「フジ・サン・ライジング」 #6

B・ボンド&P・モーゼズ作。ネオサイタマを舞台としたサイバーパンク・ニンジャ活劇「ニンジャスレイヤー」の私家翻訳物 詳細はこちら http://togetter.com/li/73867
ニンジャスレイヤー
7
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
(前回のあらすじ:旅客機内で死闘を繰り広げるニンジャスレイヤーとロシア人ソウカイヤ・ニンジャ、サボター。スリケンの応酬の果て、サボターは己の腎臓と引き換えにリモコンを奪取、第二の爆弾が起爆する。)
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
(この爆発によってビジネスクラスの人間が死傷。一方ナンシーはかろうじて飛び続ける旅客機の機関室へ突入、機内LANに生体接続・侵入を試みた。起爆システムにアクセスしたナンシーであるが……)
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
ナンシーが畳を強く叩くと、空中に三つのコケシbotが出現した。それぞれが鬼火に突進していく。ナンシーは己のニューロンがスパークする感覚を味わう。複数のコケシbotをログインさせるのは彼女にとって初めての試みで、負担も大きい。だがそれ故、サボターの急ごしらえの起爆アカウントなど……
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「ファンタースチカ!」サボターは手を叩いて喜んで見せた。「今のわかりますね?ビジネスクラス、カブームです!あなたその勝ったつもり気に入らない私です。ええ?ニンジャスレイヤー=サン。計画が破綻これとても残念です、だから私徹底的にやります。この旅客機ごとクズ鉄ネギトロ、ロシア的に!」
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
サボターは挑発的にニンジャスレイヤーに背中を見せて言った。「これわかるですろうか?このニンジャ装束パラシュート内蔵の仕組みするしてる。あなたそれ無いね、ハイ次はエコノミークラスです、ウラー!」起爆!
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「シトー?シトースタボイ!?」起爆!起爆!サボターは何度もスイッチを押し込む。無反応である。「イヤーッ!」ニンジャスレイヤーはすかさずスリケンを投げつけた。「グワーッ!」無事だったサボターの左手親指が吹き飛んだ。ケジメ!
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
起爆装置が転がり落ちた。ニンジャスレイヤーはケジメされた両手親指付け根から鮮血をしたたらせるサボターへ突き進んだ。「ご自慢の爆弾は上手くいかなかったようだな」「パ、パンキ……」サボターはパンキ第一防御の姿勢を、「イヤーッ!」「グワーッ!」
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
ニンジャスレイヤーの稲妻のような側面蹴りがサボターの横面に叩き込まれた。サボターは派手に回転しながら吹き飛んだ!「グワーッ!」しかし、おお、見よ!彼とてやはり一流のニンジャ!吹き飛ばされながら、彼は床に手をつき側転した!「パンキ!」
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
そのまま窓の強化ガラスを……飛び蹴りで突き破る!「イヤーッ!」ナムサン、自殺行為か!サボターは窓枠にしがみつき、そのまま旅客機の外側を伝って天井へよじ登り始めた!ニンジャスレイヤーはサボターの思惑に思い至り、素早く後を追う!
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
再びファーストクラスの調度が気圧差で外へ吸い出される中、ニンジャスレイヤーはサボターに続いてガラスの割れた窓枠を乗り越え、機外へ身を乗り出した。サボターは飛行する旅客機のボディをよじ登って行く。なんたるニンジャ握力!
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
ニンジャスレイヤーは室内からディンタキ社長が吸い出されて空の彼方に飛んで行くのを一瞥した。ナムアミダブツ!「起爆装置だめなら直接吹き飛ばすするばかりですこれが!」サボターはボディをよじ登りながら、下から追うニンジャスレイヤーに言葉を投げかけた。
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
やがて、サボターとニンジャスレイヤー、 二人のニンジャは、高速飛行する旅客機の巨大な背の上で直立し、向かい合ったのである。ニンジャ眼下では、地平線を赤く染める日の出とフジサン!
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
ニンジャスレイヤーはサボターの視線を追い、尾翼に接着された小さな四角い機械装置を見た。ニンジャスレイヤーはサボターと尾翼の間に立っている。なるほどあれが爆弾だ。サボターは直接あれを破壊する腹づもりというわけか。
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「どのみちオヌシはここまでた、サボター=サン」ニンジャスレイヤーはジュー・ジツの構えをとり、素早くサボターへ近づいた。サボターは両足で旅客機の背を踏みしめ、両手のひらをニンジャスレイヤーに向かって構えた。パンキ第三防御の姿勢である。
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「イヤーッ!」「イヤーッ!」ニンジャスレイヤーの飛び込みチョップとサボターのパンキ・パンチが交錯した。「グワ……」サボターのロシア風メンポの呼吸口から血がこぼれた。腎臓のダメージは深刻である!
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「イヤーッ!」「イヤーッ!」ニンジャスレイヤーの膝蹴りを、サボターのパンキ裏拳が相殺する。「グワ……」ふたたびサボターは血を吐いた。腎臓のダメージがとにかく深刻なのだ!
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
よろけてたたらを踏んだサボターは、パンキ・サマーソルトキックを打った。「イヤーッ!」しかしニンジャスレイヤーは苦し紛れのカウンター狙い攻撃にはかからない!「観念してハイクを詠め、サボター=サン」ニンジャスレイヤーは無慈悲に言い放った。
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「わたしアナタこと侮ってました、認めます」距離を取ったサボターは震えながら言った。「だが私侮るさせるしない。計画もう知らない。ダークニンジャ=サンにあなた死亡のニュースかわりに届けるします。そして是非この旅客機も爆破するします必ず」彼は震える手で懐から注射器を取り出した。
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「!!……イヤーッ!」ニンジャスレイヤーはスリケンを投げ、注射行為を阻止しようとした。「パンキ!」サボターは前後開脚してスリケンを回避!己の首筋に薬物を注入する。無論その薬物はズバリだ!
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「イヤーッ!」ニンジャスレイヤーはさらにスリケンを投げる。「パンキ!」サボターはパンキ開脚姿勢からワーム・ムーブメントへ移行、転がってスリケンを回避!しかも、転がりながら二本目のズバリを首筋に注射した!
残りを読む(37)

コメント

オスツ🍣 @alohakun 2010年12月12日
「フジ・サン・ライジング」 #1 http://togetter.com/li/77727
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする