論文等の紹介 その4 By みーゆさん

まとめました。
科学
5

みーゆさんご自身によるまとめ
http://togetter.com/id/miakiza20100906

国際シンポジウム 『東京電力福島第一原子力発電所事故における環境モニタリングと線量評価』 講演論文集

まとめ 国際シンポジウム 『東京電力福島第一原子力発電所事故における環境モニタリングと線量評価』 講演論文集  Proceedings PDF http://bit.ly/SpKUSM 内の各論文タイトルに張られたリンクが上手く機能しない人が多いようなので、作りました。  シンポジウムの正式タイトルは 『International Symposium on Environmental monitoring and dose estimation of residents after accident of TEPCO's Fukushima Daiichi Nuclear Power Stations』(2012年12月14日 京都大学原子炉実験所) http://bit.ly/XGGXGY 12124 pv 193 5 users 16

特集号 『福島原発事故の環境影響 その1』 Journal of Environmental Radioactivity

まとめ 特集号 『福島原発事故の環境影響 その1』 Journal of Environmental Radioactivity Environmental Impacts of the Fukushima Accident (Part I) http://www.sciencedirect.com/science/journal/0265931X/111  編集は環境科学技術研究所の久松俊一氏。全論文とも英語かつ有料。以下は日本からの論文についての簡単な内容紹介です。  収録されている論文は、SPEEDIによる飯舘村ほかの汚染プロセス解析や、今中哲二さんらによる福島県内の初期外部被ばく量の推定など。  間違いの指摘、追加記述の希望など、どしどしお寄せください。時間と能力の範囲内で対応いたします。 27488 pv 741 14 users 19

《論文集》 海外で検出された福島第一原発由来の放射性物質

まとめ 《論文集》 海外で検出された福島第一原発由来の放射性物質 査読付きジャーナルに掲載された論文をリストにしました。内容は随時更新予定。 リストのフォーマットは以下の通り:   第一著者名, 雑誌名   論文タイトル   論文URL   コメント: 主な検出物,検出量など。注記のない限り,検出量は最大値を表記。 23709 pv 729 19 users 119

過去の「論文等の紹介 By みーゆさん まとめ一覧」


Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
論文(無料): 甲状腺がんの統合解析 1.調査解析手法 http://t.co/Ami3j3Zx , 2.月経と生殖性因子 http://t.co/YgYLNt5z , 3.経口避妊薬その他の女性ホルモン http://t.co/TXR0YejX  Negri, Ronら。
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
論文(無料): 甲状腺がんの統合解析 4.良性甲状腺疾患 http://t.co/KDPhEWm2 , 5.身長・体重・BMI http://t.co/0w1lFPzY , 6.魚介類の摂取 http://t.co/NK5Odruf  Negri, Ronら。
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
論文(無料): 甲状腺がんの統合解析 7.アブラナ科その他の野菜 http://t.co/7n5kGs3a , 8.喫煙と酒・コーヒー・茶の摂取 http://t.co/VgbRQ3ir , 9.何を学んだか http://t.co/o5S7QBhP  Negri, Ronら。
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
これは凄い…(連作: 甲状腺がんの統合解析) http://t.co/GXaFiZSr , http://t.co/qayO378N , http://t.co/kfuBPrKt  被ばくとは関係ないようだけれど、色々と参考になりそう。
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
被ばくによる甲状腺がんの統合解析なら: Ronら(1995年,無料) http://t.co/LVnPVIxZ (PDF), Veiga, Ronら(2012年,有料) http://t.co/NpRgLXqs #hibaku
切り取り線 @kiri_tori
✄------------ 12/1(土) -----------✄
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
チェルノブイリ事故では、被ばく時年齢が 20 歳以上のリクビダートルにも甲状腺がんの過剰リスクが確認されている: 論文(有料) http://t.co/xAxuIOjh  2012年、Kesminiene,Cardis ら。
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
等価線量と実効線量の併存からくる混乱に対する、ICRPからの反省文 (とも読めるもの) http://t.co/fI29MwVG (PDF), http://t.co/QDBWeHRv (PDF) 混乱の元はメディアにあるのではなく、こんな混乱した体系を作った専門家にあると思う。
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
Isotope News(セレクション) 9月号を無料公開 http://t.co/mUXJFboW  唐木英明「食品中の放射性物質の新しい基準」、多田順一郎「本棚: ICRP Publication 111」など。 #hibaku
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
本棚 ICRP Publication 111 http://t.co/uTjWHK76 (PDF) 多田順一郎。 「…我が国で講じられてきた対応は,勧告の中から関係部局が都合のよい部分だけ“つまみ食い”したようなチグハグなものが少なくなかったように思えます。」 #hibaku
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
http://t.co/IUlw2jhK 「…Jacques Lochard さんが日本にいらっしゃったとき,福島県の状況についてお話しをしたことがあります。」
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
http://t.co/IUlw2jhK 「…Lochard さんが ETHOS project などで活動されたベラルーシは,汚染を受けた地域で200万人という大きな人口が日常の生活を続けている福島県と,状況の異なる面も少なくありません。」
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
http://t.co/IUlw2jhK 「…福島県の状況を考えると,Publication 111に「reference levelをバンド(年間1~20 mSv)の下の方に設定する」と書いたのは,書き過ぎだったかもしれないと仰っていました。」 ←どっちの意味で?嫌な予感が…。
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
Jacques Lochard(ジャック・ロシャール)には先ず、得意の『最適化』を駆使して、事故後の日本がどう対応すれば「最適」だったのかを計算して示してほしい。そうして、「最適化」が大災害時にも実効性の有るものなのか、学者馬鹿の机上の空論だったのかを示してほしい(2度目)。
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
しかし、甲状腺がんの論文については311以降に相当な量を調べたつもりだったけど、こんな凄まじい大作が有ったことには昨日まで気づかなかった: 甲状腺がんの統合解析 計9本のシリーズ https://t.co/m1uQiBjk 被ばくの論文ではないから検索に引っ掛からなかったのか…?
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
タケノコにおける放射性セシウムの分布 http://t.co/7CeoUgdb 福島県 林業研究センター他。(2011年)6月下旬に獲れたタケノコから500 Bq/kgを超えるCsが検出されたが、事故当時、タケノコは地上に現れていなかったと考えられ、Csが取り込まれた経路は不明。
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
論文「134Cs and 137Cs activities in coastal seawater…」の要約をアップしました。 「特集号 『福島原発事故の環境影響 その1』 Journal of Environmen.. http://t.co/zcnvfhsR
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
これで一通り終わりですが、後で記述を加えたり、文章表現を微修正したりするかもしれません。 http://t.co/TzCjEydU
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
論文「Measurement of soil contamination…」に空間線量率推定の精度に関する記述を加えました。「・検証のため…」の箇所です。 「特集号 『福島原発事故の環境影響 その1』 Journal.. http://t.co/zcnvfhsR
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
いったん完成 "~( ^;-_.-^ノ  特集号 『福島原発事故の環境影響 その1』 Journal of Environmental Radioactivity http://t.co/zcnvfhsR
切り取り線 @kiri_tori
✄------------ 12/2(日) -----------✄
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
論文(有料): 放射線白内障-ICRPが白内障の閾値と水晶体の被曝限度を引き下げたことに対するHPAからの返答 http://t.co/c5LnaBGk  2012年、Bouffler。 結論は「ICRPの声明を支持する。」 #hibaku
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
2011年4月、ICRPは白内障の閾値と水晶体の被曝限度を大幅に引き下げる声明を発表 http://t.co/ca0VSegl  閾値は2 Gy(急性被曝)もしくは4 Gy以上(長期被曝)から0.5 Gyに修正。急性と長期で影響に差が見られないため、両者の閾値は同値とする。
残りを読む(195)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする