10周年のSPコンテンツ!
20
よんひゃん @cucamber_milk
差別って言葉を使わないと、読んでる人は安心するんだよね。ミョンスさんのツイートには反発して、わたしのブログ記事には共感する人って、わかりやすすぎ。
よんひゃん @cucamber_milk
わたしの力なんてほんとに微々たるもんだけど、自分が子供の頃したつらい思いを、いまでもしている子供たちがいると思うと、ちゃんとした世の中を作れない責任感じる。でもそれは、差別に対する怒りを感じてないつーことじゃないからね。
ナょωレよ″丶)ょぅすレナ @rna
@yhlee そりゃ差別問題が浮上したらマジョリティである自分とマイノリティとの間の闘争を覚悟しなきゃいけないから安心できないし、安心すべきじゃないでしょう。むしろイジメ問題でそれがないのはイジメ加害者と被害者の関係が多くの人にとって他人事だからじゃないんですかね。
ほつま @hotsuma
いじめとレイシズムの精神力動は同一 「学校現場に生かす精神分析 実践編」にこの問題への言及があったと思う / Togetter - 「いじめ自殺の背景にみえる民族差別」 http://htn.to/U4Sz9W
ナょωレよ″丶)ょぅすレナ @rna
@hotsuma 棘られてたのか。今朝の分足そうかなー。。。
ナょωレよ″丶)ょぅすレナ @rna
@hotsuma 精神分析はよくわかりませんが、心理の根っこは同じでしょうね、きっと。
ナょωレよ″丶)ょぅすレナ @rna
@hotsuma 洗脳、、、じゃなくて、教育で心理的なメカニズム自体をブロックしてしまうことが可能でそういう体制ができたら、イジメも差別も数世代くらいで解決するかもしれませんね。まあブロック自体が無理だと思うけれど。
金明秀 KIM, Myungsoo @han_org
紅茶飲んでTL追いかけてたら、空腹感が落ち着いてきたよ。今日はもうシャワーを浴びて寝よう。
金明秀 KIM, Myungsoo @han_org
うわー、ブクマ読んでみたら @rna 同調者の増殖っぷりがすげぇな。これが日本の現状なのかと勘違いしてしまいそうだぜwww
金明秀 KIM, Myungsoo @han_org
しかも、まとめのほうも痴れ者が編集に入ってグダグダになってるし。自分なりの正義感のつもりなんだろうなぁ。
ナょωレよ″丶)ょぅすレナ @rna
@han_org 「同調」されてる気が全くしないというのが僕自身の感想なんですが。
ナょωレよ″丶)ょぅすレナ @rna
@han_org 全くは言いすぎですかね。例えばどれを指して「同調」だと思ったのでしょうか?
金明秀 KIM, Myungsoo @han_org
ん? どの辺が違うと感じられたのか、よかったら解説してくれる? RT @rna: @han_org 「同調」されてる気が全くしないというのが僕自身の感想なんですが。
ナょωレよ″丶)ょぅすレナ @rna
@han_org たとえば「いじめる側にとって「デブ」「キモい」「○○人」などの口実はすべて同列」というのは僕の考えとは違います。何でも理由にできるけど、理由として選ばれるのは状況によります。社会にある差別もその一つ。
金明秀 KIM, Myungsoo @han_org
下からIDをコピーして三分の一まで来たけど、すでに飽きたw RT @rna: @han_org 全くは言いすぎですかね。例えばどれを指して「同調」だと思ったのでしょうか?
金明秀 KIM, Myungsoo @han_org
@rna へぇ。じゃ、これまでに抽出した9名のうち、半数以上が外れるな。
ナょωレよ″丶)ょぅすレナ @rna
@han_org まさかと思いますが「民族差別脳」みたいなのも僕に「同調」だと思いました?
金明秀 KIM, Myungsoo @han_org
「民族差別脳」って、「なんでも民族差別にしたがる認知のバイアスを抱えた痛い人」ぐらいの意味? で、ぼくをそう認定したんだろうと思ったかということ? だったらYesですね。 RT @rna: @han_org まさかと思いますが「民族差別脳」みたいなのも僕に「同調」だと思いました?
ナょωレよ″丶)ょぅすレナ @rna
@han_org 「民族差別脳」はそのぐらいの意味だと思います、たぶん。Yes なんですか…
金明秀 KIM, Myungsoo @han_org
最初が「差別問題に回収されても困る」で、「差別問題(が原因の一つ)ではまずいのか?」と何度尋ねても適切な回答は得られませんでしたからね。 RT @rna: @han_org 「民族差別脳」はそのぐらいの意味だと思います、たぶん。Yes なんですか…
金明秀 KIM, Myungsoo @han_org
@rna でも、それがぼくの誤解だったということなら、よかったら、あらためて説明してもらえますか?
SAKIYAMA Nobuo/崎山伸夫 @sakichan
. @han_org @rna さんとは別の観点ですが、民族差別に焦点をあてると、むしろ「差別する側」にたって追いうちをかける記事を掲載する週刊誌・月刊誌が出る可能性、というのは現実的に心配したほうがいいでしょうね。
ナょωレよ″丶)ょぅすレナ @rna
@han_org 差別問題が原因だとまずいなんて言ってないし、まずくないという趣旨のことは何度か言ったと思いますが。差別問題が原因であっても、問題の認識・処方箋の提案についての議論の軸が差別問題に「回収」されるなら、それはまずいだろうということです。
ナょωレよ″丶)ょぅすレナ @rna
@sakichan @osai さんが少し触れてたような話ですかね。カルデロン事件の時のカルデロン一家叩きみたいな。
金明秀 KIM, Myungsoo @han_org
@rna その主張は、2つの意味で同意できない。一つは、昨晩繰り返し述べた通り。すなわち、「(民族)差別問題に回収される」どころか、むしろメディア各社は差別問題ではないことを暗黙裡に示唆している状況だ。あなたの危惧は、リクツの上では理解できるが、現実には無意味でしょう。
残りを読む(106)

コメント

toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月28日
@rnaさん、「そりゃ差別問題が浮上したらマジョリティである自分とマイノリティとの間の闘争を覚悟しなきゃいけないから安心できないし」って、そう発想してしまうように調教されてる日本の「マジョリティ」が、そもそも病んでいるとしか言いようがありません。いじめて来た祟りが怖いとか、そういうことなのか?
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月28日
「いじめが発生しにくいアーキテクチャ」って恐ろしくシンプルなことだろうに。個々の人間が「まともな人間」になればよろしい、それだけ。いじめだの差別だの、まともな良心のある人間がやることではない。そんな基本も教えられないで「教育者」「教育機関」とは片腹痛い…と言ったら、いじめとか差別とかやって来た「マジョリティ」が必死で「逆差別だ」とか喚くんだろうな。自分に責任があることで責められてもそんなに辛いのに、いじめにせよ差別にせよまったく理不尽にそんな目に遭わされることがどれだけ辛いか、それを少しは想像するだけのま
ナょωレよ″丶)ょぅすレナ @rna 2010年10月28日
@toshi_fujiwara 反差別闘争ではマジョリティがマイノリティに糾弾されたり断罪されたり権益を削られたりするわけで、もちろんそれは客観的には正義なのだけど、利害当事者のマジョリティからすれば怖くて当たり前です。差別の自覚がない人、差別構造に気付かずフリーライドしてる人は「冤罪だ」って思うかもしれない。逆に、マジョリティに属する人で、うんうん、そうだよねーとか他人事みたいに言ってる人がいたら、そっちの方が天然でヤバいと思います…
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月28日
.@hasu0107「しかしいじめという別種の病とも考えられるわけでして、こいつは民族差別原因も含みますが同民族同士でも発生しています」…ってなんでそうやっていちいち区分けする必要があるねん?同質性に過度に依拠する集団の成員は、その同質性の維持に固執したいがためだけに異質のものを排除したりいじめたり差別したりする。そこがそもそも、人間としておかしいわけ。その子がフィリピンとの混血であって、いじめられたときに、その「異質性」が彼女の民族的出自に由縁する可能性が途方もなく大きいのに、そこをアプリオリに排除した
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月28日
@rnaさん 「反差別闘争ではマジョリティがマイノリティに糾弾されたり断罪されたり権益を削られたりするわけで」って、まずその発想がおかしい。あなたが例えば「在日」ではない「マジョリティ」の日本人であったとしても、あなた自身がたとえば「在日」を差別したりして来たことがなければ、堂々と胸を張っていられるはずだし失う「権益」なんて、せいぜいが「在日」をいじめる「権益」くらいなもの。まあその対象が「先進国からの帰国子女(現地校)」だったら、中学校くらいまでならそっちの方が圧倒的に勉強もできたり弁も立ったりするわけ
ナょωレよ″丶)ょぅすレナ @rna 2010年10月28日
@toshi_fujiwara 「個々の人間が「まともな人間」になればよろしい」それはアーキテクチャじゃありません。それがあまりにも難しいから「まともな人間」ではない人間(=フツーの人間)が多くてもいじめが発生しにくい空間設計・制度設計でいじめ被害を回避しよう、というのがアーキテクチャの話です。
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月28日
@rnaさんに続き。まあその対象が「先進国からの帰国子女(現地校)」だったら、中学校くらいまでならそっちの方が圧倒的に勉強もできたり弁も立ったりするわけで、たとえば「クラスの優等生」の座を奪われたりもするのかも知れないけど、それだって「権益」ではなく、単に個人的な能力の問題でしょう?
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月28日
@rnaさん、「「個々の人間が「まともな人間」になればよろしい」それはアーキテクチャじゃありません」であるのだとしたら、そんなアーキテクチャなんてではクソクラエでしょう。学校の、教育の、もっとも基本的な役割ってなんですか?
ナょωレよ″丶)ょぅすレナ @rna 2010年10月28日
@toshi_fujiwara 「あなた自身がたとえば「在日」を差別したりして来たことがなければ、堂々と胸を張っていられるはずだ」差別する側は自分が差別している(あるいは陰に陽に差別に加担している)ことを自覚できないことが多いのです。その事実を知った上で、我が身を振り返った時、堂々と胸を張ってなんていられないのが真っ当な感覚だと思います。
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月28日
「イジメの理由は被害者の属性の優劣ではなくて、行動や態度だったり、属性の場合でも、その属性がクラスの「和」とか「空気」を乱す時に…」@rnaさん。で、その「和」や「空気を乱す」のが彼女がフィリピン人との混血であったから、という可能性をなぜそうまでして必死に排除したがるわけですか?それが無関係でない方が、おかしいよね、残念ながら今の日本では。「子どもは気にしないはず」?バカ言っちゃいけません、小六にもなれば親に十分に刷り込まれてます。
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月28日
@rnaさん、「差別する側は自分が差別している(あるいは陰に陽に差別に加担している)ことを自覚できないことが多いのです」のなら、ではまずその自分の無自覚な冷酷さ、残酷さを恥じればいいだけの話です。非常に分かり易い自己逃避でない限り(つまりハタめには徹底的に軽蔑される以外にないエクスキューズの連打)、本当に無自覚である方が稀です。
ナょωレよ″丶)ょぅすレナ @rna 2010年10月28日
@toshi_fujiwara 申し訳ないですが han_org さんとのやりとりで既に話したようなことをあなたに通じるように言い換えて繰り返す、というのは負担が大きすぎて僕には無理です。僕は han_org さんのバックグラウンドについてはある程度知っていて差別問題についてある程度前提が共有できていることを当てにして話せますが、あなたとの間ではそういう条件が満たされていません。
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月28日
@rnaさん、「 han_org さんとのやりとりで既に話したようなことをあなたに通じるように言い換えて繰り返す」なんて必要がどこにもないことは、あなた自身がいちばん承知しているはずでしょう?こちらはそれを読んだ上で、あなたの言ってることの奇妙さを、指摘しているのですから。繰り返す必要なんてありません、先に進めた議論をお願いします。
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月28日
@rnaさん、「僕は han_org さんのバックグラウンドについてはある程度知っていて差別問題についてある程度前提が共有できていることを当てにして話せますが」って、要するにそうやって民族の差異によるレッテル貼りをしなければ議論ができないという、ご自身の差別意識を発露なさっていると理解してよろしいでしょうか?ちなみに僕は日本において民族を理由に差別されることがない立場です。これで納得できましたか?それとも「権益を失うマジョリティのはずなのに」とか邪推しますか?
m @myogab 2010年10月28日
ちょっと外れるかも知れないけど…。「いじめは理由が二の次」を認めても「差別はいじめの一種」が認められない理由の一つに、差別からくるいじめには、「優等生がルール違反者を指導する」心理が動因されてくる面もあり、イジメたい心理が都合良く理由を選ぶのとは異なる力学も働くから。その価値観は、周囲の大人や世論の論調との同調によって もたらされたりする。昨今の保守論調との同調とか。
バットウ @Battoh 2010年10月28日
まだやってたのかぁ。とりあえず自殺した子は女性だから、明白な女性差別問題だと思うね。
@sengoku380 2010年10月28日
報道されているニュースを一通り読んだ。最近の公立小中学校では【学級崩壊】しているケースが増えていると聞いたことがあるが、今回まさにそのケースに当てはまるのでは?学級崩壊も深刻なテーマだよ。最近のいじめ自殺問題とも関連性は大いにあると思う(民族差別に拘る人にとっては興味がないテーマかも知れませんが)。
放蕩息子と青瓢箪 @P_S_JP 2010年10月28日
まあつまり今回の件で言えば「民族差別“を”なくそう」なのか「民族差別“も”なくそう」なのかで話がずれてくるっていうことなんだろうな。包括的に「いじめをなくすにはどうしたらいいか」を考えているか、「民族差別をなくすにはどうしたらいいか」を考えているかの差、というか。
和泉 @IZUMI162i6 2010年10月28日
この問題でもにょもにょするのは「差別もいじめの一因」という話ではなく、「差別がいじめの原因」でなければならないかのような物言いをする人がいて、そういう人が否定された時に「差別もいじめの一因」である可能性を認めないのかと言い出すことだと思う。フィギュア萌え族とかと同じもにょもにょする感じ。裏を取った上でこうだったという話なら解るが。
@minazuki_eve 2010年10月28日
そもそも金さんがいつ「差別以外のいじめのことは考えなくていい」なんて言ったのでしょう。 一部の人には悪質な印象操作があるように思えますね。
@minazuki_eve 2010年10月28日
それともあれか「○○問題に回収する」という表現がまずいのか。 ○○に対する取り組みが決まりきっていて、その決まりきったことをやったらハイお終いということになって。
@sengoku380 2010年10月28日
民族差別をテーマにしないと議論が盛り上がらないかも知れませんが「いじめ自殺問題について包括的・多面的に考えてみる」場所を作っておきました。 http://togetter.com/li/63556
へぼやま @heboya 2010年10月28日
この纏め関係の件に関して、「それじゃあ民族差別の関係ないイジメの事などどうでもよいというのか!」 とぶりぶり言っている人が居たので、「例えば殺人事件が起きたとしてさ。ある人が、「この殺人の背景には民族差別問題がある」と指摘したときに、「殺人なんか全部駄目に決まってるだろ。それじゃあ民族差別のない殺人なんかどうでも良いというのか?」 と返す?」 と聞いてみたけど、それへの回答は無かった。
へぼやま @heboya 2010年10月28日
ある出来事、ある事件があって、そこに様々な問題が内包されているのであれば、その中でそれを受けて何か考えるとき、より自分にとってリアリティのある要素に注目する、のは誰だって当たり前の話。なのに何故、「そこに民族差別があったのでは?」 という指摘に感情的反発をするのか? というと、思うにその指摘は、「自分も(差別する側として)その加害者の一部だ」と指摘されているように思えるからではないかな。
へぼやま @heboya 2010年10月28日
「在る学校で起きたイジメ」にのみ収束させておけば、「それを糾弾する外部の正義漢」という立ち位置のままで居られる。でもそこに、「日本人というマジョリティが、外国人、ハーフのマイノリティをイジメという形で差別していた(差別感情を持ってイジメていた)」という構図になると、その図式においては第三者としてではなくマジョリティとしての当事者でもあることになる。だから、「俺まで加害者にするな!」 と、怒る。
へぼやま @heboya 2010年10月28日
ちょっと別な話。その意識の一つには、「自分は絶対にイジメになんか荷担しないマトモで善良な人間だ」という自意識があると思う。でもそれはおそらく間違いだ。イジメというのは、「悪い人間がいて、悪くない人間をイジメる」なんて単純なモノではなく、「共同体の構造的ひずみの発露」でもある。だから、そのひずみに嵌れば、誰でも加害者になる可能性がある。そしてその共同体の歪みとして、差別問題もある。
ぼうず @vouzenn 2010年10月28日
問題の切り分けってのは、難しいんだねぇ。
へぼやま @heboya 2010年10月28日
犯罪もイジメも差別も、そもそも社会的なものだから、それが実際に起きる場面では、「個々の当事者の内面的要因」、「その環境にある外的要因」、「タイミング、偶然などの機会的要因」が合致して起きる。「イジメ(犯罪)の加害者への教育」は、その一つめの内的要因を抑制する為のものだけど、それは二つめの外的要因自体を変えることにはあまり寄与しない。人は、システムや役割によって容易く変わるからだ。
へぼやま @heboya 2010年10月28日
これは言い替えると、人が何かをするときの「動機」と「理由」は、それぞれ別でもあると言うこと。内的な要因が、「なんかむしゃくしゃしてやった」という事だとしても、そこに理由、つまり、「あいつは○○人だから、イジメても良い奴だ」という口実を与えられれば、それを行える機会に実行しうる。内なる「動機」に、外部から差別を肯定するシステムにより「理由」を与えられ、それを実行しうる「機会」に巡り会い、実現する。
へぼやま @heboya 2010年10月28日
「外国人差別が、日本の社会システムの中に実際にある」という前提で言えば、つまり「このイジメの背景に、民族差別があったのでは?」 という指摘は、「つまり日本人全てが、このようなイジメの加害者たり得るシステムに寄与している」という指摘にもなりうる。そこに普段無自覚な人や、或いは半ば自覚的に差別システムに荷担していた人は、「それを言われたくない」。
へぼやま @heboya 2010年10月28日
差別心というのは内的要因だけれども、それを肯定するシステムというのは外的要因でもある。親が、周りの大人が、「差別というシステム」を肯定する言動をしていれば、子どもはそれを「理由」として受け入れる。だから、個々の当事者、加害者の内的な要因に対して、「イジメ、ダメ、ゼッタイ!」 なんて言葉をただ投げつけたところで、外側にそれを肯定するシステムが生きていれば、片手落ちになる。
へぼやま @heboya 2010年10月28日
勿論外的要因は、民族差別だけではない。学校制度そのものにもあるし、社会のもっと色んな場面にある。例えば貧困だってその一つだとも言える。障碍者差別もある。そういった社会の中にある外的要因をそれぞれに対処する事の中に、当然「民族差別というシステムを無くそう」は、含まれるのは当たり前のことで、在るケースにそれが関係していると思えるときにそれを指摘するのもおかしな話じゃない。
へぼやま @heboya 2010年10月28日
勿論今回の件にしろ、又別の件にしろ、実際にそれらの要因がどう噛み合ってどれだけ問題の中にあったのか、というのは別な話で、詳しく観てみれば、「今回の件には民族差別が大きい要因ではなかった」事もあるかも知れない。けど、反発する人の中には、「この兼において」ではなく、「いじめ問題に関して、民族差別という概念を持ち込むこと(=関係があると指摘すること)」自体を怒っている人が居る。それは、おかしい。
へぼやま @heboya 2010年10月28日
「民族差別という問題が、イジメという場において作用する、関係すること」自体を否定するのは、おかしい。加えれば、「民族差別だけ」そこから除外しようというのは無理がある。これを、「民族差別」意外に当てはめれば、どれだけおかしいか明確になると思う。で、その意識はやはり、最初の方にも書いたような意識ではないのだろうか? 「民族差別という問題は、自分が善意の第三者のままで居られない要因だから」
エターナル艦艦 @ss11223 2010年10月28日
これは外人顔だったからターゲットにされたんでしょ。「きっと〇〇人だからイジメられたんだ!」←これはネトウヨと同レベルの発想、がっかりだぜグルグルアイコン
さかいペット @sakaipet 2010年10月28日
むしろ民族差別を抜き出して特異的にしているように見えてしまいます。もちろんいじめには民族差別が原因になるものもあると思います。しかし、いじめ⇒自殺となってしまった今回の事件で(一般的な)民族差別が悪い!と言ったところで本当に解決したのでしょうか?
エターナル艦艦 @ss11223 2010年10月28日
民族差別よりも人種差別よりも今ぶっちぎりで一番深刻なのが職業差別、これは俺がリアルで実感してる。そういう事なんで誰か俺にいい仕事ください
@sengoku380 2010年10月28日
考えるべき論点は多いよ(学級崩壊、民族差別、移民・マイノリティ、教師の質、親の家庭教育、対処マニュアルの整備、マスコミ報道、教育政策、経済格差、自殺問題、日本人論、ゆとり教育 etc)
和泉 @IZUMI162i6 2010年10月28日
外国人差別がいじめの原因の一つだった可能性があるという話であれば誰も否定はしないだろう。だが「それが原因の一つではなかったなどと考えることはありえない」、つまり彼女の受けるあらゆるいじめにおいて外国人差別が必ず原因の一つでなければならなかったというのには飛躍がある。自分がもにょもにょしているのはその飛躍にある。
さかいペット @sakaipet 2010年10月28日
いじめの原因(種)は無数に、どんなところでも落ちていることを認識する(させる)こと、そして一線を越えないようにすること、行動に対して責任をとること・・・これらは原因が民族差別であるかどうかとは無関係だと思います。
さかいペット @sakaipet 2010年10月28日
もちろんその無数の原因の掃除は、一つでも減るように並行してやる必要はあるし、無駄に見えようが、難しかろうがやるべき。ただ、繰り返しになりますが、今回(そして今後のいじめ)の事件の責任を外部要因にしてしまうことは、解決にはならないと思います。
@justamemory 2010年10月29日
いじめについては「本人がどうしようもない問題を理由に人を傷つけてはいけないよ」という教育を徹底すると同時に、いじめられそうな子たちが防衛したりイジメを回避する手段、その親がとるべき対策を考える必要がありますね。それで差別が原因のいじめも解決できるでしょう。それでも、「いじめられてはいないけど孤立する人」は出てくるでしょうから、そういう人の心のケアも必要です。民族問題は民族問題で、いじめと別の文脈で考えたほうが良いと思います。
keyray @Keyray7 2010年10月29日
単に「民族差別」説は仮定に仮定を重ねてるから反発されてるだけです。俗流精神分析なんか要りません。
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月29日
結論はここで出ていますな→RT @heboya 「在る学校で起きたイジメ」にのみ収束させておけば、「それを糾弾する外部の正義漢」という立ち位置のままで居られる。でもそこに、「日本人というマジョリティが、外国人、ハーフのマイノリティをイジメという形で差別していた(差別感情を持ってイジメていた)」という構図になると、その図式においては第三者としてではなくマジョリティとしての当事者でもあることになる。だから、「俺まで加害者にするな!」 と、怒る
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月29日
@minazuki_eveさん、『それともあれか「○○問題に回収する」という表現がまずいのか。 ○○に対する取り組みが決まりきっていて、その決まりきったことをやったらハイお終いということになって』という思い込みが「民族差別に【すり替え】るな」論者にはあるんでしょうが、差別をなくす教育というのは、いじめをなくす教育とほぼイコールなんですよね。一部の自称「いじめ被害者」はそこに気付かずに、「民族的マイノリティだけ優遇されている」と思い込んでしまっているのも、この奇妙な議論の原因のひとつ。
@justamemory 2010年10月29日
民族差別については、日本だけが加害者ではなく、日本に住んでいる朝鮮籍の方も加害者になる可能性はあるのです。一方的に日本の側だけを糾弾するような論調では、「民族差別」は解決しないでしょう。マイノリティは虐げられている(と感じてる)かもしれませんが、善人というわけではありません。民族差別について考えるなら、お互い人間としてフラットに考える誠実さが欲しいものです。日本人だけが民族差別をするとして攻撃するならば、それこそ差別です。
@justamemory 2010年10月29日
また、朝鮮学校で育った方に民族差別によるいじめについて語られるのも不思議なものです。朝鮮学校という存在は、歴史的背景がどうであるにしろ、民族主義的な集まりです。ですから、そこに多民族がやってきて「民族差別行為の加害者になる」という状況が無かったのです。もし、そのクラスに日本人が入って来て、父親がガチガチのウヨクでレイシストだったとして、そのクラスでいじめの標的にあわなかったと言えるでしょうか。どこかのクラスではいじめの標的になっていたのではないでしょうか。そういうことについて考えたことはありますか?
@justamemory 2010年10月29日
「俺たちは絶対にそんなことしない!」と一瞬でも思った方がいたら、それが日本人の多くが同様に感じていることでもあるということを、理解して欲しいです。フラットな立場で民族差別を考えるというのは、そういうことです。また、先ほどのコメントの例で、民族差別といじめは必ずしもイコールではないこともご理解頂けると思います。いじめの方から解決していくべきです。
MersA @mersa_k 2010年10月29日
後日の関連ツイートを追加しました。
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2010年10月30日
自分と無関係に出来るから民族差別を否定~って文脈が散見されるけど、虐め経験者は多分「民族差別が絡む虐めだけを取り上げたり特別視しやがって、俺が受けた虐めは同でも良いと思ってんだろクソが」と大真面目に思ってる気がします
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2010年10月30日
全体のまとめ見て頭冷やしたけど、まあ言ってしまえばひがみ根性なんだけど、このひがみ根性は自分自身の資質かと思っていたが、どうも前のコメントやら見ると虐めにはこのひがみ根性を植えつけるだけの力があるのでしょうね(自分のような軽度なものでも)
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2010年10月30日
ちなみに善意の第三者と言う人間はそうそう居るものでは無いと思います、様々な立場があるでしょうが大体の人は傍観者と言う名の関係者になった経験があるはずだと思うから
りょーこ♪ / Lyoco @happyspeaker2 2010年10月31日
ちなみに、関係者の証言や事実関係から民族差別がいじめの原因の一つであると疑われる場合、それはきちんと報道されるべきであると思う。この点に全く異論は無い。
りょーこ♪ / Lyoco @happyspeaker2 2010年10月31日
だが、そういった裏づけが不明瞭な第一次報道から、被害者のエスニシティ、民族差別の可能性を示唆すべきなのだろうか。それを民族差別と受け取る方がいないかと危惧する。
りょーこ♪ / Lyoco @happyspeaker2 2010年10月31日
仮に民族的マイノリティが加害者だとした場合、初期報道からエスニシティ、民族差別に対する社会的不満が犯行理由の可能性を示唆すべきなのだろうか。
りょーこ♪ / Lyoco @happyspeaker2 2010年10月31日
こういった報道は、全ての民族マイノリティが民族差別に対する不満から犯罪を犯し得るという、間違った印象を植え付けてしまうのではないだろうか。
りょーこ♪ / Lyoco @happyspeaker2 2010年10月31日
恐らく民族差別はいじめの原因の一つではあっただろう。それは報道されるべきだ。だが、同時に、証言や事実によって裏づけされた上で報道されるべきではなかろうか。
りょーこ♪ / Lyoco @happyspeaker2 2010年10月31日
単に論点が違うだけ。 ”いじめ”について話したい方と”民族差別”について話したい方がいる。 いじめについて話したい方は、いじめは民族差別だけじゃなく様々な理由が複雑に絡まって生じてると言ってるだけ。 民族差別がいじめの一要因でないとは言っていない。 どう?
Enji08 @Enji08 2010年10月31日
金氏は論理的に考えれば民族差別が関連しているのは明白であり,現地取材してなおそれが見えないことはありえない,よって報道していないのは「意図的な隠蔽」と考えているのではないだろうか。
Enji08 @Enji08 2010年10月31日
反対者の多くは,「おそらく差別が原因と思うが,現地取材しないと確信を持てない」「現地取材した記者も確信を持てなかった可能性だってある」と考えているように思う。従って金氏の「断言」がある種の決めつけや思い込みに見えるのだろう。
Enji08 @Enji08 2010年10月31日
また,『「いじめ」だけなら断定的でなくても動くのに「差別」に対しては動かないのはダブルスタンダード』という主張でもあるように思う。「存在が濃厚であるのに断定されるまで問題にしない」姿勢は「差別問題」にのみ恣意的になされる態度なのかどうかはよくわからないが。
イシカワ=サン @GOZEN_R_SAN_2 2010年11月1日
今回のいじめで民族的側面があったしたら、それが特段取り上げられなかったのは、意図的に隠蔽したというような陰謀論みたいなことではなく、ただ単に現地で報道できるだけの材料を集められなかったマスコミの無能故だと思う
believe @aLdQYdQ2qEKmDSm 2018年3月1日
差別意識があるから、いじめの問題も?解決できないと個人としては感じられます。同じ人間ですし、平等に生きていける社会を実現したいと、個人的には願ってやみません。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする