2014年4月16日

キャプテン・アース視聴感想

2014年春季の新番組キャプテン・アースの視聴感想を予定しています。
1
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

さて、キャプテンアースを視聴し始めた。とりあえず触りの1話を今から色々呟く事にしよう。

2014-04-16 20:52:39
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

正直キャプテンアースについて感じたことについてだが……第1話を見た印象では「凄く勿体ない」といった印象がある。

2014-04-16 20:53:42
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

正直申し訳ないが、この「凄く勿体ない」については舞台の設定が思いっきり失敗している所が大きいと感じた。この舞台設定が違和感が爆発してしまった為私は見ながら「何故?如何にも?」とただ終盤の方は首をかしげながら見てしまった。

2014-04-16 20:55:28
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

擁護すると、主役ロボット“アースエンジンインパクター“については本当にカッコいい。いきなり戦いに巻き込まれたダイチを乗せたメカニックがそれぞれの宇宙ステーションから打ち上げられていき、丁寧にドッキングする過程を描いた所は特筆に値すると思う。

2014-04-16 20:56:28
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

正直な所単体の主役ロボットとしてならば、今季の中で”これだよ、これ!”と言っていたかもしれない。

2014-04-16 20:57:02
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

それが手放しで喜べない理由に関しては、そのアースエンジンインパクターが存在している舞台に納得がいかないものがあった所が大きい。ここの舞台設定で徐々に分かるような仕組みとして考慮しても説得力が欠けている事はしちゃいけない所だったかと。

2014-04-16 20:58:17
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

導入部からすると、“やりたいことは何か?“”父はキャプテンと呼ばれていた”といった所で、青春の中で生き方を模索する高校2年生としてダイチを書いていた所は無難ながらも良く出来ていたとは思う。仮に日常に足をつかせた身近な作風だったならばここで破綻が起きなかったかもしれない。

2014-04-16 20:59:40
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

そこで宇宙からの侵略者が現れて、ダイチが戦わなければ!と思う所にただ違和感しか残らないで終わってしまう。ここ辺りの”突然の敵を前に戦いに巻き込まれる”所の動機づけが重要な要素なのだが……

2014-04-16 21:01:15
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

前者に関しては、冒頭のナレーションで“地球はそう平和でもない“と言及していたが、そこの地球がどうして危ないかの描写が、敵襲をダイチが知るまでは全く描かれておらず、ダイチの日常での友人やモブの人々からもその様子が全然伝わらない。ここら辺シドニアの騎士と正反対な所になってしまっている

2014-04-16 21:02:39
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

また、ダイチが敵襲を知った時に”あいつらを地球に来させたら駄目だ!“的な事を言うが、その他の人々に危機感が全くないため「何故彼だけ知っているのだろうか?」との疑問点がかえって浮かぶばかりであり。

2014-04-16 21:03:49
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

そしてそれ以前に、宇宙規模の戦闘が展開されながら地球が何故平穏なのかの動機付けをしっかりしてほしいとは思った。この件に関しては何やら関係性の深いスタードライバーだと、ゼロ時間と呼ばれる特殊戦闘フィールドでロボットバトルが展開していた訳で、いわば現実の世界から乖離した場所。

2014-04-16 21:05:19
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

だからスタードライバーで「舞台設定とかみ合わない!」とは言っても「そりゃ違う次元だからしょうがない」といった納得させられる所があるので問題がなかったが、こちらは宇宙とは言え同じ現実。平凡な日常でどうしてスーパーロボットの切り札が必要な宇宙戦争が隣合わせになっているのかと。

2014-04-16 21:06:23
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

ここら辺のモヤモヤがキャプテンアースを「凄く勿体ない」と評した大きな理由だと思う。ダイチが戦う動機づけに関しても、身近な所で説得力が乏しい。「父がキャプテンで自分はどうか分からない」とのニュアンスの台詞は分かるが、そこからあいつを倒さなければいけないとはちょっと繋がらない。

2014-04-16 21:07:35
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

ここで父が何故死亡したかなどのダイチの知らない姿について知らさせる事があれば、父の道を自分でも歩く!と思わせる動機付けが出来ていて、それこそキャプテンとしてらしい感じがあったかもしれない。また身近な相手の危機などでも良かったかもしれない。

2014-04-16 21:08:28
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

といったところで、ロボットはカッコイイのに!が褒め言葉にならないのは個人的に残念な所。ただここからどうやって開拓していくか次第でもあり、そこは見守らなければやはりいけないところなのかもしれない。

2014-04-16 21:10:05
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

さて、今朝から視聴感想。キャプテン・アースの2、3話について。

2014-05-11 09:13:30
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

なのだが、第1話視聴時点で真っ先に惜しいが思い浮かぶと言った訳だが、2、3話もあまりそのスタンスが変わらない所であり……残念ながら今の所スタードライバーをぎこちなくしてしまったような作品に映ってしまっている所が大きいかもしれない。

2014-05-11 09:15:07
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

スタードライバーでは学園青春物とロボットアクションをゼロ時間のギミックで住み分ける事に成功したと思うのだが、こちらだと3話辺りから4人の青春群像劇を盛り込む姿勢が見られるも、学校ではなく防衛組織に管理されている背景がイマイチ物足りないかもしれない。

2014-05-11 09:17:36
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

また前回も書いたが、スタドラと違って異世界ではなく地球付近の出来事としてロボットバトルが描かれているのだが、この辺世間の人々や防衛関係の描写が殆どされていないので違和感が強くなってしまう。

2014-05-11 09:18:50
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

これはそういうものとして割り切らなければいけないのだろうか……?世界観の作り方としては今季の中では一番甘いと言わざるを得ないかもしれない。

2014-05-11 09:19:29
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

また、2話で顕著だったがダイチのキャラが急に変っている印象も宜しくなかった。1話では特にやることのない内向的な少年だったはずが、いつの間にかタクトのように純粋で活発な性格になっており、そこら辺も妙な印象を与えてしまっている。第1話でダイチがはじけた所を書けばよかったが……

2014-05-11 09:21:00
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

と何かこっちは作画や主役ロボットのデザインは凄くカッコいいのに、コンセプトや舞台設定がそれについていけていないなぁ……とやはり勿体ない。ダイショーグンは何とか微妙な印象から脱したがこちらはあまりそれが変わっていない。

2014-05-11 09:22:20
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

第2話……インパクターの流星ミサイルマイトを彷彿させる技がわりかしカッコ良かった印象がある今回。ただダイチがテッペイやハナを解き放とうとする行動や、彼らに対してむじゃリナ様子で接していたりする所辺りはキャラとしてブレを感じた。ライブラスターについてもあまり分からず……

2014-05-11 09:24:44
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

第3話……冒頭の嫌みなメガネ(名前分からない)に対して司令官としての気骨を見せつけてくれるツトムさんの株が上がるも、その後アカリとの隠し子関係のネタで一気に株が下がる(あくまで本編中で)ネタ辺りは素直に面白かった。魔法少女属性のアカリは結構ぶっ飛んでいるがこのネタとしてはあり

2014-05-11 09:26:43
残りを読む(89)