体質を知ることが鍵 「中医ダイエット」by 漢方のイスクラ薬局六本木店さん

パンダのマークでおなじみの「イスクラ薬局」の六本木店さん( http://ikanpo.jp/shoplist/roppongi/ )の「中医学によるダイエットの考え方」をまとめました。 アカウント自体はもちろんPRのものですが、その内容は非常に濃く、いつも興味深いです。 ※ 西洋医学などとは違った考え方ですので、ご参考に… 続きを読む
健康 医療 ダイエット
28
イスクラ薬局【公式】 @ISKRAkanpo
【中医ダイエットのお話】一般的に「太る」とは、体重、体脂肪、ウェスト・腰周りのサイズなど数字の大きさを問題にして太ったということが多いようですが、中医学では、「体のバランス」が崩れることで、太り易い体質になっている、と考えます。
イスクラ薬局【公式】 @ISKRAkanpo
よって中医ダイエットでは、体重を減らすことでは無く、体のバランスを整えることを目的にしています。
イスクラ薬局【公式】 @ISKRAkanpo
バランスの整った体とは、「筋肉」「水分」「脂肪」のバランスが取れていること。3つの要素のバランスが取れていれば、食べたものがきちんと消化され、必要な栄養分やエネルギーとして使われるので、健康的で美しい体を保つことができます。
イスクラ薬局【公式】 @ISKRAkanpo
バランスが崩れると、体が必要以上に水分や脂肪を溜め込んでしまうことになり、いくら食べる量を減らしても、結果として太ってしまいます。中医ダイエットは見た目の美しさのみならず、健康的な体をつくります。
イスクラ薬局【公式】 @ISKRAkanpo
【気血水とダイエット】筋肉は気に関係します。気とは体のエネルギー源。機が足りないと気虚になり、疲れやすく、体力も気力も消化力も弱まり、筋肉も筋力も付きません。体は筋肉を動かすことで脂肪を燃焼しますが、筋肉の無い体はこの作用が働かないので脂肪を使い切れず、基礎代謝が下がり、太り易く
イスクラ薬局【公式】 @ISKRAkanpo
太り易くなります。血や水が滞らずにうまく流れることも気の働きによるもの。滞ると気滞になります。
イスクラ薬局【公式】 @ISKRAkanpo
水分は水に関係します。食べ物や飲み物が体内で消化され、吸収される栄養分も【水】に入ります。体内の水分には、血液中の水分や肌の潤いなど体に利用される有益なものと、尿や汗などの体外に排泄されるべき利用できない水分の2種類があります。
イスクラ薬局【公式】 @ISKRAkanpo
この不必要な水分がうまく排泄されずに体内に溜まると体に悪影響を与え、浮腫みや水太りになってしまいます。之にね熱が加わって蒸れた状態が湿熱です。
イスクラ薬局【公式】 @ISKRAkanpo
脂肪は「血」に関係します。血の流れが悪くなると、瘀血を招き、老廃物の代謝が悪くなって、中性脂肪やコレステロールなどの血中脂肪が増え、肥満に繋がってしまうのです。見た目は太ってなくても、将来的には生活習慣病になる恐れもあります。
イスクラ薬局【公式】 @ISKRAkanpo
中医ダイエットはまず、自分の体質を知ることからはじめます。例えば、「食べないのに太ってしまう」と「痩せたいの食べたくてしかたがない」という二つのタイプでは対応が随分かわってきます。
イスクラ薬局【公式】 @ISKRAkanpo
前者は元気不足で代謝が悪く冷え性が多いため、まず体を温めることが大事。後者は余分な熱があるので冷やすことが大切です。
イスクラ薬局【公式】 @ISKRAkanpo
自分の体質に合わない方法で無理なダイエットを続けると、精神的ストレスが過剰になり、肌荒れがおきたいり、生理がとまったり、便秘になったり、痩せるどころか逆に太りやすくなってしまうことも有ります。重症になると、拒食症や過食症という重篤な疾患になってしまうこともあります。
イスクラ薬局【公式】 @ISKRAkanpo
【気虚太りタイプ】上半身は痩せているのに、下半身が太っている。下腹がぽっこりでている。お知りが下がっている。体重の割に脂肪がおおいなど。
イスクラ薬局【公式】 @ISKRAkanpo
【気滞太りタイプ】おなかを中心に全体的に太っている。体が張ったり、膨らんだように太る。浮腫みがおこり易い。平気で10キロくらい体重が変動する。
イスクラ薬局【公式】 @ISKRAkanpo
【湿熱太りタイプ】全体的に太っている。がっちりした体型で、固太り。胸が熱く、腕も太い。体重が多く、体脂肪も多い。
イスクラ薬局【公式】 @ISKRAkanpo
【瘀血太りタイプ】30代から太りだした。背中や腕など上半身を中心に全体的に太い。見た目より体重がある。脂肪肝など内臓に脂肪がつく。
イスクラ薬局【公式】 @ISKRAkanpo
ダイエット願望が強く、あまり食べない人によく見られるのが気虚タイプ。食べないから気が弱くなり、体力も筋力も付きません。筋肉不足で代謝不足。摂取したカロリーがそのまま脂肪に。おしりが下がって、下腹がでるのも筋肉不足。しまりが無く、体のラインを支えきれなくなっています。続く
イスクラ薬局【公式】 @ISKRAkanpo
このタイプは脂肪が霜降りでつくので、加齢とともにたるみが目立つように。疲れやすい、カゼを引き易いなども気が足りないから。生理がとまる、不正出血しやすいといった症状も。太るから食べない、食べないから気が足りない、という悲しい悪循環に。
イスクラ薬局【公式】 @ISKRAkanpo
気虚タイプは、食量を減らす、運動を増やすのは逆効果。アドバイスとしては、まずは早寝早起き。気は朝作られます。気が足りないと熱をつくれないので、冷え易くなり、代謝がさがります。なので、体を温める食べ物を。運動は無理は禁物。気虚を助長します。ウォーキングやヨガや気孔なども良いですね
イスクラ薬局【公式】 @ISKRAkanpo
気滞タイプはストレス過多で、体重の増減が激しい。好き嫌いがおおく、不規則。拒食、過食をしがちで、思い込みが激しく、タバコやお酒やコーヒーなど刺激物がすき。忙しさや気分に波がある人に多く見られます。
イスクラ薬局【公式】 @ISKRAkanpo
気滞タイプは生活のリズムが不規則だったり、過労、生活環境の悩みだったり、何らかのストレスを抱えている方に多く見られます。精神の不安定から気の流れが悪くなり、水分が滞り、代謝が抑えられ、体が張ったり膨らんだように太ったりむくんだりします。
イスクラ薬局【公式】 @ISKRAkanpo
また、精神的にむらがあるのもこのタイプの特徴。流行のダイエットに挑んだかと思うと、すぐに飽きたり。思い込みも激しく、ちょっと体重が増えると過激なダイエットに走りがち。でも食べることを我慢するとストレスになり、余計に気の流れが悪くなるという悪循環。
イスクラ薬局【公式】 @ISKRAkanpo
こういうタイプは、まずストレスの解消が大事。好きなことを気長に楽しむこと。ダイエット中は、まずは自信を持つこと。楽観的に、気長にやることが大切。自分とは違うタイプの人と一緒にやることは刺激をうけ、発想転換に大切。そして我慢は禁物。量を減らしたり、単品ダイエットは無理。続く
イスクラ薬局【公式】 @ISKRAkanpo
酵素たっぷりの食物をうまく組み合わせて好きなものをいろいろ食べましょう。シベリア人参など、ストレス解消ハーブティーもお勧め。気の流れを良くするためには、運動量はちょっと多めたっぷり汗をかくこと。飽きっぽい方は、本当に楽しいと思えるものを中心に。ストレッチで体を伸ばすことを忘れずに
イスクラ薬局【公式】 @ISKRAkanpo
後はがっちり湿熱タイプと見た目より体重がある瘀血タイプ。。。ですが、お昼いってきまーす!
残りを読む(19)

コメント