結果が確定しています。
nao @parasite2006 2012年9月20日
7/31公表の自主検査結果http://bit.ly/NS4GS7 で神奈川県三浦市産のスイカから放射性セシウムが検出された後、8月中に簡易検査でセシウムが検出されGeによる精密検査に回ったものは以下の通りでしたがいずれも不検出になっています。
nao @parasite2006 2012年9月20日
8/7公表分http://bit.ly/UfbGO8 :和歌山県産養殖アユ(Cs134 <5.95 Bq/kg; Cs137 10.12 Bq/kg。再検査Cs134 <5.49 Bq/kg; Cs137 <5.72 Bq/kg)
nao @parasite2006 2012年9月20日
8/14公表分http://bit.ly/NBfmCJ :島根県産牛肉(Cs134 <4.43 Bq/kg; Cs137 6.62 Bq/kg。8/21公表再検査Cs134 <6.71 Bq/kg; Cs137 <6.96 Bq/kg。Geの方がNaIより検出限界値が高いのに再検査で不検出って何だ?という気もしますが、放射線の測定値自体が同じ試料を繰り返し測定しても誤差の範囲内での変動は避けられないものなのでこの程度のことはありうるのかも)
nao @parasite2006 2012年9月20日
8/14公表分http://bit.ly/NBfmCJ :千葉県産牛肉(Cs134 <4.81 Bq/kg; Cs137 6.43 Bq/kg。8/21公表再検査Cs134 <6.19 Bq/kg; Cs137 <6.96 Bq/kg)
nao @parasite2006 2012年9月20日
8/14公表分http://bit.ly/NBfmCJ :宮城県産めかぶ(Cs134 <5.56 Bq/kg; Cs137 8.14 Bq/kg。8/21公表再検査Cs134 <6.88 Bq/kg; Cs137 <5.69 Bq/kg)
nao @parasite2006 2012年9月20日
いずれの場合もNaIによる簡易検査でCs137だけがBq/kg単位で一桁台の後半程度検出され、Geによる精密検査では(検出限界値が簡易検査より高いにもかかわらず)検出限界割れというパターン。
nao @parasite2006 2012年9月20日
マルエツの自主検査結果http://bit.ly/OE8Tvg には8/21公表分から使用測定装置の機種名が書き添えられるようになり、この点は前進。測定に使用した試料の量と測定時間まで明記してあれば情報公開として申し分のないものになるので、もう一息の努力をお願いしたいものです。
nao @parasite2006 2012年9月24日
まとめの締めとして、検証測定に使用された乾燥スイカの試料の写真を追加しましたのでぜひご覧下さい。生重量2.3 kg分が183.7gになりました。
nao @parasite2006 2012年10月4日
まとめを更新しました。その後マルエツの自主検査は順調そうです。
nao @parasite2006 2013年8月24日
2012年8月のマルエツの自主検査データが1年後に日付無視で蒸し返されそうになったものの、からくも拡散に至らずにすんでいたことを知り、いきさつをまとめに追加しました。注意喚起し拡散を食い止めてくださった皆様、有難うございます。
nao @parasite2006 2013年8月24日
誤計測データが1年後に日付無視で蒸し返される例はすでに「「八王子の雪からヨウ素とセシウム検出」の真相」http://bit.ly/w3PHUM でも経験済みです。放射線測定結果を含むツイートやブログ記事をリツイート・引用する際は、月と日だけでなく年まで確認されることをおすすめします。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする