ペットフードの添加物について

ペットフードの添加物について獣医師のDr45 aka EelSpringerさんの興味深いツイートをまとめました。
添加物 ペットフード
nondevy03 1559view 1コメント
  • 0
  • お気に入り
12

限定公開の新機能が大好評!

プライベートなツイートまとめの共有がもっと簡単になりました。フォロワーだけに特別なまとめを公開しませんか?メンバー限定はメニューから設定可能です。詳細はこちら

ログインして広告を非表示にする
  • Drunken45rpm @mkvet 2013-07-28 20:28:13
    保存料が添加されているドライフードを忌避されている方がおいでになりました。 その方が選んでいる無添加フードは、その方の伴侶どうぶつには合っておらず、複数の疾病をもたらしていました。腐敗による食中毒も経験している模様でした。
  • Drunken45rpm @mkvet 2013-07-28 20:30:38
    今でも、若くして食中毒で亡くなるヒトが世界中にたくさんいます。食中毒なめたらあかん。
  • 銀の戦車(F1🇲🇽LOVER) @tsubuyakisc 2013-07-28 20:34:33
    @mkvet この季節は浄水器を通した水を一晩とりおきしてもヤバイと言いますよね.
  • Drunken45rpm @mkvet 2013-07-28 20:48:34
    @tsubuyakisc だそうですね。食中毒はあなたのそばに((((;゚Д゚)))))))
  • ゆうぼん @youbonez 2013-07-28 22:38:35
    @mkvet 保存料も入ってないのあるんですね…気にして見て選んだりしてますが…
  • Drunken45rpm @mkvet 2013-07-28 22:48:27
    @youbonez メジャーなメーカーが添加している保存料の量では、どうぶつの健康を阻害することはまずないと考えて構いません。それより、個々のどうぶつの健康状態や体質をよく鑑みて、どういう設計のフードを給餌するかを考えるべきです。
  • Drunken45rpm @mkvet 2013-07-28 22:50:17
    当然のことですが、保存料が添加されていないフードの賞味期限は短いし、賞味期限内であっても開封した後に品質を保てる時間も短いです。
  • Drunken45rpm @mkvet 2013-07-28 22:52:30
    一方で、フードやおやつやその他グッズいろいろすべてにおいて、作ったヒトたちに「おまえはそれを自分の伴侶どうぶつに与えたりつかわせたりするのか!?」な商品が多数流通している現実もあります。
  • ゆうぼん @youbonez 2013-07-28 22:54:27
    @mkvet 保存料でもいろあるけど塵も積もればみたいなことはないんですかね… 結石ならマグネシウム何%以下選ぶとか腎臓ならできるだけタンパク質、リン低くとかはしますけどね★
  • Drunken45rpm @mkvet 2013-07-28 23:08:30
    添加物を悪役扱いする方がおいでになるわけです。これが「赤色x号」とかなら「そんなんいらんわい!色なんかつけんでええわ!」となるんでしょうけど、こと食中毒防止のためということになると、「そんなんいらんわい!食中毒起こす方がええわ!」とはならないわけで。
  • ゆうぼん @youbonez 2013-07-28 23:10:50
    @mkvet 最近はビタミンCやトコフェロール?とかが多いですね★できるだけそういうのを選んでます★ロイカナではBHA使われてて発ガン性とかどうなんでしょ… でもそういうのあげても長生きするのもいれば気を使っても病気になるのもいるし難しいですね…
  • Drunken45rpm @mkvet 2013-07-28 23:14:31
    @youbonez バルク包装のドライフードが船便で日本に輸入される際、完全密閉で酸素に暴露されないような包装というのはありえません。経費がかかりすぎる輸送はしないのがあたりまえです。(続きます
  • Drunken45rpm @mkvet 2013-07-28 23:16:35
    @youbonez そこで、どうぶつの健康を「予定通り維持する」「それほど阻害しない」設計のフードを、船便で輸送するのがリーズナブルな程度の製品に仕上げるには、原料工程その他いろいろと経済的最適化を含めメーカーは最大限の努力を払うわけです。(続きます
  • Drunken45rpm @mkvet 2013-07-28 23:17:56
    @youbonez 一方で、消費者がどうぶつの食べものに対してどれほど「金離れがいいか」ということも、企業としては注意を払うべきポイントであるわけです。(続きます
  • Drunken45rpm @mkvet 2013-07-28 23:19:31
    @youbonez つまり、メーカー側からは「安く作り運ぶ」、飼い主側からは「安く買う」「どうぶつが健康を維持できる」といういろんなパラメータを満足する商品だけが生き残れるということになります。(続きます
  • Drunken45rpm @mkvet 2013-07-28 23:20:34
    @youbonez そのようなぎりぎりのせめぎあいの中で、「15年食べ続けると何かあるかもね」的な添加物を採用するのに、メーカーはなんのためらいもないと考えられます。(続きます
  • Drunken45rpm @mkvet 2013-07-28 23:22:02
    @youbonez 15年という時間はひとつのたとえですが、バランスのとれた総合栄養食を、食中毒の心配をせずに給餌できるフードというのは、存在価値があるものだと私は考えています。(続きます
  • Drunken45rpm @mkvet 2013-07-28 23:23:23
    @youbonez 総合栄養食を名乗れる、添加物を使用していないフードもあります。我が国でそういうフードを生産している先駆者のひとつに吉岡油糧があります。(続きます
  • Drunken45rpm @mkvet 2013-07-28 23:24:23
    @youbonez 吉岡油糧をはじめとする無添加フードは、賞味期限が短く、しかも開封後すぐ使い切ることが前提です。もちろんコストパフォーマンスはちょっとアレです。(続きます
  • Drunken45rpm @mkvet 2013-07-28 23:26:15
    @youbonez そのうえで、飼い主としては、何に重きをおいて、どのメーカーのどのフードをどうぶつに食べさせるかについては、自己責任なのです。動物自身の、そしてフードの情報を集めまくり、飼い主さんのライフスタイルや経済力やいろいろの要素を考慮して大事にしていただければ。(終わり
  • Drunken45rpm @mkvet 2013-07-28 23:28:20
    @付きで連投しちゃったな...
  • Drunken45rpm @mkvet 2013-07-28 23:36:01
    心臓と肝臓と関節をわずらっているどうぶつの飼い主さん曰く「薬漬けにしたくない」と。病気漬けにしたのはかいぬしさんではなかろうかと。投薬せずに快適な生活を送ってもらうのは不可能だろうと。

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「ペット」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする