2014/02/13 デブサミ2014【13-B-5】スプリントの正体 #devsumiB

Developers Summit 2014 Story http://event.shoeisha.jp/devsumi/20140213/ <講演概要> 現在、スクラムという開発手法が大変注目を集めています。スクラムでは、スプリントとよばれる約1ヶ月間のタイムボックスを繰り返しながら開発を進めます。しかし、なぜこのようなスプリントの運用がソフトウェア開発に有効に働くのでしょうか。 本セッションでは、スプリントで重要な3つの原則を紹介し、それぞれの原則を掘り下げな続きを読むDevelopers Summit 2014 Story http://event.shoeisha.jp/devsumi/20140213/ <講演概要> 現在、スクラムという開発手法が大変注目を集めています。スクラムでは、スプリントとよばれる約1ヶ月間のタイムボックスを繰り返しながら開発を進めます。しかし、なぜこのようなスプリントの運用がソフトウェア開発に有効に働くのでしょうか。 本セッションでは、スプリントで重要な3つの原則を紹介し、それぞれの原則を掘り下げながら、スプリントの本質に迫ります。 http://event.shoeisha.jp/devsumi/20140213/session/375/ <登壇者> 津田 義史 〔マイクロソフトディベロップメント〕 マイクロソフトディベロップメント株式会社 国内企業と外資系企業を渡り歩き、現在はテストエンジニアとしてMicrosoftで働いています。 著書に『実践 反復型ソフトウェア開発』、『Notes/Domino APIプログラミング』、訳書に『C++ テンプレート完全ガイド』、『ジェネレーティブプログラミング』があります。 <ハッシュタグ> #devsumiB
devsumib devsumi
s_kic 1198view 1コメント
1
ログインして広告を非表示にする

コメント

カテゴリーからまとめを探す