2012年11月8日

問うべきは「事故」と被害の相当因果関係

平川先生のツイートをまとめました。
58
s.r @shiori_rapunzel

福島で心臓疾患が増えているのは、放射能のせいだけにするツイートはなんとも嫌な気がする。

2012-11-08 01:46:15
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

↓心疾患に限らず何らかの健康不調の原因を「放射能」ばかりに帰するのは、理屈として無理があるだけでなく補償・賠償を求める運動論としても問題だと思う。被害の因果関係を放射能に切り詰め、その証明不可能性によって免罪を得るのは政府・東電の論理。問うべきは「事故」と被害の相当因果関係。

2012-11-08 01:58:58
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

続)ちなみにJCO臨界事故の時の話。ソースは『世界』2002年11月号の伊東良徳弁護士(市民運動側のJCO臨界事故総合評価会議メンバー)の「置き去りにされた地域住民、安全性 ―― JCO事故から三年」http://t.co/FkyMsk2j (以下連ツイ)

2012-11-08 02:02:35
桜ここあ💙次の繁忙期は6月から @sakuracocoa

@hirakawah 被害の因果関係を放射能だけに限定しないことは大切だと自分も思います。かつ、公害訴訟の場合に準じて事故と被害との相当因果関係が「ない」ことの挙証責任を国や東電に求めるべきかと僕は考えています。

2012-11-08 02:03:55
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

続)伊藤氏によれば加害者だったJCOは、「風評被害」を受けた企業に対しては計147億円あまりの賠償金を支払っている一方で、周辺住民に対しては一切賠償を拒否していた。

2012-11-08 02:05:29
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

続)住民には、居住者5万円、勤務者3万円の「見舞金」のほかには休業損害2日分、健康診断費用1回分、事故により汚染されたとして廃棄した衣服代のみを、他の一切の請求をせず、しかも示談内容をマスコミなどに公表しないことを条件に支払うとしていたそうだ。

2012-11-08 02:05:56
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

続)そして、JCOが賠償を拒む理由というのが、これまた公害問題などではおなじみの「住民の健康被害と被曝との因果関係が明確でないから」だという。

2012-11-08 02:06:26
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

続)これに対し伊藤氏は「賠償すべき損害は、被曝と相当因果関係にある損害ではなく、事故と相当因果関係のある損害である」と主張。なにしろ147億円もの賠償金が払われている企業の損害は、「風評被害」という、被曝したかどうかは無関係の「事故の発生という出来事そのものによる損害」なのだ。

2012-11-08 02:08:01
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

続)従って、住民に対してだけ、「事故」ではなく「被曝」との因果関係を持ち出すのは明らかにダブルスタンダード。ちなみに交通事故では事故によるうつ病や自殺も相当因果関係が認められており、JCO事故に関しても本来は事故による不安・ストレスその他の不調の相当因果関係が認められるべきはず。

2012-11-08 02:10:58
YOKOZAWA Akito @yokozie

@hirakawah 案外、想定内だね、だが健康診断が一回のみとは。しかも示談内容を公表させない確約とは如何に、もち手切れ金だぁね^^;

2012-11-08 02:12:27
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

続)同じことは福一事故の「被害」についても当然あてはめられるべき。そのためには、いたずらに健康不調の原因を放射能にばかり求めず、「事故との相当因果関係」とし、かつ健康不調も心理的ストレスも含めて広くとるべきなんじゃないかというのが、最初のツイートの趣旨である。(以上)

2012-11-08 02:13:43
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

はい。挙証責任反転が鍵だと思います。RT @sakuracocoa: @hirakawah 被害の因果関係を放射能だけに限定しないことは大切だと自分も思います。かつ、公害訴訟の場合に準じて事故と被害との相当因果関係が「ない」ことの挙証責任を国や東電に求めるべきかと僕は考えています

2012-11-08 02:14:26
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

まぁ、まさに手切れ金のつもりだったんでしょうねぇ。JCOとしては。RT @yokozie: @hirakawah 案外、想定内だね、だが健康診断が一回のみとは。しかも示談内容を公表させない確約とは如何に、もち手切れ金だぁね^^;

2012-11-08 02:14:54
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

さっきの福一事故と被害の因果関係の話に補足。今回の事故で東電は「精神的苦痛」も賠償対象としているのだけど、『世界』9月号の辻内琢也「原発事故避難者の深い精神的苦痛─緊急に求められる社会的ケア」によると、ひどく実態から乖離した狭い枠組みのものだという。(続く

2012-11-08 02:42:59
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

続)辻内によれば昨年8月に政府の原子力損害賠償紛争審査会が策定した「東京電力学識会社福島第一、第二原子力発電所事故による原子力損害の範囲の判定等に関する中間指針」は、精神的賠償を認めながらも、具体的な損害額は自動車損害賠償責任保険における慰謝料を参考にした算定を行っているという。

2012-11-08 02:44:35
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

続)「原発避難者は交通事故で入院した場合と比べて身体的障害を伴わず、行動が一応自由であるから、精神科的苦痛の程度は軽い」というのがその根拠だという。

2012-11-08 02:45:08
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

続)しかしながら辻本らが震災支援ネットワーク埼玉(SSN)および早稲田大学人間科学学術院の協働で行った調査によれば、被災者の精神的苦痛はもっと範囲が広く、かつ深刻なものであるという。

2012-11-08 02:45:47
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

続)全般的には、過去の阪神淡路大震災等の災害・事故と比べても、著しく高い心的外傷後ストレス障害(PTSD)症状が見出されている。たその原因には、仕事の喪失、生活費の問題があり、雇用促進や生活費安定など社会的状況を改善することが求められるという。

2012-11-08 02:46:18
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

続)そして、その中核には「先が見えない」という問題があり、政府が短期・長期の今後の方針を明確に示していないことがその原因になっているという。他にもコミュニティの断裂による精神的苦痛も大きいという。

2012-11-08 02:47:28
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

続)こうしたことから辻内氏は、被災者の「心のケア」だけでなく、ストレスの原因となっている雇用や生活状況を改善するための医療・福祉・教育・法律すべての分野における行政と民間の協働としての「社会的ケア」が必要だとしている。

2012-11-08 02:48:24
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

続)辻内氏が指摘している状況は、先月福島で飯舘住民の方たちから伺った話にも現れていたと思う。それによると、現在、「健康問題」で懸念されているのは避難生活に伴う様々な心的・身体的ストレスや不調であり、放射線問題はone of themになっている。

2012-11-08 02:56:05
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

続)放射線については「今住んでいるところが基準。ここの線量は1年半でそれなりに受け入れた。でもここより高いところには行きたくない」と述べ、リスクそのものが客観的にどうかはもはやそれほど重要な情報ではないという見方をされている人もいた。

2012-11-08 02:59:49
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

続)そして様々に抱えるストレスや不調の根っこには、辻内氏が指摘するような「この生活がいつまで続くのか」という不安が伺えた。

2012-11-08 03:01:31
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

続)話を伺った目的は、健康問題についてリスコミが仮に必要だとして、それはどんなものなのかを探るとっかかりを得ることだったのだけど、伺った範囲で推察されるのは1)放射線の話よりは健康相談全般が重要、2)リスコミより生活再建のための相談・助言・支援が重要ということだった。

2012-11-08 03:03:50
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

続)つまり、辻内氏が言う「ストレスの原因となっている雇用や生活状況を改善するための医療・福祉・教育・法律すべての分野における行政と民間の協働としての社会的ケア」こそが大事だということ。これは当前といえば当前すぎることなんだけど、それこそ国や東電が目を背けようとする問題でもある。

2012-11-08 03:08:13
残りを読む(11)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?