読んだ本メモリスト

書評なんて仰々しいものじゃないです 感想ですらなく、なんというか、メモ
書籍 文学 小説 感想 本棚
0
にゃあ@知ってる。 @shirousaasmarch
有川浩「レインツリーの国」 200ページくらいだったかな 一日の移動時間で十分読み終えられたくらい 完璧に恋愛モノ 面白かったけど サブキャラだけどミサコちゃんがなかなか可愛い ひとみちゃんはめんどくさいなーって思う笑 素直すぎて育ちが良すぎてテンポが合わないような そんな印象
にゃあ@知ってる。 @shirousaasmarch
伸は玉森じゃないし、ひとみちゃんはまりやじゃない。それは思った。
にゃあ@知ってる。 @shirousaasmarch
亮ちゃんとまさみちゃんでいいんでないの ドラマでDVしてたペアだから印象悪いか
にゃあ@知ってる。 @shirousaasmarch
辻村深月「スロウハイツの神様」 全13章?の後ろ二つ三つくらいの面白さが異常 上下巻で途方に暮れるくらい長いけど全部にしっかりオチがつくし、バラバラだった話の収束してくのには感動 上巻のラスト数十ページから終わりまで4時間半一気読みした
にゃあ@知ってる。 @shirousaasmarch
「彼女は存在しない」浦賀和宏 結構長かったー 途中でそんな反則のオチありかよと思いきや、そっからさらに逆転してきてやばかった! 終盤チキン肌とまんなかった グロ注意だけど、イニシエーションラブ好きな人には好きだと思う 恋愛要素もほぼなくてあっさりでした
にゃあ@知ってる。 @shirousaasmarch
「あかねさす ~新古今恋物語~ 」加藤千恵 単価を元に現代版の短編がまとめられてたやつ サクサク読めたしとっかかりには良かったと思うけど、短編ゆえの物足りなさを少し感じてしまったから単純に向いてなかったんだと思う
にゃあ@知ってる。 @shirousaasmarch
「ツリー」高橋克彦 上下巻読了 めっちゃ分厚かったと思うし時間もかなりかかってるんだろうけど実感ない のめりこめた 雰囲気がどんどん変わっていってて、どんなジャンルの小説ですかって一言じゃ無理 前置き?のとこが退屈だったけど終盤になって納得 諸々の後出し感は否めないけど面白かった
にゃあ@知ってる。 @shirousaasmarch
風森って主要登場人物が私の脳内でイケメン過ぎてうわあってなる
にゃあ@知ってる。 @shirousaasmarch
落ち着き払った鶴丸って感じかな
にゃあ@知ってる。 @shirousaasmarch
「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」村上春樹 文庫版が出てたから読んでみたけど、やっぱ村上春樹と私では頭のレベルが段違いだと感じた 難解で抽象的な表現って先入観があったけど、半分合ってて半分違った 字面を追うだけだったら、構えてたより簡単
にゃあ@知ってる。 @shirousaasmarch
ストーリー展開があっち行ったりこっち行ったりってこともなかった ただ、素晴らしく色濃い余韻を残すラストで続きが気になって仕方ない でも、その続きは本編をきちんと解いて読んでいれば自ずとわかるのかもしれない 私は村上春樹の書きたかったこと、書き表したことの2割しか理解出来なかった
にゃあ@知ってる。 @shirousaasmarch
「凍りのくじら」辻村深月 550ページ長かったけど読了 主人公理帆子ちゃんの目線からだけ語られるからかな、情景がリアルだった 端から端まで描写するんじゃなくて、見えたものだけが書かれてる感じ オチがちょっと卑怯だけど、ラストを知った上で読み返したくなる感じ(私にその体力はないけど
にゃあ@知ってる。 @shirousaasmarch
「世界から猫が消えたなら」川村元気 一時間ちょっとで読了 そして帯でFUKASEが触れてるところでマジ泣き 181ページからの感動が半端じゃない 文章のテンポがひたすら良くて、誰かが話してるのを聞いてるような心地よさ なにこれ映画化するの 絶対また泣く
にゃあ@知ってる。 @shirousaasmarch
赤川次郎「午前0時の忘れもの」 またまた一時間半くらいで読了 面白くなかったわけじゃないけど、私としては溢れ出る「で?」って感じがやばい 普通というか、なんというか 期待しすぎた感が些か
にゃあ@知ってる。 @shirousaasmarch
西尾維新「美少年探偵団」 一時間半くらいで読了 サクサクでしたな 主人公ちゃんが割と鬱陶しいけど美少年が、本当に美少年 ちょっとデコラティブな文体だけど中盤から慣れた あと蛍丸出てくる(出てこない)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする