限定公開でまとめを作れば、相互フォローやフォロワー限定でまとめを共有できます!

TPP著作権保護期間延長論頂上決戦=2013.8 最新版=

 TPP交渉参加により、著作権保護期間が現状の著作者死後50年から70年に延長されるという動きがあります。知財法関係者の多くがこの延長論に異議を唱えるなか、我が国における知財法最高権威のひとつである東大先端研(知財法)玉井教授が「(延長は)たいした問題ではない」と発言。  この発言に対し、ツイッターにおける著作権クラスタが猛然と反論。我が国の著作権法はどこへ向かうのか? 玉井教授の真意は? インテリゲンツィアたちのやり取りをお届けします。 【大事なお知らせ】 本「まとめ」にて提案された、玉井克哉先生と福井健策先生の討論会は、2013年11月1日に六本木泉ガーデン13F 「情報通信学会・情報知財研究会」にて実施されました。残念ながら動画中継はされませんでしたが、詳細な発言ログは下記をご参照ください。 続きを読む
法律 玉井克哉 知的財産 津田大介 著作権 TPP 小倉秀夫 福井健策 知財法 白田秀彰 池田信夫
21996view 16コメント
79
発端「著作権保護期間延長の反対論には根拠がない」 TPPでことさらに延長反対を叫ぶものでもない……?
福井健策 FUKUI, Kensaku @fukuikensaku
この今朝の朝日記事、コメントしました。 『文科省幹部は「農業のように譲れない問題ではない。反対の声もあるが、広がりはない」と延長容認の考え』 >朝日新聞:著作権保護延長、#TPP で容認論 死後50年→70年 米の要求受け http://t.co/CMeAeESncU
リンク 朝日新聞デジタル 著作権保護延長、TPPで容認論 死後50年’70年 米の要求受け 【藤井裕介、赤田康和】環太平洋経済連携協定(TPP)で、「著作権の保護期間」を米国などに合わせて作者の死後70年に延長することが検討されている。日本の消費者にとってデメリットも多いが、著作権法を所管
境 真良@GLOCOM&IPA(あーりん推し/芸能人スキャンダルネタ要らない) @sakaima
まー、文化庁は、①欧米に合わせたい、②著作権保護水準を上げるのは善、③体系そのものの見直しは忌避志向、ということで、とどのつまりが潜在的に「延長したい派」ですからね。 >RT
小倉秀夫 @Hideo_Ogura
交渉のカードと言うより、TPPという外圧を借りて、やりたくてもできなかったことをやるという意味合いが強いのではないですかね。RT @shimanamiryo: いずれは切ることになるカードだとしても、えらく早い。交渉全体として代わりに何を得るのか、また著作権法内での相応の手当を注
玉井克哉(Katsuya TAMAI) @tamai1961
反対論に根拠がないですしね。 RT @sakaima: まー、文化庁は、①欧米に合わせたい、②著作権保護水準を上げるのは善、③体系そのものの見直しは忌避志向、ということで、とどのつまりが潜在的に「延長したい派」ですからね。 >RT
小倉秀夫 @Hideo_Ogura
えっ?RT @tamai1961: 反対論に根拠がないですしね。 RT @sakaima: まー、文化庁は、①欧米に合わせたい、②著作権保護水準を上げるのは善、③体系そのものの見直しは忌避志向、ということで、とどのつまりが潜在的に「延長したい派」ですからね。 >RT
Masayuki Hatta @mhatta
@tamai1961 @sakaima 玉井さんは、著作権保護期間延長への反対に根拠が無いというご意見なのですか。
玉井克哉(Katsuya TAMAI) @tamai1961
はい。純粋に国内法の問題だった2006年ごろと包括的通商交渉の一項目となった今回とでは、議論の基盤がまったく違うという認識です。 RT @mhatta: @sakaima 玉井さんは、著作権保護期間延長への反対に根拠が無いというご意見なのですか。
玉井克哉(Katsuya TAMAI) @tamai1961
特定の交渉項目で譲るとその項目について「貿易赤字が増える」なんていうのは、何の根拠にもならないですね。包括的通商交渉の場合。 RT @Hideo_Ogura えっ?RT 反対論に根拠がないですしね。 RT @sakaima: まー、文化庁は、…潜在的に「延長したい派」ですからね。
ロージナ茶会 JK 国立院 旭霜 @RodinaTP
ああ、そういうことか。ある経済の仕組み、ある社会の姿を望ましいと判断されたのだな。@tamai1961 特定の交渉項目で譲るとその項目について「貿易赤字が増える」なんていうのは、何の根拠にもならないですね。包括的通商交渉の場合。
玉井克哉(Katsuya TAMAI) @tamai1961
TPPは、全体としてのプラスを目指す、FTAの一種。特定項目について「貿易赤字が増える」なんて、反対の論拠にならない。 RT @Tuba56 玉井さんの「(著作権期間延長)反対論に根拠がない」という点に異議があるのは分かる RT @hideo_ogura RT @sakaima
玉井克哉(Katsuya TAMAI) @tamai1961
交渉カードとして使うことについての反対論って、ないですよね。純粋な国内法としての延長論に反対していたときの、焼き直しばかりで。議論もオープンでないし。 RT @RodinaTP: ああ、そういうことか。ある経済の仕組み、ある社会の姿を望ましいと判断されたのだな。
玉井克哉(Katsuya TAMAI) @tamai1961
140字では無理なので、いずれまとめて書くか発言しようと思いますが。
小倉秀夫 @Hideo_Ogura
それは反対論の根拠の一つについて的を射ていないという話であって、反対論に根拠がないと言うことにはならないように思いますが。RT @tamai1961: 特定の交渉項目で譲るとその項目について「貿易赤字が増える」なんていうのは、何の根拠にもならないですね。
玉井克哉(Katsuya TAMAI) @tamai1961
もちろん。一つ一つ、全部に根拠がないと思います。さきほどのは一例。 RT @Hideo_Ogura: それは反対論の根拠の一つについて的を射ていないという話であって、反対論に根拠がないと言うことにはならないように思いますが。
玉井克哉(Katsuya TAMAI) @tamai1961
まさに根拠がないですね。 RT @masuda_ko_1 著作権期間延長に反対する理由は…文化の問題だと思います。多国籍の著作権企業が権利をかかえこみ、アメリカの市民も日本の市民もネットでかえ歌を合唱する権利を失う@Tuba56 @Hideo_Ogura @sakaima
玉井克哉(Katsuya TAMAI) @tamai1961
著作権の存続期間が50年から70年に延長されると、合唱ができなくなるのか。文化の程度が下がるのか。アメリカやドイツの友人は大いに合唱しているようだし、文化の程度が下がったとも聞かないが。
玉井克哉(Katsuya TAMAI) @tamai1961
ずっと前にも書きましたが、著作権関係の3項目、即ち保護期間の死後70年への延長、非親告罪化、法定賠償制度は、いずれも大きな問題ではありません。条約の縛りが緩いため弊害がそもそも発生しないか、発生するとしても国内法で除去できるか、あるいは交渉過程でそのようにできるものばかりです。
玉井克哉(Katsuya TAMAI) @tamai1961
なので、保護期間延長をめぐって大騒ぎしている方々には悪いが、大した問題だと思わないので、特に発言はしてきませんでした。「オープン」な議論を標榜している割には、別の考えの小生が意見を求められることもなかったし。
玉井先生の挑戦状「いつでも受けてたちます」
玉井克哉(Katsuya TAMAI) @tamai1961
「オープン」な議論を標榜するんなら、期間延長反対論一色のイベントなんか止めて、小生でも招いて議論したらどうですか。スケジュールさえ都合がつけば、いつでも受けて立ちますよ。
小倉秀夫弁護士vs.玉井克哉先生 保護期間を他国に合わせるとどうなるのか?
S_Imajo @SI_kyotoNH
@tamai1961 @masuda_ko_1 @Tuba56 @Hideo_Ogura @sakaima 流れとたぶん全然違う話ですけど、ネット前提のコミュニティがデフォになる今後の時代の交友関係においてそれ以前の時代の著作権を変えず使い続けるのはどうよな疑問はなんかありますね
玉井克哉(Katsuya TAMAI) @tamai1961
それは大事な視点です。 RT @SI_kyotoNH @masuda_ko_1 @Tuba56 @Hideo_Ogura @sakaima …ネット前提のコミュニティがデフォになる今後の時代の交友関係においてそれ以前の時代の著作権を変えず使い続けるのはどうよ…
残りを読む(110)

コメント

江口秀治 Hideharu Eguchi @hideharus 2013年8月2日
ネット上の論戦は興味深いけれど、反対論はあるが一部にとどまっている、とされてしまうのは、ネットとは縁遠い人たちを巻き込んだ反対になっていないからだよなぁ
たられば @tarareba722 2013年8月2日
まとめを更新しました。福井さんのツイートをふたつ追加しました。このほか「あのツイートも追加してほしい」等、要望がありましたらお申し付けください。検討のうえ対処します。
たられば @tarareba722 2013年8月2日
まとめを更新しました。前書きを少々変更。論者であるインテリたちのツイッターアカウントへのリンクを貼りました。皆さんフォローしましょう。
伊坂一馬 @Ithaca_Chasma 2013年8月2日
玉井教授と両弁護士のやりとりでは玉井教授の論に説得力を感じたものの、最後に一気に白田総統が持ってっちゃった感。「混沌として雑然としたエネルギー」は、放っておくのが一番だよな、と。
超破瓜@椰子教団広報 @super_haka 2013年8月2日
「お」の人、無残だわぁ・・・・・・・
たられば @tarareba722 2013年8月2日
まとめを更新しました。「資料」として朝日新聞の丹治吉順記者がまとめた資料と、その資料について指摘したツイート、さらにその指摘に対する玉井先生の返信を追加しました。ヒーハー。
Tuba56@法律の素人 @Tuba56 2013年8月2日
TPP条約対応として、著作権法に権利失効原則と同等の法律効果を導入させることができるかどうか疑問。アメリカ側が当該原則もTPP条約にセットで盛り込んでいるならともかく、国内法で対応可能だけでは何の担保にもなる気がしない。
水瀬秋(えるマーク付き)【築地継続モード】 @biac_ac 2013年8月2日
賛成論の根拠って何? 交渉カードとして使えるから? / 4月の日米合意ですでに全部丸呑みしてるとしたら、交渉カードにならないよね。 何を得るために切るカードになるというの? 今月のブルネイが楽しみだわ。
たられば @tarareba722 2013年8月2日
まとめを更新しました。「福井弁護士vs.玉井先生(2回戦)」に御両名のツイートを複数追加。とりあえず一段落して、あとは後日実施される(はずの)対談で、という雰囲気です。
たられば @tarareba722 2013年8月2日
なお「玉井教授と福井弁護士がツイッター上で著作権法について意見をぶつけあう」というのは、サッカーでいえば「本田と香川が野っ原でストリートサッカーをはじめる」というような状況です。著作権法に関心ある方は「眼福眼福」とつぶやき勉強させていただきましょう。
木滑由史 @ww_mor 2013年8月3日
文化の程度っていうものが何を表しているのかいまいちわからないですねー。質なのか量なのか他の何かなのか、そこの認識が違えば議論は噛み合わないだろうし。あと、延長した場合としなかった場合にその文化の程度とやらはどちらがより上がる可能性が高いのでしょう? 単純に、下がることより上がることを考えて欲しいなって思うのは私が幼稚だからかもだけどw
たけ爺 @take_ji 2013年8月4日
とりあえず言論アリーナとニコ生に期待したい。津田さん頑張れ
いくた♥️なお/ナマひめアンソロ参加者募集中 @ikutana 2013年8月4日
統一は、最短でやるべきで、むしろアメリカの著作権保護期間を短縮するべきだと思う。
関野武志 @midorikurage 2013年8月5日
そもそも著作権保護期間の延長はTPPよりずっと以前からの問題。それも国家対国家の問題ではなく、著作権者の権利をどの程度保護するか、というクリエイターvs利用者の問題なので、TPPで国の利害が、という文脈とは本来無関係なものです。
たられば @tarareba722 2013年11月8日
【大事なお知らせ】 本「まとめ」にて提案された、玉井克哉先生と福井健策先生の討論会は、2013年11月1日に六本木泉ガーデン13F 「情報通信学会・情報知財研究会」にて実施されました。残念ながら動画中継はされませんでしたが、詳細な発言ログは下記をご参照ください。 http://tarareba7222.hatenablog.com/entry/2013/11/05/153425
伊坂一馬 @Ithaca_Chasma 2013年11月8日
玉井教授と福井弁護士の討論会ログを読みました。上部のコメントでは玉井教授押しでしたが、討論会ログを読んだところ福井弁護士の方に説得力を感じる結果に。併せて考えると、玉井教授の方がTwitterの使い方が上手いのかなという印象です。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする