34
ふくろう @0wl_man
架空の書店の架空のブックカバー、すてきだ。架空の書店は、妄想すればするほど楽しい|「架空の本屋さんの、架空のブックカバーの展覧会」ブックカバー募集 bookkaba.lolipop.jp/logos/?page_id…
ふくろう @0wl_man
「ブック・ペソア」すべての著者はペソアの異名であるというコンセプトのもと、世界中の文学と詩を異名棚に配置する #架空の本屋
ふくろう @0wl_man
「読書感想文庫」夏休みの課題として書かされた読書感想文をポップの代わりに配置。感想文の書きやすさとページ数、そこからうまれたアウトプットを総合評価した独自のランキングを導入。カレンダーはいつだって8月31日。店内でラムネが飲める #架空の本屋
ふくろう @0wl_man
「Never Ending Books」それぞれの書籍に、店員や読者が後日談をタグづけていくAR型本屋。「架空の後日談を読んで本を選ぶ」がコンセプト #架空の本屋
とまべち みお @tayutauao
行ってみたいな。ブック・ペソア。ペソアという名の涼しさと色気に 想像だけですでにぐっときている。“@0wl_man: 「ブック・ペソア」すべての著者はペソアの異名であるというコンセプトのもと、世界中の文学と詩を異名棚に配置する #架空の本屋
箱[いぬ いぬ] (倉田タカシ) @deadpop
「調理できます」の札があり、頼むと本をn枚におろして読みどころだけを売ってくれる。二段組の本の上半分だけ、あるいは三分割した真ん中だけを売ることもあり、そうやっても楽しめる本があることにうぶな読み手は驚く。 #架空の本屋
箱[いぬ いぬ] (倉田タカシ) @deadpop
傍線の引かれた本だけを売る書店。本は新品だが、古民家を改装した店舗のかつての住人である作家の霊が、どんどん読んで線を引いてしまう。辛辣なコメントも付す。パラパラ漫画なども描く。購入すると大きく体調を崩す。 #架空の本屋
素麵 @newwmen
住宅街を軽トラックで移動しながら売り物の新書タイトルを読み上げつづけるさおだけ式移動型書店 #架空の本屋
Дая@光と私語 @nanka_daya
とある喫茶店で読み終えた本をマスターに渡すと、小さな金属がもらえる。金属には何やら書いてあるが私たちには読めない。三軒隣の古書店に金属板を持ち込むと、こっそり岩波文庫と交換してくれる。岩波文庫には背表紙に星が記されている。金属板と星のレートは月齢に合わせて変動する。 #架空の本屋
Riyama_Teiji @l7jwed
洋書を売る店。そこかしこに訳者が立っていて、「やってください」とお願いすると、原作者のやくを演じてくれる。身振りつきで。#架空の本屋
syouko @Lacus_Temporis
店の入口にはこの詩が掲げられている。 #架空の本屋 #ブックペソア "@FPessoa_b: ああおれはなぜ あらゆるひと あらゆる場でないのか!"
syouko @Lacus_Temporis
一部分類が間に合わず、トランクごと展示、バラバラの詩片が販売されている。 #架空の本屋 #ブックペソア
白ばらとばら紅 @gekkatu
買いたい作家の名前を聞かれて答えると、その作家が ①いちばん好きな作家 ②天敵として悪口を言っていた作家 の本が出て来てどちらかを選んで買えと迫られる たまに一冊しか渡されないことがあって、それは①と②が一緒だということ #架空の本屋
ふくろう @0wl_man
「発掘堂」新しい本を発掘するのが好き、という客の言葉を真に受け、店主が店内の壁に地層を導入。客は移植ごてを手に、地層に埋もれた古書を発掘する。アンモナイトや光くじらの骨などの化石を発掘した場合、割引券と交換できる  #架空の本屋
桑 昌実 @kwamasame
その本屋に書籍はありません。作家がいるのです。読者は、執筆依頼をするためにその本屋を訪れるのです。自分だけの理想の本を求め、読者は何度も足を運び、作家と綿密な打ち合わせをします。依頼する側と請ける側双方が、よいものを創り上げるため、真剣に話し合います。 #架空の本屋
桑 昌実 @kwamasame
そうして読者と作家は上梓の日を迎えます。長かった苦労の数々に感慨を覚えるのも束の間、打ち合わせで粗筋はわかっているし、没案のほうがよかったかもといった様々な不満が胸を満たすようになり、「本は一生に一冊のものではないのだなあ」とどの読者も口を揃えて言うのです。 #架空の本屋
奥村ペレ @okumurapele
レトロな琺瑯看板に「蝶と蟹」の絵。下辺に恥ずかしそうに書かれた屋号" festina lente (ゆっくり急げ) "。間口一間の引き戸を開ければ左右に65インチ4Kディスプレイ画面が。左は『新釈漢文大系』、右はgoogleの翻訳。奥は「ドンキ」のような書物の迷路だ。#架空の本屋
Дая@光と私語 @nanka_daya
やたら天井の高い店内の、中央に大きな円柱が鎮座している。この店の円柱には『大菩薩峠』が掘られている。円柱を一回回すだけで大菩薩峠を読破したのと同じ達成感を味わえる。当然の如く、円柱は大変重い。 #架空の本屋
香椎 @soupazul
古本屋と銘打ってあるのに、並んでいるのは未来の奥付ばかり。 #架空の本屋
桜葉星菜。🎲Seina. Sakuraba @senappa
毎日、着替えをする本屋さん。毎日、きらきら、ふわふわの可愛い制服を着たお嬢さん店員さんたちが迎え入れてくれる。本のラインナップも、毎日変わる。ただただ変わらないのは、変われど変われどすべての本を把握し、こころから愛する店員さんたちだけ。 #架空の本屋
syouko @Lacus_Temporis
まさかの版元明記間違いにより再掲。大変失礼致しました。 膨大な異名者による詩片の中に、一文だけ名前が記されていない詩が存在する。 #架空の本屋 #ブックペソア (思潮社版の『不穏の書、断章』を読んだ時はびっくりしました…)
EriQoo🍂 @erierifw
その本屋へ行くと必ず読みたい本が一冊みつかる。忘れてしまった大事な何が書かれている大切な本がみつかる。しかし一冊以上を望んで探してはいけない。探した瞬間あなたが棚に吸いこまれて本になってしまう。 #架空の本屋
えっくす MPは売り子 @sk56rn_x
一人称の物語の本ばかりを取り扱う本屋。町はずれの雑木林に埋もれるような小さな店舗。 綴られている物語は誰かの見た夢。本を購入すると、その本の夢の続きが見られるが、二度とその本屋にはたどり着けない。 #架空の本屋
残りを読む(263)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする