「吸血鬼は細かいものを見ると数えたくなる」という説について

ニコ大百科など、ネット上でソースのない記述しか見たことが無かったので、「吸血鬼は細かいものを見ると数えたくなる」という説の出典が気になっていました。 すると意外とあっけなく記述されている本があるという情報が寄せられたのでまとめ。
53
金蛇🦦 @kryskg04

吸血鬼って細かい物を見ると数えずにはいられないんだって。だから豆蒔いておくと朝までに数え終わらなくて帰っちゃうらしいから…ジョナサン「ディオー!!これを見るんだァー!!(豆バラバラ」ディオ「豆ッ!数えずにはいられないっ!」 #jojo_anime

2012-11-03 00:50:26
アルム=バンド @Bredtn_1et

ニコ百科以外でこの記述を見たことないのだけど、出典どこなの?>吸血鬼は細かいものを見ると数えずにはいられない

2012-11-03 19:23:42
ねこかり@猫蜻蛉 @nekokari

@Bredtn_1et 私の手持ちの学術書に書いてあった気がします…。ちょっと今わからないのですが何かに。

2012-11-03 19:25:31
天空時流@サークル「猫蜻蛉」 @soratokinagare

@Bredtn_1et ねこかりの持ってた本に載ってた記憶ありますね。タイトルは忘れましたが……(o_ _)o [PHS]

2012-11-03 19:25:32
アルム=バンド @Bredtn_1et

早速「どこかの本で見た」という情報が。マジか。

2012-11-03 19:26:16
ねこかり@猫蜻蛉 @nekokari

@Bredtn_1et 帰ったら探してみます_(:3 」∠)_

2012-11-03 19:27:01
葛城 @atori_ragi

吸血鬼と数といえばセサミストリートにカウント伯爵という吸血鬼みたいなキャラがいるけどそれも吸血鬼の数を数えたくなる習性とかけてるのかな

2012-11-03 19:28:15
アルム=バンド @Bredtn_1et

ということは何がしかの伝承にそういうものがあるのかねぇ…。

2012-11-03 19:29:55
アルム=バンド @Bredtn_1et

おぜうさま「咲夜、ケーキにイチゴは乗せないでね?」咲夜さん「はいはい、分かっています。イチゴを見ると、イチゴに付いている種の数を数えてしまうんですよね?」おぜうさま「うー…数える気なんてないのに、勝手に目が追っちゃうのよ…」

2012-11-03 19:31:31
アルム=バンド @Bredtn_1et

こうですか、分かりません!

2012-11-03 19:31:38
ねこかり@猫蜻蛉 @nekokari

何かあったのよね、吸血鬼避けに結び目たくさん作ったり麦か何かをばらまくっていうの。

2012-11-03 19:39:51
ねこかり@猫蜻蛉 @nekokari

@Bredtn_1et 本と記述発見しました(`・ω・´) ちょっとまとめますのでお待ちを

2012-11-03 20:01:48
オーゴショ @ohgosho

籠目が魔除けになる理由付けに、鬼が籠目を数えるのに夢中になってしまうから、という説を見たことがある気がしますが、そちらからの派生かしら。→吸血鬼の方  籠目の方もテキトーな説っぽい印象ですが。

2012-11-03 20:02:27
アルム=バンド @Bredtn_1et

@ohgosho 日本の鬼の場合は結構言われますね。一つ目の妖怪は籠目に弱い。目が一つしかないから目が多いものには弱いのだ、とか、籠目を数えてしまうから、とか、理由はいくつかあった気がします。

2012-11-03 20:04:01
アルム=バンド @Bredtn_1et

日本の鬼については、というよりは一つ目の妖怪が籠目(目の多いもの)に弱い、というのは結構言われる。一つ目小僧やミカリ婆など。

2012-11-03 20:04:48
良月 @ryogetw

@Bredtn_1et 「亡者は行為に没頭する」という話からの派生だった気がしますが、ソースはありません

2012-11-03 20:05:30
アルム=バンド @Bredtn_1et

@ryogetw ソースが見付かったという報告が上がったので、現在待機中です。

2012-11-03 20:10:02
オーゴショ @ohgosho

@Bredtn_1et 怪異・妖怪伝承データベースにもありました。http://t.co/cMcJq33T ネット情報でしか目にしてなかったのですが、普通にあったのですね (^^; 「鬼」が吸血鬼に拡大解釈された、という線は考えやすいですが。はてさて。

2012-11-03 20:08:47
アルム=バンド @Bredtn_1et

@ohgosho 日本についてはあるのですよ。今ソースが見付かったという報告が寄せられたので、その内容機ちです。

2012-11-03 20:12:02
ねこかり@猫蜻蛉 @nekokari

さっきの吸血鬼は数えずには~という記述を探していまして、『吸血鬼伝承 「生ける死体」の民俗学』(平賀栄一郎著 中央公論社刊 2000年)にありました。

2012-11-03 20:06:35
ねこかり@猫蜻蛉 @nekokari

「Ⅱ.民族の伝承を訪ねて」中の「南スラヴの諸特徴――ブルガリア人」の項にそれが見られます、以下引用。

2012-11-03 20:08:58
残りを読む(12)

コメント

未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2012年11月3日
ものすごく興味深い。「「吸血鬼は細かいものを見ると数えたくなる」という説について」
2
NiKe @fnord_jp 2012年11月3日
東欧の伝承上の吸血鬼ってゾンビみたいなものだったはずだから、(獣がそうであるように)何かで注意を逸らしやすいということでは。「ドラキュラ」では言及されていないので、少なくとも近代以降のゴシックな吸血鬼には当てはまらないと思う。
2
ボリゲル @borigeru 2012年11月5日
初耳だわ。俺の知ってる吸血鬼じゃない…w フィクションではあまりとりあげられてない伝承なんだな。カウント伯爵ってそこから来てたのかよ…
3
人形使い @doll_player 2012年11月6日
そういや吸血鬼が十字架に弱いのって、生前敬虔なクリスチャンだったから罪悪感で苦しむからって話を聞いたことがあるな。F・コッポラ監督のドラキュラは吸血鬼になる前はキリスト教を信奉してた騎士団だったし。
0
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2012年11月6日
吸血鬼でひとまとめに語るけど、もともと吸血鬼は一地方の伝説じゃないから、地方によっていろいろと弱点があるのかもね。乙女の涙に弱いとかw男の娘の血を吸うと死ぬとかww
1
中敏悟 @shiwazanin 2012年11月6日
じゃあ吸血鬼が来たらゴーカイジャーのDVDを見せて戦士の数を数えさせればいいわけだな。吸血鬼って元々のスペックの高さが異常で、遭遇したらそこで終了っていう「ぼくのかんがえたさいきょうのかいぶつ」なんで、かえってその恐怖を紛らわすための弱点(凡人にも対処可能なお手軽なものが多い)が後付けでどんどん増えていったのかな。で、こういう間抜けな弱点だらけの愉快な存在に成り下がったと。
0
じゃりねこ@新刊はBOOTHにて @jyaricat 2013年10月29日
中国の民話にもありました。「ちまきにたくさん結び目を作るのは、子供を捕りにきた物の怪が『結び目まで食べたら子供を捕ろう。結び目まで食べたら捕ろう』と思っているうちに、タイミングを外してしまうからだ」という物語が。数数えられないのかよ! という突っ込みに対しては、「物の怪はとっさの機転をきかせることができない。(例・電話で「もしもし」という応対をするのはそのため。「もし」だけだったら物の怪でも応対ができる)」というのがかかわっていそうな気がしました。
5
kyu190a@狐のお嫁さん募集中 @kyu190a 2013年10月30日
(ヽ´゜ω゜)日本とか中国の妖怪・物の怪とかだけじゃなくて、割と世界中でバケモノって細かいもの数えるんだな・・・神経質な奴らだ・・・ (l ω l〃)これ脳筋には通用しないのでは・・・?
1
波平の1本毛をフライにして食べたい @tri_man 2016年7月7日
数え天狗が実は吸血鬼だった可能性が! アシスタントキャラもミーニャやチョロミーと女性キャラだし。
2
夜更至ヒルネスキー @hiruneskey 2017年1月13日
蠅や蚊は目が眩むから細かい紋様か模様に近寄らなかったような…… ≪シマ模様は寄生性のハエの危害を防ぐためにある という、寄生昆虫防御説≫http://karapaia.com/archives/52159003.html アフリカの蠅だったか。これ、温帯の蚊だとどうなんだろう。
0
Localio Projects @LocalioProjects 2017年1月13日
Wikipedia で見ると 「吸血鬼の網膜には縦線に反応しやすい場所と横線に反応しやすい場所があり、それらが同時に一定以上反応すると引き付けを起こす(Blindsight,2007)」(意訳)みたいな記述がありますな。 https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_vampire_traits_in_folklore_and_fiction#Weaknesses
1
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2017年1月13日
え、これってセサミストリートのCount Von Count(カウント伯爵)からなんじゃないの?
1
araburuedamame @rpdtukool 2017年1月13日
吸血鬼が細かいものを数えてる時に「ところで今何時だい?」と聞くことにより朝が来るまでループさせて退治したという落語が確かあったはず。
4
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2017年1月13日
count(数える)と Count(伯爵)のシャレと、伯爵といえばドラキュラ伯爵、っていうことでドラキュラ風のキャラクターでCount von Countというのが作られて、その設定として「なんでも数えちゃうクセがある」っていう話ができて。
1
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2017年1月13日
早九字も格子模様を作って「目」を数えさせることで難を逃れるって話があるね。籠目が魔除けになるのもそれ。
1
ぷろぐー提督 @purogu 2017年1月13日
面白い。無粋かもしれないけど、こういうのって結局のところ「人間より強大な存在を創作してみたけど、弱点がないと人間に勝ち目がないので微妙な弱点を付けて安全弁としよう」という物語上の都合だよね。神話等で、相手が神である場合は必ずしも人間が勝つ必要はない(そも人間ではどうしようもない天災に人格を与えたモノが多い)ので弱点がない事も多々ありますけど。
2
通りすがりのだいこん @KansaiF 2017年1月13日
カゴメカゴメ、の童謡のカゴメって、そしたら籠の目のことなのでしょうか?
0
ノセール @y_noseru 2017年1月13日
このあたりの話はポール・バーバー著「ヴァンパイアと屍体」、遠藤紀勝の「ドラキュラ学入門」が詳しいです。 遠藤氏によると、吸血鬼が数えるものとして最初に「ザクロ」を紹介していました。ギリシア神話のペルセポネの逸話から、古代ギリシア人は死霊の為に「ザクロの種子をまいておく」という習慣ができたそうです。
3
ノセール @y_noseru 2017年1月13日
そしてポール博士によると英語で墓地の「Cemetery」はギリシア語で「眠る場所」という意味から出来た、つまり死ぬ瞬間と眠る瞬間は同じであるという思想がある、それとザクロから類推が働いて次第に「ケシの種子」が主流になったと解説しています(ちなみにザクロはフランス語でグレネードなので、日本語訳は手榴弾と誤訳になってます) そこから次第に色んな物で代用されていったようです。
4
ノセール @y_noseru 2017年1月13日
また一生懸命数える伝承もあるようですが、主流なのは「1年に1粒数える」というものだそうです。そこから次第に「結び目を解くことに熱中する」「網目を数える」というものや、変わった者では「編み物に熱中する」という伝承もできました。良くネット上で見られる「豆や米」はどうもマイナーで主流はやはりケシになるようですね。
4
ノセール @y_noseru 2017年1月13日
ちなみに吸血鬼が弱点が多いのは、色々対処しても吸血鬼の呪いが収まらないから色んな対処を試みた結果によるものです。つまり無駄な防犯対策を色々と思いついて実行していました。なので吸血鬼は、民間伝承と創作とで分けて考える必要があります。民間伝承の吸血鬼の弱点を創作で活かしたのが、吸血鬼ドラキュラの作者、ブラム・ストーカーであり、これにより、民間伝承の吸血鬼の弱点が広く知れ渡るきっかけとなりました。
4
ヒジャチョンダラ @citabow 2017年1月13日
今度は、「吸血鬼? ここはインドだぞ!!」 って映画が見たい。
0
九銀@半bot @kuginnya 2017年1月13日
「ウォーリーを探せ」が吸血鬼撃退に効果的である可能性
0
わんゼット @keremycuvymu 2017年1月13日
「世界ふしぎ発見」で見たことある記憶
0
山之上すみれ(朝ごはんをたくさん食べる) @viola_japonica 2018年2月4日
これは有益な情報。是非、鬼殺隊でも採用せねば。
0
AJE@軽く小黒ロス @Pm2010Aje 2018年2月4日
これは表裏何だろうけど「数えさせる事で時を稼ぐ」(穀物霊信仰もあるかも知れない)「数えきる事で対象を支配する」(眉唾で化かされることを防ぐ)の二大潮流はありそう。文化圏の違いである程度大別できるだろうけど、呪術的発想がそれほど隔たるとも思えないんだよね……
1
木原@虚空蔵菩薩団長 @kiharasireikan 2018年11月23日
となりの吸血鬼さんで件の特性が登場し、初耳だったのでググったらここにたどり着きました。 こんな伝承も吸血鬼にあるなんて詳しいつもりでしたが全然でした。とても参考になりました。
0