カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。
16
鈴木みそ @MisoSuzuki
講談社から単行本を二冊出しているが「デジタル的利用許諾契約書」というものが送られて来た。どちらも印税15%を一方的に印字して、全ての所有権は乙(講談社)に帰属する。とかいてある。「実際の電子書籍の発売は、まだ決まっていませんが」とある。まず話し合いがあるんじゃないんだ?
鈴木みそ @MisoSuzuki
今までのように、本が出た後に契約書を送って来ることが正しいとは思わないが、まだ出る予定もない電子本の契約書を一方的に送りつけて来るとは驚いた。だいたい原作の先生とのバランスはどうなっているのか。
池田信夫 @ikedanob
これOKしちゃだめ。出版社には何の権利もないんだから。 RT @masanork: RT @MisoSuzuki: 講談社から「デジタル的利用許諾契約書」というものが送られて来た。どちらも印税15%を一方的に印字して、全ての所有権は乙(講談社)に帰属する
池田信夫 @ikedanob
アゴラブックスは、著者に最大50%印税を払います。講談社と違って、1ヶ月以内に必ず出版します。申し込みはこちら→ http://ow.ly/2YdjF
鈴木みそ @MisoSuzuki
以前からフォローさせてもらっています。一人の著作物ではないので複雑ですが、候補として考えさせていただきます。@ikedanob < アゴラブックスは、著者に最大50%印税を払います。講談社と違って、1ヶ月以内に必ず出版します http://ow.ly/2YdjF
重成幸生/Yukio SHIGENARI @y_shigenari
講談社は15% RT @misosuzuki: 講談社から単行本を二冊出しているが「デジタル的利用許諾契約書」というものが送られて来た。どちらも印税15%を一方的に印字して、全ての所有権は乙(講談社)に帰属する。とかいてある「実際の電子書籍の発売は、まだ決まっていませんが」とある
鈴木みそ @MisoSuzuki
新しいw! 残りの70%は誰の手に?RT @y_shigenari: 講談社は15%
鈴木みそ @MisoSuzuki
昨日の契約書ツイートが波紋を広げている最中ですが、ルンバが来ましたー!ヨメがいないので開けるわけにもいかずモヤモヤなう。 http://twitpic.com/30axxg
 拡大
ななよ(七代) @nana4_japan
@MisoSuzuki 突然のDMすみません。電子書籍の世界に絡んでいたこともあるので。講談社は単行本の初刷はどれくらいでしたか?返本率が高い場合、回収も含めて講談社としては電子化を独占すると思います。初刷の負債を回収したいと思うので(続く)
ななよ(七代) @nana4_japan
@MisoSuzuki (続き)他の出版社のリアル本の初刷の数字と版権料率および宣伝広告のスタイルと比較して、他出版社のほうが有利と考えれば出版社を移るというのも手だと思います。出版社を選ぶ権利は著作者にあるので。
ななよ(七代) @nana4_japan
@MisoSuzuki (続き)実際に「売れている本」を出している作家さんはそうやって、複数の出版社を跨いだり、有利な条件を引き出しています。逆に売れていない本の場合には、著作者に対する版権料の支払いなど、出版社が将来への投資をしています(続く)
ななよ(七代) @nana4_japan
@MisoSuzuki (続き)某出版社などは返本率7割は確実なのに、作家を育てるために初刷で1万刷って、その版権料を作者に支払い、返本分含めて逆ザヤになっています。作家から見て一番有利な出版社と契約をすればいいかと思います。以上、長々となってすみません。
ななよ(七代) @nana4_japan
@MisoSuzuki (追伸)一方的に送られてきたというのは、もしかしたら講談社全体の話じゃなく担当編集のスタンスかもしれません。実際にそういう担当編集いましたから^^;。編集部としては事前に作家に説明をしろと通達があったのですが、特定の担当が一方的に動いてしまった事例。
鈴木みそ @MisoSuzuki
@nana4_japan 複数の出版社で仕事をしておりまして、自分の場合、そのうちの出版点数の少ないものが講談社です。初刷は1,5万部くらいだったと思いますが、版を重ねて現在14刷か15刷。10万部を突破しましたから売れている部類だと思います。
鈴木みそ @MisoSuzuki
@nana4_japan 一月ほどまえにこれから電子出版をする。という野間副社長と手紙とともに担当部署の部長名で手紙が来ました。それには個別に対応するということでしたが、その後なんの話もないまま、15%という印字がされた契約書が来たので、それはないだろうというツイートをしました。
ななよ(七代) @nana4_japan
@MisoSuzuki 返信ありがとうございます。かなり売れている部類なんですね^^; 自分は全職で電子書籍配信を中堅出版社と共同事業でやっていたんで、その内情は理解しているつもりです。はっきり言って儲かりません(笑)
鈴木みそ @MisoSuzuki
@nana4_japan この作品は原作つきのため簡単に自分の判断だけで出版社を移動することはできないので、その場合電子出版を見合わせることも視野に入れつつ、講談社をつついてみようと思ってます。35%を提示し、30以下では出すつもりはありませんから。
ななよ(七代) @nana4_japan
@MisoSuzuki 前職の時も、ある担当が新人作家に電子書籍化をするという連絡すらせずに配信したケースがありました。自分がその作家のブログを見て気がついて、即座に編集長経由で作家に説明をしてくれと話をしたケースがありました。orz
鈴木みそ @MisoSuzuki
@nana4_japan 電子出版事業が儲からないことも十分に理解しております。そのあたりの取材と取材漫画も描いてます。それだけに一律15などというものを送付してくる無神経さに腹がたちました。お世話になった編集はすでに退職しているためになんのしがらみもありませんから(笑)
ななよ(七代) @nana4_japan
@MisoSuzuki 電子出版権だけ別の出版社というのは全然ありだと思います。頑張ってください。ただ、電子書籍ではベストセラー以外はエロマンガしか売れないのが現状です orz。エロマンガ自体もビジネスモデルが崩壊しつつある orz
鈴木みそ @MisoSuzuki
@nana4_japan ボクはプロの漫画家という形態がここ数年で一気に変わってしまうと思ってます。食べることすら厳しい時代になるでしょう。いろいろ勉強しながら生き残っていかないとなあと思います。もともと一人で作品を描いているのでコンパクトにやっていきます。そんな感じであります。
ななよ(七代) @nana4_japan
@MisoSuzuki 別のジャンルになりますが、雑誌が全滅したことで新人作家や新作を露出する場がなくなってしまって、作家育成・作品育成が出来なくなったケースがあります。そのジャンルの大御所が動いて電子書籍による媒体化を始めたのですが、その大御所が身体を壊して頓挫しそう。
ななよ(七代) @nana4_japan
@MisoSuzuki 音楽業界も変わりつつあります。CDによる版権ビジネスの崩壊に伴い、ライブを中心とした以前の姿に回帰しつつあるようです@知り合いの音楽業界から聞いた話。コンテンツの世界は大きく変わりそう。
鈴木みそ @MisoSuzuki
@nana4_japan 崩壊が5年先行していると言われる音楽は、ライブというものがありますが、漫画の一回生とはなにか、ということは考えてます。ひとつはライブでcdを売るように自費出版物をネットで直売したり出版社を通さない流通でしょうね。
ななよ(七代) @nana4_japan
@MisoSuzuki 1年ほど前でしょうか?電子書籍の大手販売が軒並み収益逆ザヤになり、大手取次(MBJ)に卸料率の一律10%前後引き下げをプッシュ。それを受けて取次が大手出版社に料率引き下げの頼み込みをしたことも影響かもしれません。15%の一律料率。
残りを読む(9)

コメント

ワス @wsplus 2010年10月26日
ルンバ買おうかなぁ
愛・蔵太(素人) @kuratan 2010年10月26日
ルンバの値段もまた微妙…。ていうか「アイロボット社」ってあるのか! 20年も前から!「iRobot 自動掃除機ルンバ 公式サイト」→http://bit.ly/8Y2bOf