2013年4月18日

2013.4.17 第3回電力需給検証小委員会

◆配布資料 http://www.meti.go.jp/committee/sougouenergy/sougou/jukyu_kensho/003_haifu.html 資料1 議事次第 資料2 第2回委員会の指摘事項 資料3 燃料コスト増の影響及びその対策について 続きを読む
1
Miya____ Toy___ @Miya_Toy

*説明の部分は、はぶいております。

2013-04-19 01:03:12

[資料2]第2回委員会までの指摘事項への回答
http://www.meti.go.jp/committee/sougouenergy/sougou/jukyu_kensho/pdf/003_02_00.pdf

[資料3]燃料コスト増の影響及びその対策について
http://www.meti.go.jp/committee/sougouenergy/sougou/jukyu_kensho/pdf/003_03_00.pdf

Miya____ Toy___ @Miya_Toy

松村資料2-別添4 太陽光・風力に関して誠実に対応していただき感謝。このやり方が正しいか別として、こういうやり方をしたらこうなるというのが分かるし、合理的。電力会社の意見もあるが、このやり方は信頼性が高まるので、是非続けていただければ。

2013-04-17 16:00:01
Miya____ Toy___ @Miya_Toy

松村資料2-別添3 最初何を書いてあるのか分からなかった。特に「※1」ついて。中西日本の供給力が増えている理由は、※2の理由からではないか?176+181ではなく、揚水の部分だけ。一定の知識があっても分かりづらく、一定の知識が無ければ全く分からない。もう少し親切に書いてみては。

2013-04-17 16:06:48
らいあ @Sucha_Para

《大飯が停止した場合の、2013年夏季電力需給試算》大飯が停止すると、関電管内の予備率が▲12.5%まで低下(疑)関電・九電をのぞく、中西各社の予備率を5.0%になるまで融通した場合、予備率1.0%(中西日本平均3.4%)確保できる http://t.co/jDoVg91Zze

2013-04-17 15:39:12
拡大
らいあ @Sucha_Para

関電供給力:2932kW-{大飯3.4号機:236万kW+揚水のくみ上げ:205万kW}=2490万kW(▲355万kW) 他社融通で揚水の回復する。需給調整契約27万kW減る。(よくわからん)

2013-04-17 16:46:07
Miya____ Toy___ @Miya_Toy

松村:今後もしこのような会が続くとしたら、ESCJの方をオブザーバーに呼んでみては?潮流が予定されたものより、多く流れたとか云々の話しの中で、不誠実な話しが出た場合など、ただちに訂正してもらえるので、話しを円滑に進められる。安定供給という面でも一定の役割を果たすのでは。

2013-04-17 16:16:58
Miya____ Toy___ @Miya_Toy

植田:大飯の3・4号停止推計の件。需給検証の重要な点は、結果だけではなく、どういう考えでどういう風に推計したか~これを共有し、どう計算したか正確に記述する事。数字が変わったのは、融通+揚水の分。それぞれがどれだけあるか。

2013-04-17 16:20:40
Miya____ Toy___ @Miya_Toy

大山:松村委員からESCJの話しがあったが、賛成。この議論は、あらかじめ定められたものに対し、緊急事態になった場合多くするという話しなので、この場ではないと思うが、これからの制度設計を決めていて欲しい。

2013-04-17 16:25:26
らいあ @Sucha_Para

関西電力の揚水発電の供給力について(2012年度夏季と2013年度夏季の比較) http://t.co/gotaSeTTr8

2013-04-17 16:30:04
拡大
Miya____ Toy___ @Miya_Toy

中上ネガワット取引節電アグリゲーターなどの用語の説明を、一般に分かりやすいように。

2013-04-17 16:33:25
Miya____ Toy___ @Miya_Toy

鯉沼:今までの議論で、電力間が融通が重要であると認識できた。前回、大分の大型火力が停止した時にも対応できたという実績は心強い。今年の夏も、電力会社間で融通の準備などはあるのか。

2013-04-17 16:37:23
Miya____ Toy___ @Miya_Toy

エネ庁資料2-別添4 再エネの算出方法について:太陽光に関しては、過去のアメダスデータから。風力に関しては、設置場所から数メートル離れただけでも風況は違うので、実績データに基づいた。ただデータが足りない。

2013-04-17 22:01:33
らいあ @Sucha_Para

資料2-別添4 再生可能エネルギー等の算定手法について http://t.co/SqAQFaf2Sa

2013-04-18 14:45:42
拡大
らいあ @Sucha_Para

《太陽光発電》 概要:各月の上位3日の電力需要が発生した日の太陽光出力について、直近データのうち下位10日の平均 対象期間:20年間 対象日:月毎の全日(30日)の上位3日 データ数:60サンプル中、下位10日 データ諸元:アメダスの日射量データより算出した出力比率

2013-04-18 14:46:15
らいあ @Sucha_Para

《風力発電》 概要:各月の風力出力が低かった下位5日の平均値を過去の実績データが把握可能な期間で平均した値 対象期間:2~7年間 対象日:月毎の全日(30日)の下位5日 データ数:30サンプル中、下位5日 データ諸元:過去の発電実績より算出した出力比率

2013-04-18 14:50:34
Miya____ Toy___ @Miya_Toy

事務局:突発的な計画外停止時の融通について。ある程度大きな発電所が脱落している時に、他の発電所がトラブルで落ちたり、供給力不足が積みあがっていく事になる。週間バランスなど予測しながら、最後の手段としてESCJを通じ全国融通で対応することになっている。

2013-04-17 22:14:36
Miya____ Toy___ @Miya_Toy

九電:大分火力計画外停止の件。資料2-1P関門連系線を通じた九州電力への融通について~ESCJのルールの中で運用容量を決めているが、この時は一時的に越える事になった(こういったことがあった場合、後で報告することになっている)緊急時融通し合うというのは普段から話しをしている。

2013-04-17 22:21:49
Miya____ Toy___ @Miya_Toy

2012.2.3 九電・新大分発電所が凍結で停止 計画停電は回避:朝日新聞 http://t.co/JJ8IDxYA1S 緊急的に他電力6社から計240万kWの供給を受けて、予備率3.3%を確保。停止直後には、需給調整契約を結んだ大口需要家46社に要請し計約30万kW分を抑制した

2013-04-19 00:40:42
Miya____ Toy___ @Miya_Toy

九電:太陽光について。(前回話したので略)

2013-04-17 22:24:18
Miya____ Toy___ @Miya_Toy

。o(柏木さん司会無理じゃね?)

2013-04-17 22:24:42
Miya____ Toy___ @Miya_Toy

松村:(再生可能エネルギーの算定基準について)統一したほうがいいとは思っているが、この委員会は、プロが集まっているわけではないので、他のあらゆる所に適用される基準を、この委員会~しかもこの1回の会合だけで決めてしまうのはちょっと怖い。

2013-04-17 22:33:00
Miya____ Toy___ @Miya_Toy

松村:しかし一方で電力会社は、太陽光はkW価値はゼロだと言ってたこともあったので、本当リーズナブルかどうか今の段階では分からないので、参考値としてしては。

2013-04-17 22:33:16
Miya____ Toy___ @Miya_Toy

秋元:松村先生と同意見。(秋元さんのマイク、はうってうるさい)

2013-04-17 22:34:24
残りを読む(40)

コメント

らいあ @Sucha_Para 2013年4月18日
節電・省エネのコスト。短期的にみれば、購入しなくてはならないものや、システムとして導入しなくてはいけないものなど、コストがかかるのは分かる。けれど、長期的にみれば、コスト削減に繋がっているので、そこだけ強調して書いたりすれば、途端に信頼のおけないものになるんじゃないかな?
0