「生まれながらの差別」に鈍感な日本社会 - 「自分の子どもさえ良ければ」を乗り越えられるか

「奨学金問題対策全国会議」の共同代表をされている大内裕和・中京大学教授の論稿を紹介
88
国公一般 @kokkoippan

「生まれながらの差別」に鈍感な日本社会 - 「自分の子どもさえ良ければ」を乗り越えられるか http://t.co/pCZ1a2F123 「奨学金問題対策全国会議」の共同代表をされている大内裕和・中京大学教授の論稿を紹介

2013-08-30 13:44:13
国公一般 @kokkoippan

奨学金返済滞納者の増加に対して、「借りた金を返すのが当たり前だ」という「自己責任」を強調する意見がよく出される。特にネットに多い。しかし、これは重大な誤りを含んだ意見であると思う。 http://t.co/pCZ1a2F123

2013-08-30 13:45:18
国公一般 @kokkoippan

現在までのところ、日本では大学の学費や「親負担」が原則となっている。ということは、大学の学費や奨学金について、学生が「自分で何とかする」=「自己責任」の領域として扱うのは不適当である。 http://t.co/pCZ1a2F123

2013-08-30 13:45:56
国公一般 @kokkoippan

なぜなら「奨学金を借りる」要因のほとんどは、本人にではなく「親の経済力」にあるからだ。多額の奨学金を借りる理由は本人にではなく親の経済力が不足していることに原因があるのだから、それを学生本人が返すのが「自己責任」だと言い切れるだろうか http://t.co/pCZ1a2F123

2013-08-30 13:47:02
国公一般 @kokkoippan

逆に言えば、「奨学金を借りない」学生は、本人が「借りない努力」をしたわけではなく、「親の経済力」にめぐまれていたからにすぎない。彼らだけが卒業後に苦労しない「特権」を手にしてよいのだろうか。 http://t.co/pCZ1a2F123

2013-08-30 13:47:50
国公一般 @kokkoippan

奨学金返済困難の理不尽さは、「経済力のある親」の子どもは苦労せず、「経済力のない親」の子どもは苦労強いられる「格差」にある。 http://t.co/pCZ1a2F123

2013-08-30 13:48:24
国公一般 @kokkoippan

私立大学の学生が奨学金制度の改善を求めるデモに参加したことに対して、「そんなにお金がないなら国立大学に行け」という書きこみが大量にあった。 http://t.co/pCZ1a2F123

2013-08-30 13:49:07
国公一般 @kokkoippan

しかしそこには、私立大学よりも入学難易度の高い国立大学には、塾などの学校外教育費を支払える「相対的に」豊かな家庭の出身者が入学しやすいという事実への認識が欠落している。 http://t.co/pCZ1a2F123

2013-08-30 13:49:52
国公一般 @kokkoippan

大学入学は努力だけで決まるのではない。努力を支える家庭の「経済資本」や「文化資本」が大きな影響を与えていることは、これまでの教育研究が余すところなく明らかにしている。 http://t.co/pCZ1a2F123

2013-08-30 13:50:27
国公一般 @kokkoippan

「日本は資本主義の国だから、格差があるのは当然だ」という書きこみも、論点をはずしている。奨学金を充実することは「結果の平等」を求めるものではなく、「教育機会の均等」→「スタートの平等」につながるからだ。 http://t.co/pCZ1a2F123

2013-08-30 13:51:03
国公一般 @kokkoippan

壁となっているのは社会に蔓延する「教育の私費負担」と「努力主義」の弊害だ。1970年代から約40年間、学費が高くなって長い時間がたち、塾や予備校などの学校外教育機関に「私費」を投じることが当たり前になった http://t.co/pCZ1a2F123

2013-08-30 13:52:17
国公一般 @kokkoippan

そのことによって、教育費を家計が負担するということが、「親の経済力によって子どもの受ける教育の質が異なる」→「生まれながらの差別」という根本的な不公正を生んでいることが見えなくなっている。 http://t.co/pCZ1a2F123

2013-08-30 13:52:58
国公一般 @kokkoippan

戦後経済成長を支えてきた「努力すれば何とかなる」という努力主義が、努力しようと思ってもできない「不平等」や「不公正」を見えなくさせている。努力することは確かに美徳だ。 http://t.co/pCZ1a2F123

2013-08-30 13:53:38
国公一般 @kokkoippan

しかしそれが努力を支える条件への視点を欠落させた「努力主義」となった時、新自由主義の「自己責任」を無批判に受容するイデオロギーとなってしまう。 http://t.co/pCZ1a2F123

2013-08-30 13:54:05
国公一般 @kokkoippan

奨学金の運動を広げることで、教育への「私費負担主義」と「努力主義」の問題性を明らかにし、「生まれながらの差別」に鈍感な社会を変えて行きたい。 http://t.co/pCZ1a2F123

2013-08-30 13:54:33
国公一般 @kokkoippan

◆「自分の子どもさえ良ければ」を乗り越えられるか◆急速な授業料の上昇と奨学金の有利子化の背景には、「教育への公的支出の抑制」がある。 http://t.co/pCZ1a2F123

2013-08-30 13:55:30
国公一般 @kokkoippan

大学の費用については、1980年頃までは「公的支出>家計負担」であったのが、1980年代前半から「公的支出<家計負担」となり、2000年以降は家計負担が公的支出の約2倍となっている。 http://t.co/pCZ1a2F123

2013-08-30 13:56:00
国公一般 @kokkoippan

そのため、子どもが大学生の家庭では、その期間は貯蓄率がマイナスになるデータが出ている。子どもが小さい時にせっせと貯金をして(あるいは学資ローンを組んで)、大学入学後にその貯蓄を取り崩すのが、日本の家族の平均像である。 http://t.co/pCZ1a2F123

2013-08-30 13:56:34
国公一般 @kokkoippan

これほど膨大な家計負担になっているにも関わらず、教育に投入する税金を増額すべきだという議論は、なかなか盛り上がらない。 http://t.co/pCZ1a2F123

2013-08-30 13:57:42
国公一般 @kokkoippan

税金を活用して「すべての子どもに教育機会を」と考えるのではなく、なるべく税金を減らして、自分の子どものためだけにお金を使いたいと考えている親が多いからだ。 http://t.co/pCZ1a2F123

2013-08-30 13:58:15
国公一般 @kokkoippan

「教育熱心な家庭」というが、それは「自分の子どもさえ良ければ」=「自己チュー」を意味していることが多い。こんな「自己チュー」社会をもたらした最大の責任は、教育予算を削減してきた政府・財界支配層にある。 http://t.co/pCZ1a2F123

2013-08-30 13:59:01
国公一般 @kokkoippan

しかし、その一方で「自分の子どもさえ良ければ」と子どもの学費や塾代には関心をもっていても、政府の教育予算には関心をもたなかった私たち一人ひとりのあり方も問われているのではないだろうか。 http://t.co/pCZ1a2F123

2013-08-30 13:59:35
国公一般 @kokkoippan

有利子奨学金の無利子化や給付型奨学金の導入のためには、教育への税金投入の増加が絶対に必要だ。教育予算を削減してきた政府・財界支配層への批判を行うと同時に「自分の子どもさえ良ければ」を私たちが乗り越えられるかどうかが課題だと思う。 http://t.co/pCZ1a2F123

2013-08-30 14:00:02

コメント

とげとげ @togetoge10 2013年8月30日
返済不要の奨学金が受けられないなら、あきらめて働けばいいんじゃないでしょうか。
21
w o r l d e e / H. L. L E E @hyolee2 2013年8月30日
国立でも授業料は55万円を超える
1
でき🌂 @dekijp 2013年8月30日
親の給与格差は格差の元である。コレは共産主義の発想ですな。んで、共産主義的な解決として、親の給与を均一化した。と
1
シータ @Perfect_Insider 2013年8月30日
とりあえず「国立は入るのは難しい」は旧帝大とか限定。偏差値50前後の国立大は多数あるhttp://daigakujyuken.boy.jp/zennkokukokkouritudaigaku2.htmlし、偏差値が50に届かない人は塾以前に学校の勉強をきちんとすべき。旧帝大に限っても、塾・家庭教師を使わずに東大に入った人間を何人も知っている。
7
シータ @Perfect_Insider 2013年8月30日
子供の学力には、教育投資額以上に親や周囲の文化・知的レベルは大いに影響する。しかしこれを統制するのは実質不可能。ここがいじれない以上、少なくとも国立は授業料免除等もあるので、高校までの段階で「水準の高い公立中高」を全国に多数作るのが暫定策か。
0
シータ @Perfect_Insider 2013年8月30日
ちなみに、大学教育への補助が国民の支持を得にくい理由の一つには、そもそも国民の半分が大学には行かないというのがあるだろう。高卒の方が経済的に困窮していることが多いので、自分たちに恩恵の全くない教育投資は指示されにくく、政治家もそれを言い出しにくい。自分自身はこういうループは望ましいとは思わないが。
1
Assume @_Assume_ 2013年8月30日
とは言うもののFラン文系私大に転がり込んだ挙げ句、大学出たのにワーカーしか職を選べない #穀潰し 層に公費が費やされる批判として公的支出が絞られてきた面がまるで無視されてるのも、ちといびつな議論だな。
3
Assume @_Assume_ 2013年8月30日
と言う自分も、ん十年前に #国営学生ローン から借金してひーひー言いながらバイト三昧で学校出たんで、中堅メーカーにしか入れなかったといえばその通りなんで、現役学生と貸与奨学金の残債に苦しんでる大人にカネばら撒けという立場ではある。
3
保下 多良央(たろう) @Bacalhau5 2013年8月30日
元記事よんだが、錯乱してないか?この人。格差と差別の区別が付かない、現行制度と契約遵守義務をすり替える、等々。自分の妄想が世界の全て、って思い込める事こそ「自己チュー」じゃないのw?
1
みこみこ @mikoto_1009 2013年8月30日
そもそも大学教育は国民全員に必要ない。高校教育だって、中学の補習みたいになってる低レベ高が必要かは疑問。そういう前提の上で、「自分が大学行きたくて借りた金」は返せよ。国が負担すべき才能には、正規の「奨学金」枠がちゃんとある、「借金」枠じゃなくな。
24
A Programmer living somewhere @mzch 2013年8月30日
大学教育が国民全員に必要ないかどうかは中等教育がどれだけ充実しているかによるから一概には言えない。それに、機会の平等を求める声に諦めろというのは資本主義ではない。ただの身分制社会追認だ。そんな連中がともすれば官僚バッシングしてたりするから笑える。
30
AQN@ヮ<)ノ◆ @aqn_ 2013年8月30日
mikoto_1009 確かに大学教育は国民全員に必要ないけど、学歴は必要だけど斜金枠じゃない奨学金が受けられない層は非常に多い。
2
  @tsnzt 2013年8月30日
現状公務員の例を見るに、ある程度の賃金水準で無難に働く為には最低高卒程度の学力が求められていると感じる。 大学は研究者の為、その間口を広く取るための教育機関であって働くことには必ずしも必要ではない。 実は職業選択に直結している高校選択の場において、無償化が進んでいる現状で機会均等を論ずるのであれば、中学時の将来設計に力を入れるべきと感じる。
4
犀賀@ヒマジン @saiga1268 2013年8月30日
上のコメントにもあるように学力云々なら中学高校までの支援の話だと思う。 失礼ながら、子供が減ってきて大学の収入が減ってきている?から、お金が無い人も援助して志願者の窓口広げてくれみたいな話かなと思った。
0
ぷにけつ @puniketsu 2013年8月30日
教育格差の連鎖問題って、高等教育の無償化や奨学金での進学支援の前に、小中学生のときにいろんな価値観や立場の大人に影響受けさせる必要あると思う。低学歴低所得世帯の子供こそ特に。ゆとり教育に若干かすった世代だけど、地域の大人から文化てきなこと学べる授業あってすごくためになったなぁ。
1
雑草スレイヤー@自宅 @gc_cic 2013年8月30日
「機会の平等」が成り立たないと、資本主義は成り立たないのですが…
23
だれぱんだ @darepanda007 2013年8月31日
意欲と能力のある若者全てに高等教育の機会が与えられるべき。 その理想を実現すべく、日本には放送大学という素晴らしい大学が存在する 入試はなし。授業料も激安。自分のペースで学べる。 働きながら学べる。 正規学生じゃなくてもいいなら、実は高校生でも放送大学の科目履修生になれる テレビやラジオを視聴するだけじゃない、全国に拠点があり、スクーリングもやってる 完璧じゃないか? なのに、若者は放送大学に見向きもしない。
16
だれぱんだ @darepanda007 2013年8月31日
奨学金ってのは、確かに本来は給付であるべき。 だが、そういう本当の奨学金ってのは、本当に将来の見込みがある若者に与えるべき。 猫も杓子にも奨学金を与えるなんて、無駄だし、そもそも無理! だから、全国一律の学力テストで一定上の点数をとった学生にだけ、奨学金を給付すれば良い。 成績が悪いし、何のために、どんな学問を学ぶのかすら明確に回答できない学生は、借金するなり、一度社会に出て、自分で学費稼いでから進学すべし。 単に趣味で大学行きたいんなら、放送大学で十分。
19
きりしまにしぐち@提督稼業絶賛放置ちう! @kirishima2813 2013年8月31日
一億総全入「高等教育」が当たり前の風潮になっている事の方が可笑しい。日本における「学歴重視社会」の弊害がこんなところにも。その前の「義務教育機関内」に、進学を含めた進路の自己選択とそれに伴う「責任」を教える方が先決ではないか?と
