2022年12月5日

放鳥もお世話も可能!文鳥のために特製温室を作った人の話があたたかい

一緒に過ごす時間がますます増えそう
1

文鳥温室

シルバー文鳥と桜文鳥を飼っている、ふっきゅん(@fukkyun0418)さんは、愛鳥たちのために、ちょっと変わった冬の寒さ対策を講じた。なんと、室内に温室を設置したのだ!

しかも、人も入れるソファー付きの広々空間。ツイートを見たTwitterユーザーからは「一緒に寝ちゃいそう」「私も入りたいです!!!」「パラダイスはここにあった」など、鳥さんと共にゆっくり過ごせる空間に羨望の眼差しが向けられた。

飼い主のふっきゅんさんに、温室づくりに至った経緯を聞いた。

保温と温度差を少なくするため

文鳥温室を設置した経緯を教えて下さい。

放鳥やお世話(カゴの掃除)をするときに、文鳥を鳥かごの外に出すと、冬は温度差がありすぎて身体に負担がかかってしまいます。

できるだけ温度差を少なくし、保温するために今回の設置に至りました。

病気の文鳥がいるため、普段鳥かごの中はペットヒーターで、温度設定を28〜30℃くらいに温めています。

文鳥温室

温室の広さはどのくらいでしょうか。

幅180cm、高さ153cm、奥行き105cmです。

温室の中はどれくらいの室温ですか

温室の中は、部屋自体に床暖房を入れていて20℃〜23℃くらいです。

寒さに応じてセラミックヒーターを併用していて、放鳥時の温室内は25℃以上をキープするようにしています。

温室の設置で気をつけた点や、こだわった点を教えて下さい。

購入直後はビニールの匂いがかなり気になったので、丸洗いをして1か月ほど干して匂いを取りました。

一緒に暮らしている文鳥は、老化などで飛ぶことができないので、低い位置に鳥かごを置いています。

温室のサイズは、鳥かごを入れて、人間が入っても狭く感じないものを探しました。低めで広い温室はなかなかなく、やっと丁度良いサイズのものを見つけました。

文鳥温室
文鳥さんがゆったり活動できる広さ

温室を作って良かった点を教えて下さい。

気温に気兼ねすることなく、放鳥することができるようになりました。 飼い主も、文鳥と一緒に快適に暖かく過ごせるので良かったです。

ふっきゅんさんは、温室でどのくらいの時間を過ごすようになりましたか?

今のところは文鳥のお世話と、放鳥する時間なので日中は、1日3時間くらいです。 ただ、文鳥の具合によって夜は温室の中で、一緒に寝る日もあります。 これから寒さが本格的になったら、もっと長くこもることになりそうです。

文鳥温室
桜文鳥の「さく」さん

室温だけでなく、ふっきゅんさんの文鳥さんへの温かい愛がこもった温室。今年の冬も文鳥さんたちとともにほっこりした時間を過ごされることだろう。

ふっきゅん(@fukkyun0418)さんは、日々文鳥さんたちの様子をツイートしている。気になった方はフォローしてみては。

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?