行動主義誕生100周年記念シンポジウム@日本心理学会第77回大会(2013.09.19)

■行動主義誕生100周年記念シンポジウム“Behaviorism as the Psychologist views it”: After 100 years. 司会者:澤 幸祐(専修大学) 話題提供者:今田 寛(関西学院大学) 話題提供者:高砂 美樹(東京国際大学) 話題提供者:岡島 義(東京医科大学) 続きを読む
心理
7407view 0コメント
41
渡邊芳之 @ynabe39
行動主義100周年シンポが始まります。 http://t.co/Z5OaLeytrJ
 拡大
中西大輔 @daihiko
行動主義シンポは多分一番大きな部屋だ。500人くらい入りそうな会場。 #JPA77th
中西大輔 @daihiko
今田寛先生はもう79歳か!
中西大輔 @daihiko
「Watsonの行動主義とその後」 #JPA77th
中西大輔 @daihiko
20正規の心理学の3つの勢力 (A. H. Maslow) 第1勢力 精神分析学、第2勢力 行動主義、第3勢力 人間性の心理学 #JPA77th
こころっしゅ @cocorosh
今田先生のお話。ワトソンの原点とその後、現在。
中西大輔 @daihiko
O'Donohue & Kitchener (1999): 認知革命に行動主義が殺されたというのは神話である。 #JPA77th
中西大輔 @daihiko
Behaviorismではなく、Behaviorismsである。 #JPA77th
こころっしゅ @cocorosh
行動主義は死んでいない。色々な行動主義(behaviorisms)がある。
中西大輔 @daihiko
行動主義者にとっての心理学は「行動の予測と統制である……行動主義者は、動物反応の一元的な考えに至る努力の中で、人間と畜生の区別をしない」 #JPA77th
エドモン・ダンテス @DasIchunddasEs
【メモ】行動主義は、その主導権を認知革命によって失われたが、まだまだ立派に生きている。
こころっしゅ @cocorosh
機能主義的心理学のスタンス
中西大輔 @daihiko
ヒトおよび動物の環境への適応の事実 (機能主義心理学のスタンス) #JPA77th
中西大輔 @daihiko
心理学の目標はS-R法則の追求である。 #JPA77th
こころっしゅ @cocorosh
SR法則の追求。心理学の目標
こころっしゅ @cocorosh
ヒトの行動は動物の行動より複雑であることをワトソンは認めている
中西大輔 @daihiko
行動の原理の応用による、人間行動のコントロールへの強い関心。 #JPA77th
こころっしゅ @cocorosh
人間行動のコントロールへの強い関心
中西大輔 @daihiko
Watson「私のとる立場は、現在のところ弱く、多くの点から攻撃されるであろう。にも拘らず、これらの点は将来発達すべき心理学の型に大きな影響を及ぼすと考える」 #JPA77th
こころっしゅ @cocorosh
1913年のアメリカ心理学の中では誰が行動と言い出してもおかしくない雰囲気であった
中西大輔 @daihiko
1913年のワトソン: 35歳、1908年Johns Hopkins大学教授、Psychological Reviewの編集責任者、J of Animal Behaviorの編集責任者、Ph.D.取得 (1903) 後の10年間に65論文。 #JPA77th
残りを読む(121)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする