Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2015年3月21日

【改憲・護憲派いろいろあるとは思いますが】そもそも憲法ってなんのためにあるのか by岡田憲治さん

まとめました。
60
岡田憲治@「なぜリベラルは敗け続けるのか」発売中 @ganaha22

憲法改正を公言する与党の法務大臣の唖然とするレベルの低さ。今日の自民党の本質は、確信犯的暴挙と官邸の党内恐怖支配よりむしろ、実はまともに政治を行う基本的教養がない者たちの集まりではないのか?昔なら、全紙一面で報ずるようなひどい答弁だ。lite.blogos.com/article/108336/

2015-03-21 09:46:48
岡田憲治@「なぜリベラルは敗け続けるのか」発売中 @ganaha22

承前:驚くべき答弁。 山尾議員「国家像を示す、というのは憲法の意義に含まれると思いますか?」 上川陽子大臣「憲法は所管ではないので、お話しできません」 山尾議員「(絶句!)法務大臣に法務委員会で、憲法観を聞けなかったら、どこで聞けるんでしょうか!?」 上川陽子大臣「分かりません」

2015-03-21 09:49:02
岡田憲治@「なぜリベラルは敗け続けるのか」発売中 @ganaha22

憲法は「国家像を表すもの」と漠然と思っている皆さんが相当いますが、そうではありません。憲法は「ここに書いてあること以外は政府はやってはいけません」という「統治行為の幅」を表すものです。だからここには「国民の義務」とか曖昧な「国柄」などは本来書くものではありません。立憲主義のキモ。

2015-03-21 09:54:18
岡田憲治@「なぜリベラルは敗け続けるのか」発売中 @ganaha22

承前:ですから憲法に「国柄」とか「国家像」などを書き込んだら、その意味で「ああ、そういうこと平気で憲法に書いちゃう残念な国なんだな」と思われ、その意味では憲法は「国家像」がにじみ出てしまうものです。「にじみ出る」ということと、「わざわざトンチンなことを書く」は別です。

2015-03-21 10:31:23
岡田憲治@「なぜリベラルは敗け続けるのか」発売中 @ganaha22

「憲法が何のためにあるのか」がきちんと伝わっていない中で、18歳以上の人が国民投票できるようになります。改憲の是非を判断をする前に、「絶対に押さえておかねばならないこと」を確認することが大切です。FBにアカウントがある方はこちらまで。 on.fb.me/19aeWEa

2015-03-21 10:38:04
岡田憲治@「なぜリベラルは敗け続けるのか」発売中 @ganaha22

承前2:憲法は、自分たちの国の政府が暴走しないための「鉄のお約束」という面と、「我々は近代国家の基本文化を共有する国で、トンチンカンな国ではないですよ」という対外的メッセージ機能を果たすものという両面があります。だから自分たちのたたずまいを英語で表現できねばなりません。

2015-03-21 10:52:47
岡田憲治@「なぜリベラルは敗け続けるのか」発売中 @ganaha22

承前3:だから自民党のトンチン憲法案を推す人たちに聞きたいわけです。「国柄」という言葉をどう英語表現でするのですか?"national identity" では何も伝わらないし、片山さつき議員のように「天賦人権などというものではない」などと表現すると、どう思われますか?世界から。

2015-03-21 10:55:56
岡田憲治@「なぜリベラルは敗け続けるのか」発売中 @ganaha22

承前4:「日本の憲法なんだから日本語で」であるとか、「アメリカからの押し付け憲法だから」という人たちは、この憲法が持つ「自分たちのたたずまいを外部に発信する」という機能を忘却しています。日本語で書かれることが必要です。でも、憲法は「郷土の土産」ではなく「世界の共有財産」なのです。

2015-03-21 10:58:26
岡田憲治@「なぜリベラルは敗け続けるのか」発売中 @ganaha22

承前5:近代立憲主義をきちんと表現した憲法を持つことで、「我々は世界史が経験した貴重な教訓と、戦争を可能な限り起こさないための共有価値を皆さんとともに大切にしていますよ」ということを表現することになります。暴力と暴君・身分支配を続ける隣国の憲法のように取り扱われていいのですか?

2015-03-21 11:02:00
岡田憲治@「なぜリベラルは敗け続けるのか」発売中 @ganaha22

承前6:憲法論議と言うと、右側は「押し付けられた自虐憲法だ」と脱力するようなことを言う。左側は議論するということすら「戦争への道です!」とこれまた脱力。憲法を変えるならその目的は「立憲主義をより実効的にするため」、「これ以上憲法の規範力が失われないために」の二つしかありません。

2015-03-21 11:37:46
岡田憲治@「なぜリベラルは敗け続けるのか」発売中 @ganaha22

承前7:これをメディアは「改憲」vs「護憲」という、ハブ対マングースみたいな古い枠で延々扱うから全く健全なやりとりにならないわけです。失ってはいけないのは「日本人の誇り」でも「憲法9条という条文そのもの」でもありません。「そんなことは憲法がある以上できません」という規範力です。

2015-03-21 11:40:13
岡田憲治@「なぜリベラルは敗け続けるのか」発売中 @ganaha22

承前8:いくら立派な条文をそろえた憲法があろうと、それが輸入物であろうが国産であろうがなんであろうが、統治を担当する人々が「友人の間で何が憲法だ」とか「危機に及んで憲法云々じゃないだろう」と言い出したら、その時点で憲法は即死するのです。そこをどう維持するかという視点が不可欠です。

2015-03-21 11:43:26
岡田憲治@「なぜリベラルは敗け続けるのか」発売中 @ganaha22

承前9:百歩譲って「改憲で日本人の誇りを取り戻すのだ」というキャラクターの弱い主張を受け入れたとしても、その意味は「我々は自分たちの判断で、政府を縛り人権を守り世界の普遍価値を共有する憲法を作り、それを世界に宣言した」という意味であって、それができれば我々は胸を張れるのです。

2015-03-21 11:48:09
岡田憲治@「なぜリベラルは敗け続けるのか」発売中 @ganaha22

承前10:これまで私が言って来たことがこの社会の常識となっていないとするならば、それは戦後の憲法教育がポイントの置き所を誤った、つまり護憲を叫びつつ、実のところ多くの憲法学者が「まず国家ありき」という統治制度のデザインという視線しか持っていなかったということだと思います。

2015-03-21 11:54:47

コメント

絶望党員 @zetuboutouin 2015年3月21日
「ここに書いてあること以外は政府はやってはいけません」というよりむしろ、「ここに書いてあること以外は政府はやっていいです」という側面のほうが強い。アメリカは、憲法上の規定なしに徴兵を行っていたし、修正第13条で「奴隷的拘束」が禁止されて以降も徴兵制は憲法で禁止されていないとしている。
5
TAKAMAGAHARA @SILVER_CAP 2015年3月21日
zetuboutouin あれは国家の緊急事態における徴兵は強制労働(奴隷的拘束)には当たらないと、国際人権規約(B規約)に明記されてるんですわ。もちろん日本もこの規約を批准しています
2
TAKAMAGAHARA @SILVER_CAP 2015年3月21日
つか、現行憲法の前文とかモロに「国柄」「国家像」な気がするんだが。「日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。」
3
JINMIN_party_Japan @Net_Uyoku_JpJ 2015年3月21日
ということは現憲法は「国民の義務」などを記述した点があるため改正されなければならない、と読めるのであるが、これは正しい考えではないんだろうなぁ。
0
TAKAMAGAHARA @SILVER_CAP 2015年3月22日
前回コピペした憲法前文の末文も、「自主憲法制定」を掲げる自民党からしてみれば、国民投票も経ていないのに勝手に国民に誓わせるなよ、という事なんだろうけどね
2
TAKAMAGAHARA @SILVER_CAP 2015年3月22日
あと、「憲法は国家を縛る」という前提に拘泥すればするほど現在の自民党は改憲に頑なになる面もある。理想の通用しない国際社会に直面し、憲法を守るか、国民を守るかの二者択一を何度となく迫られ、どちらを選んでも世論から叩かれたというトラウマを自民党は抱えている
2
Papuri @domestika5 2015年3月22日
憲法制定行為・改正行為は主権行為なので、「あのような制定過程」にいつまでもケチがつくのは当然のことだと思います。「立憲主義」をいくら正しく解説しても、「それを誰がどのような権力でおこなってよいか」は「正当な手続」という観点から重要でしょう。
1
絶望党員 @zetuboutouin 2015年3月22日
「国民の義務」を憲法に書いてはいけないというのは、各国の憲法の実態とあまりに乖離している。どこのアホが言い出したことなんだろうか?憲法で「納税の義務」を課すことなく、国民の財産権を犯して徴税する国家ってろくなものじゃない。憲法の規定によらず国民を徴兵するアメリカですら、徴税の根拠は憲法に記された「国の徴税権(=国民の納税の義務)」なんだよ?
1
脳内がエロで埋まっている白痴のネトウヨ @dokuman3 2015年3月22日
自分は憲法に書かれた国民の義務というのは、「国は国民が国民の義務をはたせるようにしなきゃいけないよ」という話だと考えてたんだけど。国民が教育の義務をはたせるように学校を作る。勤労の義務をはたせるように労働環境を整える。納税の義務をはたせるように・・・まあ、色々整備する。そう言ったものじゃないの?あれが国民に対して言われているのであれば、働いてない国民は違憲状態って事になるぜw
4
脳内がエロで埋まっている白痴のネトウヨ @dokuman3 2015年3月22日
だから、国民に対しての義務を憲法に書くというのはおかしな話であると思うし、入れても意味がない話だとも思う。
3
脳内がエロで埋まっている白痴のネトウヨ @dokuman3 2015年3月22日
「憲法が持つ「自分たちのたたずまいを外部に発信する」という機能」という観点はあまり考えたことは無かったなぁ。
1
空弁者 @scavenger0519 2015年3月22日
「憲法は施政者の権力に枷をはめるもの」との論には賛成したいんだけれども。ジミントーの改憲論者の方々が言うように「どこにもそんな規定は無いよ!」の仕組みは「その通りかも?」と思う部分もある。
0
ひな @Karerllen 2015年3月23日
そういう「○○べき」論はともあれ、「戦力の不保持」を改正しないと「法律は建前で無視してよろしい」って前例を憲法でやってるっていう不味い状態は同じなんだけどどうするんだろ?
6
ひな @Karerllen 2015年3月23日
非武装なんて米軍と戦争しないと無理。それも出来ずに「いかなる戦力もこれを保持しない」なんて空文を放置するから「憲法≒努力目標」といて軽んじられる。
7
ひな @Karerllen 2015年3月23日
そこを議論するとヒステリーを起こす人がいるからなぁ。日本人ってのは議論に向いてないのかもしれない。
3
Papuri @domestika5 2015年3月23日
「マック偽ケンポー」を改正してしてしまうと、その時点で「追認」の効果が発生して「偽ケンポー」が 「憲法」だったことになってしまうので、破棄・無効として新憲法の制定をすべきだとおもいます。
1
ウミドリくん @umidori_kun 2015年3月23日
SILVER_CAP アメリカがいつ国家の緊急事態に陥ったって?
0
ウミドリくん @umidori_kun 2015年3月23日
dokuman3 それ完全な間違いな。国が学校を整備しなきゃいけないのは、教育を受けることが国民の義務であると同時に権利だから。憲法の教科書を買って読もう。
1
ウミドリくん @umidori_kun 2015年3月23日
dokuman3 あなたが納税のたとえを思い付けなかったのも当たり前。なぜなら納税は権利ではなく純粋な義務だから。
0
大石陽@聖マルク @stmark_309 2015年3月23日
zetuboutouin 逆に、国には徴税権という形で国民の財産権を制限する権利がある、と憲法に明記していなかったら、徴税が憲法に違反する権利の侵害になってしまうと思うのだが。
3
岡一輝 @okaikki 2015年3月23日
なにはともあれ、個人的には、御名御璽をいただいている以上は尊ばねばなるまい、と思うのだが、しかし、勅語勅令のごとく御名御璽をいただいているからこそ、理想を語ったものであるとか、国から民草への命令であるかのように、勘違いしやすいのかもしれないなあ。
0
TAKAMAGAHARA @SILVER_CAP 2015年3月23日
umidori_kun アメリカの場合、おそらくだが別の例外規定「通常の義務とされる作業又は役務」なんじゃないかなあ。どちらにせよ奴隷的拘束を禁じた国際人権規約は実は徴兵を禁じる根拠にはなりえないのよね。今も規約を批准しつつも徴兵を実施している国は少数ながらも存在しているわけだし。その代表格が中国
0
脳内がエロで埋まっている白痴のネトウヨ @dokuman3 2015年3月23日
umidori_kun えっと、まずは教育を受ける義務なんてものはないぞ。あるのは教育を受けさせる義務だ。というレベルから説明しなきゃ駄目か?
1
脳内がエロで埋まっている白痴のネトウヨ @dokuman3 2015年3月23日
で、一体全体何が「完全な間違い」なのかさっぱりなんだが。教育を受ける権利のために学校を建てるのと教育を受けさせる義務の為に学校を建てるのは両立するわけだが(学校無しに教育を受けさせる義務をはたす方法が有るなら別だが)
1
脳内がエロで埋まっている白痴のネトウヨ @dokuman3 2015年3月23日
第26条 すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。  すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。 http://www.sangiin.go.jp/japanese/aramashi/houki/index.html#k05 一応、ソースな
1
ひろっぺ@内調的手洗い&うがい学術会議 @hiroppe3rd 2015年3月24日
権利の反対側に義務があって 日本の教育は「義務教育」と述べてその義務は国が背負ってて、受ける側が権利だよ。 人が子を産んだら 産んだ人が親となり、親に生まれた子に対する親権を与えて、生まれた子には産んだ親に対する養育権を与える そういう風に定めているのは国 だね。
0
ウミドリくん @umidori_kun 2015年3月24日
dokuman3 「国民が教育の義務をはたせるように学校を作る。」、「「国は国民が国民の義務をはたせるようにしなきゃいけないよ」という話」 これが間違い。理由は前述。
0
ウミドリくん @umidori_kun 2015年3月24日
dokuman3 「納税の義務をはたせるように・・・まあ、色々整備する。」 国が国民のために整備しなければならないのはあくまでも国民の権利のため。納税を純粋な義務とする以上この捉え方はありえない。
0
脳内がエロで埋まっている白痴のネトウヨ @dokuman3 2015年3月24日
「教育を受ける義務なんてものはない」というすごく基本的な、憲法の原文を読めば誰でも理解できるところについてはスルーですか。まあ、このレベルの間違いを指摘されて必死に無視するようだと何言っても無駄なんだろうね。
1
ウミドリくん @umidori_kun 2015年3月24日
あら、「国民の義務じゃなくて権利だから」と書いたつもりが違う文になってる。国民に教育を受ける義務は無いね。
0
ウミドリくん @umidori_kun 2015年3月24日
「教育を受ける権利」の主体は子供。「教育を受けさせる義務」の主体は親。dokuman3のロジックでは国が子供のためではなく親の便宜のために学校を作っていることになる。実態としてはそういう一面があるとしても、日本国憲法が国に保障を求めるのはあくまでも国民が教育を受ける権利。
0
脳内がエロで埋まっている白痴のネトウヨ @dokuman3 2015年3月24日
umidori_kun はい、じゃあ次は「俺がいつ納税が権利なんていったんだ?」にも答えましょうね。つーか、どうやったら「国民の義務じゃなくて権利だから」と書いたつもりが「教育を受けることが国民の義務であると同時に権利だから。」になるんだよw
1
ウミドリくん @umidori_kun 2015年3月24日
dokuman3 前述です。ちなみに論点は「納税は国民の権利か」ではなく「国には国民が納税の義務を果たせるようにする義務(自由や権限や裁量ではなく)があるか」。それは憲法の規定するものではないというのが答え。
0
脳内がエロで埋まっている白痴のネトウヨ @dokuman3 2015年3月24日
で、これも憲法の原文祖読めば誰でもわかるんだが、「教育を受ける権利」は子供に限らず国民が誰しもがもつ権利。読めばわかる。馬鹿でもわかる。
1
脳内がエロで埋まっている白痴のネトウヨ @dokuman3 2015年3月24日
前述ってのはどこにも書いてませんって意味だったっけ?
1
ウミドリくん @umidori_kun 2015年3月24日
dokuman3 つまり学校は「教育を受ける」国民のために作られなければならないと憲法が規定しているということ。「教育を受けさせる」国民のためではない。
0
脳内がエロで埋まっている白痴のネトウヨ @dokuman3 2015年3月24日
なんで憲法について語る人が憲法を読んでないんだろ?
1
脳内がエロで埋まっている白痴のネトウヨ @dokuman3 2015年3月24日
ついでに、なんでこんな根本的なレベルから指摘されてるのに自説が間違ってないと思い込めるんだろ?普通は不安になって時間をかけて落ち着いて考え直してみる物なんじゃないのかなぁ
1
ウミドリくん @umidori_kun 2015年3月24日
他人には「スルーですか」、「必死に無視」と言いながら自分は都合の悪い部分を全て無視。それとも特に反論しない部分は全て正しいと認めたということでいいのかな?
0
脳内がエロで埋まっている白痴のネトウヨ @dokuman3 2015年3月24日
いや、「憲法の原文読んでない人間と憲法の話するのって無駄」だよね?そもそも、都合が悪い部分なんて一切見当たらない(彼は彼の自説に一切証拠を出してないからね。ただの妄想。)ので。
1
脳内がエロで埋まっている白痴のネトウヨ @dokuman3 2015年3月24日
間違っても「ちゃんと読んでます」とか馬鹿な言い訳言わないでくれよ?その場合は「読んでも”すべて国民は”という言葉の意味すら理解できないから子供の事だと思ってた」という読んでないよりもひどい話になるんだから。
1
ウミドリくん @umidori_kun 2015年3月24日
dokuman3 >「彼は彼の自説に一切証拠を出してないからね。ただの妄想。」 dokuman3dokuman3にブーメラン刺さってますよ。
0
脳内がエロで埋まっている白痴のネトウヨ @dokuman3 2015年3月24日
umidori_kun 俺は君の間違いにちゃんとソース付で指摘してあげただろ?やっぱり何も読んでないんだな。ブーメランと言えば相手が黙ると思ってる。相手がいつもあなたレベルとは限らんのですよ? dokuman3ここにヨース付きで書いてるからちゃんと読もうね。
1
ウミドリくん @umidori_kun 2015年3月24日
dokuman3 そもそもdokuman3dokuman3に証拠はあるの?という話。
0
脳内がエロで埋まっている白痴のネトウヨ @dokuman3 2015年3月24日
というか、目標に当たってるブーメランは返ってこないって事を知らん人間が多すぎるよなw
1
ephemera @ephemerawww 2015年3月24日
憲法が国家権力を制約するものであるというのは一側面の原則論であって、それ以前に憲法はその条文を以って国家のあるべき姿、理念、デザイン、レイアウトを具現化しているものだ。例えば「民主主義国」は憲法に「我が国は民主主義国である」と書いてあるから民主主義国なのではなく「憲法の条文をなぞって国家体制を作ればそれが民主主義体制になっている」のだ。憲法の条文がその国が歩んできた歴史や民族性、民俗などの個性、つまり国柄を反映してはいけないということは決してないし、むしろ反映していてよいものだ
0
ephemera @ephemerawww 2015年3月24日
重要なのは条文だ。条文を読んでいけばその国がどういう国かわかる、そういう憲法であるべきだし、改憲にあたってはそのような憲法を作らなければならないだろう
0
脳内がエロで埋まっている白痴のネトウヨ @dokuman3 2015年3月24日
umidori_kun http://www.nichibenren.or.jp/activity/human/constitution_issue/what.html 「憲法は、国民の権利・自由を守るために、国がやってはいけないこと(またはやるべきこと)について国民が定めた決まり(最高法規)です。」なので、そこに国民に対する義務が書かれる事はない。憲法とは何かを知っていれば当然わかる話なんだが、そのレベルから説明が必要か?
1
ウミドリくん @umidori_kun 2015年3月24日
何が「なので」なのかはわからないが、dokuman3は憲法12条を読んでいないのかな。
0
ウミドリくん @umidori_kun 2015年3月24日
今までのパターンからすると、「義務と責任は違う!だから国民の義務が憲法に書かれているのはおかしい!」と反応しそう。
0
脳内がエロで埋まっている白痴のネトウヨ @dokuman3 2015年3月25日
やっぱ駄目だわこいつ。自分が読んでないからって相手も読んでないと思ってる辺りが毎回のパターン。俺は憲法とは何かを説明したんだがなぁ。当然、憲法12条も国民の義務と一緒で国家に対して言ってるわけだが。国民に対して言ってるとするなら「違憲状態の国民」という痛烈な代物が存在することになるんだぜ。
0
脳内がエロで埋まっている白痴のネトウヨ @dokuman3 2015年3月25日
umidori_kun で、俺がちゃんとソース付で説明してるって事は理解できたかな?お前が人の話も憲法も全く読んでないってのもちゃんと自覚しろよ?
0
春加奈 @harukana1000 2015年3月27日
「憲法が国家を縛る」のは同意だけど、憲法九条は国を縛っているようでその実、日本国民の生存権を危うくしかねない思想(武力による自衛権の否定)によって作られているのが最高にシュール。人権に重きを置く人なら九条の理念こそ否定しかるべきだと思うな。さすがに現実と折り合いがつかないので自衛隊の存在は許容するようになったが、それも憲法が認めたのではなく政府解釈によって作られたわけだしね。
1
ゆり @mesikuwanuinu 2015年5月3日
憲法九条は自衛権は否定していないですよ。政府の解釈も、「自衛のための必要かつ最小限度の実力を超えるもの」が、憲法九条で放棄すると宣言されている「戦力」だと解釈しています。
0
ゆり @mesikuwanuinu 2015年5月3日
結局、「自衛のための戦争」という名目で幾多の侵略が行われてきたという歴史があるわけで、日本国憲法には、それを防ぎたいと言う思いが込められているわけ。おかげで随分アクロバティックな条文と解釈をするはめに陥っているわけだが、安易に「自衛のための戦力ならいいじゃん」とか言っちゃうのは、歴史から何にも学んでないな、ってことになる。
0