10周年のSPコンテンツ!

読書メモ:エコーニュースが米政府に情報開示請求した福島原発事故関連の米秘密文書解析メモ @echonewsjp

対象文書: ・2011.03.11付NRC最高意思決定チーム電話会議時系列要旨 ・2011.03.12付NRC最高意思決定チーム電話会議録 ・2011.03.18付NRC緊急対策会議リエゾンチーム・メール記録 ・2011.03.20付NRC最高意思決定チーム電話会議録
メモ
3
エコーニュース @echonewsjp
@tkatsumi06j  フォローどうもです。 電話会議記録を記事最後に追加しました。 http://t.co/jQNW8kpua0 近藤駿介氏らしい人物が、3月12日の時点で風向きに触れています。
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
@echonewsjp 電話会議録拝見しています。ベクテル社製のポンプを横田基地経由で輸送する話や二人の技術者をそのベンダーが派遣するという話がNRCの中で話されていますね。日米は緊密に協力し合いながら事故防止に当たっていた貴重な記録。米側の情報源は随分限定されていたようですね。
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
それにしても驚いたのはNRC電話会議録の質だ。良いのではなく、悪い。明らかに正確に聞き取れていない、また技術用語を把握していないことが散見される。音声起こしのプロの仕事ではない。だが記録を残すことを優先し急がせたのだろう。これだけのことからも、アメリカ側の焦りが感じられる。
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
NRC電話会議録1。まだ最初の20頁程を読んだところだが、少なくとも米側の原子力政策の最高意思決定機関であるNRCの情報源はごくごく限られており、始めは日本のTV報道の情報等に頼っていたことが窺える。つまり事故前、米側は軍や情報機関の情報で判断を行っていた訳ではなかった。
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
NRC電話会議録2。最初の20頁だけで、米側は国務省、国防省、環境庁、気象局、海軍等政府総出で協力を行っており、少なくともベクテル社の機器輸送については国防省側が自ら250万ドルの費用拠出を承諾しており、米側が政府一体で事故防止に協力していたことが読み取れる。
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
NRC電話会議録3。訂正。いま参照している電話会議録は11年3月20付のもの。すなわちメルトダウン後の電話会議だった。ここで行われている会話は全て事故発生後にそれを収束する上でどう日米間の協力が行われたかの記録だと思われる。そのことを念頭に先を読み進める。また表題表記を変える。
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
NRC110320会議録4。25頁から新たな電話会議。NRCの対策チームの全容が見えてくる内容となっている。NRC対策司令部OPCenterの最高責任者を務めるのがジム・ウィギンズ。同じくNRC緊急対応チーム、海軍原子炉対策室のメンバー、業界支援チームのメンバーなど。
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
NRC110320会議録5。このセッションでは、INPO原子力発電運転協会の会長が匿名で登場。米側がいかに多くのステイクホルダーを集めて知恵を絞っていたかが窺える。このINPOは事故後、「福島原発事故の教訓」特別報告書を発表している。 http://t.co/FfbH5Jjpbr
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
NRC110320会議録6。28頁。IAEA安全基準局GSGや統合参謀本部JCSメンバー等一通りの参加者紹介の後ウィギンズ対策部長がこれまでの経緯を説明。NRCが事故発生後から24時間体制でルース在日米国大使の対策チームとロックヴィルの対策司令部と緊密に連携してきたことを説明。
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
NRC110320会議録7。尚、ウィギンズ対策部長(仮)は常任ではなく「“今朝の”責任者を務める」と発言していることから、NRCの委員が輪番制(日替わり?)で責任者を務めているのだとおもわれる。24時間体制で一人で全責任を継続して負うには負担が大きすぎるという理由からだろう。
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
NRC110320会議録8。ウィギンズ対策部長「施設の状況は好転しているようである。原子炉やSPFの劣化についての新たな報告は入っておらず、むしろ一定の復旧策が効を奏し改善の兆候すらみられる。1、2号基には電源が繋げられており、日本時間の月曜までには3、4号基も繋がる見通しだ」
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
NRC110320会議録9。続き「また施設内及び周辺の放射線被爆レベルは当初に比べ大分低くなっており、これもよい兆候である。SPFも大きな問題は見られないが、3、4号基のSPFの冷却にどれだけの水が必要かについては予断を許さない状況にある。」続く
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
NRC110320会議録10。続き「3号基への水の注入について東電は大分自信があるようだが、我々の情報ではそれほどの効果は確認できていない。被曝線量について新たな計算では、施設北東にホットスポットが現れている。これは爆発直後の風向きと一致する。風は東に向けて吹いていた」続く
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
NRC110320会議録11。続き「我々は大気監視システムを通じ上空からのモニタリングにより数値を得ている。DOEエネルギー省と連携して、米国領土(ハワイ、アラスカ、本土西海岸部等)への影響評価を進めている。これらの予測にはDOEのNARAC気象予報庁に協力して貰っている」続く
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
NRC110320会議録12。続き「NRCの予測計算は施設周辺80キロに限定されているため、NRCでは日本国内の被曝線量予測に専念している。米政府職員に対するPAD保護措置決定は依然有効であり、半径80キロ圏内の職員は全て避難させている。この決定は18日に実行されており継続中だ」
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
(これで少なくとも米政府が最高意思決定機関NRCの決定により2011/3/18付けで福島原発施設の半径80キロ圏内から米政府職員の避難を指令したことは紛れもない事実であることが確認・立証された。)
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
NRC110320会議録13。続き「業界にはその他の施設の状況に関するより詳細な情報が渡っていると思われる。そこで、業界側の姿勢、方向性などについて業界側の代表者にまず意見を求めたい」ウィギンズ対策部長の状況説明はここまで。この後の業界側の説明箇所は完全に塗りつぶされている。
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
NRC110320会議録14。業界側(INPO)の説明後、NRCのボルヒャルト運営総局長http://t.co/TAqiPoDgCC がこう訪ねる。「政府側から何らかの支援は必要でないか」これに対し業界側はあっけなく「現時点ではとくにないが今後24時間で判明するだろう」と答える。
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
NRC110320会議録15。進行役のウィギンズ対策部長がここで割って入り、業界側代表者に、連絡担当者を決めて今後事態の進展について情報を共有したい旨を伝える。業界側はこれを快諾するが、ここにもNRCと業界の力関係が透けて見える。NRC側は業界側にお伺いを立てているという感じだ。
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
NRC110320会議録16。またこの電話会議内容からわかるのは、少なくとも3/20時点までNRCの対策チームと米原子力業界の間に接点はなく、やっと連絡担当を決めて定期連絡の枠組みを作ろうとしていたことだ。つまりNRCは業界の指示で動いた訳でもなく、それぞれ独自に動いていた。
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
NRC110320会議録17。次にDOD側の代表と見られるスティーブ・リオンズが発言。業界グループ側に政府からどのような支援が必要かリストアップしてほしいと要望。さらに現地日本で東電と直接やりとりする上級リエゾンの派遣を法外側に打診するが、業界側の返答はまたも完全黒塗り。
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
NRC110320会議録18。その後暫く今後の会議招集手続きについて話が続くが、ウィッギンズ対策部長が、「日本側との定期的な連絡を可能にする連絡プロトコルを策定すべき」だと提案。このことから、3/18時点で米側と日本側の定時連絡体制は整備されていなかったことがわかる。
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
NRC110320会議録19。さらにその後、米政府側の体制構築について議論が続き、これまではNRCが仲介役を務めてきたが所管部署を決めるべきだとしてここでUSAID国際開発庁の名が挙がる。がAIDでは技術的課題をクリアできないとしてそこを海軍原子炉対策室が補うことが合意される。
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
NRC110320会議録20。以上、NRC電話会議録を最初の43頁まで読み進め2つ分のセッションから大体当時の米側の状況が見えてきた。まだ東電と直接連絡できる体制や、政府の所管部署も決められていない状況の中、業界主導で対応が進められていたことが浮き彫りになったといえよう。
残りを読む(30)

コメント

💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j 2013年11月22日
110318資料編ここまでの分を追加。
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j 2013年11月23日
110318議会向け報告本編「状況」分を追加。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする