限定公開でまとめを作れば、相互フォローやフォロワー限定でまとめを共有できます!
9
安東量子 @ando_ryoko
福島のエートのサイトに、5/10、11に南相馬ゆめはっとで行われたICRPダイアログセミナーの動画とスライド資料を順次掲載していっています。ethos-fukushima.blogspot.jp/p/icrp-dialogu…
安東量子 @ando_ryoko
いつも撮影、機材提供、編集、サイト作成まで、ご協力いただいている方々に、心から御礼申し上げます。ethos-fukushima.blogspot.jp/p/icrp-dialogu…
安東量子 @ando_ryoko
1日目の最初の発表、南相馬市復興企画部企画課の高橋さんの発表をまずご覧頂くと、南相馬市の現在おかれている状況と対応せねばならない課題の多さが非常によくわかるのではないかと思います。ethos-fukushima.blogspot.jp/p/icrp-dialogu…
安東量子 @ando_ryoko
その後の、南相馬市在住の方々の発表で、多様な状況が浮き彫りになるかと思います。個人的には、小高ワーカーズベース owb.jp の和田さんの試みに興味を引かれました。ethos-fukushima.blogspot.jp/p/icrp-dialogu…
安東量子 @ando_ryoko
午後のセッションでは、ノルウェーからおいでいただいた発表です。今回は、NRPAからの通訳さんが同行されていたので、日本語が動画音声に入っています。ethos-fukushima.blogspot.jp/p/icrp-dialogu…
安東量子 @ando_ryoko
ノルウェー中部の少数民族南サーミの、ナジラ・ジョマさん。youtube.com/watch?v=EAuXoA… 以前にもダイアログセミナーにおいでいただいてお話をされていますが、非常に興味深く、貴重なお話と思います。
安東量子 @ando_ryoko
チーズ工場経営者のセヴェン・ハープネスさん。最初に会場でチーズが配られました。破局から成功へ、というタイトル通り、放射能汚染の影響を受けて非常に困難な状況に陥った後の苦闘をユーモアを交えながら、詳しくお話下さいました。youtube.com/watch?v=xqm9jH…
安東量子 @ando_ryoko
山羊放牧農家のカリ・ハガセスさんと、マリット・エデガーデンさん。一昨年秋に訪れた際に実際に農場にお邪魔してきましたが、山羊たちが羨ましくなるくらい本当に風光明媚な美しい場所に農場があります。youtube.com/watch?v=i1Fjxo…
安東量子 @ando_ryoko
ダイアログセミナーについては、過去のもの含めてtwitterでの実況がTogetterでまとめられていますが、すべての内容はおえていませんし、不正確な部分も多々ありますので、興味をお持ちになった発表については、ぜひ動画本編でご確認いただくことをお勧めいたします。
安東量子 @ando_ryoko
ダイアログセミナーに関する資料は、@birdtakaさん管理のatwiki に、網羅して下さっていますので、こちらもあわせてご利用下さい。www59.atwiki.jp/birdtaka/pages…
安東量子 @ando_ryoko
現在の南相馬市の人口約63,000人は住民票登録者数で、実際に居住している総計は47,000人程度だそうです。震災発生時は、71,561人と南相馬市のページにあります。city.minamisoma.lg.jp/index.cfm/10,8…
安東量子 @ando_ryoko
ダイアログセミナー、1日目の対話セッションまで掲載しています。このセッションがいちばんポイントなんですが、過去の動画でも、ここまで見ている人は、たぶん、相当少ない、強者だと思います。ethos-fukushima.blogspot.jp/p/icrp-dialogu…
安東量子 @ando_ryoko
発言が2巡回ってきます。1巡目の時は、みな、自分の言いたいことを言うので、怒りをぶちまける人もいますし、不安や不満を率直に言う人もいますし、前向きに話す人もいます。2巡目になると、周りの人の話を聞いて心が動くのか、1巡目とは違う、本音のところが見えてくるようになる。
安東量子 @ando_ryoko
2巡目になると、怒っていた人は、その怒りの後ろ側にあるものをふっと見せるし、不安や不満の人も、でもこんないいことも、というときもあるし、逆に、前向きの人も不安などを覗かせたりする。
安東量子 @ando_ryoko
(だから、私みたいに毎回出ている人間の喋ることは、聞いていると、逆に、つまんないだろうな、と思う。)
安東量子 @ando_ryoko
5/10,11 南相馬ICRPダイアログセミナー2日目の収録も順次公開していっています。ethos-fukushima.blogspot.jp/p/icrp-dialogu…
安東量子 @ando_ryoko
2日目の最初は、「避難者と準避難者」という題で、避難から帰還された方、短い期間避難して留まった方、現在も避難している方、お三方それぞれの立場から、私の司会で、それぞれお話ししてもらいました。私の声が聞き取りづらくて、申し訳ないです。youtube.com/watch?v=4liOy6…
安東量子 @ando_ryoko
それぞれの立場や状況、世代によって問題にしていること、していないこと、気にしていること、していないことが、どこが同じでどこが違うのか、この対話で、かなりくっきり見えているのではないかと思います。
安東量子 @ando_ryoko
対話参加者の門間さんが老人介護施設勤務の子育て世代で、鈴木さんが高齢者世代に属し、避難中の田中さんはちいさなお子さんをお持ちです。あわせて、1日目の南相馬市役所の高橋さんのスライド資料をご覧頂けると、地域の状況がよくわかると思います。docs.google.com/file/d/0BxqSmD…
安東量子 @ando_ryoko
スライド資料9枚目に人口グラフがありますが、20〜65歳の生産年齢人口が、H23:43,264人 → H25: 28,986人と14,278減となっています。この結果、年少児を持つ若い世代を中心に避難し、急速な高齢化(25.9%から33.3%)が進んだことになります。
安東量子 @ando_ryoko
震災後の南相馬市からの転出者の9割超が50代以下だそうです。そのため、家族内で若い世代だけ避難しているところもあるため、介護を必要とする人は増えているのに、介護をする側は足りない、という状況に陥っている、とのことでした。
安東量子 @ando_ryoko
これは、いちど避難した地域は、どこも直面する問題だろうと思います。
安東量子 @ando_ryoko
ただ、その後の、発表だったか対話セッションの中で、雲雀ヶ丘病院の堀先生が、孤独死や介護問題は、実は、東京など大都市の方がもっと切実でひどく、福島では地域のコミュニティで補っていたものが震災で弱体化した結果あらわれたのだけれど、それでも東京よりはマシだと思う、と発言されていました。
安東量子 @ando_ryoko
これから高齢化が進む東京など大都市部は、もっと大変なことになる、ということを言われていたことが、個人的には印象に残っています。
安東量子 @ando_ryoko
もちろん、だから、南相馬市の状況がマシ、と言いたいわけではなくて、こうした他地域の状況と比較する視点が入ることも、重要だなと感じたのでした。
残りを読む(8)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする