斎藤環さんの『風立ちぬ』論。

戦闘機よりも〈少女〉を美しく描くこと。これが彼の出した答えだ。もっとも空虚なセクシュアリティでフェティシズムを圧倒すること。すなわち、ロリコンによってファシズムを繰り返し去勢すること。その欲望が宮崎作品の通奏低音をなす。
24
斎藤環 【小林秀雄賞】『心を病んだらいけないの? うつ病社会の処方箋』新潮選書 @pentaxxx

今月のキネマ旬報「映画のまなざし転移」は「風立ちぬ」を取り上げました。十分に書ききれなかったことを何点かツイートしておきます。

2013-08-08 00:06:56
斎藤環 【小林秀雄賞】『心を病んだらいけないの? うつ病社会の処方箋』新潮選書 @pentaxxx

僕は宮崎作品の底流にずっと生命論的ファシズム(造語)の徴候を感じていた。作品の底流にある宮沢賢治やサン・テグジュペリへの共感には、その根底に生命論がある。生命論は、あらゆる現世の仮象は、ただひとつの本質的なもの=生命の発現とみなす。特殊に普遍を観るゲーテの色彩論などが典型。

2013-08-08 00:07:45
斎藤環 【小林秀雄賞】『心を病んだらいけないの? うつ病社会の処方箋』新潮選書 @pentaxxx

賢治においてはたとえば「あらゆるいきもののほんたうの幸福」がそれに該当するだろう。あるいはテグジュペリで言うなら、星の王子が「目に見えない」と主張する「本当のこと」がそれに当たる。

2013-08-08 00:08:06
斎藤環 【小林秀雄賞】『心を病んだらいけないの? うつ病社会の処方箋』新潮選書 @pentaxxx

例えば賢治は次のように書く。「宇宙意志といふうやうなものがあってあらゆる生物をほんたうの幸福にもたらしたいと考へてゐるものかそれとも世界が偶然盲目的なものかといふ所謂信仰と科学とのいづれによって行くべきかといふ場合私はどうしても前者だといふのです。

2013-08-08 00:08:25
斎藤環 【小林秀雄賞】『心を病んだらいけないの? うつ病社会の処方箋』新潮選書 @pentaxxx

すなはち宇宙には実に多くの意識の段階がありその最終のものはあらゆる迷誤をはなれてあらゆる生物を究っきょうの幸福にいたらしめやうとしてゐるといふまあ中学生の考へるやうな点です。(賢治の書簡)

2013-08-08 00:08:46
斎藤環 【小林秀雄賞】『心を病んだらいけないの? うつ病社会の処方箋』新潮選書 @pentaxxx

自分で中2病と突っ込む当たりはなかなか。で、中2病がファシズムへ通底するのは周知の事実。実際、賢治は皇道ファシズムを説いた日蓮主義者・田中智学「國柱会」の熱心な信徒だった。

2013-08-08 00:09:05
斎藤環 【小林秀雄賞】『心を病んだらいけないの? うつ病社会の処方箋』新潮選書 @pentaxxx

危険なのは「ほんとうのこと」の実現が、一切の矛盾や葛藤の消去とともにイメージされること。真善美の理想のもと、技術的に均質化された”健全な社会”こそファシストの楽園。

2013-08-08 00:09:28
斎藤環 【小林秀雄賞】『心を病んだらいけないの? うつ病社会の処方箋』新潮選書 @pentaxxx

もちろん宮崎はそれほどナイーブに理想を語れない。ただ、その爆発的なイメージの横溢と、その混沌を高次元の倫理性に回収しようとする身振りにおいて、物語の背後に「一なるもの=生命」の存在が透けて見える。

2013-08-08 00:10:05
斎藤環 【小林秀雄賞】『心を病んだらいけないの? うつ病社会の処方箋』新潮選書 @pentaxxx

本作ではさらに露骨だ。地響きや戦闘機の轟音をあらわす人声SEに至るまで、いたるところに生命論的徴候が溢れている。

2013-08-08 00:10:17
斎藤環 【小林秀雄賞】『心を病んだらいけないの? うつ病社会の処方箋』新潮選書 @pentaxxx

本作で宮崎アニメとファシズムとの親和性は決定的になった。美の追求者が大量殺戮に荷担してしまう矛盾。美はサバの骨に宿るばかりではない。ユンカースの爆撃機に搭乗して喜ぶ二郎の心は、まちがいなくイタリア未来派と共鳴している。「技術」と「速度」への“信仰”において。

2013-08-08 00:10:54
斎藤環 【小林秀雄賞】『心を病んだらいけないの? うつ病社会の処方箋』新潮選書 @pentaxxx

われわれは宣言する。この世界の壮麗さが、新たな美によっていっそう豊かにされたことを。速度の美だ。巨大な排気筒――爆風のように呼吸する蛇にも似た――を搭載したレーシングカー、機銃掃射をも圧倒するかのように咆哮する自動車は、サモトラケのニケより美しい(マリネッティ「未来派宣言」)

2013-08-08 00:11:48
斎藤環 【小林秀雄賞】『心を病んだらいけないの? うつ病社会の処方箋』新潮選書 @pentaxxx

ちなみに〈メフィストフェレス〉役のカプローニが言う「創造的時間は一〇年」の出典がわからなかったが、未来派宣言に次のようなくだりがあるのは偶然かどうか。「われわれの最も年長なメンバーは三〇歳だ。そう、われわれの事業を達成するには、まだ少なくとも一〇年が残されているのだ」。

2013-08-08 00:12:27
斎藤環 【小林秀雄賞】『心を病んだらいけないの? うつ病社会の処方箋』新潮選書 @pentaxxx

しかし本作で最も美しく描かれるのは、昭和初期の自然でも九試単座戦闘機の雄姿でもない。祝言の晩の菜穂子の姿だ。これはもう戦慄的。僕の”描かれた女性美”の究極は、ながらくフラ・アンジェリコ「受胎告知」のマリアだったが、今後は「風立ちぬ」の菜穂子に確定。

2013-08-08 00:12:59
斎藤環 【小林秀雄賞】『心を病んだらいけないの? うつ病社会の処方箋』新潮選書 @pentaxxx

戦闘機よりも〈少女〉を美しく描くこと。これが彼の出した答えだ。もっとも空虚なセクシュアリティでフェティシズムを圧倒すること。すなわち、ロリコンによってファシズムを繰り返し去勢すること。その欲望が宮崎作品の通奏低音をなす。

2013-08-08 00:13:56
斎藤環 【小林秀雄賞】『心を病んだらいけないの? うつ病社会の処方箋』新潮選書 @pentaxxx

”美”にむけてまっすぐ吹いていた〈風〉は、かくして”美少女の周囲を循環する風”となる。その欲望において決して譲歩しないことが、宮崎さんの倫理なのだと思う。

2013-08-08 00:15:36

コメント

ならづけ @nara_duke 2013年8月10日
ほんとはリベット打ちの車両や飛行機で埋め尽くしたいんだけど、それじゃカネにならんから女の子描いてるだけじゃないのかなあ。
0
miyusuenagachan @miyusuenagachan 2013年8月22日
結局斎藤氏は、丸山真男の徒か。宮台といい、日本の左翼ももう少し進歩しようよ。
0