戦車小話~大戦期戦車の砲塔旋回速度と機構

ドイツ重戦車の砲塔旋回速度は遅いって話はよく出ますが、実際どうなの? とか
軍事 仏軍 赤軍 独軍 戦車 米軍
60
えすだぶ @FHSWman
ドイツ重戦車の砲塔旋回が遅いって話はよく出ますけども、実際遅いのはアイドリング状態での話なんですわね。豹以降のドイツ戦車はエンジン動力貰って旋回するんで、回転数上げれば砲塔旋回も早くなる。王虎も最低速では一周140秒ですが最短なら20秒で、これはシャーマンより5秒遅いだけで
kyu190a@狐のお嫁さん募集中 @kyu190a
(ヽ´゜ω゜)となるとあいつら走行中に旋回したほうが速いんですかね・・・?キャタピラ停止状態でエンジン回転数をあんまり上げるような事するとまずそうな気がしますが・・・ @FHSWman
えすだぶ @FHSWman
@kyu190a 停車中でも砲塔旋回急ぎたいからエンジンふかせ! と命じることは可能でしょうね(実際したかどうかは別として)。たんにニュートラルで何秒かふかすだけの事ですから、何か機構的にまずい事がおきるとも思えません
えすだぶ @FHSWman
他の重戦車を眺めてみると……虎IとIS-2が砲塔旋回1周25秒、IS-3で30秒(試作段階では33秒)、KV-1が30~36秒(後に72秒に低下?)と。王虎の最短20秒は、重戦車としてはむしろ砲塔旋回速い方かもな感じです。他方T-34-85は12~14秒で、流石に中戦車は一寸早い
えすだぶ @FHSWman
他方パンターはと言えば、砲塔旋回動力自体は虎系列同様にエンジン由来。でもD型では油圧モーターに流れる油量を調整して、エンジン回転数に関わらず砲塔旋回1周60秒となるように調整されてて。これは実際遅すぎたのでA型では制限取っ払われてエンジン回転数依存になり、高回転時なら最短15秒に
えすだぶ @FHSWman
ただ、これは早すぎてぶっ壊れるってんで、後に18秒へと下げられてます。パンターFでは旋回機構が多少省力化されて、安く小さく簡単に製造できるようになった代わりに30秒に。ただ性能が悪くだっただけとも言えず、車長によるオーバーライド機能(つまり車長も旋回操作できる)が付いたりします
えすだぶ @FHSWman
そしてパーシングは砲塔1周17秒と。だいたい中戦車と重戦車の昼間めいた感じで。というわけで、大戦期戦車の砲塔旋回速度は各国とも概ね似通ってて、かつ大まかに砲塔重量の影響あるかなあという雰囲気がするのですね
てすら @Teslamk2t
4号戦車J型で砲塔回転用補助エンジンが廃止された件、搭乗員によって評価がまちまちだけど実際にどれくらいの時間で砲塔回転できたかが気になる。人力なので体格とか練度とかがもろに出そうだけども
えすだぶ @FHSWman
@Teslamk2t 人力旋回は人依存なせいか数字が出にくいですよね。パンターFだと1周4分!という事になってたようなので、嫌な予感しかしませんが
えすだぶ @FHSWman
尤もT-34-85の砲塔旋回はパワーの方が足りなかったらしく、傾斜地には弱かったようで、条件不明ながら一周180~240秒にまで低下したとか。T-34-85だと手動旋回の併用は無理ですが、ISでは「傾斜地では旋回モーター過負荷を避けるために手動旋回も併用せよ」という事になってます
えすだぶ @FHSWman
ということを考えると、山がち地形の朝鮮戦争はT-34-85にはちょっと不穏な感じがしてくるですねえ……
えすだぶ @FHSWman
76mm砲装備T-34だと最速で1周10~15秒になるのかな。85に比べると砲塔が軽い上に、また旋回機構が全然違うんですわね
えすだぶ @FHSWman
このツイットは間違いですわね……76mm砲装備T-34では一周14, 17, 29秒の三択だから、85とそう変わらん訳だ twitter.com/fhswman/status…
下呂子(げろこ) aka でゅらちん @Geroko
twitter.com/Geroko/status/… 良く燃えてしまうマガフ対策、砲塔旋回用のオイルを改善することに加えて、二次爆発を防ぐために油圧ラインの引き直しもしていると…φ(. . )
えすだぶ @FHSWman
砲塔旋回機構は油圧式のほうが細かな制御が可能って点で嬉しいようなんですが、被弾時に火災の原因になり得るんですよね。燃料油じゃあないにせよ、加圧された油の配管が走ってるわけで、破れたら面白くない事になると
えすだぶ @FHSWman
油圧式のほうが制御しやすいってのは実際無視できないメリットだったらしく、シャーマンでは電動モーターで油圧ポンプ回して、そこから油圧モーター回して砲塔旋回という一見回りくどい方式もあったりします。直接電動で回すのもありましたが、そっちはガクガクしがちで細かい制御苦手とか何とか
えすだぶ @FHSWman
@sudo_simoigusa 実際水圧なら火災の原因にはならないでしょうが……と、船だと油圧じゃなくて水圧のほうが多い気がするのは、そのへんの理由もあったりするんでしょうか?
SUDO@大和さん可愛い @sudo_simoigusa
@FHSWman 元々巨大な主砲用だから水+グリセリンなのは入手性とかもあるんじゃないかしら
えすだぶ @FHSWman
電動旋回のほうが被弾時に安全だけど照準機能だけ見れば油圧旋回のほうが嬉しい、という葛藤は戦車に限った話でもなく、爆撃機の銃塔なんかでもあったようで。油圧旋回銃塔なら銃身先につけたペンで名前を綴るまでしてみせる銃手もいた一方、電動でソレは全く無理と
佐々木⋈和守 コロナ許さねぇ… @kazumori102
@FHSWman どういう事が原因なんですか?動き方の特性の違いが原因というところまでは考えられましたけど…
えすだぶ @FHSWman
@gillvain 私も実際の装置はよく知らないのですが、油圧機構は弁の開閉、電動機構はスイッチの入切で操作する点に由来するかなあと思います。弁は半分開く(そして微妙に回す)といった操作が可能ですが、電気は半分スイッチ入れるという訳には行きませんよね。調速の為の回路が必要に
佐々木⋈和守 コロナ許さねぇ… @kazumori102
@FHSWman ああ、アナログデジタルの違いかぁ。 でもその程度だったら電動側もロータリースイッチを用いれば良いような気が… スイッチの回転と機構の回転を合わせて…
えすだぶ @FHSWman
@gillvain まさに。電動でもそういう細かな制御は可能ではあるのですが、大戦期の戦車だと「大まかに電動、細かくは手動」で済ませてしまえば良いというのが主流だったようです。電動での細かい制御を考慮し始めるのが大戦終わるかどうかの頃から、という感じがします
えすだぶ @FHSWman
他方、大戦期ソ連戦車を見ると砲塔旋回機構はほとんどが直接電動旋回。額面上は良い感じの装置なんですが、こと廉価版のT-34-85のはちと制約が多くて。旋回中に旋回方向を逆にする時はちよっと止めろ(いきなり逆転かけると壊れる)、15度以上の傾斜地では使うな(過負荷で壊れる)等々
残りを読む(29)

コメント

アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 2016年1月19日
想像だけど油圧駆動だと圧力の供給を止めるとオイルの粘性でエンジンブレーキのように旋回を止めようとする力が働くけど、電気モーターだとOFFにしても駆動系の抵抗くらいしか働かずニュートラルに近い状態になり、廻してるブツが重いだけに慣性が強くて人間が意図してるところで止まってくれないのかも?
深井龍一郎 @rfukai 2016年1月19日
スイッチON/OFFだけじゃなくて可変抵抗かましてやれば大分マシになる気がするけど、戦場みたいな環境じゃ故障しまくるだろうしなぁ。
nekosencho @Neko_Sencho 2016年1月19日
単なる作るがわのノウハウ蓄積の違いじゃね>油圧と電気
川口 一@C98 4日目西て22a @ichi_kawaguchi 2016年1月19日
動力源を何にするかってのは現在でも一筋縄ではいかないところがありますから、当時は試行錯誤の手探りだったのでしょうね。
水面計@いつのまにかオッサン @W_L_G 2016年1月20日
油圧モーターはバルブを開閉して油圧や油量を調整するだけで細かい制御できるのに対して、電動モーターは制御はかなり面倒。油圧モーターの方が小型で高出力か得られるのも砲塔の大きなドイツ軍戦車に好まれた理由だろうね。マウスが32段階の旋回速度選べたって、変速機のお化け見たいなの積んでたのでないか? 重い砲塔だからどうせ手では回せないので、微調整含めてすべて変速機で行うようにしたのだと予想。しかし砲塔を動かす度に狭い砲塔内でがっこんがっこん変速機を動かす姿を想像するとでかけりゃいいもんじゃないね
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2016年1月21日
機械工学やってると変速機の話で面白いネタを見つけたのだが、所謂"スライダックス"応用変速機(ラジコン自動車の変速機みたいな奴)は"軽い奴しか動かせない"らしい。低トルクでしか起動出来ないらしい。高トルクでブッ壊れる名手かも?
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2016年1月21日
現在みたくモータも色々と技術革新が進んで低出力高トルクでも要求通りの性能を発揮する優れものが戦時中と云う事もあって巧く行かなかったんだと思える。何しろ戦中は物資が不足する極みだし。必要な資材も入手困難だったと思える。
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2016年1月21日
実際は低速回転させたらある程度高トルクを得られるんだけど、スライダックス変速機では電流量とジュール熱の問題で低速を長時間続けると云う"高トルク機動"に不向きだったそうである。実際ラジコンでも低速走行時に負荷を掛けた状態を続けるとギアが死ぬ。
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2016年1月21日
ミリマニとかメカ好きには堪らない話ですねぇ。こう云うの大好き。
三十郎 @sanjuro2 2016年1月22日
カーベタンはどんなものだったんだろう...
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする