10周年のSPコンテンツ!

放射性物質を集めやすい植物の成分

cmk2wlさんによる、放射性物質を集めやすい植物の成分についての連投まとめ。 === 不定期に補遺追加中 ===
環境
34
cmk2wl @cmk2wl
1. 放射性物質を集め易い性質を持つ植物の共通成分を調べてみました。共通しているのは「テルペン」という炭化水素です。 (◯◯テルペンと記載、あるいはアウクビン、カロテノイドといった記載もある)
cmk2wl @cmk2wl
1.の補遺 カロテノイドは天然の色素で、黄色の発色に寄与している(つまり黄色い花をつける植物)。炭素と窒素でできているのは「カロテン」。 カロテンはテルペンの一つ。窒素を含有しているので、危険性は高いかも。
cmk2wl @cmk2wl
1.の補遺2 トマト(リコペン)人参(カロテン)みかん(クリプトキサンチン)卵黄(ルテイン)の色素はカロテノイド。テトラテルペン類。
cmk2wl @cmk2wl
2. セシウムを集めやすいメープルシロップ(楓の樹液)には「トリテルペン」というテルペンが成分として含まれています。
cmk2wl @cmk2wl
3. テルペンがふくまれる植物は、セシウムの含有量が高い傾向が。現に、セージ、月桂樹葉、タイム、カモミール、ローズヒップティー、リンデン、ドライハーブ、ダンデライオン、松の葉、オレンジ、レモンなどの柑橘類など、高含有のものは高濃度汚染されているケースがままあります。
cmk2wl @cmk2wl
4. 線香が高濃度に汚染されているケースがある。「椨(たぶのき:クスノキ科)」や「杉の葉」を砕いて作るものがあるが、これらもテルペン含有。
cmk2wl @cmk2wl
5. 森林がセシウムを集めやすいのは、その密集度にもあるのかもしれませんが、木の成分そのものにも原因があるという可能性です。
cmk2wl @cmk2wl
5.の補遺 木材の主要成分は、セルロース、ヘミセルロースとリグニン(ベンゼン環)からなり、副成分はテルペン類、芳香族化合物。
cmk2wl @cmk2wl
5.の補遺2 木の香り成分の大部分は、内鎖状及び環状のモノテルペン類、セスキテルペン類。イソプレン2個結合したモノテルペン、3個結合したセスキテルペンの一部は、揮発性が高く空気中を漂い森の臭いとなっている。フィトンチッド。
cmk2wl @cmk2wl
6. 植物は、吸収した「放射性炭素」をテルペンとともに放出。これが炭素年代測定の基礎となっている。(放射性炭素:自然界にもあるもので、動植物の含有量は一定を保たれている為) テルペン類はフィトンチッドともよばれている。
cmk2wl @cmk2wl
7. 植物はテルペンを放出する。ロシアに生育するトドマツなどの針葉樹林では、テルペンを 1ヘクタール当たり一昼夜に 3~5kg。広葉樹林からは 約2kgのテルペン類を放出。日本のヒノキ林で一日に1ヘクタール当たり 4~5kg。スギ林で 3~4kgのテルペン放出量。
cmk2wl @cmk2wl
8. 森にあるテルペン高含有の植物が、セシウムを吸着し、それを昼前(11:00頃)をピークにテルペンを空気中に放出する。 これにセシウムが入っていたら周辺住民はどうなるか。
cmk2wl @cmk2wl
9. 森林(針葉樹)の土(落葉)には1㎥あたり 1リットル程度のテルペン(モノテルペノイド)が含まれる。 (キノコ類の高濃度汚染はここからなのか、調査中)
cmk2wl @cmk2wl
10. 他にもテルペン炭化水素の含有率の高いもの。アンジェリカシード、バルサム、ベルガモット、シダ―ウッド、クミンシード、モミ、ジンジャー、グレープフルーツ、レモン、マンダリン、ナツメグ、ペッパー、パイン(松)、ローズマリー、ヤロウ。
cmk2wl @cmk2wl
10.の補遺 アロマ的な見方をすれば、ペパーミント:ハーブ系、レモングラス:柑橘系、ラベンダー:フローラル系、イランイラン:オリエンタル系、ジンジャー:スパイス系、ティートリー:樹木系に注意。
cmk2wl @cmk2wl
10.の補遺2 ハッカ独特の香り(メントール)や、樟脳防虫剤の強烈な臭い(カンファー)等は、全てモノテルペンに酸素原子を含む、テルペノイド(テルペンの仲間)です。
cmk2wl @cmk2wl
10.の補遺3 松の木から抽出されるテレピン油。柑橘類からのオレンジオイル。
cmk2wl @cmk2wl
10.の補遺4 「生薬」の類いの植物は、驚くほどの数が四環性のトリテルペン。 https://t.co/prC3arpfCa
cmk2wl @cmk2wl
11. 甲状腺を守る為に http://t.co/qp7vq0wMk0 や、ポリフェノールでも書いたように、放射性物質も「物質」である限り、かならずその物性というものがある。 ベンゼン環やピリミジン環、ひいては環式有機化合物に結合、影響し易い。テルペンも同様。
cmk2wl @cmk2wl
12. 例として多環式テルペンの構造式をいくつか 甲状腺を守る為に http://t.co/qp7vq0wMk0 のベンゼン環のように、六員環とくっついた五員環からできています。構造式で「環」をなすものには、本当に注意が必要です。 http://t.co/CecagJw1rn
拡大
cmk2wl @cmk2wl
12.の補遺 ブラシノステロイド(テルペノイド)は、植物ホルモンの一種。ステロイド骨格をもつ化合物の一群。植物体全身の伸長成長、細胞分裂と増殖、種子の発芽などを促進する。ここに放射性物質が集まりやすいとすれば、奇形も納得できる。

コメント

絶望型超現実主義 妖怪まみー @youkai_mommy 2013年9月21日
このまとめにコメントは必要ありません。
cmk2wl @cmk2wl 2013年9月23日
あれこれ書くと、かえってわからなくなるかもしれないので、一つの見分け方です。 「芳香成分の強いものは、汚染を引き起こしやすい」と、大雑把に判断しておいてください。
cmk2wl @cmk2wl 2013年9月24日
汚染状況下でステロイドは危険かも。セシウムを集めやすいメープルシロップの成分(トリテルペン)を見たら、ステロイド骨格にそっくり。四環性のトリテルペンから、炭素がいくつか失われた構造の化合物がステロイド。ステロイド骨格を持つブラシノステロイド(テルペノイド)を含有する植物が、放射性物質を集め易い。
cmk2wl @cmk2wl 2015年5月8日
番外編 ソラレン:光毒性物質と呼ばれる。 ソラレンは紫外線の感受性を高める物質。 レモン等柑橘系。セロリ、パセリ、きゅうり、クロレラ、アセロラ、いちじく、三つ葉。 紫外線も電離放射線。
そばめし @kansainogakusei 2019年3月10日
放射線の多い植物の共通点はテルペン? 笑うわ 植物なんて全てテルペン作るわ 放射線とテルペンを結びつける肝心のところが一切ない で、テルペンは毒だという印象操作 テルペンが身体に悪いなんて言ったら身の回り毒だらけですが?ビタミンAも毒になっちゃいますが? 詐欺かなんかしたいのこの人
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする