編集可能

Nazisによる「芸術弾圧」と、日本における「言論封殺」と「ファシズム」と―――石原慎太郎氏は、なぜ「文学者ですらないのか」・・・東京都の表現規制と関連付けて

まとめました。
石原慎太郎 ナチス 退廃芸術 学者 言論弾圧 表現規制 文学者 ファシズム 作家 ドイツ
19
『ヴァティカンの正体』筑摩新書/岩渕潤子 @tawarayasotatsu
尖閣ビデオ流出問題、半島リスク、ウィキリークスなど「情報統制」について考えさせられ、NHKがベルリンの100年、マレーネ・ディートリヒ特集などがやっていたので、思うところがあって、大学院のゼミで"退廃芸術"の再現展(http://bit.ly/h1nrXe)を取りあげた。
『ヴァティカンの正体』筑摩新書/岩渕潤子 @tawarayasotatsu
ナチスが最先端の現代美術を弾圧するため、自国民に「異常者の表現とはこんなもの」と啓蒙するために行った国家的巡回展「退廃芸術展」は、近現代の美術史を学ぶものにとっては無視できない歴史事象だ。東西ドイツ統一後、これを再現して検証する展覧会が行われ、PBSがドキュメンタリーを制作した。
『ヴァティカンの正体』筑摩新書/岩渕潤子 @tawarayasotatsu
アメリカで再現された「退廃芸術=Degenerate Art」展は1991年、LACMAが企画し、シカゴ・アート・インスティテュートへも巡回した歴史的な展覧会で、そのカタログはオンライン(http://bit.ly/h1nrXe)で閲覧できるようになっている。
『ヴァティカンの正体』筑摩新書/岩渕潤子 @tawarayasotatsu
LACMAが取り組んだ「退廃芸術=Degenerate Art」展の再現(http://bit.ly/h1nrXe)ドキュメンタリーでは、当時、ナチスの党機関紙の文化部記者だった女性や、弾圧の対象とされた画家の遺族らのインタヴューを多く採録しており、心を揺さぶられる内容だった。
『ヴァティカンの正体』筑摩新書/岩渕潤子 @tawarayasotatsu
ナチスが言うところのEntartete Kunst(退廃芸術=Degenerate Art)の作家には、その後世界の近・現代美術の祖と言われるようになるモンドリアン、マックス・ベックマン、ブランクーシ、カンディンスキーなどのそうそうたる人々が含まれていたことは衝撃的である。
『ヴァティカンの正体』筑摩新書/岩渕潤子 @tawarayasotatsu
ナチスによってEntartete Kunst(退廃芸術=Degenerate Art)の烙印を押された最先端の現代美術家たちは、当時の美大生たちのヒーローだった。そのため、嘲笑を目的とした展覧会には「もう二度と見れない」かも知れないと危機意識をもった学生たちが詰めかけたたという。
『ヴァティカンの正体』筑摩新書/岩渕潤子 @tawarayasotatsu
Entartete Kunst(退廃芸術=Degenerate Art)展には200名以上の作家が含まれており、その中で実際にユダヤ系だったのは12名ほどに過ぎなかったが、「同性愛的」「精神が腐っている」「後進国の文化を想起させる」などの一方的な理由で「ユダヤ」と看做された。
『ヴァティカンの正体』筑摩新書/岩渕潤子 @tawarayasotatsu
日本の満州占領も批判した反ファシズムの作家、ロマン・ロランは「本が燃やされた後には人が燃やされることになる」とナチスの焚書に警鐘を鳴らしたが、実際にその後、ユダヤ人はロランが予測した運命を辿ることになった。思想も表現も人が創るものだから…思想や芸術が否定された先には暗黒あるのみ。
『ヴァティカンの正体』筑摩新書/岩渕潤子 @tawarayasotatsu
こういう指摘が出始めているのは気がかりだが・・・【自由が危ない】やっぱり進んだ言論封殺 各地で発言控える動き相次ぐ 自衛官は講演聴講も自粛 (http://bit.ly/fZLAts)via産経ニュース
『ヴァティカンの正体』筑摩新書/岩渕潤子 @tawarayasotatsu
石原慎太郎の差別発言「自分は幸か不幸か純粋なヘテロだから、ホモセクシャル相容れないんですよ。怖くて、気持ち悪くて」…は、むしろ、彼自身の中にある同性愛傾向を否定しようとする心の現れのような気がしてならない。人は自分に似たものへの恐怖心を感じた時にこそ、その対象への憎悪を募らせる。
Liumiya @miyagrace
解かる気がするw!RT @tawarayasotatsu 石原慎太郎の差別発言は、むしろ、彼自身の中にある同性愛傾向を否定しようとする心の現れのような気がしてならない。人は自分に似たものへの恐怖心を感じた時にこそ、その対象への憎悪を募らせる。
『ヴァティカンの正体』筑摩新書/岩渕潤子 @tawarayasotatsu
石原慎太郎って、もともと言動が三島由紀夫と重なる部分が多いと思うのだけれど…。三島よりさらに女性的な日本の価値観を体現しようとした、しがない小説家だと思っている。父性への憧れが強いのはわかるが、それは自分がまったく男性的ではないからなんじゃないか。「めめしさ」そのものではないか。
Takehiko Ishii @tkhkisi
( ´Д`)y━・~~カミングアウトしちゃいなよYOU! RT @miyagrace 解かる気がするw!RT @tawarayasotatsu 石原慎太郎の差別発言は、むしろ、彼自身の中にある同性愛傾向を否定しようとする心の現れ... http://tl.gd/7a7jp0
『ヴァティカンの正体』筑摩新書/岩渕潤子 @tawarayasotatsu
石原慎太郎は文学者ですらない。流行小説を書いていた人を政治家にしてしまったのは選挙で投票した側の問題だが、自己陶酔に基づいた世界観の中で夢見たことをいろいろやっている人をいい加減に止めないとまずいと思う。小説家は小説家であるということを気づかせるのは、まず、選挙民から。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?