2010年9月24日

『チャンネルはいつもアニメ -ゼロ年代アニメ時評』藤津亮太・著

11
藤津亮太(連絡先はプロフィール欄に) @fujitsuryota

「チャンネルはいつもアニメ」(http://bit.ly/aRVaY3)の見本届きました。実物みて古賀さん(@manabukoga)のデザイン、狙いをうまく形にしてくれているなーと実感しましたよ。できるだけ多くの関心ある人に読んでもらいたいなぁ。

2010-09-15 23:07:49
藤津亮太(連絡先はプロフィール欄に) @fujitsuryota

「00」劇場版ですがパンフレットに短評を、アニメ!アニメ!にレビュー(http://bit.ly/dpJs72)を書いております。前者は「E.T」とひっかけた原稿で、後者は「劇場「00」って「アビス」だよねー」(笑)と書いております。

2010-09-19 02:05:01
前Q(前田久) @maeQ

直感的には『チャンアニ』と略してしまうのだけど、これだとなんだか韓流ドラマのタイトルのようでがんす、某書籍。『チャンアニの誓い』みたいな。

2010-09-19 23:25:14
藤津亮太(連絡先はプロフィール欄に) @fujitsuryota

@maeQ  『チャンアニ』か『いつアニ』かで迷っている俺ガイル。『チャンいつ』は……ないなー(笑)。

2010-09-19 23:27:23
前Q(前田久) @maeQ

@fujitsuryota ちょっとひねって『つもアニ』とか……って、麻雀アニメ本ですかね、これじゃw

2010-09-19 23:29:30
多根清史 @bigburn

アニメを見ると背中がすすける…w RT @maeQ: @fujitsuryota ちょっとひねって『つもアニ』とか……って、麻雀アニメ本ですかね、これじゃw

2010-09-19 23:30:33
藤津亮太(連絡先はプロフィール欄に) @fujitsuryota

@bigburn @maeQ  『つもアニ』は……マジでないわー(笑)。略称つくりづらいタイトルは問題なだーと今更思った(自分で考えたものだけど)。できれば「いつあに!」みたいな方向でPRしていきたい。

2010-09-19 23:42:21
日詰明嘉 @AKIYOSHI00

@fujitsuryota チャンアニ」をギョーカイ用語風にひっくり返すと「アニチャン」になることに気づきました。

2010-09-20 00:03:24
藤津亮太(連絡先はプロフィール欄に) @fujitsuryota

@AKIYOSHI00 そこまでは僕も考えたけど、その方向でネタふくらめるのもなーと思ってやめたセンなんですよ(笑)。

2010-09-20 00:05:58
藤津亮太(連絡先はプロフィール欄に) @fujitsuryota

10/10にイベント「アニメの門 場外乱闘編」をやるわけですが、来場者特典で缶バッヂと小冊子つけようかと思ってます。缶バッヂは決定(というか完成)。小冊子は先日配布した「おためし版」にオマケをつけてDTPをきれいにやりなおしたもの(48ページ予定)がつくれるならつくります。

2010-09-21 09:22:14
鶴岡法斎 @tsurock

なるほど!同日昼間に同じ会場でイベントをやるものとして真似してみるかな。 RT @fujitsuryota: 10/10にイベント「アニメの門 場外乱闘編」をやるわけですが、来場者特典で缶バッヂと小冊子つけようかと思ってます。缶バッヂは決定(というか完成)。

2010-09-21 09:27:08
藤津亮太(連絡先はプロフィール欄に) @fujitsuryota

@tsurock  僕もさっき知ったけど、昼間は@tsurockさんなんだよね~(笑)。奇遇ですなー。そういえば先日のオタク大賞Rで「今の「切断王」の読み方教えてください」という質問が来てましたよ~。僕、分からないんで説明できなくて申し訳なかったけど……。

2010-09-21 09:32:54
鶴岡法斎 @tsurock

@fujitsuryota もう「切断王読みたいときはこっちのブログ見て」としかいえないですね。何しろ書いている人間がDLに大苦戦しましたから。

2010-09-21 17:21:53
人工太陽に灼かれがちなモアイ @EMBsince1982

そろそろだっけ?と調べてみたら10/2開催だった、藤津亮太さんのアニメ映画を読む第1回『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』。ちょっとご我が家スケジュールば確認しよう。 http://bit.ly/bIpbya

2010-09-21 20:08:18
Masashi Takatori @dead_funny

藤津亮太さん( @fujitsuryota )の新著「チャンネルはいつもアニメ」を読み始めたら止まらなくなった。「紅」に関する記事では、昨日のイベントでの松尾さんの話ともリンクする箇所もあり、改めていろいろ思い出したり。

2010-09-21 20:33:17
ogawab @ogawab

藤津 亮太 「チャンネルはいつもアニメ―ゼロ年代アニメ時評」も購入。メモを取りながら読む。ありゃ、Amazonは在庫切れ! http://amzn.to/dDhV1F

2010-09-21 21:32:24
藤津亮太(連絡先はプロフィール欄に) @fujitsuryota

.@ogawab ありがとうございます。当日の件はまたメールします。

2010-09-21 23:04:54
藤津亮太(連絡先はプロフィール欄に) @fujitsuryota

@dead_funny ありがとうございます。『紅』の原稿も力が入ったひとつでした。原稿書いた後に、松尾監督にインタビューする機会があり、いろいろと興味深かったです。

2010-09-21 23:07:27
藤津亮太(連絡先はプロフィール欄に) @fujitsuryota

『チャンネルはいつもアニメ』本日取り次ぎ搬入日ということで書店に並び始めているそうです。でもamazonでは品切れになっちゃいました……。アニメイトにも並んでいるはずなので、現状そのあたりがねらい目かも……。

2010-09-21 23:11:49
Masashi Takatori @dead_funny

@fujitsuryota 松尾さんも、インタビュー記事についてとても嬉しく思っていらしたのを思い出します。本に掲載されているコラムの時期がちょうど自分が業界にいる時期と重なっているので、改めていろいろ考えさせられています

2010-09-21 23:18:02
藤津亮太(連絡先はプロフィール欄に) @fujitsuryota

@dead_funny 過去ログ拝見すると、先日のイベントにも登壇されていたのですね。『紅』、とても楽しませていただきました。ありがとうございました。

2010-09-21 23:34:27
Masashi Takatori @dead_funny

@fujitsuryota こちらこそ、ありがとうございます。「紅」って「鑑賞される」べき・「語り継がれる」べき作品だと強く思っていて、なおかつ「楽しめる」ものにもなっているのではとも思うのです。ビジネス面から語る要素はあまりありませんが!

2010-09-22 00:16:17
藤津亮太(連絡先はプロフィール欄に) @fujitsuryota

さて好発進が伝えられる劇場『00』ですが、公開館数は90館に欠けるぐらいとか。この規模の興行がアニメ映画に有効なのを印象づけたのは振り返れば劇場『Z』(80館強)だったのですが、そのあたりをかなり初期にに触れた原稿が『チャンネルはいつもアニメ』には載っているのです。

2010-09-22 01:37:01
藤津亮太(連絡先はプロフィール欄に) @fujitsuryota

今日の午前中は珍しく取材される側。『チャンネルはいつもアニメ』出版ということで、静岡の地元紙・静岡新聞の取材を受けます。僕の古巣でもあるので、ちょっと緊張してますなー。

2010-09-22 09:36:57
日詰明嘉 @AKIYOSHI00

「チャンネルはいつもアニメ」amazonで品切れだけど楽天ブックスには在庫あり。 [楽天]http://a.r10.to/hB12qn [本] #rbooks

2010-09-22 20:26:35
残りを読む(238)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?