2013年11月3日

非ヨーロッパ言語で科学を記述した国、日本

日本は、世界で唯一科学の体系を非ヨーロッパ言語で記述した国である。これは、非ヨーロッパ人で唯一科学を自分のものにした民族が日本人であることを意味する。その意義の大きさを考察する。
8
長野テル@日常専用 @naganoteru

言うまでもなく、現代文明はヨーロッパの生み出したものだし、そのベースにはヨーロッパが作り上げた膨大な科学の体系がある。そういう意味では、現代人は、アジア人だろうとアフリカ人だろうとアメリカ人だろうと、みんなヨーロッパの科学体系の下に生きていると言うことができる。

2013-11-01 22:37:48
長野テル@日常専用 @naganoteru

そのため、ヨーロッパが生み出した「科学」を自分のものにしない限り、何人だろうと現代文明の作り手になることはできない。

2013-11-01 22:39:24
長野テル@日常専用 @naganoteru

ヨーロッパの科学体系は、すべてヨーロッパ言語で記述されているため、ヨーロッパ言語を使いこなせない限り、それを自分のものにすることはできない。この1点で、アジア人やアフリカ人、ネイティブアメリカ人と比べて、欧米人は圧倒的に有利な立場にある。

2013-11-01 22:43:39
長野テル@日常専用 @naganoteru

ところが、ここにひとつだけ例外がある。世界で唯一、非ヨーロッパ言語でヨーロッパ科学体系を網羅的に記述することに成功した民族、日本人である。現代文明を完全に「享受」するためには科学体系を自分のものにせざるをえないという絶対的な条件を考えたとき、このことの偉大さを痛切に感じる。

2013-11-01 22:48:39
長野テル@日常専用 @naganoteru

日本は、アジアではダントツの科学大国だけれど、それは、現代の日本人が勤勉だとか研究熱心だとかいう以上に、先人たちがヨーロッパ言語によって独占されていた科学体系を自国語化し、そのうえでそれを発展させてきたからにほかならない。

2013-11-01 22:52:48
長野テル@日常専用 @naganoteru

世界中から優秀な研究者がアメリカに集まるのも、欧米以外の国には、そもそも網羅的な科学体系が存在していないからにほかならない。アジアの大学が英語で研究に励むのも、同じ理由。

2013-11-01 22:56:16
長野テル@日常専用 @naganoteru

明治の日本人が、ヨーロッパ科学を丹念に研究し、その1から10までを丁寧に日本語に置き換えていった功績は、あまりにも偉大である。現代の日本人は、自国言語で、あらゆる科学にアプローチできる幸運に感謝しなければならない。

2013-11-01 23:02:08
長野テル@日常専用 @naganoteru

ヨーロッパ人によって独占されていた科学を日本人が自身のものにする際、それを漢字で記述したことで、漢字文化圏に属する諸国は、ほぼ無償で科学を自国語可する機会を得たのである。日本がヨーロッパの子だとすれば、アジア諸国はその日本の子に当たる。

2013-11-01 23:10:09
長野テル@日常専用 @naganoteru

日本人がいなければ、中国人も韓国人も、ごくごく一部の英語を使いこなせる人だけが科学にアクセスできる極めて制限された文明しか持ちえなかっただろうし、もしかしたら、アフリカや南米のように、そこに駐屯する欧米人だけが科学を独占し、富を独り占めにしていたかもしれない。

2013-11-01 23:12:40
長野テル@日常専用 @naganoteru

「アジアには日本がいた。アラブには日本がいなかった」と言ったのは、エジプトのナセル大統領だが、軍事的に日本が列強の一角をなしたということだけでなく、日本が科学を漢語で記述したことまで含めて考えたとき、その意義がよく分かる。

2013-11-01 23:21:05

コメント

未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2013年11月4日
まぁ今は中国語頑張ってますけどね。ウィキペディア「元素の中国語名称」、全部漢字1字です。
3
八代泰太 @3914kcorkcolc 2013年11月4日
とりあえず、経済や文化の高度発展を求めるならば、自分たちの言語で学問ができるようにならないとスタート地点に立てないということだろうか。ODAだのよりも、自然科学について現地語化した教科書を作った方が支援としてよくないかね?
1
まるちゃん@大湊警備府 @malchan1224 2013年11月4日
補足しておくと、ヨーロッパの科学的成果は江戸時代からオランダ語の書物として入って来ていて、理論の元になる理論的概念などは当時から理解されていた。 明治期に科学用語を次々と漢語化出来たのもいわば「事前の予習」が出来ていたからで、明治期の科学者・哲学者だけを誉め称えるのは片手落ちと言える。
6
まるちゃん@大湊警備府 @malchan1224 2013年11月4日
その辺の事は”江戸時代の科学”辺りのワードでググるといろいろと出てきます。
1
AKa @A_Ka81 2013年11月4日
西洋の数学は欧州からダイレクトではなく、まず漢語訳から入って行った訳ですが。用語も漢語からの引用が多い。
0
AKa @A_Ka81 2013年11月4日
思うのは、1から10ではなく、1から7くらいの翻訳に留めたのが成功の鍵だったのではないか、と。漢語訳の数学書では、数学記号まで漢字にしてしまっている。
2
AKa @A_Ka81 2013年11月4日
「数学用語と記号ものがたり」(片野善一郎)を参考につぶやきました。
0
五円玉(餡は脳に優しいスイーツ) @Goendama 2013年11月4日
中国のアニメ監督が「日本語由来の中国語を排斥したら共産主義すら成り立たない」とか言ってましたな
2
鋼鉄サンボ @koutetusanbo 2013年11月4日
取り敢えず、まとめ主が「オレ達日本スゲー!」って言いたいのと、実際の科学史に関して無知なのは理解できた。
3
南山まさかず @minamiyama1994 2013年11月4日
途中までは「おお確かに日本すげぇ」ってなったけど最後の2つ見て「何だただのネトウヨか」ってなったのとコメント欄見てたら真顔になった
2
長野テル@日常専用 @naganoteru 2013年11月6日
内容を問わず、礼儀のない人のコメントは削除させていただきます。m(__)m
0