漫画家 松田未来氏「物語の構造論で面白い話が書けない理由」

「物語の構造論で面白い話が書けない理由」http://bit.ly/aikWql の続き 松田未来「よく漫画家同士でも「なんか法則とか公式の類は無かろうか」と話すのは良くあること。でも結局セオリーはあってもそれだけでは物語は出来ない結論になる。」
漫画 物語論 漫画製作 ストーリーメイキング マンガ 松田未来 漫画tips ストーリーテリング シナリオ 脚本
wsplus 17574view 3コメント
110
ログインして広告を非表示にする

コメント

  • 紙魚 @silver_fishes 2010-11-18 14:32:55
    “漫画家が一般人から言われて一番うんざりする褒め言葉の一つに「よくこんなお話考えつくねー」があるけど(もうひとつは「絵、上手いねー」”マジか。前者は「センス・オブ・ワンダーを感じた」みたいなものだと思うし、後者も「感動と賞賛」だと思うんだけど、それ「うんざり」か。漫画家相手だと一般人でも技術論か何かに踏み込んで褒めなきゃいけなかったりするんだろうか。
  • ワス @wsplus 2011-02-20 06:08:11
    >silver_fishes 「好きです」「おもしろい」が一番かと。認めてもらいたい訳じゃなく面白さが伝わって欲しいから作品を作ってるので。
  • Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2014-05-29 00:07:45
    言う必要のないことは言わないほうがいい、か...ただ、「そう感じてしまったことの感想」なら、そういう感想として受け止めてもらうというのも交流ではある気がしますが、どうしたもんかな。

カテゴリーからまとめを探す

「海外」に関連するカテゴリー