2015年9月18日

気象予報士の方々による「今回の大雨から何を学ぶのか、今後の情報伝達をどう改善できるか」

まとめました。
15

NHKニュースウオッチ9の気象コーナー担当されている気象予報士の井田寛子が、先日の台風18号の影響による栃木県、茨城県、宮城県の水害に関して

「予報士さんも大変な時代だね。前日でもあんな状況になる予想ができないなんて」
という言葉を掛けられました。
悔しかったです。

とブログに綴っていたことをきっかけに、情報伝達をどう改善できるか様々な議論が交わされています。

リンク 気象予報士 井田寛子オフィシャルブログ「天気と私と好きなこと」Powered by Ameba 井田寛子『無念の災害。悔しいです。』 今週は台風18号から変わった温帯低気圧の影響で大雨となり、栃木県、茨城県、宮城県で記録的な大雨となり、特別警報も発表されました。私の地元は埼玉県ですが、周辺は…
荒木健太郎 @arakencloud

井田寛子さんの記事に触発されて無念無念と言っている予報士の方を多く見かけるのですが,無念と思うなら今回の大雨から何を学ぶのか,今後の情報伝達をどう改善できるか,一緒に考えてほしいです. 無念の災害。悔しいです。 |気象予報士 井田寛子 s.ameblo.jp/hiroko-ida/ent…

2015-09-16 22:48:05
荒木健太郎 @arakencloud

雲研究者・気象庁気象研究所研究官・学術博士.防災・減災のために,気象災害をもたらす雲の仕組みを研究してます.映画「#天気の子」気象監修.著書:すごすぎる #天気の図鑑/世界でいちばん素敵な #雲の教室#雲を愛する技術/雲の中では何が起こっているのか/せきらんうんのいっしょう/ろっかのきせつ など.発信は個人見解です

mri-jma.go.jp/Dep/typ/araki/

荒木健太郎 @arakencloud

@nicotenki 具体的にどうすればよいか,こちらで議論している最中です.facebook.com/kentaro.araki.…

2015-09-17 07:25:58
リンク www.facebook.com 荒木 健太郎 - 井田寛子さんの記事に触発されて無念無念と言っている予報士の方を多く見かけるのですが,無念と思うなら今... | Facebook 井田寛子さんの記事に触発されて無念無念と言っている予報士の方を多く見かけるのですが,無念と思うなら今回の大雨から何を学ぶのか,今後の情報伝達をどう改善できるか,一緒に考えてほしいです. 無念の災害。悔しいです。 |気象予報士 井田寛子...
大矢康裕@山岳防災気象予報士(過去と未来を繋いで遭難を無くす!!) @yasuoya0

同感です。情報を流す側の情報の流し方もさることながら、受け取る側への啓発活動も一つの手です。自から情報を集めて、自らを守るのが本来あるべき姿。特に救助がすぐ来ない山岳防災ではそうあるべき。今後もそんな活動を継続していきたいと思います twitter.com/arakencloud/st…

2015-09-16 22:54:24
池のかえるっこ @nicotenki

@arakencloud 「無念の思い」は胸に秘めればいいことで、表明するなら「もっとこうしておけばよかった、今後はこう改善したら」との『客観的・具体的な意見』を出してほしいと思います。『気象キャスター・気象予報士』を掲げて「仕事」をし災害に向き合うとは、そういうことではと。

2015-09-17 06:18:12
池のかえるっこ @nicotenki

@arakencloud 地方では気象予報士・気象キャスター・防災士の「横の繋がり・連携」が弱く、『孤軍奮闘』で「防災の取り組みや自己研鑽」が思うように行かないジレンマを抱えている方もおられます。住民の自主防災と同じく、気象予報士や防災士も地域内での連携を強めてはと思います。

2015-09-17 08:32:04
池のかえるっこ @nicotenki

@arakencloud 『孤軍奮闘』で難しいこと。自分が良かれと思ってしていることが「客観的に見て妥当なのか」検討が難しい。個人のそれぞれの「思い」で防災の情報発信がなされると、情報の質にバラツキが出て弊害が懸念される。啓蒙などの『活動』をしたくてもひとりではなかなか難しい。

2015-09-17 08:37:45
池のかえるっこ @nicotenki

@arakencloud 気象キャスターの「テレビを通して多くの方に語りかける『特権』」を最大限に活かすことをもっと意識する方が増えてほしいです。『自分の選んだ一言が誰かの命に関わるかも』くらいの重さをもって。防災の研究で得られた知見の代弁者の役割を担う面もあると思います。

2015-09-17 08:45:40
池のかえるっこ @nicotenki

@arakencloud 防災について「語る言葉やアドバイス」、専門家、気象予報士・キャスター、防災士、住民の方、違う立場で理解の度合いや捉え方にまだズレが大きいのでは。住民・視聴者には理解・実行が難しいことは何かを、住民・視聴者の目線の高さで意識することがもっと必要と考えます。

2015-09-17 12:29:22
池のかえるっこ @nicotenki

@arakencloud 例えば、高齢の方は「気象・防災情報をインターネットで見て」と言っても「難しく無理」と感じる方が多いようです(地域防災担当の消防署の方談)。専門家や気象予報士・キャスターには「ベスト」と思えることが「現実的に難しい」方もいることを「知る」ことが大事かと。

2015-09-17 12:36:19
Kouichi Ishikawa @na_karasu

@arakencloud 今回は特別警報も出され気象予報士さんは大雨やそれに伴う災害発生の注意点の周知は行われていました。  防災士も同様ですが、住民への啓発、注意喚起で個人判断、地域ぐるみの手助けまでが限界。  広域防災は行政が強制力発動しなければ多くの住民は動きませんが現実。

2015-09-17 12:58:01
減災インフォ @gensaiinfo

「無念」気象予報士の方が今回の災害で。 予報は主に空だけ。川は国や自治体。その土地の特性を知って逃げる行動をすべき主体は市民で、それを助けるのが自治体。 気象予報はそれらを促す立場?「避難」行動をとる発信とはなんでしょう? twitter.com/arakencloud/st…

2015-09-17 09:20:40
五番町睦十(うしHK) 🍀📒🐱🎨🌙♠️ @mutsuju

みんなでやらんといかん 予報士だけでも予報官だけでも局アナだけでもいかん twitter.com/arakencloud/st…

2015-09-17 09:09:27
五番町睦十(うしHK) 🍀📒🐱🎨🌙♠️ @mutsuju

避難行動を促す呼びかけの著名なのは、やっぱり南三陸のアレ、太地町の「直ちに避難せよ調」、3.11以降のNHKの「緊迫感を伝えるアナウンス」だと思うが、今回の洪水でもNHK-Gのアナウンサーが「救助を待って下さい あきらめないで下さい」あれはアドリブだったそうな(続く)

2015-09-17 09:25:11
五番町睦十(うしHK) 🍀📒🐱🎨🌙♠️ @mutsuju

(続)最後には声を出す人に負うところが多くなってしまうのだ、であれば研究者の無力感いかばかりか。でもまあそんなことも言ってられんので、声を出す人は研究者が何を言っているか理解できるように、研究者は何を言ってもらえば人死が減るか、要するにみんなで血涙を流さなあかんってことだ。

2015-09-17 09:26:42
TOYODA Eizi @e_toyoda

まあ、とりあえず、防災対応を優先したあとで、情報伝達のどこにに改善の余地があるのかを押さえてから、施策を考えるということでありましょう。 twitter.com/arakencloud/st…

2015-09-17 12:59:44
フラクタルな日除け屋さん @minchikafractal

ちょっと言葉が悪いかもしれませんが、これだけの災害で、人的被害がこの程度で済んだのは、私はすごいと思いますよ。不意打ちじゃこんなもんで済まない。やっぱり、ほとんどの人が身構えていたってことじゃないですか?自然相手に完璧な対応は無理。 twitter.com/arakencloud/st…

2015-09-17 09:47:51
卯月 朔々 @sakuudukisaku

荒木健太郎さんのツイート、RTを見て、「予報」と言うものの難しさを教えてもらった気がする。難しさ、ジレンマ、問いかけ、伝わってくるものが。 とはいえ私ごときには、当事者の方達の大変さの何千分の一も理解出来ていないのだろうけど。

2015-09-17 12:47:15
おばた @sho1_oba

@arakencloud 素人ですが、 ・気象の予報 ・災害の予測 ・予測される災害への対応 はそれぞれ別問題で専門家もそれぞれにいるけど、これらは不可分で一体的に考える必要があるのだと理解しています。 研究者や予報士、行政関係者などで有効な議論が持たれることを期待しています。

2015-09-17 12:57:05
マーガレット @sanbonasinojae2

井田寛子さんが、無念のコメントを書いていたのを読んで思った。冷たい言い方をすれば、災害を防ぐことは難しいことで、井田寛子一人の力でどうにかできる事ではない。何かできるとすれば、減災するための知識の共有と災害に備える意識を植え付けることなのではないでしょうか。鬼が怒れる川 地名

2015-09-17 05:41:24
しば @yoshicode

情報受け取る側からすると、まぁ大丈夫だろうっていう根拠のない自信とめんどくささなよって行動しにくいんですよね。実際に被害に遭ったり被害を見ないとなかなか動けない… 井田寛子「無念の災害。悔しいです。」 ⇒ ameblo.jp/hiroko-ida/ent…

2015-09-13 23:41:29
実は星好き気象好き @smileww

気象予報士ってなんだろう。確かに予報士試験では防災面も問われる。でも自分は気象の予想もまだまだ未熟なのに、防災学や河川知識、避難時ノウハウなんて一般人+α程度。気象と防災は同一ではないが、災害回避のための気象予想は当然必須。自分は天気のその先にある災害を正しくイメージできるのか?

2015-09-10 20:33:49
残りを読む(9)

コメント

ワカゾー @WakazoMarine 2015年9月18日
気象庁が、というか国や自治体が少し気合いの入った予算を組み、科学的見地は当然ながら地域の古老から経験則を学ぶのも重要なことだと思います。例えばボクが現在電子書籍化に取り組んでいる「日本漁業史論考(木島甚久/昭和19年発行)」には「しけの近づく前兆には、必ず三段に別れた水温を感ずる」「その際岩陰を覗いてみると、定まつて穴から名は知らぬが或貝が濁水の泡を吹いてゐる。こうなつたら危険信號だ」とあります。この様な経験則と科学が合わされば更に良い予報が出来るようになる気がします。
1
五番町睦十(うしHK) 🍀📒🐱🎨🌙♠️ @mutsuju 2015年9月18日
もし興味があればこちらも覗いてみてください  【今日のご下問】「防災クラスタって何やってるんですか」http://togetter.com/li/651669
1