Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2011年1月25日

もしかしたら、とても大きな事が起きようとしているのかも知れないよ。(「図書館では初版から6ヶ月間は貸し出しをしないで欲しい」 樋口毅宏さんの決断)

「図書館では初版から6ヶ月間は貸し出しをしないで欲しい」 樋口毅宏さんが決断した。
73
石井昂 @blackfox711

どうも誤解がありますね。図書館に新刊を買うな、なんて少しも言ってないんです。著者の意志があれば新刊の貸し出しは、少し猶予していただけないか、という図書館に対するお願いなんです。

2011-01-25 00:46:50
石井昂 @blackfox711

図書館問題の解決は、意外に簡単な事なんですよ。明らかに影響を被っている著者は自分の本の奥付に、「図書館では初版から6ヶ月間は貸し出しをしないで欲しい」とメッセージを入れる。それを図書館側が尊重して自粛してくれればいいんです。

2011-01-25 11:00:29
樋口毅宏 @higu_take

@blackfox711 僕が「明らかに影響を被っている著者」かどうかはわかりません。でも、先ほどの石井さんのツイートで決めました。自分の本の奥付に、「図書館では初版から6ヶ月間は貸し出しをしないで欲しい」とメッセージを入れる。その第一号に僕がなります。

2011-01-25 12:24:25
樋口毅宏 @higu_take

@blackfox711 来月、新潮社から出版する「雑司ヶ谷RIP」の奥付に、「図書館では初版から6ヶ月間は貸し出しをしないで欲しい」と入れます。田中ノリーさま、よろしくです!

2011-01-25 12:26:48
石井昂 @blackfox711

@takehirohiguchi 素敵なご返事ありがとうございます。これは各出版社、著者団体を巻き込んだ、ひとつの運動体にしたいのです。つまり図書館側に納得してもらう大きさにする戦略を立てますので、しばし時間を下さい。

2011-01-25 13:30:31
tkr @tkr2000

今、歴史が動いた! RT @takehirohiguchi 来月、新潮社から出版する「雑司ヶ谷RIP」の奥付に、「図書館では初版から6ヶ月間は貸し出しをしないで欲しい」と入れます。田中ノリーさま、よろしくです!

2011-01-25 16:31:00

コメント

Matsuki *** @liliput 2011年1月26日
全然、やればいいと思う。多くの図書館は期待通り「自粛」してくれるだろう。当該図書の購入を含めてね。
0
hajime_z0 @hike1096 2011年1月26日
CDレンタルと同じことをやろうとしているのかな。結果は見えているような。
0
Robomaru @robomaru 2011年1月26日
これはいい動きだとおもうなー。
0
酔宵堂 @Swishwood 2011年1月26日
新刊予約3桁越えだと六ヶ月待ちも十分考えられる訳で、どの程度「諦める」ものだろう。アイデアとしてはまあ、ある程度条件付きで賛成ではあるけれども。
0
unyue @unyue 2011年1月26日
人気の新刊予約で六ヶ月? それを待つ人多数? っていうことですか? 図書館の現状。驚きです。
0
oya naoko (patara) @simaneko_patara 2011年1月26日
貸出しできないだけで、館内で読むのはOKという意味ですか? 極端な話、館内で全ページ読みきっても。
0
oya naoko (patara) @simaneko_patara 2011年1月26日
図書館システムを作っている業者さんは、6ヶ月までは貸出そうとするとエラーが出て、6ヶ月経ったら貸出せるようになる設定をタイトルごとにon/offできるような機能の追加に取りかかるか、取りかからないか。些細でも、少しは工賃かかるのでしょうから。
0
あんぬい (タビイカ) imaz @PUPRL 2011年1月26日
6ヶ月間は、新刊を待っていてくれた人や、自分で買ってくれる人の為の期間とする ということと受け取ったのだけれど、それならとても良い動きだと思う。
0
しゅくる @shukr_ 2011年1月26日
目的が売上ならば、たぶん間違った判断じゃないじゃな。特に長期的には。
0
後藤寿庵 @juangotoh 2011年1月26日
新刊書庫が必要になるな
0
8 kou @8koua 2011年1月26日
出版社と掛け合って、発注前に「図書館の注文6ヶ月お断り」とアナウンスしないと図書館買ってしまうよね。買わせるだけ買わせて受け取ってみたら貸出禁止というのは問題だろう。半年は禁帯出にして館内貸し出しのみが落としどころでは?
0
かずや18歳@たけのこ派 @kazuya78 2011年1月26日
全然やりゃいいと思うけど六ヶ月も経ったら読もうとすら思わないバブル本では出来ないだろなw
0
あまの めぐみ @meguamano 2011年1月26日
ハリーポッターみたいに「原価が子供向けとしては高い」「人気がある」本は一時期2年待ちみたいな話がありました(子供の読書スピードも遅いので延長とかもありそうです)岡田斗司夫さんみたいに(一部の本だけど)全部ネットで公開する人もいる。むー。
0
あまの めぐみ @meguamano 2011年1月26日
私は、自分の本を図書館で見て「にやにや」するタイプだったので、(むしろ全国の図書館様お買い上げありがとうございます)です。小説とかコレクションしたくなる本は図書館で読んで買います。本との出会いの場を作家が拒絶するなら自書が売れなくなるのでは?書籍がビニ本やSM本で中身も見られずにどうやって伝えるのか
0
藤堂考山 @ko_zan 2011年1月26日
死に逝く業界の人間たちの姿ってのは哀れだな。
0
わっくんぱぱ@「市民に銃口を向けている場末の図書館学者」 @wackunnpapa 2011年1月26日
再販制度は手をつけずにこれを言うのは,虫がよすぎるんじゃないかしら。
0
ぽりごん @polygon0323 2011年1月26日
最新雑誌は貸し出しできないって運用でしたよね。それと似たようなもんか。でも、どちらかというと図書館よりBOOKOFFとかに言った方がいいんじゃないかと思いますけど。
0
やきもき @yakisamako 2011年1月26日
6ヶ月と言わず、僕の本は絶対に貸し出ししないでほしいと言えばいいのに。
0
@butabuta_bot 2011年1月26日
図書館法ではどう規定されているのかな
0
ままままま @managon 2011年1月26日
いい試し。結局、図書館に本がある方が本が売れるとなれば、図書館に本を献本することになるかもしれない。
0
@guncchi 2011年1月26日
図書館で借りて読む人はそもそも積極的に本屋で買うような人ではないような気がするので、自粛してもあまり意味があるとは思えないんですが。
0
ROBA @vjroba 2011年1月26日
将来の読書好きを減らして自分で自分の首を締めるだけだと思う。
0
ナスカ(Nazka-U) @Chiether 2011年1月26日
図書内容を完全確認して、意図を受け取るコストがどれだけかかるのか。 場当たり的な扱い(例えば個々が勝手に後書きに書くとか)を求めるなら反対します。、効率的な"標準化"が必要でしょう。 表紙に、目立つマークでも入れますか?
0
松永英明@ことのは#ゲニウス・ロキ @kotono8 2011年1月26日
図書館問題、新刊を図書館に置いてもらいたくない著者は「半年間貸出禁止」を明記するというのはよい考えと思うし、推進してよいと思う。ただし、私の場合なら逆に二択なら「書店に並ばなくても全国の公共&大学図書館全館に入る」方を選ぶね。
0
rshibuya @4bu8r 2011年1月26日
図書館で新刊の貸し出し待ちをしてる人が、そのまま6ヶ月待つだけになるんじゃないのかな。貸し出し待ち10人とかいたら、実際に借りられるの相当後だろうし、そういう人たちには、新刊である意味がないし。
0
IWAI, Masaharu @iwaim 2011年1月26日
うーん。どうなんだろう。悪くない気も、悪影響がある気もする。わからんw
0
IWAI, Masaharu @iwaim 2011年1月26日
それにしてもこのタイトルがわかりづらくて困る。
0
Cal Que El Lulu-rain @senzaluna 2011年1月26日
その『本』との出会いのチャンスたる図書館に置かないってのはなんだかなあ。禁帯出ならまだ納得できるんだけど。
0
sironekotoro @sironekotoro 2011年1月26日
内田樹さんのblogの記事思い出した(http://bit.ly/b00sT)。ま、ひとそれぞれだよな。
0
おだま @teodama 2011年1月26日
むしろ制限するより図書館で読んだ本をすぐに購入できるようにするとか、特定の利用者に購入時割引とかやったほうが業界のためになるのでは?この試みはリスクも大きい気が。
0
ひであ🚴‍♂️🐧⛺ @hidea 2011年1月26日
ここでいわれている「貸し出しを自粛」は「禁帯出」を指しているものと理解してるんだけど、違うのだろうか?
0
13:00くらい ピアソラ三昧 @wakanaJ 2011年1月26日
あうー図書館派でごめんなさい。でも家が狭いから読みたい本全部買うととんでもないことになるんだもの。
0
かちうち @kachiuchi 2011年1月26日
日本中から小さな余裕がどんどんなくなっていく
0
ふりー(らい)だー @freader 2011年1月26日
新刊の話題本を数取りそろえるために残すべき本が圧迫されることに対する対策が必要だとは思う。あとがきに書いて図書館に自粛を願うことが効果があるとはあんま思わないけど
0
hylom @hylom 2011年1月26日
是非は置いておいて、「貸し出しはするな、でも買え」というのは虫がよすぎる話ではないかと。「ストック用に無料進呈するけど貸し出しはするな」というならまだ分かるが。図書館の役割が「フローではなくストック」というのは同意しかねる。 http://twitter.com/#!/blackfox711/status/29119602130685952
0
有識者 @tiisanaoppai 2011年1月26日
図書館派のコメントが少ないのに驚く。ツイッターユーザーと図書館派は重ならないのかな? 単に6ヶ月キューが処理されないだけのような。他にも本があるんだし、それを手にするでしょう。 再販価格維持制度は残して、図書館規制ってどんだけ都合がいいんだか。
0
神楽坂 涅槃 @Plus81 2011年1月26日
「図書館問題」って語句は聞いたことある程度の人間で申し訳ないが、半年のリリースラグはやったらいいんじゃないかな?自分の中での図書館の役割ってストックだと思っているので。貸本であるなら許されないけど。
0
ただの柴犬 @gaju06 2011年1月26日
図書館で人気の新刊を借りようとすると、何十人待ちで半年後とかになるのはざらなんだけど。この人新刊を借りようとしたことあるのかなぁ。それでも読みたい人だけが予約してるよ。それに図書館で借りてばっかりの人は本は好きでもあまり買わない。買いたくなくてたくさん読みたいから借りるだけ。だから意味のない運動だとおもうよ。
0
藤堂考山 @ko_zan 2011年1月26日
つーか、もう物理的な本である必要性すら、不明なんだけど?趣向の問題?図書館は、半年たったら本をすべてデジタイズしてしまえばいい。そもそも「紙」が資源の無駄。ECOじゃないねぇ~www っ手言う冗談はさておき、地方の都市部以外の図書館は、でかい本屋に行かないと手に入らないような本をどうやって手にするんだ?田舎者はリリースラグを我慢しろとでも?随分、乱暴な論法だな。
0
きよすけ @Kiyosuke0418 2011年1月26日
本出すときの契約でいっそのこと図書館の購入拒否しちゃえば?(国会図書館への納本除いて)半年貸し出さないでだったら図書館が購入するの半年後にするとか
0
mari okada @nylonfloren 2011年1月26日
図書館の問題ではないと思うが、どうせ奥付に書くなら「作者への献金、読書代を支払い希望 の方はこちらの口座にお振込ください。」とすれば。
0
mari okada @nylonfloren 2011年1月26日
一冊ごとの印税からだけで作家業が成り立たないのなら何か別の付加価値というか報酬(制作に対する)を生み出すシステムをつくるべきだ。作者と出版社の問題。図書館問題にすり替えても読者がデメリットを負うだけ。
0
ざらめ @para404 2011年1月26日
問題の解決を望むなら、各図書館にお願いするより正式に日図協とかに言えばいいんじゃないかなぁ。。。たぶん地方の公共に6か月置いとく場所はないし、6ヶ月とか忘れるし、で、おそらく貸し出されずに放置される。それを見越して最初から館として買わないか、あるいは買ってOPACに入れようとして奥付開いて後悔するか。負担が「図書館」という組織ではなく各館にいってるので、この「小さな一歩」はどう転んでも上手くいかないように思う。
0
@plussy5657 2011年1月26日
「ブックオフ」赦されたΣ(´Д` )
0
@plussy5657 2011年1月26日
っと「冗談」は(死活問題かもしれn)横に置いといて 「司書」さんの意見が欲しいなう 6ヶ月後・・・「予算がないので・・・」
0
@megajetsibusige 2011年1月26日
著者側もそうだけど図書館側も助かるかも知れない。支所資格の研修で行った図書館の書庫で見た大量の流行本(題名はご勘弁)。いっとき100人待ちで3年後には死蔵。これは図書館の理念から外れていると思う。そのようなことが減れば、著者側・図書館側両者にとって良いことだと思う。読者が置いてきぼりですが。
0
Dragnet @dragnet13 2011年1月26日
そんなに本を売りたいのなら握手券を付ければいいのに…。と、まぁ冗談は置いておいて、作家さんのマネタイズも大事だからある程度は容認してもいいけど、書籍や音楽産業は市場が変わったことを認識して自助努力をもっとするべきだと思う。図書館利用者を泥棒扱いされているみたいで不愉快だ。
0
ハムハム @8ham6ham8ham6 2011年1月26日
図書館で予約する人は一年経っても待つ人は待つし、買う人はもうその時点であきらめて買ってる。図書館での購入は週刊全点案内等見て決定してると思うから、そもそも奥付に書く時点で判別不可。売れっ子の本であれば、ある程度購入冊数が減って、他の新刊に予算当てれて図書館としては良い事。前述の通り待つ人はどうやっても待つから中堅以下の作家さんの本には微塵も影響を与えないと思う。
0
A Programmer living somewhere @mzch 2011年1月26日
結局、無料でコンテンツを消費しているところを絞れば売り上げが上がるという幻想に縋っているだけだと思う。でも却って図書館は助かるんじゃないかな。むやみに新刊本を入荷しなくてもよくなるし。
0
サル番長 @sarubanchou 2011年1月27日
個人では入手しにくい研究書等を閲覧できるようにするのが図書館の主目的なので、いくらリクエストがあるからといっても巷でちょっと売れてるだけの本に大事な予算を費やす必要はないです。
0
Jun Окаdа @ojunn 2011年1月27日
社会実験としては興味深いけどばかげた行為としか思えない。貸し出せない本を買うことが認められるとは思わないし、貸し出せるようになった半年後には購入候補の上位には入らないだろう。
0
原としみつ @toshimitsu_hara 2011年1月27日
例えば、半年間は電子出版のみにて無料公開、半年後に有償にて出版すれば良いかと。出版側も、電子出版で反応を見て金額設定もできるだろうし、消費者としても、良作が残る仕組みになっていいんじゃないかな。著者も駄作を作ろうとしなくなるだろうし。
0
むの @muno_chihiro 2011年1月28日
図書館で借りて読む人は、あえて書店で本を買おうという人たちではないし、そもそも出版社から本を図書館は買ってあげているのだから、まったくの言いがかりに過ぎない。憶測で物を言ってはいけない。
0
Masaki Matsushita @_mmasaki 2011年1月29日
そのうち「ブックオフは初版から6ヶ月間は中古販売をしないで欲しい」みたいな変奏が出てきそう(もう出ていたような)。
0
hatakesan @hatakesan 2011年1月29日
全然関係ないけど、ブックオフで購入してブックオフで売却したら差額が貸本代金だね。
0
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2011年1月31日
6ヶ月まつよりも図書館には基本的に一冊しか納品しないとかの方がいい気がする。人気本とか数年後には死蔵してしまうし無駄だ。
0
SOOOOO @ununique 2011年1月31日
購入を促す方法として6ヶ月縛りするなら、1章だけとかXXページまでとかをデジタルでいいので無償配布してほしいと思ったり。
0
にくやさいいため @niku831 2011年1月31日
その書を購入することが、可能でも、不可能でも、あるいは、購入することを希望したくない書であっても、「知る権利」を保障するのが、図書館の役割の一つである以上、そして、書の持つ効果として、「情報」があり、情報の価値は原則的には頓減する以上、賛同できない。図書館の貸し出しは、違法uploadなどとは違う。
0
NORA(ダイエット中) @nora912 2011年1月31日
図書館で新刊を何ヶ月も待つ人の気持ちがよくわからんなぁ。人気作家の新刊だからって高いわけじゃなくて、せいぜい千円台でしょ。そういう人に限って普通に外食でお金奮発したりしてて、うーん?みたいな。
0
永遠 @awzotp 2011年2月1日
樋口毅宏という作家さんが、新刊に「図書館に半年入れるな」という断り書きを入れるそうだが、試しに地元の市立図書館を調べてみたら、複本どころか、購入していない館の方が多かった。買ってもらったほうが儲かるんじゃない?
0
セフィーロのおんりょー @cef_tom 2011年2月2日
毎週10冊以上ハードカバー本を借りてたうちの母。それを全部購入するとなると多分我が家破産&荷物が…。てのはおいておくとしても、読んで気に入った本は必ず注文してでも購入してたし、図書館で借りる=売り上げに繋がらない、というわけではない。
0
ミィム@糖質制限中 @happylab 2011年2月25日
レンタル専用ビデオみたいに、保証金分を定価に上乗せした本が図書館向けにあっても良いと思うけど、有料で貸し出してない以上納税者の負担が増えるだけだしね。
0
Assume @_Assume_ 2011年2月25日
「少し猶予していただけないか、という図書館に対するお願い」などという不当な要求がまかり通るのなら、著作財産権による保護や再販制度など一切与えるべきじゃありませんね。 / 分化に対する反逆と言うべき行いでしょう。
0
産ザ @san_sei_za 2011年2月25日
別に知る権利を否定したいわけじゃないんでしょ? だったら素直に私の著書は図書館が収蔵する価値はありません、と宣言すればいいのに。 自分で図書館で貸し出されて読むような本じゃないって思ったから怒ってるんじゃないの?
0
okumura @okok0336 2011年2月25日
マーケットを広げる機会を自ら減らして、長期的な売り上げの安定を損なっている気がしますが。
0
佐藤 [退席中] @outerinside 2011年2月26日
これは良い動きだと思うので応援したい
0
lulu @lvwq 2011年2月26日
今朝の読売の編集手帳に載ってましたね。 >図書館が活字離れにブレーキをかける役割を果たしているのも事実だが、著作者という泉が涸(か)れては元も子もない。 >「文士は食わねど高楊枝(ようじ)」が通じる時代でもない。
0
lulu @lvwq 2011年2月26日
この問題は、作者が頑張って書いた作品をただで読みたいという人のために、作者がどれだけ生活レベルを落とすことで応じるべきか、というところにあると思う。
0
大鋸一正 kazumasa oga @_oga 2011年3月9日
基本的に賛成です。出版社が金をかけて話題作りをしているのに、図書館で済まされちゃかなわんだろう。図書館の役割は、話題作を提供することではないと思う。
0