2022年7月22日

「美味しそうな見た目なのに、美味しくない」米在住の日本人が語るアメリカのラーメン事情とは

味覚や文化の違いが味にも出ている説
2

こんがり焼き色がついたチャーシューに、こってりスープ。非常に美味しそうなラーメンの写真だが、投稿者のコメントはというと…

「こんなに美味しそうなラーメンが、なんと美味しくない!それがアメリカ」

こちらは米国在住のYuki Ogawa(@Dr_majio)さんによるツイート。Twitterユーザーからは「美味しそうなのにね」「しかも、お高いんでしょ?」「そんなに美味しくないラーメンがアメリカでは売れるのですか?」といった疑問が相次いでいる。

気になるアメリカのラーメン事情について、Yuki Ogawaさんに聞いてみた。

アメリカ人にとっては美味しいラーメンなのかも…?

麺・スープ・具材など、それぞれどんな味でしたか?

画像のラーメンは「Black Garlic Ramen」という商品で、スープは油っぽくてこってりしているのですが、なんだか「味がない」というような不思議なものでした。麺はだいぶ柔らかめで、チャーシューもあまり美味しくなかったです。味玉は唯一、普通に美味しかったです。

なぜこちらの店にいかれたのでしょうか

このお店はテキサス州のコーパスクリスティという都市にある海に面した街にあります。”sea turtle hatching” (孵化したばかりの海亀を海に放流するイベント)が開催されており、見に行くついでに近くの飲食店を検索したところ、ホームページのラーメンの写真がとても美味しそうだったのでこの店を選びました。

お店は”Ramen bar”で、ラーメン以外にお寿司や丼もの、つまみも提供していましたが、そちらは試しておりません。

アメリカのラーメンについて、現地の方々の反応や評判はいかがでしょうか

ラーメンは日本食として有名なので、食べたいと思う人は多いようです。

アメリカには多様な背景の人が住んでおり、宗教上の都合で牛や豚が食べられない人もたくさんいます。アメリカのラーメン屋さんは、どのお店にもビーガンラーメンなどがあるので、入りやすいようです。

お店では日本人以外のお客さんもお箸を上手く使い食べており、それくらいラーメンを食すという文化がアメリカに馴染んでいることを感じます。またラーメン屋さんは基本的にramen barとして営業していますので、日本酒などお酒を飲みに行く人も多いと思います。

アメリカのラーメンは日本人にとってあまりおいしくないという話をよく聞きますが、Yukiさんもそう感じますか。 

美味しくないと感じるラーメン屋が多いのは確かです。ツイートのリプライにもありましたが、「出汁がうまく取れていない」「うま味調味料が十分に使われていない」「醤油が十分に使われていない」といった原因が考えられるようです。

一方で、こちらのお店の店員さんは非常にフレンドリーで、お店には結構お客さんが入っていました。なぜか3歳の息子はこのお店のラーメンを気に入っており、たくさん食べていました。もしかすると、子供や日本食を常食していないアメリカ人などには食べやすい味なのかもしれません。

またアメリカのスーパーには、いろいろなカップラーメンが売られていますが、こちらも日本のものとはだいぶ違う味で美味しくないです。やはり味の好みの違いや、魚の風味が苦手な人が多いといった要因があるのかもしれません。 

ちなみに、Yuki Ogawaさんが食べた写真のラーメンのお値段は13ドル(約1800円)とのこと。アメリカへ行った際、この値段でアメリカ版ラーメンを体験したいと思うかどうかはあなた次第。

 

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?