10周年のSPコンテンツ!

低投票率:菅原琢氏(政治学)への古田記者(朝日)のインタビュー

参院選を前に投票率をどう考えるか、政治学がご専門で議員情報サイト「国会議員白書」を運営する東大の菅原琢准教授に、朝日新聞デジタル編集部で「投稿マップ」を担当する古田大輔記者が、Twitterインタビュー。
政治 菅原琢 投稿マップ 投票率 参院選
51
たかひろ@研究館 @kenkyukan
朝日の記事でも取り上げられていた「国会議員白書」というデータベースが非常な力作。戦後(1947~)から今に至る全衆議院議員・参議院議員の発言記録がすべて記載されている。発言回数から個々の発言まですべて。これは便利。http://t.co/iHIbtrtEVi
SUGAWARA, Taku @sugawarataku
【国会議員白書】戦後全参議院議員の国会活動を記録しています http://t.co/0dyT66YEok 参院選候補は元職や衆院議員の記録にもアクセス可能 http://t.co/1BJdQjevnz 発言回数等で並び替えも可能です http://t.co/1Ha3KHlPoY
古田大輔 @masurakusuo
1)投稿マップ http://t.co/PjwfEk4xcc への声は800件超に。専門家の意見もツイッターで聞いてみます。政治学者で議員情報サイト「国会議員白書」も運営する東大の菅原琢准教授 @sugawarataku です #投票する
古田大輔 @masurakusuo
2)空いている時間に返信していただく予定です。それでは質問。投稿マップでは多くの人が政党、政治家への不信を口にしています。「意見が反映される実感がない」と選挙制度への不満も。いずれも低投票率につながっているようです #投票する@sugawarataku
古田大輔 @masurakusuo
3低投票率について想田和弘監督 @KazuhiroSoda は議論を避ける公選法、政策で勝負しない候補者、自主規制するマスメディア、政治はわかりにくいと消費者的態度の有権者、いずれも問題と指摘します。菅原准教授は何が問題と感じますか? #投票する@sugawarataku
古田大輔 @masurakusuo
4)若者の低投票率は多くの先進国に共通する現象です。処方箋はあるのでしょうか?また、「わかりにくい」と言っても、ネット選挙解禁で情報量は増えています。菅原准教授 @sugawarataku の国会議員白書などのサイトも多い。なのになぜ「わかりやすく」ないのでしょう? #投票する
古田大輔 @masurakusuo
5)「情勢調査で勝負が見えるからやる気をそぐ」という意見もあります。確かに新聞各社の情勢調査は正確性が高いです。結果にどのような影響を与えている、もしくは与えていないと考えられますか?まずは以上のような質問のお答えいただければ @sugawarataku #投票する
SUGAWARA, Taku @sugawarataku
投票マップに投稿するような人は投票に行くのでは。投票者から棄権の理由は見えないでしょう RT @masurakusuo …投稿マップでは多くの人が政党、政治家への不信を口にしています。「意見が反映される実感がない」と選挙制度への不満も。いずれも低投票率につながっているようです
SUGAWARA, Taku @sugawarataku
「低投票率」の何が問題なんですか? RT @masurakusuo 3低投票率について…菅原准教授は何が問題と感じますか?
SUGAWARA, Taku @sugawarataku
たとえば新聞の政治面はわかりやすいでしょうか。自分の場合はわかりやすさ以前におじさんたちの愛憎話などに興味がわきません。 RT @masurakusuo …「わかりにくい」と言っても、ネット選挙解禁で情報量は増えています。…なぜ「わかりやすく」ないのでしょう?
古田大輔 @masurakusuo
おっしゃるとおり。投稿マップへの書き込みの9割が投票する人。1割の行かない人は「わかりにくい」「声が届かない」「投票したいとこがない」など RT @sugawarataku: 投票マップに投稿するような人は投票に行くのでは。投票者から棄権の理由は見えないでしょう #t投票する
SUGAWARA, Taku @sugawarataku
05年も09年も圧勝が伝えられましたが投票率は高くなっています。その仮説は正しくなさそうです。 RT @masurakusuo 5)「情勢調査で勝負が見えるからやる気をそぐ」という意見もあります。…結果にどのような影響を与えている、もしくは与えていないと考えられますか?
古田大輔 @masurakusuo
投稿マップやツイッターへの意見を見ると「投票が中高年層に偏れば、若者層への政策が手薄になる」などとあります。ぼく自身は皆で決めたという「決定への所有感」が薄まるのではと思います RT @sugawarataku: 「低投票率」の何が問題なんですか? #投票率
SUGAWARA, Taku @sugawarataku
その人は「若者」に属しているという立場で政治意識を形成している人ですが、皆がそうというわけではないでしょう。 RT @masurakusuo 投稿マップやツイッターへの意見を見ると「投票が中高年層に偏れば、若者層への政策が手薄になる」などとあります。
古田大輔 @masurakusuo
わかりやすさのためにどのような報道が必要でしょう。ネットでの情報発信でわかりやすさは増しているでしょうか? RT @sugawarataku: たとえば新聞の政治面はわかりやすいでしょうか。自分の場合はわかりやすさ以前におじさんたちの愛憎話などに興味がわきません #投票する
SUGAWARA, Taku @sugawarataku
そう思う人は投票に行き、そう思わない人は別に行かなくても、という話だと思います。 RT @masurakusuo ぼく自身は皆で決めたという「決定への所有感」が薄まるのではと思います
SUGAWARA, Taku @sugawarataku
わかりやすさは二の次でしょう。報道がわかったところでそれが重要だと思わなければ投票に行かないでしょう。 RT @masurakusuo わかりやすさのためにどのような報道が必要でしょう。ネットでの情報発信でわかりやすさは増しているでしょうか?
SUGAWARA, Taku @sugawarataku
時間の関係で勝手に回答をはじめますが、投票率というひとつの数値をめぐって議論することは遠回りです。たとえば日本の農村集落で投票率が高いのは政治が生活に直結し、監視の目が行き届いているからです。独裁国家の選挙は100%近かったりしますよね。 RT @masurakusuo 低投票率
SUGAWARA, Taku @sugawarataku
ついでに余計なことを言えば、低投票率を憂えている人の中には、もしその票があれば自分たちの支持勢力が勝ったはずなのにという幻想を抱いている人が多いです。しかし、これは考え方自体間違っています。 RT @masurakusuo 低投票率
古田大輔 @masurakusuo
昨年の衆院選投票率は60代が74%、20代が37%。差の大きさが危機感につながるようです RT @sugawarataku: その人は「若者」に属しているという立場で政治意識を形成している人ですが、皆がそうというわけではないでしょう RT 「若者層への政策が手薄に」 #投票する
SUGAWARA, Taku @sugawarataku
メディアや政治家もそうですが、投票率と選挙結果を、原因と結果と設定する人が非常に多いです。しかし、特にそうする必要がある場合以外は、どちらも投票に行った結果と考えたほうがよいでしょう。全政党(候補)の得票≒投票です。 RT @masurakusuo 低投票率
古田大輔 @masurakusuo
たしかに取材を通じ、「低投票率だから負けた」と考える人が多いと感じますRT @sugawarataku: 低投票率を憂えている人の中には、もしその票があれば自分たちの支持勢力が勝ったはずなのにという幻想を抱いている人が多いです。しかし、これは考え方自体間違っています #投票する
SUGAWARA, Taku @sugawarataku
したがって、投票率が低いというのは、政党・政治家が票を集められていない、という問題です。「投票率が上がれば~」と政治家や支持者が嘆くのは棄権者への責任転嫁に過ぎないでしょう。自分たちがどうして得票を集められなかったのかが本来の問題です。 RT @masurakusuo 低投票率
古田大輔 @masurakusuo
この点、もう少し説明いただければ RT @sugawarataku: 投票率と選挙結果を、原因と結果と設定する人が非常に多いです。しかし、特にそうする必要がある場合以外は、どちらも投票に行った結果と考えたほうがよいでしょう。全政党(候補)の得票≒投票です #投票する
SUGAWARA, Taku @sugawarataku
年齢での利害対立を関知していない、気にしていない人にとっては危機ではないでしょう。 RT @masurakusuo 昨年の衆院選投票率は60代が74%、20代が37%。差の大きさが危機感につながるようです
残りを読む(111)

コメント

あらきムラムラ @arakissunne 2013年7月18日
「当日まで選挙があることを知らない」人達も一定数居るんですけど、そういう人達まで引っ張って来るのはさすがに最終段階なのかな
あらきムラムラ @arakissunne 2013年7月18日
興味を表面上引くのはまぁ今溢れてるネガキャン合戦だと思うけど、多くはやはり目を背け眉を潜めますよね。今回政治家の選挙期間中のツイートの使い方としてMVP(twitte限定)だと思えるのはやはり菅元総理 @NaotoKan だと思います。寄せられる色々なツイートに回答する形で自身の主張をする、これがベストだと思います。
あらきムラムラ @arakissunne 2013年7月18日
きちんと自身のメンションに対してリプライをくれる、というのが一番政治との距離を縮める役割を果たすのではないかと考えます。
kazy @gakeau 2013年7月18日
「どうか、おじさんたちの嫉妬話を政局と呼称して延々報じたあげく、「若者が政治ニュースを読まない」と嘆かないで欲しい。不味い食事を出したら客が離れる、健全な市場原理の結果にほかならないのだから。」完全に同意。政治記事が芸能記事レベルなのは悲惨としか言いようがない。
橋本麻里 @hashimoto_tokyo 2013年7月18日
まとめ更新。インタビュー続行中です。
松平俊介@暑い @matu2syun 2013年7月18日
なかなか面白かった。低レベルな政局報道は昭和30年台以来の悪しき伝統なのでもう止めて貰いたい。丸山真男が苦言を呈してから何年立っているんだろう。丸山先生没して小室先生継ぎ、今の橋爪大三郎氏は三代目。噺家で言えば志ん生没して談志没し、志の輔の代になっても政治報道は変わっていないわけです。
松平俊介@暑い @matu2syun 2013年7月18日
要するにおじいさんの時代にもう政局報道オワコンだといわれているのに、全然直っていないわけですね。まご子の代まで変わらない新聞の政治面というのもちょっとなあ。そもそも国会で成立した法案の解説というのが殆ど無いでしょう。国会って立法府だよなあ。
橋本麻里 @hashimoto_tokyo 2013年7月19日
まとめ更新。本日のJ-WAVE、JAM The Worldで菅原さんと「投票率と棄権率の関係」についてお話しされた竹田圭吾さんのコメント、またコラム「票しなくてもいんじゃね? とつぶやく若者たちへの手紙」も追加しました。
しろわに@坐骨神経痛モード @ogopogon 2013年7月19日
「政党や候補者の掘り起こしが足りない」といっても戸別訪問禁止されてたんじゃね。法律が~べからずばかりじゃね。
シオゴロウ@自刎 @SALT5LOW 2013年7月19日
竹田圭吾氏のコメントが大変分かりやすい。なんだかんだでいつの時代も「今時の若者は」という面はあるんだろう。いずれにしても、「投票率の低さ」は結果であって、「低いことの責任」を若年層に求めるのは根本的にお門違い。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする