10周年のSPコンテンツ!
56
能川元一 @nogawam
さて、稲田朋美の著書『百人斬り裁判から国会へ』、じゃなかった『百人斬り裁判から南京へ』(文春新書)も図書館で借りてきましたので、歴史修正主義者がどれくらいチンケなインチキをするのかについて、解説することにいたしましょう。まずは「百人斬り」について最低限の解説をば。
能川元一 @nogawam
1937年南京攻略戦の最中、京都第16師団に所属する二人の下級将校が「どちらが先に100人斬るか」の競争をしている……という趣旨の記事が『東京日日新聞』に掲載されました。日本の敗戦後、二人は戦犯として処刑されます。
能川元一 @nogawam
2003年、二人の遺族が『東京日日新聞』の後身である『毎日新聞』や、『朝日新聞』、本多勝一氏らに対する民事訴状を起こしました。朝日と本多氏が被告になったのは、1970年代初めに本多氏が朝日紙上で行った連載で、この「百人斬り競争」を紹介したためです。
能川元一 @nogawam
訴訟の主たる争点は、法律論を除けば(1)記事のきっかけとなるような殺害行為は現にあったのかどうか、また(2)記事は2名の将校の方から話をもちかけて執筆されたのか、それとも記者が一方的にでっち上げたものなのか、でした。
能川元一 @nogawam
右派はしばしば、「『東京日日新聞』の記事は真実であったのか?」という偽の争点をでっち上げます。この訴訟で原告代理人を務めた稲田朋美も、先に触れた著書の「はじめに」で次のように書いています(9-10ページ)。
能川元一 @nogawam
「大隊副官と歩兵砲の小隊長が『日本刀で中国人を一〇〇人斬り殺す競争』を実行し、わずか一〇日あまりでそれぞれ一〇〇人以上斬り殺したという話は本当なのだろうか」
能川元一 @nogawam
しかし『東京日日新聞』に当時掲載された記事が真実を記述しているのか? などということが戦後の日本で議論の対象となったなどということは、実質的にありません。なぜか?
能川元一 @nogawam
本多氏の連載によって「百人斬り」が改めて紹介されて間もなく、「実はあれは捕虜の据えもの斬りだった、と本人が喋っているのを聞いた」という証言者が現れたからです。そして「なるほど、据えもの斬りならわかる」となったわけです。
能川元一 @nogawam
アジア・太平洋戦争における日本軍、特に中国戦線の日本軍では捕虜や非戦闘員を斬殺することが常態化していました。心ある旧軍関係者も、このことは率直に認めています。東部憲兵司令官だった大谷敬二郎は著書『捕虜』の冒頭で次のように記しています。
能川元一 @nogawam
「昭和十二年七月からはじまった日中戦争では、日本軍はいたるところ、そこで捕えた中国人捕虜たちを殺害した。『捕虜は殺す、殺される』は日本将兵の通念となっていた。すでに、満州事変で発明された『厳重処分』なる言葉は、全軍に徹底していたのだ。」(原文のルビを省略)
能川元一 @nogawam
訴訟の結果ですが、2006年に原告の請求を棄却した東京高裁判決が確定しています。先にあげた主要な争点の双方とも原告の主張が退けられ、被告側の主張を裁判所が支持したわけです。以上が背景となる事情です。
能川元一 @nogawam
数日前に一人の歴史修正主義者が twitter.com/yamamoto8hei/s… twitter.com/yamamoto8hei/s… というメンションを送ってきました(私の側のツイートは省略)。これ、「名誉毀損訴訟」の常道を知っているだけで「怪しい」とわかるホラなんですよね。
能川元一 @nogawam
名誉毀損(この場合厳密には民法上の不法行為、ですが)が成立するか否かの基準は幾つかありますが、なにしろ公務員(陸軍将校)の犯罪行為の有無が問題となっているのですから公益性等はまず争点にならない。記事の真実性、真実相当性が争点になるのが普通であるからです。
能川元一 @nogawam
のちに示すように、実際に裁判所は二人の将校による捕虜の「据えもの斬り」があったかどうかについての事実認定をしています。そしてかの歴史修正主義者は、私が twitter.com/nogawam/status… という要求を出すと逃走モードに入りました。
能川元一 @nogawam
では東京高裁は「据えもの斬り」云々に関してどのような事実認定をしたのか。これが当該箇所です。 pic.twitter.com/3rI8sOAdM1
拡大
能川元一 @nogawam
そしてかの歴史修正主義者が行った姑息な工作の最初の一手がこれです。 twitter.com/yamamoto8hei/s… 「一見して明白に虚偽であるとまでは認められない」だけを読めば、「なるほど、裁判所ははっきり事実と認めたわけではないんだな」と思いますよね?
能川元一 @nogawam
しかし先に提示した高裁判決の当該箇所を読めば、「一見して明白に虚偽であるとまでは認められない」は「新聞記者の創作記事であり」に続く箇所であることがわかります。つまりは、最初に提示した主要争点の(1)だけでなく(2)も含めての判断を述べた箇所であるわけです。
能川元一 @nogawam
「据えもの斬り」があったかどうかについての裁判所の判断は、より明確です。「両少尉が南京攻略戦において軍務に服する過程で、当時としては「百人斬り貌争」として新聞報道されることに違和感を持たない競争をした事実自体を否定する事はできず」がそれです。
能川元一 @nogawam
「……違和感を持たない競争」が「据えもの斬り」を意味することは、「次の諸点に照らせば」とされている「次の諸点」を参照すれば明確です。当事者たる将校のうち1名が捕虜を斬ったと話しているのを聞いた、という証言の信用性を判決は認めているからです。
能川元一 @nogawam
私が高裁判決の当該「箇所」を指摘するであろうことは容易に想定できますから、かの歴史修正主義者は自分の予防線があまりにも脆弱であることにさすがに気づきました。そこで彼が打った次の手がこれです。 twitter.com/yamamoto8hei/s…
能川元一 @nogawam
おわかりでしょうか? 判決の「箇所」を示せという主張を「裏付けるロジック」を示せにずらしてきたわけです。何のためか? 「箇所」の有無ならこれは争う余地がない。しかし「ロジック」ならいくらでもゴネることができるからです。「オレは認めないぞ!」、と。
能川元一 @nogawam
つい先日も早川タダノリさんが紹介されていましたけど、 twitter.com/hayakawa2600/s… 日中戦争での「〇〇人斬り」は武勇伝の基本的フォーマットの一つだったんですよね。これが近代戦のプロパガンダだった、という事実にまずクラクラしますが。
能川元一 @nogawam
先に紹介した判決中、「……事実を否定することはできず」と「ま全くの虚偽であると認めることはできないと言うべき」という、素人目にはかなりニュアンスの違う表現が同居している点につき、補足しておきます。
能川元一 @nogawam
この訴訟は記事になった本人ではなく、すでに故人である二人の将校の遺族が原告となったものでした。従って民法上の不法行為が成立するか否かについても本人が原告である場合とは異なる基準が採用されたのです。
能川元一 @nogawam
すなわち、不法行為が成立するには問題の記事が「全くの虚偽であることを要する」というのがその基準です。従って原告の請求を退けるには「全くの虚偽であると認めることはできない」で十分だったわけです。では、なぜ「全くの虚偽であると認めることはできない」のか?
残りを読む(2)

コメント

シマシマネコのママ☁(消費税減税・原発は禁止に。✊より✋)🌈 @simanekomama 2015年10月24日
まとめていただけて感謝。ぜひ、これは皆さんに読んでいただきたいです。
Torachang(トラチャングー) @torachang_asia 2015年10月24日
「100人斬りと呼ばれたけど100人も殺してないから無罪」とゆうネトウヨ理論が成立するなら、「連続殺人犯と看做されたけど実は殺したのは最初の一人だけで後は模倣犯の仕業だったから無罪」とゆうのも成り立っちゃうよね? ことあるごとに「凶悪犯は死刑にしろ」と勇ましく吠えるのがネトウヨの特性の一つだけど、その論法で言えば非戦闘員や捕虜を無分別に殺害した凶悪犯の日本兵も死刑が妥当だったんだよね?
BUFF @geishawaltz 2015年10月24日
話は違うけれど、捕虜の殺害が日本軍にとって普通だったのも太平洋戦争で玉砕の悲劇を生んだ原因かもしれないなぁ。
Torachang(トラチャングー) @torachang_asia 2015年10月24日
自分たちが捕虜に残虐行為してることで、自分たちが捕虜になった時に残虐行為されるとゆう強迫観念にとらわれてしまったのだろう。
#53 @hsgwkyt 2015年10月24日
厳密に言うと、「原告は虚偽の記事であると主張したが、それを立証できたとは言えない」という判断をしたのであって、判決上では「実際にやったのか」の判断は避けてるよ。裁判は原告の主張が成立しない事を示せば真実が何であるかを検討する必要が無いから。
#53 @hsgwkyt 2015年10月24日
の判決も砂川判決と同じで「各陣営が自分に都合が良い部分を抜き出して根拠として使う」という様相になってるんだなあ。
まっくろなねこ @blackcat009 2015年10月24日
100人も斬ることが物理的に不可能なのに、兎に角人を斬ったことは事実なんだから100人斬りはあった、と言うなら、生涯一度でも嘘をついたことがあったなら「アイツは普段から息をするように嘘をつく」と後ろ指を指していいってのもアリなんだが、それでいいのか?
Torachang(トラチャングー) @torachang_asia 2015年10月24日
blackcat009 なに言ってんだお前?100人きっかり切ったかどうかなんて枝葉末節な事で、「抵抗できない捕虜を虐殺した」とゆう事実と「治安維持のためにしかたなく切ったのではなくゲーム感覚で楽しみながら虐殺した」とゆう事実のが重要なんだよ。「100人切ってないからこの日本兵は無罪」とか意味不明なことを言い出す歴史修正主義者は頭がおかしい
小川靖浩 @olfey0506 2015年10月24日
…というか、元々の記事を前提にすると「単なる武功話に対する国民党側の報復」のはずが「あった」側がどんどん「すえもの切りだ」「捕虜を切ったんだ」とか内容が変わっていく状況だから信用度がずるずる下がっていくんだよなぁ…。百人切る能力云々はさておくにしても
カマヤン1192 @kamayan1192 2015年10月24日
まとめを更新しました。
小川靖浩 @olfey0506 2015年10月24日
geishawaltz 実のところ米軍が捕虜をとらずに全滅に追い込んだから、というのが実情のようですな。戦勝側のお約束「自分たちの戦争犯罪はなかったことにする」が適応されてなかったことにされてるけど、リンドバーグとかの日記に自国兵のふるまいを苦々しく思っていた記述がありますな
大石陽@聖マルク @stmark_309 2015年10月24日
olfey0506 捕虜を取らずに全滅させていたなら、米海軍情報部が日本軍捕虜から情報を引き出すための部署まで作ったのは一体なんだったのか……。
(地球庶民)社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2015年10月24日
「実態及びその殺傷数〜甚だ疑わしい」「新聞報道される事に違和感をもたない〜競争した事実を否定することはできず」から「全くの虚偽であると認めることはできない」なのだが・・・・つまり本田勝一氏がウソ(創作)ついたと断定できない。という判決であって、そこからどうやって「百人切りはあった」になるのか? これこそ微妙な論点すり替えだと思うが・・・100%捏造を証明できなければ請求棄却になるのは当然というだけ
(地球庶民)社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2015年10月24日
裁判所は個人に視点を置いて判決を下すからこの判決は当然の結果で(原告が証明できなければ無罪)稲田界隈の頭の悪さの証明ではあっても(はじめから勝ち目がない)「百人切りはあった」という判決だと言うのは無理筋だろう・・・
小川靖浩 @olfey0506 2015年10月24日
stmark_309 あくまで「上と下の意識の違い」と言ったところでしょうな。「よくわからない国の兵士」ということで米軍は開戦当時は変な恐れが最前線ではあったようで、それからくる過剰反応といったケースが日本国内で知られた、といったところじゃないかと。
#53 @hsgwkyt 2015年10月24日
この訴訟は「百人斬りなかった派」がそれを立証することに失敗した裁判だということを忘れちゃいかんよ。あったことの根拠にすることは慎重にすべきだけど、無かったことにできない根拠にはなるんだよ、分かりにくい話だけどw
s.j. @uo_kawa 2015年10月24日
最低限の知識として、1937年の南京攻略戦で日本と中華民国間に適用されていた戦時国際法がどんなものであったのかは知っておいた方が良いでしょう。青山学院大学名誉教授 佐藤和男『南京事件と戦時国際法』http://www21.atwiki.jp/nankin1937/pages/16.html
Hoehoe @baisetusai 2015年10月24日
100人切りは事実上不可能だから据え物切りだったことにしてしまえ、ってのが歴史修正主義なんじゃないんですかね
#53 @hsgwkyt 2015年10月24日
当初は「百人斬りしましたよえへん」と言ってたのが「実は百人斬りと言っても捕虜を据え斬りしたのです」って話になったというだけのことで、ああ話を盛ってたのですねわかるわかる、ってだけのこと。だから「百人斬りしたぜ俺つえええええ!」って記事になってもそりゃ仕方ないでしょってのが判決の要旨。
#53 @hsgwkyt 2015年10月24日
佐藤氏がやってるのは反安保法案の自称憲法学者がやってる違憲論と同じで「自分の法理ではこうなる」ってだけの政治的主張でしかない。この「法学者の主張が客観的法理ではなくて政治的主張に過ぎない」というのは比較的良くある事なのでそこを酌んでもらえるとありがたいw
Anonymous Coward.jp @Anonymous_jp_ 2015年10月24日
百人斬り訴訟で出てきた史料、証言などをほとんど目にしない、調べもしない。このまとめでもあるように判決分にも目を通さない。でもあれやこれや言わずにはいられないって「一体どんな強迫観念なんですか?」と
Anonymous Coward.jp @Anonymous_jp_ 2015年10月24日
ある物事があって、それが一体どのような事柄だったのか根本的なことも知らずにあれやこれや言ったところで「調べてこい」だし。調べもせずに馬鹿な発言を続けるようなら「馬鹿だ」と指摘されるだけです。その馬鹿の一例で「ネトウヨ」という言葉が使われるのを理解しましょう
Anonymous Coward.jp @Anonymous_jp_ 2015年10月24日
この裁判で稲田朋美の名を目にしたのですが。強烈な記憶に残っていたのが高裁の裁判官相手に「地裁の裁判官は馬鹿だ」と言ってしまったことhttp://d.hatena.ne.jp/Jodorowsky/20080612
Anonymous Coward.jp @Anonymous_jp_ 2015年10月24日
「原審の裁判官らはその荒唐無稽さが理解できないくらい目が曇っているのか、それとも3人の名もない高齢の女性たちの人権を擁護する判決を書いた場合の社会的影響の大きさを政治的に判断した結果なのか、極めて理不尽な結論・・・・・・」
Anonymous Coward.jp @Anonymous_jp_ 2015年10月24日
わけのわからない強迫観念にかられている連中って結局は稲田朋美並な馬鹿な発言を繰り返した挙げ句に「まともな人」から袋叩き状態にされるのではないですかね?
ひろっぺ@検討中 @hiroppe3rd 2015年10月25日
捕虜を取らずに全滅させていたなら 毛沢東が 兵士の士気をあげるために「日本軍は包囲は早いが殲滅は少ない」と言ったのはいったいなんだったのか
ひろっぺ@検討中 @hiroppe3rd 2015年10月25日
あと全滅させていったなら 「死の行進」の軒だけがことさら問題視されてるのがおかしいんだよね「死の行進するまえになんで絶滅させなかったの?」っていう当然の疑問を抱かないサヨクはさておき
🈂トリ @satori_Lv35 2015年10月26日
「歴史修正主義者」なんていうレッテル貼りをしてる時点で「プロパガンダな嘘の歴史を守りたい」って言ってるようなものなんだ。たとえば聖徳太子は実在したのかという研究をしたとしても歴史修正主義者などとは呼ばれない、なぜなら歴史とは真実を探求するものであり、真実がわかれば修正するのが当たり前の合意があるからだ。異論を感情的に非難する必要などあろうはずがない。
kampfer @kampfer2009 2015年10月27日
聖徳太子がいない事を、史料にきちんと向き合って検討した論文であれば歴史修正主義者と呼ばれる事はないだろう。同時代に生きた一部の人が日記に聖徳太子のことを書いてないとか、10人の話を同時に聴けるなどお伽話だからきっとそんな存在はないと主張し、あまつさえその程度の検討で規定の歴史認識を変えようと働きかける人がいれば、修正主義者と言われるかもしれない。
kampfer @kampfer2009 2015年10月27日
どのあたりから修正主義者と言われても已む無しと言えるかボーダーラインを引くのは難しいが、裁判に負けたのはまだいいとしても判決文で原告の主張が尽く通らなかった事実は、当初「明確に虚構」と息巻いて名誉毀損を訴えておきながら実に無様だったなと、これは歴史修正主義の勲章に相応しいに違いないと思う次第でありますよ。
🈂トリ @satori_Lv35 2015年10月27日
どんな珍説だろうがレッテル貼りは必要ない、感情的に非難して異論つぶししたいだけ、経験上歴史修正主義なる単語を使うやつはだいたい戦勝国側のプロパガンダ歴史観のほうが都合がいいってだけ、むしろそんな単語使ってる奴が歴史修正主義者だろ。
ぱな in先生・横鎮 @pana_rev2 2015年12月19日
根底にある日本軍の捕虜殺害の高さ(他国と比べて倍以上高い、ソ連なんて逆に低い)は南京大虐殺にも繋がってて、なぜ国民党軍は軍服を脱ぎ捨てたか、そりゃ捕虜になったら殺されるからですよ、そこら辺はみんな知ってるんです。で、武器も携行しない無抵抗の捕虜を選別して裁判もせず殺していくんだからそりゃ虐殺ですわ、というのが当然の感覚。
ぱな in先生・横鎮 @pana_rev2 2015年12月19日
[c2362782] 局地戦を論ずるんだよな馬鹿はwちなみにサンダカン収容所の生存率は1%なw
jpnemp @jpnemp 2015年12月19日
捕虜は殺害せずにシベリアに抑留して強制労働させてたんですね。
山本八平 @yamamoto8hei 2015年12月19日
今頃、このまとめを知ったけど、能川センセの主張だけを編集して私の反論をカットしまくっている。こういう対応しておいて、歴史修正するな、とか言うのだから呆れてモノも言えんわ。
山本八平 @yamamoto8hei 2015年12月19日
普段、人権ガーと騒いでいる左翼がこの件になると、名誉毀損の有無を争っただけの判決を以て「捕虜斬殺した筈だ」と決め付けるのだから、如何に彼らの唱える人権が信用ならないかが判るよね。
80-80-90-110-130-110 @sleepwithLatias 2015年12月19日
「歴史修正主義者」と呼ばれている人たちは歴史学的な定説を覆そうとしているのに、プロセスに則ってそれを行おうとしない。この人たちがプロセスが重要視される民主主義と適合しないのが良くわかる。
永添泰子(まっとうな人を議会に送ろう!) @packraty 2017年3月13日
稲田弁護士担当の「100人斬り訴訟」は2006年東京高裁で控訴棄却
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする