カルトと宗教と、親と、そして虐待。

佐々木あやみ (@ayammin) さんのツイートより。 親(逃げるのが困難)と虐待に、 さらに、宗教、カルトが入ると... # この例は宗教ですが、確信的信条が優先されるもの、 続きを読む
244
ayammin @ayammin

児童虐待の問題に、親の宗教が絡んでくると話はもっとややこしくなる。ストレスでとか子育ての悩みとかじゃなくて、宗教の教えのもとに確信犯的にやっているから、本人に虐待だという自覚はないし、それを「虐待」だと言われることが本人を尚更頑なにし、外部の介入を拒否してしまう。

2013-11-03 09:42:02
ayammin @ayammin

「宗教」が入ってくると、善悪の基準が完全に変わってしまう。法律が定めていようが、社会常識的に悪とされることであろうが、「これが正しい」と教えていればそれが法律にも優先する絶対正義。誰になんと言われようが、たとえ逮捕されようが、自分が悪いことをしているなんてこれっぽっちも思わない。

2013-11-03 09:44:07
ayammin @ayammin

大人が自分の意志で宗教を選ぶのは、それが「宗教」の範疇に収まっていれば(犯罪行為に加担しなければ)、カルトだろうが伝統的宗派だろうが本人の自由だと思う。でも、その子供については話が別。カルトの中で育てられる子供が抱える問題を「信教の自由」という言葉で見過ごしてはいけない。

2013-11-03 10:03:24
ayammin @ayammin

カルトの中で育てられた子供は、幼いころから徹底的に教団の価値基準を叩きこまれる。それは親の愛情と引き換えにした「要求」であったり、体罰による「教育」であったりして、その教えに逆らうことはおろか、教えに疑問を持つことすら許されない。

2013-11-03 10:03:33
ayammin @ayammin

カルトの中で育てられた子供は、往々にして、幼いころから教団以外の世界を知らない。不信者の友達と遊ぶことや、テレビや音楽などのごく一般的な娯楽さえ禁じられて、ごく限られた狭い範囲での人間関係しか知らずに育つ。自分のいる世界の異常さに気付かないし、気付くことを許されない。

2013-11-03 10:04:25
ayammin @ayammin

そのため、子供は往々にして、教団から追い出されることを恐れる。外が悪い世界だと教え込まれているというのもあるけれど、教団の中だけで育った子供にとって、教団から追放されることは自分の生きてきた社会から抹殺されてしまうに等しい。

2013-11-03 10:05:17
ayammin @ayammin

それでも、成長するにつれてだんだんと外の世界が見えてきて、自分のいる世界の異常さに気付く。それでも、抜け出すのは容易ではない。教団外の交友関係を厳しく制限されてきた子供にとって、宗教から抜け出すことは往々にして、それまでの友人・親戚・家族関係のすべてを断ち切ることを意味している。

2013-11-03 10:05:34
ayammin @ayammin

ようやく一大決心をし、カルトから脱出したとしても、その後の生活は決して楽じゃない。いざ教団から抜け出して一般社会に出ていくと浦島太郎状態。社会生活の一般的な常識さえ身に付いていないことも多く、学業や仕事よりも宗教活動を優先するよう強いられてきたことで、就職でも苦労する人が多い。

2013-11-03 10:06:10
ayammin @ayammin

精神的な面でも問題が多い。幼少期に刷り込まれた価値基準を捨て去るには時間と努力が必要。教わってこなかった、一般社会で生活していく最低限のマナーを身に付けるにも大変な努力が必要。精神的・身体的暴行へのトラウマを背負っている場合もある。

2013-11-03 10:06:37
ayammin @ayammin

幼いころから、成功も失敗もすべて、その教団の価値基準で判断されてきたため、社会に出るとそれまで自分が「正しい」と思っていたことがいともあっさりと覆されることを知る。その価値観の違いを受け入れられず、自分の居場所は教団の中にしかないと考えて、結局教団に戻ってしまう若者も多い。

2013-11-03 10:07:02
ayammin @ayammin

カルトから完全に解放されて自由になるには、その教団関係者と完全に離縁するしかないのだけど、子供の場合は「親が信者」だという絶対的なデメリットがある。親と完全に絶縁して暮らしていくしかない。でも、この社会はなかなかそれを許さない。だから、子供はいつまでも苦しみ続ける。

2013-11-03 10:10:16
ayammin @ayammin

この話をはっきり書いたことは今までなかったけど、ちょっとした自分語りです。

2013-11-03 10:24:35
ayammin @ayammin

私の母親は、そういう宗教の信者だった。当然私も子供の頃からその教団の中で育てられた。 その宗教は子供を「鞭打つ」よう教えていて、親たちは「何を使って叩けば一番痛くて自分の手が疲れないか」を相談し、ベルト、皮ひも、物差し、靴べら、はてはガスホースを切り分けたものまで取り揃えてた。

2013-11-03 10:25:23
片瀬久美子🍀 @kumikokatase

前RT。同様の話は、『ドアの向こうのカルト』(佐藤典雅著)にも書かれていました。→”その宗教は子供を「鞭打つ」よう教えていて、親たちは「何を使って叩けば一番痛くて自分の手が疲れないか」を相談し、ベルト、皮ひも、物差し、靴べら、はてはガスホースを切り分けたものまで取り揃えてた。”

2013-11-03 10:32:00
片瀬久美子🍀 @kumikokatase

(『ドアの向こうのカルト』の著者である佐藤典雅氏の母親が嵌ってしまったカルトは「エホバの証人」でした。佐々木あやみさんのお母さんが「エホバの証人」の信者なのかは分かりません。同様な性質を持つカルト教団である可能性もあります)

2013-11-03 10:36:14
片瀬久美子🍀 @kumikokatase

『ドアの向こうのカルト』(佐藤典雅著 河出書房新社)は、母親が「エホバの証人」の信者で、子ども時代からその組織の中で過ごしてきて、成人後に教義の矛盾に気が付いて脱会した人の経験談です。ずっと自分を縛り続けてきたものからの呪縛から逃れるまでの経緯が書かれています。

2013-11-03 10:40:42
片瀬久美子🍀 @kumikokatase

『ドアの向こうのカルト』(佐藤典雅著 河出書房新社)を読んでの感想は、こちらに簡単に紹介しています。 http://t.co/D6bQPKdDeP

2013-11-03 10:42:31
リンク はてなダイアリー 読んだ本の紹介 - warblerの日記 ツイッターでつぶやいていた読後感想のうち、お薦め本を選んでまとめました。 『「カルト宗教」取材したら..

...ツイート続き。

ayammin @ayammin

子供が悪いことをすれば、「泣き止むまで」「悪魔が出ていくまで」何度でも打ち叩いた。ちなみに「悪いこと」というのは、たとえば4つや5つの子供が、長時間の「集会」や「大会」の最中にウトウトしたとかペンを落としたとか、布教活動に一日中連れまわされて「反抗的な顔をした」とかいう理由です。

2013-11-03 10:26:29
ayammin @ayammin

一日一度は「鞭」をしなければならないと、子供の悪いところをわざわざ探す親もいた。どれだけ「いい子」にしても、必ず何か悪いところを見つけられて叩かれると決まっているのだから、子供は委縮して何もできなくなる。

2013-11-03 10:28:05
ayammin @ayammin

そうやって子供を完全に支配し、表情までコントロールするようになった親は「模範的な子育て」と称賛される。「親に従順な子供」がその宗教のトレードマークだった。「こんな従順な子に育てたい」という入信してくる人がたくさんいた。当前ですよ、あれだけ叩かれたら反抗なんかできるわけがない。

2013-11-03 10:29:08
ayammin @ayammin

信者ではない父の葬儀で、10年ぶりに信者である母親と会った。もう二度と会わないつもりだった。両親のどちらかが死んでも戻る気はなかった。事実、妹は、実の父の危篤の報を聞いても会いには来なかった。

2013-11-03 10:32:20
ayammin @ayammin

父はおそらく、母親の狂信的な部分は知らなかっただろう。母親は父の前では絶対に子供に手をあげなかったし、子供にも「普通の母娘」の演技を求めた。父はおそらく最後まで、娘が相次いで連絡を断った本当の理由を知らなかったはずだ。

2013-11-03 10:33:00
ayammin @ayammin

父に恨みはない。でも、父が今も母親と夫婦でいる以上、関わるつもりはなかった。しかし、自分の信仰を理由に父の仏壇を簀巻きにして放り出し、雨ざらしにした母親が、父の葬儀を執り行うはずもなく、それを思うと父があまりに気の毒で、戻って葬儀を執り行うことにした。

2013-11-03 10:33:51
残りを読む(16)

コメント

せれあん(17歳) @Cellea17 2013年11月3日
ホメオパシーとかEM菌とか信じちゃって、病院に連れて行かなきゃいけない症状が出てるのに放置しちゃう親なんかも「カルト」に含まれるのかなー。多分そうよね。
38
長月トッケー🇵🇸🍨雛菊葎 @picsacu_tokek 2013年11月3日
宗教のみならず、ある一つの思想や療法にのめり込んだ親にも当てはまりますね。目的が「子供のため」ではなく「自分が心酔するものため」になってるのではないかと思います。
31
cinefuk 🌀 @cinefuk 2013年11月3日
JW信者の皆さんは外見上はとても善良に見える分、問題が起きている事が外部からは見えにくいし、被害を訴えても信じてもらえない事はありそうですね。酷い虐待の実例は近くで聞く事はありませんでしたが、容易に想像つきます。
5
もく゛ぅ @moK441313 2013年11月3日
「ジェニーの中の400人」を思い出した。幼い子供にとっては親が世界だよ。
4
neologcutter @neologcuter 2013年11月3日
「こんな従順な子に育てたい」というのがミソなんでしょうね。新婦人もそうだけど子育てで不安定になっている親に怪しげな団体は付け込んでくるんスよ。
20
佐倉和音🥴 @O_Flow 2013年11月3日
正確には「自分の信仰強化と心酔」の道具に子供を使うと言うことなんだよな。ネグレクトとかかなり問題になってるけどこれも一種のネグレクト。って言うと「そんなことはない!」と死んだ魚の目で抗議されるんだけどさw エホバとかものみの塔なんかはここまで過激ではないけどやってることは同じだよなぁ。
12
くろだ@新型デッキを握った結果、動画の撮れ高ZERO @ponkotsu14 2013年11月4日
子供ではなく道具の一種という認識なんだな。楽して叩くための知識のやりとりってなんだよ……。
5
こしみずひさつね/輿水久常 @koshimizuhisatu 2013年11月4日
エホバの証人ってこんな酷いのか。こんな邪教が存在していいのかレベル。
8
secilia2010 @secilia2010 2013年11月4日
ヤマギシズムも有名ですよね
6
ましゃ@夕張は俺の嫁 @murachan2671 2013年11月4日
輸血を拒否して子供を死なせた某宗教を思い出した
1
Jacqueline@手洗い🧼👐🏠😷🏉⚽️⛸ @Jacqueline_ani 2013年11月4日
著者がその後いろいろアレになっちゃってアレですが、米本和弘『カルトの子』を読んだ時を思い出しました。佐々木さんのお話にもあるように、親がカルトに嵌った場合、子供が失うものは実に大きく深刻で、取材に答えてるかつてのカルトの子たちは文字通りサバイバーでした。
8
Naoki_O @nananao2236 2013年11月4日
あくまで僕の印象なんだけど、こう言うのって、カルトの教義云々以前の、親の承認欲求みたいなところに起因していて、子供の体調不良をワクチン接種の所為にしてドクターショッピングしたり放射能から守るとて却って偏った栄養を与えたり必要の無い避難をしたりする親とか、代理ミュンヒハウゼンとかと通底するんじゃないのかな
13
Naoki_O @nananao2236 2013年11月4日
放射脳ママが「子供が友達に会いたがって泣く。でもこれは子供の為に必要なことだ」って言うのと凄く似ている。自分の承認欲求を満たす為に子供が苦痛を訴える必要がある、というメカニズムは存在しそうな気がする
11
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2013年11月5日
まとめを更新しました。(細かな補足情報を追加)
0
箸呂院マジチキ@note @kairidei 2013年11月5日
親は子供より先に老いて呆けてしまう。親と子供が逆転してしまう。鞭を使う親たちはいずれ自分が鞭打たれる立場になるかも知れないとは思わないんだろうか。一生子供を鞭打つ立場でいられると信じてるんだろうか。その恐れの無さは怖い気がする。
6
和泉 @IZUMI162i6 2013年11月7日
ここまで学会の話無し。
3
お探しのアカウントは存在しません @shokuyouenpitsu 2013年11月15日
創価学会の2.5世です。呼ばれたので来ましたよ(冗談です)。創価学会では暴力禁止と明言されているので、暴力の虐待はないと思うなぁ。やってるとしたら個人がやっとるだろうという感じ。精神的虐待に関してはなんとも言えませんねw私自信は精神科案件でしたがw
0
ぎこん @G1K0N 2014年2月13日
エホバの証人は(浮気を除いて)離婚を禁じ、夫を「一家の長」として扱えと教える。 とどのつまりは離婚しないように信者でなくても旦那にはとても甘い宗教だ。 信者の主婦は家事をこなし宗教活動にあけくれ、良き妻であらんとし子供は「調教」される。 「子供を比較するな」と教団は教えてはいるが、集会の終わりと始まりの時間には母親同士の間で教育自慢に花が咲く。 反抗どころか親が絶対であるため、進路や進学も母親同士で決めてしまう事も少なくない。 いつしか、子供は全てを諦めるようになる。
0