トヨタも仕掛ける設計革命 自動車産業 系列再編の幕開け

「勝っているのはハイブリッド車だけ」。円安好業績でも危機感募らせるトヨタ。各社が仕掛ける設計革命が、系列の産業構造に変化をもたらす。
7
ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity

トヨタ自動車は最近、系列下請け企業に極秘の資料を配布。現代自動車や独VWと、デザイン、走り、燃費・環境技術、初期品質、低コストなどの効率性を比較して「トヨタが勝っているのはHVだけ」とはっきり書かれている。 http://t.co/DvTVT3jL1L トヨタも仕掛ける設計革命

2013-06-06 19:16:37

トヨタの目指す「全体最適」

ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity

これまでトヨタは先進国市場で稼ぐビジネスモデルだったが、リーマンショック以降は新興国市場の拡大で収益を出さねばならない状況。13年3月期決算の営業利益1兆3208億円のうち約3割がアジア地区(中国除く)で、海外事業では北米を上回る。 http://t.co/2eyLvRMK3h

2013-06-06 19:28:53
ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity

新興国市場の拡大は自動車メーカーに開発費増大を強いる。タイではピックアップトラック、インドネシアではミニバンといった具合に、国によって売れ筋車種は異なり、同じ「カローラ」でも国内向けと海外向けでは車体の大きさや仕様が違う。 http://t.co/NBMtjIeGeS

2013-06-06 19:37:40
ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity

トヨタは従来、車のベースとなる車台を開発し複数の車種に展開する手法を採っていたが、バリエーションに限界があるうえ、搭載する部品は車種ごとにゼロから設計するケースがほとんどで、高コストになりがちだった。 http://t.co/EonzxBRY6v トヨタも仕掛ける設計革命

2013-06-06 19:46:39
ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity

TNGAとは、これまで車種ごとに開発してきたのを改め、「運転席周辺」「エンジンと周辺部品」といったブロック単位で開発、そのブロックを車台や車種を超えて適用する開発手法。世界で全体最適を目指す手法といえる。 http://t.co/FF9SWoqOQP トヨタも仕掛ける設計革命

2013-06-06 19:48:05
ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity

一方で全体最適を進め過ぎると、車の「個性」が喪失してしまうリスクも。トヨタは、走りや乗り心地など他社と製品を差別化する部分については個別最適にこだわる考え。 http://t.co/3yy0T9zONF トヨタも仕掛ける設計革命

2013-06-06 19:50:18
ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity

トヨタは新たな開発手法の推進に合わせ、昨年から組織も再編。車種ごとにいた開発責任者(CE)を車種群担当として大括り化。さらにCEは担当の車種開発が終われば人事異動で交代していたが、継続的に商品群を改良していく仕事の進め方を導入。 http://t.co/pOyei9MmA9

2013-06-06 19:53:38
ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity

トヨタが危機感を抱く理由は、VWなど競合他社がすでに新設計手法を導入しているから。VWの車体の基本設計はエンジンの縦置きか横置きの2種類しかなく、標準・共通化された部品の塊でパソコンのように低価格車から高級車まで組み立てる手法。 http://t.co/YU4BRVTfUO

2013-06-06 19:57:27

マツダと日産が先行 新しい「共通化」

ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity

日本でもマツダと日産自動車が新しい「アーキテクチャー戦略」で先行。マツダは15年度末までに出す新車はすべて車格や排気量の違いを超えて主要部品のコンセプトを共通化することで、1ドル=77円でも国内生産で輸出して利益が出る開発体制を構築。 http://t.co/wQZ1hfEnE9

2013-06-06 19:58:37
ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity

日産も13年中に発売する新車から新設計手法を導入。車台という概念が消え、車体を「エンジン室内=2種」「前部アンダーボディ=3種」「コックピット=3種」「後部アンダーボディ=3種」に分け、理論上54種類の組み合わせで車をつくれるように。 http://t.co/ZLMMXNbaMk

2013-06-06 20:01:23

自動車各社の設計・生産革新

戦々恐々の部品メーカー

ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity

トヨタの新開発手法で大きな影響を受けるのが系列下請け企業。これまでは同じ部品であっても国・地域別に発注先が違っていたが、原則、グローバル規模でまとめて発注する仕組みに変わる。 http://t.co/Twns8IXNOd トヨタも仕掛ける設計革命 自動車産業 系列再編の幕開け

2013-06-06 20:03:42
ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity

たとえば、トヨタはコネクター類の単純部品でも「専用規格」を設定してトヨタ向けにカスタマイズした部品を系列から購入してきたが、設計を見直すことで汎用部品が使えるようにする。これにより、系列以外でもトヨタとの取引がしやすい環境ができる。 http://t.co/76WvCbmpff

2013-06-06 20:04:43
ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity

トヨタの加藤副社長は、「かなりドラスティックなことをやろうとしています。日本のものづくりを守って行けるのかとの危惧もありますが、日本のものづくりが付加価値の高い方にシフトしていくための交通整理だと思って欲しい」と語る。 http://t.co/Of4T4zkMoo

2013-06-06 20:05:26
ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity

「TNGAによって部品納入価格がほぼ半値になる。共通化が進むことで1つの部品を同時に500万個生産しトヨタの世界の工場に供給しなければならない。サプライチェーンマネジメントの再構築が必須」(中堅系列幹部) http://t.co/MOQyDSnu2E 自動車産業 系列再編の幕開け

2013-06-06 20:11:11
ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity

「あらゆる技術を取りまとめられるシステムサプライヤーにならなければ生き残ることができなくなる。今はトヨタの1次下請けでも、2次下請け化することで生き残りを図る企業も出てくるのでは」(トヨタ系大手の幹部) http://t.co/vmDmPe1Ki7 自動車産業 系列再編の幕開け

2013-06-06 20:13:06
ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity

「これを契機に2次や3次の下請け企業では経営が厳しくなるところも出て再編が起こるのでは」(トヨタ担当記者)アーキテクチャー戦略が先行する欧州はすでに部品メーカーの再編が加速している。日本の産業構造にも大きな変化が起きるだろう。 http://t.co/NC5OoIbrpx

2013-06-06 20:17:20

元記事はこちら

リンク WEDGE Infinity(ウェッジ) トヨタも仕掛ける設計革命 自動車産業 系列再編の幕開け 「勝っているのはハイブリッド車だけ」。円安好業績でも危機感募らせるトヨタ。各社が仕掛ける設計革命が、系列の産業構造に変化をもたらす。

井上久男(ジャーナリスト)
1964年生まれ。88年九州大学卒業後にNEC入社。92年朝日新聞社に転職。主に経済部で自動車や電機産業などを担当。2004年に独立。近著は『メイド イン ジャパン 驕りの代償』(NHK出版)。

寄せられたコメント

おはげ @skypalo

すごく興味深い / トヨタも仕掛ける設計革命 自動車産業 系列再編の幕開け WEDGE6月号フリー記事 WEDGE Infinity(ウェッジ) http://t.co/TjN4S4bv7Z

2013-06-06 20:05:37
残りを読む(8)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?