Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

最近の「イラストレーション」誌と、「イラストレーション」の広がりについて(1)

最近の「イラストレーション」(玄光社発行のイラストレーション専門誌)に対する漫画家の江口寿史さんの発言に、イラストレーターの中村佑介さんが反応したことに端を発する、「イラストレーター」及び「イラストレーション」の広がりの歴史についての会話をまとめました。 (1/21追記)長くなったので、続きは http://togetter.com/li/618858 にまとめました。
199
江口寿史 @Eguchinn

それにしてもイラストレーション誌。登場してる名前は全て漫画家。チョイスの審査員も俺て。コミッカーズ化してないか笑 RT @illustration_g イラストレーション201号は上條淳士、五十嵐大介、しりあがり寿を特集。 特別対談としてちばてつやと浦沢直樹による対談も収録。

2014-01-18 19:31:04
江口寿史 @Eguchinn

同業者が自分を含め「絵」の面でこの雑誌に取り上げられるのはもちろん嬉しい事だが、もっとイラストレーターの方々からの刺激を受けたい、と、この本の1979年の創刊号からの愛読者でありイラストやデザインに多大な影響と刺激を受けてきた自分としては正直思うよ。

2014-01-18 19:38:36

と、ここでイラストレーターの中村佑介さんが反応する


中村佑介🎨Yusuke Nakamura @kazekissa

@Eguchinn はじめまして。こんにちは。イラストレーターの中村佑介と申します。創刊された1979年、僕はまだ1歳でしたので、創刊当初、『イラストレーション』という雑誌が読者にとってどのような受け入れられ方をしていたのか、とても興味があります。

2014-01-18 21:21:01
江口寿史 @Eguchinn

@kazekissa はじめまして。作品いつも拝見しています。当時はまだ、60代からの「イラストレーション」という分野がとても刺激的だった時代が続いていました。時代のトーンのようなものを代表するようなイラストレーターが毎年のように登場してきて目が離せなかったのです。

2014-01-18 21:35:13
中村佑介🎨Yusuke Nakamura @kazekissa

@Eguchinn 返信ありがとうございます。"イラストレーション"という単語自体、江口先生の画集タイトルで知った位なので感激です。そして当時の熱を知れて勉強になります。今よりもっと一般消費者(漫画家、イラストレーター、デザイナー以外)からの注目はあったのでしょうか?

2014-01-18 21:43:01
木内達朗 Tatsuro Kiuchi @kiuchitatsuro

@illustration_g @Eguchinn イラストレーションに全ページを割いて欲しいです。

2014-01-18 21:35:52
イラストレーション編集部 @illustration_g

うーむ、画家や漫画家、イラストレーターを名乗らない「絵師」など、イラストレーションに関わる作家ジャンルが多様化していて、そこが難しいところです。@kiuchitatsuro: @illustration_g @Eguchinn イラストレーションに全ページを割いて欲しいです。”

2014-01-19 02:28:24
江口寿史 @Eguchinn

創刊時のイラストレーション誌についての話が途中で切れたままになってました。もう少しいいですか。 @kazekissa

2014-01-20 16:18:25
江口寿史 @Eguchinn

例えば実際の制作方法を写真つきで解説するHow to Drawのページなど画期的でかつ実用的でした。美術的な専門教育を受けていない自分にとって、そこで林静一や永井博の色の塗り方や鈴木英人のパントーンの貼り方を見れたのはとても刺激的でしたし勉強になりました。 @kazekissa

2014-01-20 16:22:05
江口寿史 @Eguchinn

美術書ではあったのかもしれないけどイラストについての専門書は当時他になかったと思うので業界内での注目はとても高かったと思いますよ。

2014-01-20 16:24:28
江口寿史 @Eguchinn

それと、イラストレーションが「今よりもっと一般消費者(漫画家、イラストレーター、デザイナー以外)からの注目はあったのでしょうか?」ということに関してはそうだと思います。消費者が注目していた、というより消費者の目に触れる量が今より圧倒的に多かったと思います。

2014-01-20 16:28:04
江口寿史 @Eguchinn

ただ人気のあるイラストレーターは流行みたいに扱われ、消費されるスピードもすごく早かったので、その時々の「旬な人」に選ばれてしまった人は大変な部分もあったんじゃないかな。

2014-01-20 16:32:02
江口寿史 @Eguchinn

その頃の方が良くて今がダメだと言う気はなくて、時代が変わったということなんだろうけど。

2014-01-20 16:34:27
江口寿史 @Eguchinn

ぼくの知る限りではイラストレーション誌のチョイスをとって登場して、あれよあれよと時代の顔になっていくのを目撃した最後の人がたぶん日比野克彦さん。で、あれがたしか83年。

2014-01-20 16:37:42
イラストレーション編集部 @illustration_g

日比野さんほど広く認知されてイラストレーター以外にも影響を与えた人はいないでしょうね。@Eguchinn: ぼくの知る限りではイラストレーション誌のチョイスをとって登場して、あれよあれよと時代の顔になっていくのを目撃した最後の人がたぶん日比野克彦さん。で、あれがたしか83年。

2014-01-20 16:52:23
江口寿史 @Eguchinn

そのあと、その時々のいわゆるスターイラストレーターみたいな人が登場しなくなったんだけど、ぼくとかわたせせいぞうさんとか、岡崎京子さんとか…漫画家がイラストとして使われる仕事はこの頃から増えていったんですよ。これは関係あるのかな?笑

2014-01-20 16:43:36
イラストレーション編集部 @illustration_g

無関係ではないと思います。@Eguchinn: そのあと、その時々のいわゆるスターイラストレーターみたいな人が登場しなくなったんだけど、ぼくとかわたせせいぞうさんとか、岡崎京子さんとか…漫画家がイラストとして使われる仕事はこの頃から増えていったんですよ。これは関係あるのかな?笑

2014-01-20 17:13:44
イラストレーション編集部 @illustration_g

というのは、漫画家の絵は高い認知度があるので、特に広告などではそれが強みになると考えられます。目的・要件さえ満たせば漫画や古典絵画などあらゆる絵がイラストレーションになりうるわけで、「イラストレーターの肩書きを持つ人」に限るという考え方は起用する側にはないと思います。

2014-01-20 17:13:46
江口寿史 @Eguchinn

でもその後は奈良美智さんとか会田誠さんとか村上隆さんとかの美術の人がポップ媒体(雑誌、CM、CDとか)に登場しだしたりね、イラストレーションがひと言でくくれなくなった、他の畑とのボーダレス化は多分その頃から始まってるかな。

2014-01-20 16:55:51
イラストレーション編集部 @illustration_g

村上さんの「スーパーフラット展」はアートやメディアコンテンツ等のボーダーレス化を象徴する展示でしたね。@Eguchinn: でもその後は奈良美智さんとか会田誠さんとか村上隆さんとかの美術の人がポップ媒体に登場しだしたりね、イラストレーションがひと言でくくれなくなった”

2014-01-20 17:37:09
逢坂 晴 @halousaka

@Eguchinn 突然で失礼いたします。例えばパパリンコがミスドのパッケージを飾ったり、すかいらーくグループのPOP、メニューが江口先生のイラストになったり(その前は鈴木英人氏のイラストが採用されていました)等、メディアとの絡みも関係していたと思います。

2014-01-20 17:02:52
江口寿史 @Eguchinn

ただ、じゃあ若い世代にイラストレーションを描こうとする人が少なくなったのかといえば、それはちがって、むしろ多くなってるんじゃないかな。Pixivとか見ると、そりゃもうビックリするほど上手い人がゴロゴロいるものね。あれは何?イラストとは呼ばないの?魅力的な絵を描く人は沢山いるよ。

2014-01-20 17:12:45
江口寿史 @Eguchinn

なんだけど、この、ハンドルネームでネット上で絵を発表してる若い人たちに共通して感じるのは「世に出る」という感覚の希薄さ?僕らの世代だと絵でも小説でも音楽でもなんでもいいけど自分の技量で「世に出たい」というのがまずあったんですよ。この「世に出たい」という感覚がもう古いの?ダサいの?

2014-01-20 17:21:24
江口寿史 @Eguchinn

だから昔だと僕は漫画家になりたかったからジャンプに投稿しました。イラストレーターになりたい人はチョイスに応募してました。みんな世に出たいからですよね。今の若い人はもしかしたらネット上でRTされたりファボられたりイイネ!された数が多ければ満足だったりするのかしら?

2014-01-20 17:27:28
残りを読む(45)

コメント

オオスキ トモコ @cafe_petit 2014年1月20日
まとめを更新しました。イラストレーション編集部のツイートを追加しました。
0
オオスキ トモコ @cafe_petit 2014年1月20日
まとめを更新しました。イラストレーター小塚類子さんのツイートを追加しました。
0
オオスキ トモコ @cafe_petit 2014年1月20日
まとめを更新しました。重要だと思う部分を色付き太字にしてみました。
0
オオスキ トモコ @cafe_petit 2014年1月20日
かつてイラストレーション誌で連載を持っていたメンペのお二人(金子ナンペイさん、デハラノリユキさん)の反応を追加しました。
0
オオスキ トモコ @cafe_petit 2014年1月20日
まとめを更新しました。中村佑介さんのツイートを更に追加、アートディレクターの反応、美術方面の方からの反応、pixivやネットなど「絵師」方面の方からの反応を追加しました。
0
オオスキ トモコ @cafe_petit 2014年1月20日
なんか間違いとか問題とかあったら教えてくださいね
0
オオスキ トモコ @cafe_petit 2014年1月20日
まとめを更新しました。中村佑介さんのツイートをふたたび追加しました。
0
Hikari Shimoda @hikarishimoda 2014年1月21日
日々感じていた事に多くの方が言及されていて大変参考になりました。美術系専門学校で講師をしていますが、生徒と私の年齢差がおよそ10歳。10年のジェネレーションギャップで既に絵に対する意識が大幅に変化している事を感じています。今、変化がすごく大きく早くなってきているので、指導も難しいなと感じています(一年前の事が既に通じないなと感じる事が多いです)
4
ヘイヘイ(自宅) @hey2m 2014年1月21日
つまるところ、イラストを描く側も描かせる側も、リスクを取ることが難しい経済上の問題が大きいのかな、と感じました。無名の若手にちょっとワンカット描かせてみよう、で提示される金額は20年前の半分もないと聞きますし、堅実志向が強いといわれるロスジェネ世代が、これで世に出られる(食える)と自信を持て!と言われても難しいよね、と感じました。
8
進士助平 @tamacoropon 2014年1月21日
イイネ!で満足ってのは傍から見るとプア充の様に見えるけど、内情は色々あるんでしょうねぇ ほんとは今の時代若い人ほど表に出て行かないと辛くなっていくとも思いますが、うーん
1
🌸少年ブレンダ🌸 @hibari_to_sora 2014年1月21日
80年代にイラストレーター風味のタッチで可愛い女の子を描いた、その先駆だった、他ならぬ江口寿史さんが言ってるところがすごく感慨深い。時代って巡り巡るのな…。
2
重-オモ- @__oMo__ 2014年1月21日
竹熊健太郎氏が語っていた「才能ある人は大勢いるのに漫画家を目指す人が少ない」と似たものを感じるまとめ。イラストレーターを目指せと言われても、落伍したら面倒を見てくれるわけでもない事を知っている若者はわざわざ高リスクのイラストレーターという生業を選ばないだろう。趣味で書いても見てくれる人は大勢いる。「世にでる」はすでに果たされている
11
オオスキ トモコ @cafe_petit 2014年1月21日
まとめを更新しました。中村佑介さんのビックリマンの話の大事な部分を太字にしました。
0
重-オモ- @__oMo__ 2014年1月22日
従来のマンガやイラスト業界(と言っていいのかわからないが)の人たちが「絵がうまい人達は当然、この世界を目指してくるはずなのにおかしいな」と首を傾げてるがとっくにそこは世間の主流ではなくなってた、若者はもっと魅力のある世界を見つけてそっちに行ってる。というだけの、割と簡単なことじゃないかと思う
9
ひろせみつこ⋈ @hiroya0626 2014年1月23日
私も時々参加していますが、pixivやTINAMIでも実は様々なコンテストが開催されていて、受賞者の中にはそこからプロへ・・・と言うケースも増えていますから。
0