Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

日本の「デフレ」は金融緩和では脱出できない

早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授の野口悠紀雄氏が日本FP協会発行「FPジャーナル」に寄せた「高度サービス産業の構築が不可欠の課題」という解説より一部抜粋・自己流に要約しつぶやきました。
8
ちーこ@Tokio @chiyio1011

一連の“アベノミクス”に関する議論の中で、一橋大学名誉教授 野口悠紀夫氏の意見がもっとも納得できるなあと思ったので、ざっくり要約してツイートすることにしました。【引用元:日本FP協会発行 FPジャーナル 2013年1月号】

2013-01-02 17:32:23
ちーこ@Tokio @chiyio1011

引用1「(日本の)マクロ経済で実際に起こっていること:消費者物価指数の下落が続いている原因は、財価格が下落していることだ。特に大企業が生産する耐久消費財の価格が著しく値下がりしている。これは新興国が工業化し、低賃金労働力を用いて安い工業製品を供給できるようになったため。」

2013-01-02 17:33:06
ちーこ@Tokio @chiyio1011

引用2「つまり工業製品の価格下落は日本国内要因によって生じた現象ではなく、グローバルな経済構造の変化により引き起こされている現象である。」

2013-01-02 17:33:25
ちーこ@Tokio @chiyio1011

引用3「財価格が下落する半面で、主として国内要因で決まるサービス価格は上昇した。例えば90年~09年の間に保健医療の消費者物価指数は18%上昇した。このため、相対価格が大きく変化した。」

2013-01-02 17:33:58
ちーこ@Tokio @chiyio1011

引用4「だから、いま日本で起きている物価下落現象は、教科書的な意味の「デフレ(金融緩和が不十分なために起こる物価水準の一様な下落)」ではない。なぜなら、金融緩和が不十分であったり、需要が不足であったりすることによって生じる物価下落は、財にもサービスにも等しい率で生じるはずである」

2013-01-02 17:34:39
ちーこ@Tokio @chiyio1011

引用5「しかし、日本では前出のように財とサービスの価格動向に大きな差があるので、いま日本で「デフレ」と呼ばれている現象は金融政策によって生じた現象ではない。従ってそれを金融緩和で解決することはできない。」

2013-01-02 17:35:04
ちーこ@Tokio @chiyio1011

引用6「むしろ、雇用構造の変化により、製造業の雇用が減り、賃金水準が1割程度低い医療・福祉分野が増えるなど(引用者注:このほか正規雇用→非正規雇用へのシフトもあると思う)、賃金が低下して購買力が落ちたことが問題である。」

2013-01-02 17:36:02
ちーこ@Tokio @chiyio1011

引用7「日本全体として必要なのは、金融緩和ではなく、サービス産業の生産性を高めることである。いま日本で金融緩和が行われている本当の理由は、国債の買い上げ=中央銀行による財政赤字のファイナンスである」(引用者注:自民党の10兆円の公共事業の原資?)

2013-01-02 17:36:38
ちーこ@Tokio @chiyio1011

引用8「「物価上昇目標」というのはその本当の目的を隠すための隠れ蓑にほかならない。その目標はいつになっても達成できないから、国債買い上げもいつまでも続き、財政規律は崩壊するだろう。」

2013-01-02 17:37:15
ちーこ@Tokio @chiyio1011

引用9「そして国債の国内消化が困難になった時には、通貨安とインフレが待っていると歴史は教えている」 

2013-01-02 17:38:12
ちーこ@Tokio @chiyio1011

3年連続年収ダウン、平均442万円に 転職支援登録の正社員 - MSN産経ニュース http://t.co/K3I1pbrT

2013-01-02 17:40:20

コメント

rokkohige @rokkohige 2013年1月3日
野口先生のいつもの誤解がまとまってるようなので軽く潰しておきますね。 1)消費者物価の下落は財価格の下落によるもの → 財価格はアメリカでも普通に下落しています。 http://www5.cao.go.jp/keizai3/2009/1211nk/n09-3/image/n09-3-1-4z.gif 財がサービスと比べて価格上昇率が低いのはむしろ普通で、これは機械化で簡単に生産性の上がる財の生産と、介護や運輸のようにどうしても人手の掛かるサービス業の違いを考えればわかります。
1
rokkohige @rokkohige 2013年1月3日
インフレの欧米でもサービス価格に対する財価格の低い上昇率が見られる以上、これをデフレの原因とすることは間違いですし、それはグローバル競争の中でデフレの国が、せいぜい日本やスイスなど通貨高・・・現在金融政策により是正が進んでいる・・・に悩まされている国ぐらいなことを考えれば、そもそも当然の結果です。日本だけが新興国と貿易しているわけじゃないので。
0
rokkohige @rokkohige 2013年1月3日
相対価格の変化と一般物価の変化は別物です。前者は貨幣のない世界でも生じます。リンゴ2個でみかん3個だったのが、みかんの不作でリンゴ3個でないと交換できなくなる等のケースですね。しかし後者の一般物価の変化は貨幣のある世界でないと生じません。リンゴ100円みかん200円として、相対価格の変化のないリンゴ50円みかん100円でも、変化のあるリンゴ100円みかん100円でもデフレは生じています(インフレも同様にして考えられます)。
1
rokkohige @rokkohige 2013年1月3日
一般物価が貨幣を前提としている以上、デフレやインフレは貨幣供給を司る金融政策により生じるというのが標準的な見解です。旧大蔵省出身の野口先生は公共経済学がご専門で、これは金融政策を直接的に扱う分野ではありません。この分野を扱う国際マクロ経済学の世界的研究者である伊藤隆敏氏や、同様にマクロ経済学モデルの研究でノーベル賞候補ともされた清滝信宏氏らは、デフレ是正のために日銀に金融緩和を求めています。
1
rokkohige @rokkohige 2013年1月3日
そもそも http://www5.cao.go.jp/keizai3/2009/1211nk/n09-3/image/n09-3-1-4z.gif を見ればわかるように、財価格とサービス価格の乖離がより激しいのはインフレの欧米諸国ですよね。明らかに野口先生は基礎的な統計を無視しているように感じられますが、いかがでしょうか?
0
rokkohige @rokkohige 2013年1月3日
仮に製造業の雇用を増やしたいのであれば、現在そうなっているように金融緩和で円安誘導すればいいだけですね。正規雇用比率も製造業の方がサービス業よりも高いので、同様にして改善できます。日本はスイスと並んで購買力平価と為替レートの乖離が大きい通貨高の国で、実質実効レートで見てもIMFなどはやはり通貨高だとしています。 http://jp.reuters.com/article/vcJPboj/idJPTYE87L01320120822
1
rokkohige @rokkohige 2013年1月3日
蛇足でサービス業の生産性について。サービス業の生産性を引き上げるのは、最初に触れたようにそうそう簡単じゃありません。またサービス業の生産性が上がったとしても、それが相対価格を変化させても一般物価を押し上げる効果まで持つかは定かではありません。生産性の向上は常に追求すべきですが、それによってデフレや不況を改善しようとするのは、八百屋でお魚を注文するようなものです。
1
rokkohige @rokkohige 2013年1月3日
ただしサービス価格だけなら、それを引き上げるのは比較的簡単かもしれません。というのも、最初に触れたようにサービス業は人手が掛かる商売ですから、その価格は・・・コストの多くを占める・・・賃金の上昇と密接に関係していることが予想できます。金融政策や財政政策によって景気対策を実施し、その結果人手不足で労働需給が逼迫して賃金が上がれば、サービス価格も自然に上昇するでしょう。
1
rokkohige @rokkohige 2013年1月3日
日本は90年代以降、失業率の加減とされる2-3%の水準に到達したことは一度もありません。労働需給が逼迫しないのだから賃金も上昇せず、その結果サービス価格の上昇が(野口先生の言うのとは逆に)欧米に比べ劣っているために、デフレ基調が定着しているわけです。一度も十分な好景気が実現したことがないのだから、その間デフレなのは当然ですね。ですから必要なのはどちらかというと景気対策です。
1
rokkohige @rokkohige 2013年1月3日
ちなみに蛇足の蛇足ですが、野口先生が例に挙げる「保健医療」分野はちょっと例外かもしれません。というのも国民負担や財政との兼ね合いで、価格が公定されている部分が大きく、必ずしも市場の需給を反映していません。というjことは景気対策では十分に改善しない恐れがありますし、また生産性の向上も、市場での競争に晒されない為に難しい部分がありますね。
1
rokkohige @rokkohige 2013年1月3日
介護労働が3K職場でありながら低賃金で離職率が高いのも、余り高い介護報酬を設定すると国民負担が大きくなるからだと考えられます。より専門性の高い医師や看護師も欧米と比べ待遇が悪いとはよく聞きます。こういった分野の価格をどう設定するかは、国民的な議論が必要だと思います。電力業界は電気料金引き上げの前にもっと経営努力できるだろと批判に晒されてますね。どちらもデフレ対策の為に引き上げろーなどと言って通るとはとても思えないので、とりあえずデフレ問題とは別に扱うべきでしょう。
1
rokkohige @rokkohige 2013年1月3日
あ、「円安で景気回復するの?」という疑問も解消しないとダメですね。これは色々な経済構造を持つ世界各国で共通して自国通貨安で景気好転することを見れば十分でしょう。 http://www5.cao.go.jp/j-j/wp/wp-je09/img/09f12130.gif http://www5.cao.go.jp/keizai3/2010/1210nk/n10-2/image/n10-2-2-02z.gif
0
rokkohige @rokkohige 2013年1月3日
貿易依存度や経常収支、社会保障や経済規制の軽重は各国それぞれですが、いずれの国・地域でも自国通貨や酢が景気にいいと試算に出ています(まあ現に株も上がっているので当然ですが)。輸出企業だけが儲かるのでは?という疑問も、サービス業の労働者は転職に高いスキルを必要とされない傾向が強い為、製造業の雇用が増えると、同時にサービス業の労働需給も逼迫し、賃金が上昇することになります。
1
秋島 @akisima 2013年1月3日
日本の「デフレ」は金融緩和では脱出できない。じゃなくて本音はデフレ脱出してほしくない、デフレ脱出したら困る。なんじゃないかと疑いたくなるレベル…。はぁ
0