5
やおこかあちゃん @yaoco805 2013年8月31日
人間は本来不平等なものだよ。みんな生まれもったカードで勝負するしかない。でも意欲と能力のある学生を金銭面でサポートするための制度はちゃんとあるのがこの国の教育の素晴らしいところ。大学に行ってまで本気で学びたいことがあるなら、支払い免除が取れるように
2
BT_BOMBER @BT_BOMBER 2013年8月31日
これを貼れと言われた気がした。特に3ページ目(要会員登録) http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20100924/216357/
0
BT_BOMBER @BT_BOMBER 2013年8月31日
以前会社に中途で入ってきた高専卒の超優秀な技術者がいたけど、元の会社を辞めた理由は「自分の方が技術が上で教える立場なのに大卒後輩の方が給料が良くて馬鹿馬鹿しくなった」だった。
21
BT_BOMBER @BT_BOMBER 2013年8月31日
生涯賃金を見ても早く働くよりも学歴を付けた方が稼げる。この状況で「借金嫌なら働け」と言われても、とは思う。
37
げそぱん @gespannt_ 2013年8月31日
機会の平等を担保するのは義務教育である中学校までで充分。もっといえば、頑張るだけでほめてもらえるのは小学生までで充分。
1
ひろ@猫もふ欠乏症 @hiro_h 2013年8月31日
むしろ、この結果みんなでどれだけ損してるか考えよう、といってみる。// 年々とれなくなる漁業といいコレといい、共有地の悲劇が色々起きてそう。
2
みながわ あおい @Minagawa_Aoi 2013年9月1日
Fランク大学を出ても中卒レベルの学力しか得られないと思われる人たちが、もし中卒で社会に出ていたらその人たちの学力はどうなっちゃうんでしょうね。
1
pker はやし @hayashi_TENTEN 2013年9月1日
高専は仮に高校に進学して同程度の学力を維持できればMARCHや駅弁くらいには通れるレベルなんだから、そういうこともあって専攻科や他大学院へ行くやつもかなりいるわけだ。まあ中学卒業後、5年の専門教育を施すというコンセプト自体が破綻してるわけですな。
0
Y.Taki @sfj_rsk 2013年9月1日
夜間学部に通うって選択肢もあるけど。学費安い上に昼間の授業を受けることも可能。
0
げっ歯類子 @296_1192 2013年9月1日
友人で昼間は郵便局の窓口(当時は郵政Aだった)で働き、公立の夜間大学に通って、現在は教師をやってる友人居るけれどね。本当に目的のある人は、強固な意思で乗り越えて行くんだと思うよ。
1
Y.Taki @sfj_rsk 2013年9月1日
[c1215970] 確かに、最近では夜学は廃止・縮小が多いし、社会的な評価が同一ではないと思います。でも学ぶ意欲ある学生には持って来いだと思います。負担は学費稼ぐ必要があるから多少は仕方ないと思いますが、履修計画次第でいくらでも学べるって考えれば夜学はメリット大です
0
げっ歯類子 @296_1192 2013年9月1日
@sir43k 言われると思ったけれどw その友人は家自体は裕福だよ。女性に大学教育は要らないという前時代的な毒親からの独立の為だったんだよ。貧困が全部原因っていうのも視野狭窄だよ。
1
☪️H.Sasamoto(群)🦄 ⋈:外出再開 @sasa_mocchi 2013年9月1日
「有能な若者が家庭環境によって高等教育を受けられないことが、数十年後の国家にとって損失である」という認識がありますか?教育に対するコストは、誰が払うべきでしょうか?各個人の問題でなく、国家全体の問題として考える視点がコメントからも欠如していませんか?
17
Yukko @yukko_yama 2013年9月1日
うちのダンナ、大学時代は新聞配って奨学金をもらっていた。バイトして生活費も稼いだ。 それでも、親が生活費と事業費に使うために、市と府と国すべての奨学金機構から奨学金を借りさせまくって、今まだ返している。結婚した時は600万の奨学金の残りがあった。これでも本人の努力がどうとかだったら進学せずに働けとか言う問題なの?
11
pker はやし @hayashi_TENTEN 2013年9月1日
そりゃ、奨学金の年利が低いのが最大の理由だろ。大学進学にかこつけて借りまくったっていう話。
2
箸呂院マジチキ@note @kairidei 2013年9月1日
テーマには賛同したいところだけど、差別という言葉は不適切かもね。この細かい言葉遣いを蔑ろにすると多くの人は話をすべて聞く前に拒絶すると思う。
8
内藤龍一 @knight10dragon1 2013年9月1日
このまとめ主はいつも架空の差別を作り出している。架空の差別を作り出すって事は誰かが加害者にされるって事だ。この件にしても「借りたものを返すのが当たり前」という常識を述べている一般人が加害者にされている。国の税金を使い国民を傷つける労働組合って一体なんだ?「国家公務員一般労働組合」に不信感を抱かずにいられない。この方達が国民のために仕事している姿がまるで想像できない。
6
Yukko @yukko_yama 2013年9月1日
ちなみに、無利息で借りられたから義母もガンガン借りたのだろう。確かにハンコを押したのは旦那だ。でも、母親から金が無いから頼むと言われたら断れないよ。せめて、奨学金は本人口座に振込とかではなく、学費として学校に直接納入とかにしてほしい。もちろん義母は一銭たりとも返して無い。
4
pker はやし @hayashi_TENTEN 2013年9月1日
結局、生活費等として奨学金を口座振込みしなくちゃならんことになるんだから、やる必要性を全然感じない。事務手続きもきわめて煩雑になるしな。
2
ゆ〜たん @Iutach 2013年9月1日
生活保護問題と似た様なコメントが並ぶ。奨学金は既に事実上その役を果たしてないけど、もしそうでなかったら片山さつきあたりがほくほくしながら「生活保護の次は奨学金」って言い出しそうだ。
10
spy @Sp2er1 2013年9月2日
夜間大学?「夜学クソワロタwwwwwwwwwww低学歴乙wwwwwwwwwそんな低能うちには要りませんwwwwwww」とか「残業終わり=既に講義終了」とかどうにかする方が先だろ
7
spy @Sp2er1 2013年9月2日
あと急に高卒増やしても完全失業者とニート増やすだけだ。募集最低条件にすら達しないからな
1
kawonasi @kawonasi4989 2013年9月2日
中国人の留学生に学資金を無料給付するよりも優秀でやる気のある日本人の大学生に学資金を給付すべき
6
nekotama @nekotama00 2013年9月2日
で、実際中卒・高卒で働いて、結婚して子供を育てて、それなりに趣味を楽しんで(文化的な生活を送って)、老後の貯蓄も貯められるほどお給料貰えるの?身分保障があるの?無いじゃん。だから無理をしてでも大学に行くしかないという現状があるのに、そこで「学校行くな働け」と言うのは非常に無責任。
17
万打無 @mandam111 2013年9月2日
こういう「差別を解決するために動くオレ」のために差別をこしらえる奴って役に立たないどころか害悪でしかない。
1
@izanamu 2013年9月2日
こうやって僅かに残った希望の灯も愛国者共の自慰のために擦り潰されていくのだな…。
10
pker はやし @hayashi_TENTEN 2013年9月2日
俺としては経済苦だとしてもMARCHや国公立に受かる学力があるんだったら、1種を借りていったほうがいいんじゃねえのとは思ってるけど、それより下の学力水準の奴らへの税金をつぎ込むのは反対。国公立の学費無償化は中堅レベルの難化を引き起こして、結局独学での合格は難しいというを引き起こすのではないかと考えるから反対。現状制度で何とかなるだろっていうこと。
1
nekosencho @Neko_Sencho 2013年9月2日
民主主義国家の行く末ってのは、国民の教育レベルで決まるからなあ。もちろん低学歴でも賢明な人はいるけど、学びたい人で経済的に苦しいなら、何らかの適切な援助はもたらされるべき
10
内藤龍一 @knight10dragon1 2013年9月2日
nekoさんの発言につけくわえるなら今の日本は経済的に苦しくとも、適切な援助で学ぶ事のできる制度が整っている。しかし「適切な援助よりもさらに上の援助」を望むのならスポーツ選手たちと同様に相応の努力と結果を出さなければならない。努力と結果を省いて援助だけを与え続けた民主主義国家はすべて破綻している。教育できる環境すらなくなる。
0
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2013年9月2日
高卒で会社起こして大成する人もいれば、大卒でも就職失敗して極潰しなんて例も少なくないし、雇う企業側が高卒と大卒を区別するシステムを変更しない限り、根本的な問題としてはどうしようもないかと。
1
内藤龍一 @knight10dragon1 2013年9月2日
[c1217435] 日本の国の話をしてくれ
0
内藤龍一 @knight10dragon1 2013年9月2日
[c1217435] ついでに一言。日本人に対して執拗に嫌がらせを繰り返すのはやめてくれ。   http://togetter.com/id/sir43k  
0
内藤龍一 @knight10dragon1 2013年9月2日
[c1217508] そうだな。何度見ても適切な援助だな。ほとんどの大学の授業料を考えても当然だろうな。大学進学者を盗人にさせるような制度にはできないからな。 http://www.jasso.go.jp/saiyou/daigaku.html で、学資ローンが適切な援助になってない国はどこだ?日本ではないようだが。
0
内藤龍一 @knight10dragon1 2013年9月2日
sir43kさん。大学進学者を盗人にしてしまうような過剰な援助をしろと言うのなら、あなた自身の金で援助してやれ。
0
pker はやし @hayashi_TENTEN 2013年9月2日
生まれながらの差別に鈍感というが、公立小で生徒全員に対し、力の5000題を使うような高難易度でかつ質が高い授業をしようとしたところでほとんどの生徒はついていけないだろ。一人や二人の限られた秀才を発掘するのにはいいのかもしれないけどな。
0
hase_zzz....zz... @hase_zzz 2013年9月2日
knight10dragon1 参考に、その破綻した民主主義国家を挙げてもらえませんか? 全てというほど多くの例があるとは知りませんでした。
1
富士宮 星哉 @Wishhome 2013年9月2日
すみませんが、返済の必要のない「給付型奨学金」の存在を思い出してください。全てが全て「返済義務の生じる奨学金」ではありません
0
☪️H.Sasamoto(群)🦄 ⋈:外出再開 @sasa_mocchi 2013年9月2日
現在の大学教育のあり方と、奨学制度は別に考えないといけないでしょうね。高等教育を受けるに値する若者には、授業料全額国費支給でも構わないと思っています。ただし2つの線引きが必要で、どこからを高等教育と見なすかと、どこからを高等教育を受けるに値する、と見なすか。
1
☪️H.Sasamoto(群)🦄 ⋈:外出再開 @sasa_mocchi 2013年9月2日
[c1217809] 教育を受ける側の区分け方法としては、現状の「入試」はよく出来た手法なのではないかと思います。
0
☪️H.Sasamoto(群)🦄 ⋈:外出再開 @sasa_mocchi 2013年9月2日
自分がコメントしてから、結局この視点に触れている人が少ないことがコメ欄のレベルを疑われても仕方ない話。「教育とは誰のためのものか。明日の国家を支えるのは、若者でなく誰なのか。この国が世界で競争力を保つには、どのような教育が必要か?」教育に税金を掛ける意味を少し考え直したほうが良いのではないか?
1
塩こんぶ @shio_kon_bu 2013年9月3日
機会均等のために大学を無償化するという方向は賛成。ただ、大学の数は半分ぐらいにすることが前提。教育の機会均等はあくまで能力に応じて保障すると憲法に書かれているので、学力の伴わない生徒にまで高等教育を保障する根拠はない。
0
内藤龍一 @knight10dragon1 2013年9月3日
[c1217775] そうだな、今の制度なら正当だろう。しかし、あなたの望む制度にすれば彼らは盗人になる。私達は彼らが盗人になる事を望まない。ですので、彼らが盗人扱いされぬようあなたが援助すればよろしい。
0
内藤龍一 @knight10dragon1 2013年9月3日
hase_zzz 近年ではギリシャ。それに彼の望む制度の内容では例を示さずとも破綻するのは明らかである。本来なら答える必要のない質問をしないでもらいたい。再三言うが進学者を盗人扱いされるような過剰な制度を望むなら、彼らが盗人と呼ばれぬようにあなたが援助すればよろしい。努力せずに何もかも得られる世の中になれば破綻するだけでなく、その前に一部の人だけが苦しみを背負い続ける事も忘れてはならない。
0
内藤龍一 @knight10dragon1 2013年9月3日
援助される金は空から降っては来ない。その金は先人達が努力の末に国に収めた金。しかし、人より貧しくても進学をあきらめないでいられるよう日本の制度はできている。しかしsir43kさんが言うように何の努力も必要とせず今以上の過剰な援助を望むのなら、今働いてる人達がさらに苦しむ事になり、進学した人達もいずれ苦しみ貧困にあえぐ事になる。それでも彼らに対し過剰な支援を要求するのであれば、自分達の稼いだお金を使い、支援してやるべき。いや、支援しなければならないだろう。でなければタカリ行為と何ら変わりない。
0
たちがみ @tachigamiSama 2013年9月3日
身内最優先って日本独特の感覚なの?ていうか他を踏み台にしているわけでもなし問題あるんか
1
たちがみ @tachigamiSama 2013年9月3日
教育への予算を増やすのは個人的には賛成するが、「教育」というレベルに達しているか怪しい私学や就学中に問題おこした学生は援助打ち切りという方向にして欲しいなぁ
1
内藤龍一 @knight10dragon1 2013年9月3日
[c1218580] 援助を受けた当人でもないのに、援助にならないと独断で決めてしまうほどの傲慢な人間なのか。ならば、あなた自身の現金で困っている人を援助してやるといい。貧しい人ほど奨学金のローンに消極的になるというが、必然的に比較的貧しい人ばかりにアンケートを取る事になる。それに、援助を受ける際に消極的にならない人間がいるとすれば計画性がなさすぎる。将来を考える上で援助に対して慎重にならないのならただの馬鹿だ。アンケのタイトルで人を騙すような事しかできんのかお前は…
0
内藤龍一 @knight10dragon1 2013年9月3日
[c1218580] 答えてくれ。奨学金の学資ローンを受けた人間を研究してるのはどこだ?プライバシーの侵害にしても酷すぎる。しかも必然的に答えが決まっているアンケートを取り、人の思考の洗脳に使う。奨学金はそんな最低の人間の商売道具に使われるものではない。
0
内藤龍一 @knight10dragon1 2013年9月3日
貧しい人達が大半を占めるであろう学資ローン利用に対し「貧しい人ほど奨学金という名の学資ローンに消極的になる」  ふざけるな。進学を考えるような人間はお金を借り入れる事に対して慎重になるのは当たり前だ。進学を真剣に考えている人達をばかにするのもいい加減にしろ。
0
hase_zzz....zz... @hase_zzz 2013年9月4日
knight10dragon1 それは「努力と結果を省いて援助だけを与え続けて」破綻した民主主義国家の例にはなっていませんね。「全て」と言いつつ出てきた例がこれだから他も推して知るべしか。
3
hase_zzz....zz... @hase_zzz 2013年9月4日
「機会の平等が確保されるべし」といっているのに対して「努力せずに何もかも得られる」ってのは話がかみ合っていないとしか言いようがない。「進学者を盗人扱い」ってのもナニを指して言っているのか、藁人形論法が酷すぎる。結局「差別」を持ち出す人を脊髄反射的に叩いているだけっぽいですね。
6
pker はやし @hayashi_TENTEN 2013年9月4日
機会の平等を確保するということは、公立においても小学校の段階から学力に応じたクラス分けでもするのかという話にもなってくるんだけど。ただただ機会の平等と壊れた機械みたいに騒がれても困る
1
匿名の群衆のひとりであるツブ田 @tubutatakio 2013年9月4日
逆に、「生まれながらに差別」に敏感な社会ってどこですか?
2
内藤龍一 @knight10dragon1 2013年9月4日
hase_zzz [c1218948] あなた方の望む過剰な援助制度では援助を受ける人間は盗人同然だろう。何度も言っている事だが、過剰な援助をしたいのであれば、あなた方の資金で好きにやればいい。そしてsir43kさん。援助を受けるに対して慎重になるのは当たり前の事だ。いい加減に「低所得者だからに違いない」と言った願望や無意味で作為的なデータを持ち込むのはやめてくれ。進学をしたいと思ってる方は盗人同然の過剰な援助なぞ望んでいない。数年かかっても借りた物は返す常識的でモラルのある方々だ。
0
内藤龍一 @knight10dragon1 2013年9月4日
私達は進学を志している人達を「借りた者さえ返さないような盗人」と言われるような汚名を背負って欲しくはない。だから過剰過ぎる援助は望まない。それでも援助したいのであれば、彼らが盗人と呼ばれぬよう「あなた方の資金」で援助してやればよろしい。
0
内藤龍一 @knight10dragon1 2013年9月4日
[c1219689] 彼らが盗人と呼ばれぬよう「あなた方の資金」で援助してやればよろしい。そして、あなた方が彼らに対して援助する事を誰も止めはしない。作為的で無意味で情報価値のないデータを見せつけている暇があるなら彼らが盗人と呼ばれぬよう「あなた方の資金」で援助してやればよろしい。
0
ケイ @qquq3gf9k 2013年9月4日
『大学に進学することを見据えた上でお金をためる』行為をしなかった自業自得なだけ。お金と学力があれば通えるのなら素晴らしいくらいに平等だよ。
1
pker はやし @hayashi_TENTEN 2013年9月5日
@kokkoippan 学力が高いが裕福ではない小学生が、教育費用の関係で落ちぶれていくというのを阻害するにはギフテッド教育や飛び級制度の創設、優秀な生徒を対象として塾へ授業を依頼するという方向に持っていくしかないと思うんですけれど、組合さんとしてはどうお考えでしょうか。
0
PlatoonLeader @442ndCombatTeam 2013年9月5日
日本学生支援機構が収益を上げる事は、悪いことなのかなぁ? 収益がなきゃ設備更新もできないし、何より赤字じゃ税金を補填しなけりゃならない気がするが。
1
高村武義 #WalkAway ”返信は引用ツイートで返します” @tk_takamura 2013年9月5日
"欧米各国の奨学金制度と日本の現状" http://suzukan.net/03report/syougakukin_ronbun.html 多くの国が奨学金は返済義務を有しているが、返済額が低くすむように工夫されている。例えばドイツは給付を受けた金額の半額を返却すればよい上、返還する半額も無利子貸。オーストラリアは卒業後の年収に応じて税方式で返還する。もちろん失業したら免除される。また各国とも授業料が安いのが特徴(イギリスは日本の1/10)。高利貸しと化してる日本の奨学金制度とは根本的に違う。
7
高村武義 #WalkAway ”返信は引用ツイートで返します” @tk_takamura 2013年9月5日
また日本は、高校・大学までの段階的な無償化を定めた国際人権A規約(13条2項b、c)について、批准した1979年から2012年までずっと留保し続けていた。このA規約を留保していたのは、締約国160カ国(2012年8月現在)のうち、日本とマダガスカルだけというお寒い有様。また学校教育費の公的支出の割合も、対GDP比でみると先進国では最下位になる程酷い。http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/3950.html
6
高村武義 #WalkAway ”返信は引用ツイートで返します” @tk_takamura 2013年9月5日
”日本は第26位と学校教育費の対GDP比の水準は(中略)公的負担の比率は3.6%と低く、対象国の中でインド、インドネシアを除くと最下位となっている。最近では格差社会論などとの関連で、教育費の社会保障的な側面、すなわち貧乏人でも良い学校へ行けるという機会の平等が日本では失われてしまっている証左として、こうした学校教育費の公的負担割合の小ささがあげられることが多い(広井良典「持続可能な福祉社会」ちくま新書、2006年、p.25、橘木俊詔「格差社会―何が問題なのか」岩波新書、2006年、p.180)”
6
眼鏡ラティオス流星群1.5発耐え@垢移転 @aka_iten_sita 2013年9月5日
自分が子供を大学に送り出す側になったり、自分の子供が孫を大学に送り出すようになった時を考えても、自己責任で済まされるのでしょうか?
4
玲央@俺節R ⊿⁴⁶ @leo_orebushi 2013年9月5日
Fラン私大に奨学金で行くような貧乏人に教育機会の均等もクソもねぇよ、バカ
0
内藤龍一 @knight10dragon1 2013年9月5日
tk_takamura http://tokyo.daad.de/wp/stipendiendatenbank/  tkさん、そのやり口はいけない。ドイツでは「誰もが無条件で応募できる奨学金はなく、また、奨学金選考過程は非常に厳しいもの」とある。日本とは比べ物にならない努力を必要とする。その事を書かずに「日本の奨学金制度が劣っているように見せかける」のではまるで詐欺師のやり口だ。そのような印象操作まで過剰な援助を求めるのならば「あなた自身の金で援助してやれば良い」
1
内藤龍一 @knight10dragon1 2013年9月5日
tk_takamura 世界の奨学金制度と比べる際、日本の奨学金制度より優れている部分を書くのわかる。しかし、その際に「日本の奨学金制度よりも厳しい部分は省く」では日本人を欺くだけでなく、他国に対しても失礼な事だ。本当に進学者の事を考えているのなら他国の制度を歪曲して伝えるような印象操作はしないはず。そのような印象操作を用いるくらいなら「あなた方の資金で援助してやればよろしい」
0
内藤龍一 @knight10dragon1 2013年9月5日
aka_iten_sita 小学生でも「責任を持って行動する」事を学ぶ。あなたは自分の子供を「自己管理すら何もできない人間」と卑下するのですか?まして奨学金を使って大学を目指すのなら当然、「自己責任はもちあわせれなければならない」   …責任感すら持たずに奨学金を使うのなら本当に泥棒だ
0
内藤龍一 @knight10dragon1 2013年9月5日
そして世界では他国に対して奨学金をばら撒くような事は行っていない。しかし日本は他国に対して奨学金をばら撒くような事を行っている。今の日本の奨学金制度には問題はなかったとしても、日本人より外国人が優遇されるような制度では不満が出ても仕方がないとは思う
0
PlatoonLeader @442ndCombatTeam 2013年9月6日
貧しい子を学費の高い(かつ入試レベルの低い)大学に行かせても、いい企業と言うパイの数は元々決まっているし、そこに就職できない現実は変えられないから意味のないような気が・・・
0
内藤龍一 @knight10dragon1 2013年9月6日
[c1221196] まったくドイツの財政を圧迫していないのならその理屈も成り立つのだろうが、財政を圧迫しているようだな。「他国の財政圧迫させている制度を取り入れろ!」 むちゃくちゃだ…
0
内藤龍一 @knight10dragon1 2013年9月6日
[c1221187] 日本は大した審査もなく他国の留学生に金をばらまいている。ドイツは厳しいのにな…
0
内藤龍一 @knight10dragon1 2013年9月6日
再三言うが、sir43kさん。そこまで過剰な援助がしたいのであれば「あなたの資金で援助してやればよろしい」
0
想 詩拓@文芸サークル『文机』 @sou_sitaku 2013年9月6日
コメント欄も含めると、変えるべきは学歴だけを見る各企業の人事、ということになりそう。「優秀な人にだけ返済不要の奨学金」はもうある気がする。
1
想 詩拓@文芸サークル『文机』 @sou_sitaku 2013年9月6日
前も一度か二度はつぶやいたけど、学歴ではなく能力を見る社会に変えるために、単位の資格化をお奨めする。数学の「微分積分」の資格とか。科学の「酸と塩基の反応 」の資格とか。そうすればその人が「何を身につけているのか」はある程度視覚化されるよね。資格だけに!(ドヤァ)
1
想 詩拓@文芸サークル『文机』 @sou_sitaku 2013年9月6日
利点はいくつもあるんだよ。まず ①「学校」が必要ではなくなる。必要な時に必要なだけ(コレ重要)勉強して資格を取ればいいから。よって膨大な学費の負担も大きく減る ②会社の人事がその人の能力をくわしく見られるので学歴編重の採用の仕方はしなくなる。
1
想 詩拓@文芸サークル『文机』 @sou_sitaku 2013年9月6日
③資格を取らなければ何もできない、とみなされるので、資格を取るために人は勉強をするようになるし、何が自分にあってるのか真剣に考えるようになる。「いつでも、必要なだけ」だから進路の方向転換も容易だしね。
1
想 詩拓@文芸サークル『文机』 @sou_sitaku 2013年9月6日
ただ、それだと難しくなるのが教える方だよね。「いつでも、必要なだけ」だから、勉強に対する需要を考える必要が生じてくる。用意してても不人気だったり、需要が高すぎて対応ができない状況に陥ったり。
1
想 詩拓@文芸サークル『文机』 @sou_sitaku 2013年9月6日
実質的に高校の先まで義務教育で(大学行かなくても専門学校行く人多いよね)、漫然と過ごす学校生活で、出席だけとれば単位をもらえる授業だけ選んで遊んで過ごせば大卒資格を得られるなんて教育は本当に意味がないと思う。
1
じろう @yofuckya 2013年9月6日
生涯賃金を学歴別で比較すれば中卒と大卒じゃ約7000千万、高卒と大卒じゃ約4000万も違う。こんだけ違うならそりゃ誰だって借金してでも大学行きたいに決まってるわ。それを無責任に努力不足だの貧乏人は大学行かずに手に職つけろだの、馬鹿が多数派になったらと思うとぞっとするわ。
6
内藤龍一 @knight10dragon1 2013年9月6日
yofuckya それはない。中卒だろうと高卒だろうと大卒だろうと仕事の内容も同じで、給料も常に一定のままという事はない。中卒が大卒より給料が上になる事もある。そして、あなたが「常に一定のまま」と思い続けていたのはあなたの努力不足。
0
内藤龍一 @knight10dragon1 2013年9月7日
[c1222167] そして大学に行く費用も高い。だから、大学に行けば家計が困るくらいなら無理に行く必要はない。生涯賃金に目が眩んで破滅したら意味がないからな。しかし、奨学金制度で家計に困っていても大学に通う事は可能だ。言うまでもなく借りたお金はいずれ返さなければならないが。
0
悟浄 @syagojo 2013年9月7日
日本の進学率や教育水準を下げて衰退させたい反日がなんか言ってるねえ
0
内藤龍一 @knight10dragon1 2013年9月9日
金を返すという最低限のモラルさえ忘れた教育には何の意味も無い。syagojoさんの拡散している情報からだがギリシャはアテネ五輪の後に破綻した。スポーツを含めた色々な事を繁栄させたかったのだろうが金は空から降っては来ないからな。進学に関しても同様。金は空から降ってはこない。借りた金は返す。それが最低限のモラル。進学を選んだ人間じゃなく就職した人間だって職場に将来の投資として給料を数倍にしてくれと言いたいだろうさ。しかし、そんな事は出来ない。国が、そして自分が破綻するからだ。
0
高村武義 #WalkAway ”返信は引用ツイートで返します” @tk_takamura 2013年9月9日
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20111226/225625/?rt=nocnt ”人口が減り、高齢者が増えるということは、働ける人が減少する一方で、社会が扶養・支援しなければならない人の数が増加することを意味する。従って、これからの日本は二重の意味で経済の生産性を高めていくことが不可欠になる。 となると、成熟日本の社会を支えるために必要な経済の生産性を高めるための手段は、もう一方の「知識集約型産業」の強化を本命とするしかない”
1
高村武義 #WalkAway ”返信は引用ツイートで返します” @tk_takamura 2013年9月9日
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20111226/225625/?rt=nocnt ”では、どうすれば知識集約型産業を育成・強化し、日本経済の生産性を向上させていくことができるのか。答えは「教育」である。国民経済の生産性を上げるための手段としては、労働者1人ひとりがより高度で付加価値の高い仕事をできるようにするのが正道。そのためには国民の教育水準を高めることこそが王道である。
1
高村武義 #WalkAway ”返信は引用ツイートで返します” @tk_takamura 2013年9月9日
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20111226/225625/?rt=nocnt ”教育水準を高めることが高付加価値な仕事を可能にしていることはデータからも明らかだ。最終学歴別の所得水準を見ると、日本の高校卒業者は中卒の人よりも約25%所得が高い。大卒以上の人は高卒者よりも約50%も高い所得を得ている。この格差はOECD加盟国の平均とほぼ同じ"
1
高村武義 #WalkAway ”返信は引用ツイートで返します” @tk_takamura 2013年9月9日
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20111226/225625/?P=2 "従って、一般論として「高度な教育が高付加価値の仕事を可能にする」という法則が成立する。つまり、これから日本が経済の生産性を向上させていくためには、教育に注力することが有効かつ不可欠いうことになる”
2
高村武義 #WalkAway ”返信は引用ツイートで返します” @tk_takamura 2013年9月9日
端的に言えば、教育とは将来国を支えていく次世代を育成するための、国家による投資です。これを自己責任論の名のもとに、国民に押し付けてしまえば、知識集約型産業に適した高い生産能力を持つ労働者の創出も、一部の富裕層に限られてしまい、結果として国民総所得の低下、税収の減少に繋がり、最終的には国家の破たんにつながります。教育(特に資金)の自己責任論はまさに亡国への道といえます。
2
pker はやし @hayashi_TENTEN 2013年9月9日
男のデータだけだが、1995年までに大学を卒業した今よりかなり大学進学率が低いときのデータでは大学偏差値40までしか元を取れないっていう記事。環境が激変した今当てはめるのは危険だが、ペイするのはニッコマやせいぜい大東亜帝国、それに低偏差値理工系大学といったところまでなんじゃないか?http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20130131/243113/
1
内藤龍一 @knight10dragon1 2013年9月9日
大学内に入り込んでいるモラルのない宗教団体の勧誘もなんとかしなければならない。こういった団体が暗躍していては努力した成果も奨学制度もすべてが無駄になる。
0
spy @Sp2er1 2013年9月13日
最後に一つだけ、「学歴は日本社会で最強の資格であり単位だけではクソの役にも立たない」
0
pker はやし @hayashi_TENTEN 2013年9月13日
大学進学率を上げたところで、大学名でフィルタリングをかけるようになるだけだろ。
1
内藤龍一 @knight10dragon1 2013年9月16日
「奨学金をどのように返したか、返すのか」と言ったモラルも就職する上で重要になってきそうだ。返す気がないは論外。学力以前の問題になるだろうな。
0