24
産経ニュース @Sankei_news
13人死亡6千人以上が重軽症 「地下鉄サリン事件」から21年 霞ケ関駅で午前8時に駅員黙とう sankei.com/affairs/news/1…
木村屋 @kimuraya
地下鉄サリン事件から21年か。色々な問題を起こしたオウム真理教が警察の強制捜査の情報を察知し、やぶれかぶれ(オウム側もこれで警察をどうにか出来るとは思ってなかった)で霞が関に近い場所でサリンを撒いた事なんて、今の中高生は知らないかな twitter.com/Sankei_news/st…
木村屋 @kimuraya
オウム真理教が自滅することが分かっていながら、地下鉄にサリンを撒いた理由は諸説あるけど、教祖の麻原彰晃が自らの終末思想に基づく予言を信じ込んでいて、サリンを撒いて時間稼ぎをすれば、本当に予言通りに最終戦争が起こり、何もかもが有耶無耶になると思っていたのではないかという節がある
h_sakurai @h_sakurai
@kimuraya ハルマゲドンは終わったって考えればわざわざ戦争なんて起こさずに済んだと思うんですよねぇ。
木村屋 @kimuraya
@h_sakurai 決定的な分岐点は坂本弁護士一家殺害事件だと思います。それ以前にも教団内部で信者の事故死の隠蔽やそれを知る信者の脱会を阻止するために殺害するなどの犯罪を行っていましたが教団の崩壊が幹部の生死に直結する状態になってしまったので引き返せなくなったのだと思います
h_sakurai @h_sakurai
@kimuraya そうですね。ある物を奪うような点で、オウムとISISは似てますよね。新興宗教が必要とされるのは民主主義国家のうまく行ってない精神的な悩みがあってその答えが欲しいからでもあったけど後新興宗教は駄目だとなって、スピリチュアルうんたらだ、脳科学だってなってる
木村屋 @kimuraya
@h_sakurai 宗教って、産業の生産活動の外にある活動だから、資本の論理から離れた満足感を提供できるサービスだと思うのですが、オウム真理教は規模を大きくし過ぎて、資本の論理に絡め取られて破綻したという印象です。人生などに関する悩みは個々人で解決するしかなさそうですね
木村屋 @kimuraya
オウム真理教の辿った軌跡を追うと、麻原彰晃も最初は真剣に宗教に取り組み、本気で世界の救済を考えていた節がある。だから、宗教家としてある程度、成功したのだけど、組織の運営者としては駄目で、膨らんだ教団の信者を食わせるために四苦八苦している内に事故や事件を起こすようになったようだ
木村屋 @kimuraya
オウム真理教は終末思想に基づく教えで、信者に出家を促し、全財産を寄付させて、それで規模を急速に拡大するのだけど、当たり前だが膨らんだ教団出家信者を食べさせないといけないし、何よりも全財産を寄付させるというやり方が世間の批判を招いた。そこから色々と歯車が狂っていくのだよな
木村屋 @kimuraya
要するに出家信者は労働組合の専従の活動家みたいな存在で、組織が飯を食べさせないといけない。独特の終末思想に基づいて、それを増やし過ぎて、組織の運営に支障をきたした時点でその後の問題の種は蒔かれていたと見るべきだと思う
木村屋 @kimuraya
他の新興宗教みたいに、現実と教義の間に折り合いを付けて、少数の出家信者を在家信者のお布施で広く薄く支えるという形にしておけば、オウム真理教の諸問題の大半は起こらなかったのではないかと思う。問題の根は教祖が終末思想に基づく教義を本気で信じていたらしく、出家信者をどんどん増やした事
木村屋 @kimuraya
1980年代は家屋敷を処分すれば、多額の金銭になったので、オウム真理教の規模の拡大と出家信者を食べさせることが両立出来ていたのだけど、バブル崩壊後もそれを続けたので組織の運営に掛かる運転資金に困るようになった。実際、それを賄うために教団は様々なサイドビジネスを展開している
木村屋 @kimuraya
1990年代に入るとオウム真理教は運転資金を賄うためか、信者の勧誘以外にも様々なサイドビジネスを展開するようになる。マハーポーシャが有名だが、その他に食品の販売(サットヴァ食品)、ラーメン屋、スナック、弁当屋など、幅広い物だった pic.twitter.com/tMaObqkmgW
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
木村屋 @kimuraya
「未解決事件 オウム真理教秘録」という同名のドキュメンタリーを書籍化した本が出ていますが、オウム真理教のサイドビジネスについては、信者には不評で士気が低かったそうです。そりゃ、この世を救済するため、修行のために教団に入った筈が弁当屋をやれと言われれば、話が違うと思うでしょう
木村屋 @kimuraya
「未解決事件 オウム真理教秘録」で弁当屋に配属された信者の不満を解消する為、麻原が演説したが紹介されていますが、信者の不満を感じ取って、幹部への道も開かれている事を示して、士気を鼓舞する弁舌は非常に巧みです。1万人(その内、1700人は出家信者)の信者を集めただけの事はあります
木村屋 @kimuraya
地下鉄サリン事件から21年が経ちましたが、未だに死刑の執行はありませんね。オウム真理教が地下鉄にサリンを撒いた理由などについては昼に書きましたが、事件の首謀者である麻原彰晃(松本智津夫)の死刑執行が一つの区切りになることは間違いないでしょう
有村悠%C91・1日目(木)東M25a @y_arim
来月大学に入る現役合格生も生まれてないからなあ<地下鉄サリン事件から21年 そりゃ想像もつくまい、当時でさえ想像を絶したのだから。いったい説明のしようがあるだろうか。
有村悠%C91・1日目(木)東M25a @y_arim
ワイが5歳のとき麻原彰晃がヨガ教室始めて、小2のときオウム真理教ができて、小3のときはじめて人が死んで、小4のとき宗教法人になって坂本弁護士一家殺して、小5のとき選挙に出て、麻原はバラエティ番組に出ていて、中学卒業する直前にサリン撒いたわけで、ある意味オウムと一緒に育った世代だ。
有村悠%C91・1日目(木)東M25a @y_arim
日本でインテリだの、リベラル知識人だのが決定的に失墜したのだとしたら、その原因はオウム事件をめぐる言説の混乱、および少なからぬ学歴エリートが加害者となっていた事実にあるのではないかという気がしている。 twitter.com/RANKA16/status…
有村悠%C91・1日目(木)東M25a @y_arim
「御託はいいからあんな奴らぶっ潰せ」というノリを用意したのはオウム事件だろう。
有村悠%C91・1日目(木)東M25a @y_arim
あとそう、少し前に「昔の日本人はマナーが悪くて路上もゴミだらけだった、ここ10~20年で急速に綺麗になったのであって別に日本人の伝統とかじゃない」という話題があったけど、これマナーが良くなったというよりオウム事件の余波の面があるかも twitter.com/RANKA16/status…
有村悠%C91・1日目(木)東M25a @y_arim
子供のころから社会の何処かにいて、一応共存していた「変な人たち」(麻原彰晃はとんねるずの番組にコーナーを持っていた。Mr.マリックや宅八郎と同ジャンルの扱いだった気が)がやがてあんな事件を起こした…それをどう考えていいかいまだに迷う twitter.com/y_arim/status/…
有村悠%C91・1日目(木)東M25a @y_arim
事件起こすまでは、オウム真理教はあんまり“異物”だった印象がなくて。子供の目から見ると、テレビでよく見かける程度には社会の一部だったように思います。マハーポーシャしかり、駒場の東大の近くで弁当屋とかやっていたわけで… twitter.com/cyura_san/stat…
有村悠%C91・1日目(木)東M25a @y_arim
伝わるかどうか……1990年の衆院選、ロン毛にヒゲモジャのおっさんと、その被り物かぶった手下どもと、象の被り物したギャルが街に繰り出し、教祖の名前連呼しながら選挙運動していたというのが、子供の目から見たらネタ枠以外の何だというのか。 pic.twitter.com/4bHgdH5REb
 拡大
 拡大
有村悠%C91・1日目(木)東M25a @y_arim
こんな人たちが裏で人殺しまくってて、しまいにゃ東京で毒ガステロ決行したというのは、わりと気持ちのやり場に困る話。
残りを読む(16)

コメント

撃壌◆ @gekijounouTa 2016年3月22日
あー、なんか変な事業やってたの信者食べさせる為だったのかー
wot-object @wot_object 2016年3月22日
まだサリン事件の犯人がわかってない段階で幸福の科学が「サリンを撒いたのはオウムです」って街宣してて宗教戦争でもする気かよ、と思った思い出。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする