Togetterアプリでログイン状態が正しく設定されない事象が発生しています。
2013年8月9日

茂木健一郎(@kenichiromogi)さんの連続ツイート第1004回「不適応、いいじゃん!」

脳科学者・茂木健一郎さんの8月9日の連続ツイート。 本日は、今日、走りながら考えていたことです。
11
茂木健一郎 @kenichiromogi

連続ツイート第1004回をお届けします。文章は、その場で即興で書いています。本日は、今日、走りながら考えていたことです。ところで、連続ツイートは、10日、11日と「プチ夏休み」をいただくので、次回は12日です!

2013-08-09 08:37:28
茂木健一郎 @kenichiromogi

ふい(1)人間の認知に関する科学的説明というものは、散文的である。それはどういう意味かというと、大筋においては正しいのだけれども、そこからの私的な跳躍、はみ出しはないということだ。それで、人間の認知の進化を促したのは「適応」への淘汰圧であるという説明も、散文的。

2013-08-09 08:38:48
茂木健一郎 @kenichiromogi

ふい(2)知性が進化してきたのはなぜか、という問いに対する科学の答えは、「環境への適応」ということになるだろう。ここに言う環境とは、「自然環境」も含まれるし、人間がつくる社会も含まれる。知性が高いほど、環境にも適応できる、という話に、大筋ではなる。

2013-08-09 08:40:26
茂木健一郎 @kenichiromogi

ふい(3)環境に適応できる人は、それだけ多くの生きるリソースを自分に集めることができるし、繁殖のためのよい伴侶も得ることができ、結果として子孫も残すことができる。大筋で言えばこのようなストーリーが生物学の基本原則だけれども、正直言って、どこかつまらないよね。

2013-08-09 08:41:29
茂木健一郎 @kenichiromogi

ふい(4)最近流行りの「新自由主義」的な考え方も同様。市場で、みんなが知恵を尽くして競い合う。その中で、すぐれた商品やサービス、ビジネス・モデルを提出した人が「勝者」となり、経済的な見返りを得る。敗者、弱者は適応できなかったのだから、ある程度の不利益は仕方がない。そんな考え方。

2013-08-09 08:43:00
茂木健一郎 @kenichiromogi

ふい(5)進化論の「適者生存」も、新自由主義における市場における競争でも、やっかいなのは、それが大筋において「正しい」ということ。しかし、それは例外が存在しないということを意味するのでもないし、不適応の人が価値がない、ということでもない。そこを勘違いしてはいけない。

2013-08-09 08:44:21
茂木健一郎 @kenichiromogi

ふい(6)ぼくがこの問題を深刻に考えるきっかけは、最近、私の知る極めて賢い人のことを考えていた時のことだった。その人は、どうも社会に不適応だ。なんだ、本当に賢いと、不適応になるんじゃん、と思った。ここで言う賢さには、誠実さや、深さや、かけがえのない個性を含む。

2013-08-09 08:45:40
茂木健一郎 @kenichiromogi

ふい(7)小学校や中学校の時に学校に通えなくなったり、会社で回りとうまくいかなかったり、そもそも仕事してなかったり、彼女いなかったり、彼氏いなかったり、不適応な人の中には、とても面白い何かが潜んでいる。一方、適応している人の中には、小賢しさを感じることもある。

2013-08-09 08:46:57
茂木健一郎 @kenichiromogi

ふい(8)ぼく自身も複雑な事例。ある意味では世間に適応していると言えるのだろうけど、一方で、肝心な部分で不適応だったりする。そして、自身をふり返って改めて思うことは、適応しているところもいいけれども、不適応な部分の中に、自分にとって大切なことが含まれているということだ。

2013-08-09 08:47:57
茂木健一郎 @kenichiromogi

ふい(9)適応することや、市場における競争を否定しているわけではない。それは実際的には大切なことだし、そのための努力は尊い。一方、適応できたからといって天狗になっちゃいけないし、不適応もそれはそれで素晴らしい。このツイートは、不適応な人、あなたの中の不適応へのエールです。

2013-08-09 08:49:49
茂木健一郎 @kenichiromogi

以上、連続ツイート第1004回「不適応、いいじゃん!」でした。

2013-08-09 08:50:08

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?