hidemaros ゲーム開発を語る

hidemaros さんによるゲーム開発に対するコメントが示唆に富むものだったので集めさせて頂きました。 現代のゲーム市場に対する分析や、開発体制に対する考察まで、幅広い個人的洞察になっていて、非常に勉強になりました。
36
関谷英明(SEKIYA Hideaki) @hidemaros
先端技術のスペシャリストじゃないとゲームは作れない、みたいな嘘はやめて欲しい。自戒も込めて、そういう風潮を業界の人間が作ってはいけない。
関谷英明(SEKIYA Hideaki) @hidemaros
本当にそうなら、数千億円の市場規模を支える商品が出せるのに足る人材が足りる訳がない。そのようにしてはいけない。
関谷英明(SEKIYA Hideaki) @hidemaros
一部の、会社を引っ張っていくエースはそのような人材でなくてはいけないが、全員がそれを目指すのは無理だし、必要ない。本来のゲーム制作は、もっともっと簡単で、楽しい仕事。やる気さえあれば誰でもできる仕事。
関谷英明(SEKIYA Hideaki) @hidemaros
100歩譲って、そういう責務を誰かが負わなければならないとしたら、自分らプログラマだけでいい。アーティストは思いっきり描きたい絵を描けばいい。プランナーは思いっきり面白いと思うゲームを後先考えず提案すればいい。そういう制作プロセスを許容できるようにしなければ。
関谷英明(SEKIYA Hideaki) @hidemaros
技術はいくらでも教えられるけど、スピリットは教えられない。これだけは、自分の心の中から沸き上がってくるものでなくてはならないので。そういう人材でなければ、絶対に続かない。面白いゲームは作れない。楽しく仕事ができない。
関谷英明(SEKIYA Hideaki) @hidemaros
もちろん最低限度の知識、技能は必要だけれども…高校、大学でまじめにやっていれば身につくものを超えるものではないです。
関谷英明(SEKIYA Hideaki) @hidemaros
もっと楽しくゲーム作ろうぜ!ただし、面白いゲーム作るための努力は常に全力だ!技術が必要なら、勉強しろ!アイデアが必要なら、知恵熱でぶっ倒れるまで考えろ!自分に妥協するな!
関谷英明(SEKIYA Hideaki) @hidemaros
そう。才能とやる気を、組織がつぶさないように守る。それが自分のような才能のない先輩の唯一の仕事だ。RT @toyman_jp: @hidemaros スピリットを壊さない配慮をするぐらいしかできませんよね。
関谷英明(SEKIYA Hideaki) @hidemaros
RT @yas_kawamura: だからどうした。己が面白いという物を信じられない者に、血の通った作品が作れるものか。ソーシャルはどうか知らんが。 RT プランナーや個人の「面白い」と思うのはマイノリティという思想で、ゲーム開発者は自分がマイノリティだということを自覚すべき
関谷英明(SEKIYA Hideaki) @hidemaros
少なくとも、「技術はあるが、ゲームを面白くすることに興味がない人」と、「技術はまだまだだが、ゲームを面白くできる人」で、前者の評価が極端に高い業界であってはならない。
関谷英明(SEKIYA Hideaki) @hidemaros
RT @kajitetsudai: @hidemaros えと、あの、僕全くのゲーム業界の人間じゃないですけど、どの業界でもやはり『意欲』、や『意識』でゲーム作品の質は変わるのでしょうか?コーディングや設計などは作業になりがちな気もするのですが、どうなのでしょう?
関谷英明(SEKIYA Hideaki) @hidemaros
ゲームは間違いなく変わります。同じ企画を提示されても、全くできが違います。
関谷英明(SEKIYA Hideaki) @hidemaros
RT @yas_kawamura: うちらは「何が面白いか」を人聞きに伝える「伝言ゲームの中継ポイント」じゃあないんだ。どうせ物づくりを始めるなら、「面白い事の発信源」を目指さなくて何が企画なのか。そういうことをさ、しっかりかんがえないと。
関谷英明(SEKIYA Hideaki) @hidemaros
RT @sohe_0507: @hidemaros ゲーム業界ではないのですが、色々と同意です。 これがしたい、こうありたいという思いがないと、いい仕事はできないですよね
関谷英明(SEKIYA Hideaki) @hidemaros
その通りです。こうしたい、の途中に、技術が必要なら勉強して入れる。
関谷英明(SEKIYA Hideaki) @hidemaros
勘違いして欲しくないのは、技術が先にあっても、「この技術があれば、新しい遊びができて絶対ゲームに役立つはず!」という思いで作っている訳で、思いは全く同じです。アプローチが違うだけ。それは個人の特徴の問題。両者を受け入れ融合したとき、とんでもない面白いものができる。
関谷英明(SEKIYA Hideaki) @hidemaros
.@yas_kawamura さんの「面白い事の発信源」を目指せ、というのは全く同意。もちろん、ユーザーのニーズを徹底的に調査して、それに合わせたものを作るというのも必要。ただし、ユーザーは自分の既存の体験の延長線上のものを求めてくる訳で、その市場だけでは広がらない。
関谷英明(SEKIYA Hideaki) @hidemaros
こんな面白いもの作っちゃったぜ、絶対面白いからおまいらやってみろよ!というゲームを誰かが作らなければ。そういう人が一人でも多く出てこなければ。それを妨げたら業界終わるよマジで。
関谷英明(SEKIYA Hideaki) @hidemaros
はい。先生方の協力も必要です。一人でも多くの生徒がゲーム業界を目指して欲しい RT @kaoru: 激どー。学生にはとにかく作って欲しい。RT @hidemaros 先端技術のスペシャリストじゃないとゲームは作れない、みたいな嘘はやめて欲しい。
関谷英明(SEKIYA Hideaki) @hidemaros
そんなたいそうな人間じゃないです。自分のエゴで言っているだけですよ。若い人がきてくれないといつまでも隠居できないんでw RT @bazitouhuu: @hidemaros あなたのような方がいるから業界への希望が見えます うれしいです本当に。
関谷英明(SEKIYA Hideaki) @hidemaros
そういう印象を持たれているなら、すばらしいことです。それが正しい RT @vinsatoo: あまり聞かないような印象も……最近そういう言説が増えているのかなあ? RT @hidemaros: 先端技術のスペシャリストじゃないとゲームは作れない、みたいな嘘はやめて欲しい。
関谷英明(SEKIYA Hideaki) @hidemaros
もちろん講演されている方々はすばらしいです。ただ、彼らは各社のエース、業界を引っ張っていく方たち。最低ラインじゃなく最高ラインRT @vitalsine: CEDECの人たちが声高らかにそういうこと言ってるよなぁ RT @hidemaros: 先端技術のスペシャリストじゃないと
関谷英明(SEKIYA Hideaki) @hidemaros
本来のゲームCG技術は、魅力的な一枚の絵、このすばらしさをどう画面内に表現するか、ゲームにつなげるかにあったはず RT @negitoro503: お金をかけない魅力的な絵、あるはずなんですけどね。CEDECは技術先行だからそういう風潮も見えちゃうのかな?
関谷英明(SEKIYA Hideaki) @hidemaros
仕様書に書いてある通りに動作する、だけで面白くなる仕様が書けるプランナーは、本当に稀です。天才です。だからチーム全員で考えないとRT @justice_max: @hidemaros 変わりますよね。参加者全員が思い入れを持って仕事に取り組むかどうかで質が絶対に変わる。
関谷英明(SEKIYA Hideaki) @hidemaros
技術は必要です。これは勘違いしないで。例えば、キャラクターが1体でも多く出ることによって生まれる面白さがあるからです。ただし、その技術を全員が持っていなければプロジェクトが成り立たない訳ではない。また、その技術はあるけれど、ゲームの行く末に無頓着ではいけない。
残りを読む(13)

コメント

関谷英明(SEKIYA Hideaki) @hidemaros 2010年10月5日
根拠のない想像によるものや、あくまで個人の見解であって、弊社の採用基準、指導基準と混同されそうな発言に関してのみ編集しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする