Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

丹治吉順 aka 朝P @tanji_y さんの児童虐待つぶやきまとめ

まとめさせていただきました。
30
丹治吉順 a.k.a.朝P, Tanji Yoshinobu @tanji_y

1)今となっては信じられないかもしれませんが、1990年代ごろまでは、親が子どもを虐待死させたとき(罪名はたいてい傷害致死)、判決が「懲役3年執行猶予3年」なんてざらだったんですよ。「風呂場のコンクリート床に子どもの頭をたたきつけて死なせた」といったケースでも。

2013-01-20 00:26:57
丹治吉順 a.k.a.朝P, Tanji Yoshinobu @tanji_y

2)しかも判決の文面で「子どもを死に至らしめた責任は重大だが、子を失うことですでに罰を受けている」といったことが情状として普通に書かれていたりする。本当に信じられないと思いますが、十数年前まではこれが「常識」だったのです。

2013-01-20 00:28:23
丹治吉順 a.k.a.朝P, Tanji Yoshinobu @tanji_y

3)当時、警察は「民事不介入」原則を理由に、近所から事前に「子どもが殴られている」などの通報があってもほとんど動きませんでした。動くのは、子どもの死など重大な結果が生じてからで、DVも同様。今、教師の暴力がそういう状況かもしれません。「教育現場不介入」。

2013-01-20 00:32:35
丹治吉順 a.k.a.朝P, Tanji Yoshinobu @tanji_y

4)生徒の肋骨を折るとか、頬が腫れるほど殴るとか、どう考えても犯罪に問われるものが、「熱心な指導」でほとんど不問に付される。今や、児童虐待やDVよりも教師の体罰の方が、社会の取り組みが遅れていると感じます。

2013-01-20 00:36:12
丹治吉順 a.k.a.朝P, Tanji Yoshinobu @tanji_y

尾木直樹さん:「体罰をありがたがっている卒業生もいるようだが、それは、私は、人格をゆがめて卒業してしまっているのだと思う」。まさに>体罰顧問は土下座した…涙して擁護するOBもいる桜宮バスケ部顧問の「素顔」 http://t.co/9YN4Jixl

2013-01-20 01:09:32
丹治吉順 a.k.a.朝P, Tanji Yoshinobu @tanji_y

1990年代前半、児童虐待を記事で取り上げたとき、「親が子どもを殴るのは愛の鞭だ。それを虐待というのは一方的報道だ」という投書を受け取ったのを思い出す。

2013-01-20 01:12:16
丹治吉順 a.k.a.朝P, Tanji Yoshinobu @tanji_y

児童虐待を愛の鞭と呼ぶことが間違いなのと同様、教師の暴力を指導と呼ぶのも間違いです。児童虐待を愛と呼ぶことはなくなりましたが、そうなるまでに何百人もの子が死んだ。桜宮高校の不幸な事件を通して、学校現場での暴力に対する認識が変わってほしい。犠牲になるのは子どもなのです。

2013-01-20 01:20:00
丹治吉順 a.k.a.朝P, Tanji Yoshinobu @tanji_y

体罰で子どもが犠牲になるたび、保護者や生徒の間からしばしば減刑嘆願が出る。それこそが学校現場の暴力の温床になっていることを、そろそろ社会として認識すべき段階でしょう>体罰顧問は土下座した…涙して擁護するOBもいる桜宮バスケ部顧問の「素顔」 http://t.co/9YN4Jixl

2013-01-20 01:36:11
丹治吉順 a.k.a.朝P, Tanji Yoshinobu @tanji_y

長い間、「家庭内暴力」といえば思春期の子が親に手を上げることでしたが、実際にははるかに多くの子が親の虐待の犠牲になっていました。「校内暴力」も同じく子どもが起こすものとされ、教師の側の暴力はずっと不問に付されてきました。問われているのは、大人の側の無意識の価値観です。

2013-01-20 01:55:18
丹治吉順 a.k.a.朝P, Tanji Yoshinobu @tanji_y

虐待された子が、虐待親を慕う例って珍しくないんですよ。「僕が悪い子だったからパパは殴ったんだ」などと言って虐待を正当化すらする。医師らが入院などの措置を執って一時的に引き離しても、親の下に戻りたがる。DV被害者にもそういう人がいますね。暴力の真の恐ろしさを感じる局面です。

2013-01-22 00:28:38
丹治吉順 a.k.a.朝P, Tanji Yoshinobu @tanji_y

「家庭内暴力」というと思春期の子が親を殴ることを指していた1990年代前半、「親による暴力・虐待の方がひどい」という意味を込めて「親たちの家庭内暴力」という連載をした。500通を超す投書が来た。大半が手書き。「誰もこの苦しみを理解してくれなかった」という内容が本当に多かった。

2013-01-22 01:14:46
丹治吉順 a.k.a.朝P, Tanji Yoshinobu @tanji_y

同じ文脈で「教師たちの校内暴力」という視点はあり得ると思っている。

2013-01-22 01:20:54
丹治吉順 a.k.a.朝P, Tanji Yoshinobu @tanji_y

@isshyisshy 成長後、DVやカルトに絡め取られるケースが、生い立ちと関連しているんじゃないかという視点もありますね。アリス・ミラーは完全にそういう視点だったし、共依存に関する精神科医の見方にもそういうものがありました。

2013-01-22 01:35:12
丹治吉順 a.k.a.朝P, Tanji Yoshinobu @tanji_y

常態化した暴力が体の内側にも傷跡を残す例。「数週間~2カ月間虐待を受けた子3人の副腎の重さは、虐待を受けていない子の2倍以上」とも。家庭内の暴力以外でも同じことが見つかるのではないかと>虐待の痕、臓器にも残る? 白血球が増加 鹿児島大調査 http://t.co/7rb1lmhM

2013-01-22 18:37:19
丹治吉順 a.k.a.朝P, Tanji Yoshinobu @tanji_y

c1)虐待された幼児が虐待親を慕う例に関心が高いようなので、以前取材したことの概略を。虐待される子は常に、自分が愛されていることへの根本的疑念にさらされています。子どもにとって、親に見捨てられることは死を意味するので、子どもは親に対する怒りなどの感情を自ら抑えつけます。

2013-01-22 23:12:21
丹治吉順 a.k.a.朝P, Tanji Yoshinobu @tanji_y

c2)子ども、特に幼児は、愛されているという希望なしに生きていけません。だから親の行為を愛の結果と解釈しようとするようです。暴力・虐待ですら。「パパは僕を愛していない」と認識したら心が破滅する。それより「僕が悪い子だからパパは殴った」と考える方がはるかにましなのでしょう。

2013-01-22 23:14:38
丹治吉順 a.k.a.朝P, Tanji Yoshinobu @tanji_y

c3)子どもは、自分が愛されて育ったという「物語」を必要としているといってもいいかもしれませんね。事実としては愛からほど遠い虐待であっても、「自分は愛されていない」という認識に子どもは耐えられない。たとえ幻想でも虚構でも、「自分は愛されている」という物語を信じようとする。

2013-01-22 23:19:19
丹治吉順 a.k.a.朝P, Tanji Yoshinobu @tanji_y

c4)のびのび育った子って、親に対して自然に怒れるんですよ。「ママ、意地悪!」とか「パパ、ひどい!」とか。自分の感情を素直に認識し、表現できる。でも虐待されて育った子は、虐待すら愛の結果だと自ら信じ込むようになっているので、物事を正しいバランスで認識し、表現することが難しい。

2013-01-22 23:24:25
丹治吉順 a.k.a.朝P, Tanji Yoshinobu @tanji_y

c5)暴力をふるう親の側も、子どものその心理を(これまた多くは無意識に)利用します。「お前のために殴るのだ」と言えば、良心の呵責を感じず、しかも思うさま殴ることができる。感情のはけ口だったり、権力の実感が目的だったりしても。こうした関係を「共依存」と呼ぶ人もいますね。

2013-01-22 23:27:43
丹治吉順 a.k.a.朝P, Tanji Yoshinobu @tanji_y

c6)こうして育った子どもの中には、成人後、表面では「あなたのためだ」と言いながら実際には支配しようとするカルトにどうしようもなく依存したり、女性の場合は「お前のために殴るのだ」などという暴力男と離れられなくなったりする人が出てくる--と唱える専門家もいました。

2013-01-22 23:29:54
丹治吉順 a.k.a.朝P, Tanji Yoshinobu @tanji_y

c7)以上、わかりやすくするために「殴る」こと(身体的暴力)を例に書きましたが、身体的暴力は一切ふるわなくても、視線・言葉遣い・そぶりなどで同様の「効果」をあげる親もいっぱいいます(そういう例はたくさん取材しました)。

2013-01-22 23:31:01
丹治吉順 a.k.a.朝P, Tanji Yoshinobu @tanji_y

c8)くわしく知りたい方は、アリス・ミラー「才能ある子のドラマ」 http://t.co/ofki9IIA 同「魂の殺人」 http://t.co/vKV6xqj2 モートン・シャッツマン「魂の殺害者」 http://t.co/YcIjSUI3 などをお読み下さい。

2013-01-22 23:32:10
丹治吉順 a.k.a.朝P, Tanji Yoshinobu @tanji_y

c9)なお児童虐待問題を私が集中的に取材していたのは1990年代なので、知識が古い可能性があります。その点はご留意下さい。

2013-01-22 23:33:56
丹治吉順 a.k.a.朝P, Tanji Yoshinobu @tanji_y

@fillies_revue 実態としては、「無傷」な子どもの方が少ないだろうと思います。なぜ私がこういう問題に入り込んでいったかというと、自分がそうだったという動機があったからで。格闘しているうち、いつしか「卒業」できたんですね。いくつか思い当たるタイミングがありますけれど。

2013-01-22 23:43:34
丹治吉順 a.k.a.朝P, Tanji Yoshinobu @tanji_y

c10)参考文献としてはほかにマリ・カルディナル「血と言葉」 http://t.co/nHbjgk6F 佐藤紀子「白雪姫コンプレックス(旧版)」 http://t.co/5Icm25sd 斎藤学「アダルト・チルドレンと家族」 http://t.co/zFO4Wqr5 なども。

2013-01-22 23:52:50
残りを読む(14)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?