『日本のプルトニウム保有量増大に対する海外からの懸念・疑念について』コロラドさん解説

まとめました。
原発 震災 ふげん 核燃料サイクル MOX もんじゅ プルトニウム プルサーマル
39
まとめ 2015.10.22報道【中国、国連委で突然日本批判 「プルトニウム大量保有」】と、この御用記事の本質を理解するのに.. 三点絶対見落としてはならない事。 ・核と原子力の世界で、核保有国が人類、非核保有国は猿かデミ・ヒューマン。 ・原子炉級プルトニウムに核拡散耐性など存在しない。 ・プルトニウムの蓄積は核開発の意図を明示すると判断される。(人類への敵対行為) 4732 pv 175 1 user 17

↑ 上のまとめと不可分の内容です。
このまとめだけでなく、上のまとめもお読みくださいm( )m

Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
中国が今ごろになって日本のプル蓄積を糾弾し始めたと日本政府やヒノマル原発業界は泣き言を言うが、これはよく今まで我慢してくれたと言うべきこと。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
日本は、プルトニウムを蓄積しないという約束をした上で文殊、普賢、大間ATRでのプル消費を前提として核燃料サイクルに着手している。文殊と普賢、大間ATRの燃料確保のために六ヶ所サイクルに先行して海外委託プル抽出を行ったといって良い。現実には使用済み核燃料(SF)蓄積対策。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
プル蓄積をしないという約束が破綻したのが大間ATR中止、普賢廃炉決定、文殊小破断LOCAの三つの事件。これにより、プルトニウム消費の手段を日本は失った。一方、依託プルは次々に戻ってくる。プル消費計画の破綻は、大間ATRの中止によるものであり、これによりプルサーマル計画が始まった。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
プルサーマルは、プル消費の一手法だが、MOXの価格は二酸化ウラン燃料の4〜数十倍で、しかもウラン利用率を僅か10%増やすだけであり、資源利用としての意味は皆無。むしろ使用済みMOXの再処理は現在の原子力技術では不可能であり、当初見込まれた回収ウランの再利用も実用性は否定された。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
当然の事ながら、プルサーマルにおいてもプル消費計画に具体性は全く示せていない。電力会社もMOX消費計画を具体的に示せていない。仮にMOX消費が本格化すれば、電力会社の経営を大きく(著しく)棄損するからあたり前だ。(欧州依託MOXは二酸化ウラン燃料の5倍以上、六ヶ所は数十倍の価格)
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
「原子力の研究、開発及び利用に関する長期計画」(2000年11月24日原子力委員会) 「我が国におけるプルトニウム利用の基本的な考え方について」(2003年8月原子力委員会) 上記で国際的な強い批判(疑惑)を、一旦は繰り延べできたのだが、その後、プル消費の為の文殊は絶望となった。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
尤も、95年の小破断LOCAが、二次系配管の基本的な設計不良であることから、この時点で文殊の完成は不可能であって、廃棄されるべきものであったことは当然である。 このことについて、少なくとも米仏は気がついていたと考えて良い。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
そうであっても、文殊の修理を継続し、プルサーマルを細々と行っていたことから、プル消費の姿勢だけは示した形ではあった。しかし、現実には海外依託プル再処理は継続し、余剰プルは増え続け、現時点ですでに50トン近くの余剰プルを抱えている。これはさらに増え、サイクル施設の建設も続けている。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
これまでに何度も指摘してきたように、軽水炉プルに核拡散耐性が存在するという日本の主張は、国際的には全く通用しない国内向けのプロパガンダに過ぎない。軽水炉プルでも1kt程度の小型核の製造は可能であり、それが核実験により証明された60年代から軽水炉プルに核拡散耐性は認められていない。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
プルトニウムに核拡散耐性がある状態は、使用済み核燃料という状態であって、これですら、IAEAによる封印と査察によりはじめて核拡散耐性が確立されているといって良い。要するに、たとえMOXであっても、プルトニウムに十分な核拡散耐性は認められない。強烈な放射線による防御がないから当然だ
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
日本政府と自民党が核武装を指向してきたことは常識であって、最近では安倍を代表にその意思を隠すことすらしなくなっているので、日本が核武装疑惑国と成り得ることは当然だ。また、そのような人物と親密な関係を続けてきた日本の原子力業界に核開発を拒否する能力があるとも海外からは考え難い。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
ここでイランの核疑惑について思い返して欲しい。イランは、ユーロディフの出資分の濃縮権益を犯されており、これが独自濃縮の口実となっている。遠心法の実用化でウランの核拡散耐性も著しく下がっており、ウラン235存在量の制限が必須となっている。これが20%濃縮ウランの保有禁止につながった
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
20%”高濃縮ウラン”保有禁止は、医療・産業用RI生産炉の運用を困難にし、研究用原子炉の多くも稼働不能になる。イランがこれを拒絶するのは当然だが、一方で、核保有国にとって核の独占を脅かす有意量の核物質の蓄積は看過できない。これは日本にも当てはまり、京大熊取の燃料供給停止となった。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
先日、合衆国が日本からの返還を強行した高速炉実験室用の貸与兵器級プルも同様の理由による。これは、日本の信用度の低下も示している可能性が高い。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
合衆国が、菅政権による日本の脱原発、特に文殊撤退を妨害したとされるが、これを日本に核兵器をつくらせるためとかとする説は誤りだろう。 合衆国(核保有国)は、核の独占という観点から、日本にプルトニウムが存在することを認められない。プル処分の責任を放棄することを認めないのだ。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
合衆国などの核大国が日本のプルを処分すれば良いという考えはきわめて甘い。 合衆国は、軽水炉プルより圧倒的に核燃料としての挙動が優れている核兵器解体プルのMOX処分を断念した。経済的に民間での処理は不可能と判断したのだ。 60トンを超える兵器級プルを抱えることになる。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
これは英国も同じで、核燃料サイクルからの撤退に失敗した英国は、やはり140 トンの余剰プルを抱えている。英国は核保有国なので、日本のような国際問題化は免れているが、核拡散防止上の重大問題となっている。英国では日本の依託プルを没収することが考えられたが、自国分の処理優先で断念された
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
すでに国際的にプルは、最悪の核廃棄物扱いとなっている。 このことを知らなければ、事の本質を見誤る。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
兵器級プルの有意量は4kgであるとわかっているので、原子炉級であっても10kg程度だろう。50tのプル保有は、低品質の1kt級小形核5000発分の相当する。 搬送手段を持つ日本が、このような大量のプルを保有し、消費の見込みが全くないことを世界、特に周辺国と核保有国はどう見るか。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
実は、90年代の北朝鮮核疑惑において、北朝鮮が核開発の理由として挙げたものが日本の核保有可能性(核燃料サイクル事業)であった。これは以前、労働新聞社説をもとに指摘した。 韓国がフルスケールの核燃料サイクル保持を要求するのも日本の事例を具体例として挙げている。 と
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
新日米原子力協定で特例的に認められたフルスケールの核燃料サイクルは、当初から懸念されたように、極東における核拡散の原因となっており、これが世界に拡大するのは時間の問題とも言える。 核の独占を最優先の国是とする核大国、特に合衆国がこの事態を最も深刻に懸念していると考えるべきだろう。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
特に中国にとっては、北朝鮮の核保有宣言は悪夢の現実化であり、韓国がそれに続くことは絶対に阻止したい。 それならば、実力もなしにプルトニウムを50トン近くも溜め込み、さらに増加させることを国策とし、現実に裏打ちされた消費計画一つ存在しない日本のサイクル事業が最大の排除対象となる。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
ここまで理解が進めば後は簡単なことである。日本は、安倍政権において、立憲主義すら破棄するというおよそ近代国家としてあり得ない行動を政権獲得以来ずっととっている。行政官も同じ穴の狢と見えて当然。 このような国がプルトニウムを50トンも保有し、サイクル事業を進める。最悪の事態である。
残りを読む(48)

コメント

内田 @uchida_kawasaki 2015年11月4日
水無月さんのツイート、訂正ツイートを追加しました。
欠点’s @weakpoints 2015年11月4日
逆に言えば日本が兵器に転用しない限り各国は何も言えんのよね、文句言うならお前が引き取れでFAになる(まぁそれでも引き取ろうとする国は北朝せnゲフンゲフンくらいだよな)
内田 @uchida_kawasaki 2015年11月4日
消費する予無い・消費する術も無いのに、プルトニウムを大量に保有してる事自体が、核保有国、特にアメリカから見ると『悪』なのです。日本の都合など関係なく。