編集部が選ぶ「みんなに見てほしい」イチオシまとめはこちら
6
ログインして広告を非表示にする
考えるテーブル @table_smt
明日11/7から「志賀理江子 螺旋海岸」が始まります! http://t.co/m11fnmy6 11/25にはてつがくカフェ「展覧会『螺旋海岸』から考える」を行います。なお、作家 志賀理江子さんをゲストに招いてのイベントではありません。 http://t.co/nVpIYI1K
濱口竜介 @hamryu
明日から。志賀理江子「螺旋海岸」@せんだいメディアテークhttp://t.co/NJ7K5LD4 会場少しだけ見せていただきました。兎に角得体が知れない。写真の墓場、イメージの森とでも申しましょうか。会期中、何度も通う気がしてます。楽しみと言うよりむしろ恐いですが。迷い込みたい。
kaikenji @kai_sendai
【拡散希望】せんだいメディアテークにて、明日11月7日から志賀理江子展「螺旋海岸」開催。空間を飲み込むひと塊りの展示。棘のように突き刺さる無数の物語の欠片。光と闇が呼応し撒き散らす眩暈。ぜひご体験を! http://t.co/nu7JGrcO
いとう てるて @teruute
昨日はコール&レスポンスのミーティング前に志賀さんの写真見てきました。暗くなったところで一人でひっそりと一枚一枚のイメージと対峙する そこには膨大な時間がありました。また明るいときに見ると様子が違うのだろうな。『螺旋海岸』1月14日まで。毎週通ってしまいそうだ
仙台経済新聞 @senkei
【新着記事】メディアテークで写真家・志賀理江子さんの大規模個展-北釜での243点 http://t.co/8t9w0a1c
濱口竜介 @hamryu
志賀理江子「螺旋海岸」ガラス張りのメディアテークは、写真のモノ性をそれこそ白日の下にさらして行く。それが夕暮れどきを過ぎると、イメージが枠を飛び越えて跳梁跋扈する空間に変質する。そして、急に写真の中のモノがモノとして現れ始める。鬱蒼とした林のような、闇の森のような。
濱口竜介 @hamryu
志賀理江子「螺旋海岸」…この森においては迷い込み、見失い続けることはおそらく正しい。彷徨うことは、この場に留まりやすくしてくれるだろうし、この場に留まることはイメージに身を捧げるための条件/方法となる。名付けようのない体験をした。楽ではないが、苦行ではない。何度でも行くだろう。
カネイリ ミュージアムショップ 6 @kaneiri_museum6
おはようございます☆志賀理江子展覧会「螺旋海岸」本日も19時まで公開中です。ご覧になられた方の感想を拝見すると、朝も夜も、秋も冬も、何回も足を運びたくなるような、特別な展示のようですね。当店では店頭に志賀理江子さん関連書籍を展開中。「螺旋海岸」写真集・テキスト集も予約受付中です。
taroigarashi @taroigarashi
志賀理江子「螺旋海岸」展を見る。いや「見る」というより、会場をずっとぐるぐるとさまよう「運動」だった。それは様々なまなざしが交錯する彼岸のランドスケープのようでもあり、彼女の頭の中に入ったような不思議な記憶の体験。波紋としてのせんだいメディアテークの空間と響きあう写真の群れ
shoichiro tachiki @tachiki_tecoLLC
せんだいメディアテークの志賀理江子「螺旋海岸」。鮮烈な展示でした。イメージの迷宮をさまよい遭遇する美しさを通り越した衝撃。展覧会を見ていて突き刺さるような痛みを感じたのは、はじめてでした。 必見の展覧会です。
minami miho @mihochi24h
志賀理江子「螺旋海岸」マップが手渡されて、展示の迷宮をぐるぐるする。真っ暗で何も写ってないように見える写真や、発光しすぎて何かわからないもの、真っ直ぐにこちらを見つめる視線を観ている内に境界線があいまいになってくる。彷徨ってる内に昇華し、上昇するかのようでまさに螺旋。
yoshitomo @rockPETERPAN
7日から仙台のメディアテークで始まった写真家・志賀理江子の個展「螺旋海岸」がすばらしいです。外光で見え方が変化するので、明るい時間から日が落ちるまでゆっくり身を置くと良いと思います。遠方の皆さま、宮城をアテンドしますのでぜひご連絡下さい。ぜひ、見てもらいたい展覧会です。
kaikenji @kai_sendai
必見って! “@tachiki_tecoLLC: せんだいメディアテークの志賀理江子「螺旋海岸」。鮮烈な展示でした。イメージの迷宮をさまよい遭遇する美しさを通り越した衝撃。展覧会を見ていて突き刺さるような痛みを感じたのは、はじめてでした。 必見の展覧会です。”
ハルタカ @haltakatokio
志賀理江子さんの螺旋海岸二回目見てきた。一回目の恐ろしさとは違って、なんとなく優しい風景に感じられたのは、おそらく志賀さん本人が会場にいて、彼女が笑っているのを見られたからだと思う。
形而工作室 @on_off_shape
メディアテークで開催中の志賀理江子「螺旋海岸」を観た。 中心から渦を巻く様に内側を向いて立つ写真パネルの群れを縫う様に歩いて行く。途中淀み流れ乱す並び。暗闇にフラッシュアップする人物、石、仄暗い風景、真っ暗な画面。 低空を掠める飛行機の腹が生き物の様に生々しい。
drôle @stultitia_moria
志賀理江子『螺旋海岸』展を観てきた。偶然会場におられた志賀さんともお話することができた。会場で自分が何を観ていたのか、どのような状況の中にいたのか、上手く言葉がついてこない。今は、気の利いた言葉でそれを無理に言い当てようとせずに、言葉にできないこの気持ちの悪さを噛み締めたい。
murata_nk @murata_nk
メディアテークでやってる写真展、『螺旋海岸』凄くよかった。写真が壁に掛けられてなくて、会場全体を使った一つの作品だった。会場が撮影者の『心の地図』で、その写真の中で無意識に演じ続ける人の見ている所の先、を、...。1月の半ばまでやってるみたいで、高校生以下無料なので、是非
Gaspard @ijump05
写真家志賀理江子さんの個展『螺旋海岸に』行って来ました。作品の展示は志賀さんが製作時に作成する地図に倣っています。レクチャーで解説も聞いているのですが見ても意味はやっぱりわかりません。ただ圧倒的な写真の力に心を鷲掴みされます。すごい! http://t.co/3j9GhcQl
@matsuyamajun
水戸芸術館で『3.11とアーティスト:進行形の記録』とメディアテークで志賀理江子さんの『螺旋海岸』観てきました。 水戸では素敵な人達との出会いがありました。志賀理江子さんの展示はすごくよかったです。詳しい感想はまた今度。楽しい週末でした!
むすびさま @musubisama
せんだいメディアテークの写真展、志賀理江子「螺旋海岸」。会場に行くまで、螺旋階段で展示していると思っていて見るための時間をあまりとっていなかったのが悔やまれます。最初はよくわかんなかったんだけど、ぐるぐるしているうちに何かが浸透してきました。とても素晴らしかった。
むすびさま @musubisama
2008年から作成していた作品のようでしたが、震災後の作品として捉えてしまいます。私は此岸と彼岸、あの時に失われたものなどを感じました。でもそういったものは、震災以前から海沿いの土地に刻まれていた記憶なのかもしれません。私があの津波が来るまで知ろうとしなかっただけで。「螺旋海岸」
Reiko ST @reireirene
昨日行ってきました。展示の仕方も面白いし圧倒的な世界観。写真の力を改めて RT @193: 志賀理江子さんの写真展「螺旋海岸」へ http://t.co/SeM1bwjM
 拡大
rui ishiguro @rui_ishiguro
gmprojects.jp更新しました。 せんだいメディアテークで開催されている「志賀理江子 螺旋海岸」のこと。 僕も今月行ってきます。 http://t.co/e34WVMh8
穂瀬 @30mhose
「螺旋海岸」見ました。一言でいうと異様。少し言葉をつなげると、心もとない地図を渡され、写真の中をさまよっていると、パネルとパネルの間の何もない隙間に、見てはいけないものを見てしまいそうなそんな異様さがあった!すごいと思った。
残りを読む(740)

コメント

考えるテーブル @table_smt 2012-12-15 11:23:12
まとめを更新しました。螺旋海岸をご覧になった方のツイートが中心です。
考えるテーブル @table_smt 2013-01-17 20:32:43
せんだいメディアテークで開催された志賀理江子さんの展覧会『螺旋海岸』の感想などのまとめを更新しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする