【18禁】 #クッキーババア官能小説 作品まとめ11

やっと落ち着いて来た
0
くにおピ @namuko0706

クッキーババアが悲しげな表情でこっちを見ている、俺はなんてことをしてしまったんだ…と今更後悔しても遅い。すべてをこの甘ったるいチョコの匂いのせいにしてしまいたい。 #クッキーババア官能小説

2013-09-18 03:10:22
たやま(◻︎△○) @tayamatayako

クッキーの甘さがわからない奴に女の気持ちがわかるかい、アタシはあの時そう言ったね、でも本当にわかってなかったのはアタシの方だったのさ。クッキーを焼くことに追われて、あんたの気持ちに気付けなかった。アタシが今もクッキーを焼き続けるのはその罪滅ぼしからなのさ #クッキーババア官能小説

2013-09-18 03:28:18
MT/浦和富来🚨油断大敵🤲手を洗おう @MT_urawatomiki

地球を覆うクッキーがこの家一帯には無い。「そこのお若いの」中から僕より遥かに若い少女が呼ぶ。「クッキーを焼いてただけなのに…済まないねぇ」少女は苦笑する。「そこに」小さく唸る奇妙な金庫を指し「全てを封印したよ。文字通り命を縮めてね」今度は穏やかに微笑む。 #クッキーババア官能小説

2013-09-18 03:50:31
あなたが今宵のプリンセス! @SH_9500

クッキーババアの工場はいつも盛り上がってる。 俺は気になってしょうがない。ある日覗きがばれてしまった。 初めてみるババアの…。でも、ババアたちのいじめは俺の想像を越えていた。 「お前のほしいのはこれなんだろ?」老女達の秘密の楽しみ・10億/秒のいじめ #クッキーババア官能小説

2013-09-18 05:42:54
相思鼠 青 @blueandblue

「…あんまりジロジロ見ないどくれよ」 クッキーババアはそっぽを向いたまま小声で言った。その声色は少し震えているようだった。素肌を曝し少女のように恥じらう彼女を見て、私の中にふつふつと愛おしさが沸き上がる。 「綺麗だよ、マダム」 私はそっと唇を重ねた。 #クッキーババア官能小説

2013-09-18 07:26:29
残業の子 @goodbye_botch

10秒に1回という刺激は、年老いた私を満足させるには物足りない物のように思われました。 しかし、彼は徐々にそのカーソルを増やしていったのです。絶え間なく続く刺激に私はもう・・・ #クッキーババア官能小説

2013-09-18 07:47:57
相思鼠 青 @blueandblue

それから私は彼女の躰を隅々まで愛でた。指で、舌で、唇で、執拗に。私が愛撫に緩急を付けると、彼女はそれに合わて小鳥のように躰を震わせ、糖蜜のように甘い吐息を洩らした。身体中で私を感じ、求めるその狂おしい姿に、私の中の獣が煌々と眼を輝かせていた。 #クッキーババア官能小説

2013-09-18 08:15:54
hzmはDOSSSSの広報に忙しい @hzmx

修道女姿のグランマはまだ男のそれを知らぬ。 #クッキーババア官能小説

2013-09-18 08:19:43
酔いしれあまて! @Amatras__

「ババア…俺の手でまた女にしてやるよ…」「ふん、若造が。まだ早いわ!」ババアを俺の手で堕とさせようと思い、口説いてるがババアは伊達に何十年も生きてはいなかった。だがそんなある日に「おい、あんた」「はい」「あんたの手でまた女にしてくれよ」ババアは堕ちた #クッキーババア官能小説

2013-09-18 08:42:18
しろろん @46_6n

白糸の滴る蜜壺を鹿威しが奏でる律動の様に緩緩と麺棒で突く度に淫靡な音と吐息がババアのファクトリーに響く。就業の終わりと共に始まる老婆と青年の逢瀬はこれで三回目だ。『ねぇ、なんで今日はこんなにも焦らすんだい?私のアルケミーラボはもうこんなに化学反応して #クッキーババア官能小説

2013-09-18 09:39:55
ポッテ伊藤 @yoshikazu_haiki

ババアの農場を秒間一千五百万クリックしいきり立ったクッキーモンスターをビッグバンしてミュータントを放出する。 http://t.co/GeFfFDCb6u いつの間に #クッキーババア官能小説 が診断で生成されるように

2013-09-18 09:55:44
がいがぁかうんたぁ @sawaitik

もう辞めるべきだった。いくらババアを突ついても、彼女の気持ちが変わるわけではない。もう何千回も、同じ行為を繰り返した。それでも僕はババアのあの、熟れきった身体を欲してしまうのだ。そして今日も僕は、クッキークリッカーに訪れてしまう… #クッキーババア官能小説

2013-09-18 10:18:13
がいがぁかうんたぁ @sawaitik

ババアは興奮していた彼女の胸にある二つのチョコチップ。そして下半身にある一粒のレーズン。それらを撫で回す度に、彼女の身体は熱を帯びる。彼女の淫らな身体は興奮するあまり、焼きたてのクッキーのように熱くなっていたのだー #クッキーババア官能小説

2013-09-18 10:25:37
ちひろたそ@がんばる @chi_hi_ro_xxx

「おばあさん、私ーーーーー」そう言って少女はババアの胸に深く倒れ込んだ。「今日くらい、甘えてもいいんだよ。」ババアは優しく呟くと、そっと少女の唇に口づけをした。 #クッキーババア官能小説

2013-09-18 10:53:29
ちひろたそ@がんばる @chi_hi_ro_xxx

熟れきった肌から甘く匂い立つバニラとチョコの薫り。熟女の色気に少女のような芳香が混ざり醸し出す奇妙で妖艶な雰囲気に、くらり、と甘やかな眩暈を覚える。老女のスカートがゆっくりと捲り上げられ、秘密の農場が花開く。 そこにいたのは紛れもなく、一人の女だった。 #クッキーババア官能小説

2013-09-18 10:54:07
RiNKaは右 @rrrinnk

焼けたクッキーを下のお口で試食し始める初心者向けクッキーババア官能小説誰か書いてくれませんか #クッキーババア官能小説

2013-09-18 11:04:25
藍月るきあ @lu_k_omsh

「おばあちゃん…ぼく、なんだかズボンが苦しいんだ」 「まぁ、坊やったらクッキーの食べ過ぎ……ッ!?…ぼ、坊や…?」 パンパンに晴れ上がったぼくのおちん×んをみるおばあちゃんの目は、お母さんがあの仲良しの郵便局のおじさんと遊んでいる時の目にそっくりです。 #クッキーババア官能小説

2013-09-18 11:14:22
女王兎『稲生葵』/Inou Aoi,QR @Queen_Rabbit_SK

「クッキーなんて忘れろよ」 紐グミは己の体で縛り上げた老女に囁いた。「やめて、私のクッキーを皆が」苦しげに、しかし甘やかな呻きを残して声は途絶えた。たるんだ肌がグミに締められて不自然なハリを見せている。「忘れろよ」果汁の香りがクッキー臭を塗り潰していく。 #クッキーババア官能小説

2013-09-18 11:35:15
やまださん№40@カス @yamadavv

「煎餅に醤油を塗るだけの婆の方が私より優れているのかい!」 ババアの目は明らかに嫉妬に狂っていた。 「こんなに…クッキーが焼けるのに!」 ババアがクッキーを量産していく。だが俺の心を満たすのは愛らしいぽたぽたやきのおばあちゃん、こんな醜いババアじゃない。 #クッキーババア官能小説

2013-09-18 11:47:22
kettocom公式アカウント @kettocom

【開催決定!】締切りまであと 8 日! 2013年11月4日(月・祝)開催 Cookie Clickerオンリーイベント「クッキーを焼くだけの簡単なお仕事」 http://t.co/DZTSCs5VrO #クッキーババア官能小説 #クッキーニュース

2013-09-18 13:23:02
のらぱか @nrpk_jojo

ババア「クッキーが溢れちゃう…っ…らめぇぇ!♥♥」#クッキーババア官能小説

2013-09-18 13:30:16
世界の一斗缶𓃻𓃹𓃻𓃹𓄿 @Caballero343

「タイムマシンなんていらない今の私だけを見て」タイムマシンをクリックしようとした俺の手を掴み彼女はオーブンよりも熱い眼差しで見つめてきた。「過去の私よりも、ずっと満足させてあげられるわ」老婆は俺の硬くなった麺棒に優しく手をかけ、怪しく笑みを浮かべた。 #クッキーババア官能小説,

2013-09-18 13:34:01
まっさら @mag0msr

「私なんかよりも新しい方を選びな」ババアはそう笑ったが、笑みの向こうに隠された寂しさを男は見逃さなかった。「俺はババアのポータルを開きたいんだ。…見せてくれないか」ババアは鳩がクッキー鉄砲を喰らった様な顔をしたが、嬉しそうに男の首に腕を巻き付けた。 #クッキーババア官能小説

2013-09-18 13:36:25
残りを読む(8)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?