大麻と精神障害。

Pubmed掲載論文を中心にまとめました。
医療 健康
81

For people with a psychotic illness, or who have a predisposition to such an illness, the effects can be more serious and long-term.
https://www.sane.org/mental-health-and-illness/facts-and-guides/cannabis-and-psychotic-illness

ほつま @hotsuma
大麻と精神病。豪州の @SANEAustralia の記事。 / Cannabis and psychotic illness http://htn.to/egmxBW
ほつま @hotsuma
Differential Diagnosis of Psychotic Symptoms: Medical “Mimics” psychiatrictimes.com/forensic-psych…“mimics” psychiatrictimes.com/sites/default/…
# 大麻と精神病
ほつま @hotsuma
初回精神病エピソード患者の34%が大麻使用 37研究のメタアナリシス Aust N Z J Psychiatry. 2016;50(3):208-19. ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26286531
ほつま @hotsuma
初回精神病エピソードにおいて大麻を使用していた患者は被影響妄想,嫉妬妄想,罪業妄想を生じていることが多い 米国の臨床研究 Psychiatry Res. 2016;243:5-13. ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27344587 twitter.com/suzuki__yasuko…
ほつま @hotsuma
初回精神病エピソードの患者における物質使用を調査したスペインの研究 ・男性の89.4%が物質使用 ・男性はアルコールや大麻やコカインの使用率が高い J Dual Diagn. 2015;11(3-4):153-60. ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26513726
ほつま @hotsuma
初回精神病エピソードの患者における物質使用を調査したスペインの研究 ・男性は平均16歳で大麻使用を開始 ・男性は発症が早い ・複数の薬物を使用する男性は発症が早い J Dual Diagn. 2015;11:153-60. ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26513726
ほつま @hotsuma
大麻使用は精神病の危険因子 大麻使用が多いほど高リスク システマティックレビュー Lancet. 2007;370:319-28. ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17662880 (原因かどうか未確定なのでもっとコホートが必要という論調 → その後の10年間に多数のコホート)
ほつま @hotsuma
大麻を使用する人は精神病を発症しやすい スウェーデンで723名を21から45歳まで追跡 J Subst Abuse Treat. 2015 Dec;59:1-9. ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/2634251…
ほつま @hotsuma
大麻の長期使用、精神病に関連 米専門誌 国際ニュース : AFPBB News http://htn.to/v7FZr4
ほつま @hotsuma
"平均20歳の人間、4000人サンプルしただけで結果でるなんて、どんだけ大麻が市民権を得てるんだよ。。 " / 最速速報(`・ω・´) : 【研究】大麻の長期使用、精神病に関連 米専門誌 http://htn.to/JAsByk
ほつま @hotsuma
精神病が大麻使用のリスクを高めるというより 大麻使用が精神病のリスクを高めていると結論したニュージーランドの前向きコホート研究 構造方程式モデリングで解析 Addiction. 2005 Mar;100(3):354-66. ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15733249
ほつま @hotsuma
大麻使用は精神病を予測 精神病は大麻使用を予測 オランダの前向きコホート研究 大麻合法化されたオランダはこのような研究に適していると研究者らは述べている Addiction. 2005 May;100(5):612-8. ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15847618
大麻とプラセボの比較
ほつま @hotsuma
大麻とパラノイア ・妄想様観念を既に生じた患者を対象として大麻の有効成分であるTHCを静脈投与したプラセボ対照無作為化試験 ・THCによって妄想,不安,抑うつなどが増悪 Schizophr Bull. 2015;41:391-9. ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25031222
Wikipediaにはなんと書いてある?
ほつま @hotsuma
1970年代から2008年までの精神医学文献をまとめた2016年作成のまとめ ja.wikipedia.org/wiki/大麻の医学的研究 zatpek "プロパガンダと何が違う?" b.hatena.ne.jp/entry/togetter…
ほつま @hotsuma
英語版Wikipediaの「大麻と精神病」 2000年から2016年までのシステマティックレビューが列挙されている Cannabis and psychosis en.wikipedia.org/wiki/Cannabis_…
大麻と精神病に関する生物学的な理論
脳・神経系プレスリリース @Brain_Neuron
阪大 大麻が脳に悪影響を与えることを科学的に証明  resou.osaka-u.ac.jp/ja/research/20… J Neurosci
ほつま @hotsuma
大麻使用が精神病の原因であるという仮説について カンナビノイド系のドパミン系への影響を含めて論じた総説 World Psychiatry. 2008;7(2):68-71. ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18560513
⅃ЯAƎ⊿ @DrMagicianEARL
統合失調症の発症を予防していく上で避けねばならないこと。at-riskな個人が生活する上で注意すべきこと。 : 場末P科病院の精神科医のblog blog.livedoor.jp/beziehungswahn… あら、大麻による統合失調症の発症機序ってある程度分かってるんだな
afcp @afcp_01
"(1)大麻は絶対に使用しない (2)社会経済的に劣悪にならないようにする (3)幼少時期のトラウマを避ける (4)感染症(特にSZと関連する病原体)を防止する" / “統合失調症の発症を予防していく上で避けねばならないこと。at…” htn.to/H4oJT9
大麻使用と精神病早期発症
残りを読む(118)

コメント

PKA @PKAnzug 2016年7月27日
へー、本格的に調べたことはなかったけど、山ほどあるんですね。もちろん個別の情報は精査が必要でしょうけど、「大麻の有害性は全くデータがない」とか言ってる連中が、如何に都合の悪いことにに目を瞑って語ってるかがバレバレですね。「タバコは健康被害を起こさない」というトンデモに縋ってる喫煙者と同じ構図。
ぬまこっこ @numacocco 2016年7月27日
60年代アメリカのヒッピームーブメントや反ベトナム戦争等と言ったカウンターカルチャーの隆盛の中、インドのヨガや中国の気功、日本の禅といった精神の変容を手軽に体験できるツールとしてヘロイン・LSD・マリファナ等のドラッグがもてはやされるようになる。
ぬまこっこ @numacocco 2016年7月27日
ヘロインやLSDはそのヤバさは直感的にすぐにわかる。マリファナの悪影響は時間がたってから出てくるようだと危険性について周知されてこなかったのもうなずける。何しろスピリチュアルなイメージと共にマリファナがあったのだから。今でもガンジス川沿いではサドゥーと呼ばれるヒンドゥー教の修業者が大麻を仕込んだパイプを燻らせているはずだ。
ロロ @shin_mahoiku 2016年7月27日
あくまで「比較的害が少ない」だけであって、脳に作用する薬が何の害もないわけないんだよなあ 勿論、故山本さんのような事情があるなら話は別だけど、嗜好目的で解禁を叫ぶ輩はリスクにもちゃんと目を向けよう
ほつま @hotsuma 2016年7月28日
まとめを更新しました。
るう之助 @bluelotus2212 2016年7月28日
まだ全部見てない。大麻使用=精神障害に結びつくって初めて聞いた。大麻使用は容易に他の違法薬剤への入り口になるから…というのはよく知られてるよね。
uncle maki @pe_gyoF 2016年7月29日
これは大麻についてネガティブな資料集だけど、トピ主さんのツイート周りでは「大麻で精神病症状を引き起こすことは無いが定説」「一過性はあるが慢性的な精神病症状を引き起こすことはない」等々の精神科医等の意見もあった。
uncle maki @pe_gyoF 2016年7月29日
「リスクがあるという論文もある」だけはなくて定説や優勢な説は何なのかが問題ですよね。「リスクがゼロでないからダメ」ではなくてリスクを定量的に考えるとどうか、他のリスクと比較するとどうか、相関関係が見えるというケースも因果関係は実際どうなのか。
ほつま @hotsuma 2016年7月29日
↑主に2aから3を集めました。 (高いエビデンスレベル)  2a:ランダム割付を伴わない同時コントロールを伴うコホート研究  2b:ランダム割付を伴わない過去のコントロールを伴うコホート研究  3 :症例対象研究 (中略)  6 :専門家個人の意見 (低いエビデンスレベル) http://www.fizz-di.jp/archives/1028713473.html
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする