佐藤竜雄監督「他人事だと思っていても、いつか自分の身に降りかかる」

15年前の地下鉄サリン事件と初監督作品「飛べ!イサミ」にまつわる佐藤監督の回想録。 ちなみにつぶやきで触れられている問題の回は第6話「RX95の秘密」。毒ガスを扱った話のため一旦延期になり、後日37話として放送されました。
アニメ 表現 佐藤竜雄
180
佐藤竜雄 @seitenhyohyo
ちょうど15年前の今頃、オレは代々木にあるタックへ行こうと地下鉄へ。しかし、地下鉄には乗る事が出来なかった。新高円寺駅には封鎖のテープが引かれ、路上には数人の人がうずくまって救急車を待っていました。何が何だかわからずオレはJRへ。スタジオに着き、オレは事の真意をニュースで知った。
佐藤竜雄 @seitenhyohyo
人が大勢集まるところに毒ガスをまく。あまりに酷い事件だった。ひょっとしたら自分も巻き込まれていたかもしれないと思うと震えが来た。しかしその一方で我が身の幸運に感謝した。それからまもなく、放送局から驚きの一報が来る事になる。
佐藤竜雄 @seitenhyohyo
翌日の番組のアフレコを中止する、というのだ。その話数は秘密兵器の入った(とされる)カプセルが隠されたロボットのオモチャを取り合うという、他愛のないモノだった。しかし、その秘密兵器が問題だった。兵器とは、毒ガスだった。今では笑い話だが、当時は笑いごとではなかった。番組がオチるかもと
佐藤竜雄 @seitenhyohyo
最悪の場合、番組は打ち切りになるかもしれない。そんな悲観的な意見もあった。テレビシリーズ初監督だったオレは混乱した。「子供番組なのに?」「何も悪い事をしていないのに?」取りあえず一部セリフを変えて収録はする事になったが、結局当面の放映は見送られた。
佐藤竜雄 @seitenhyohyo
この辺りの話は結構繰り返して話してるし語られてるので詳細は省略。ただ、その時思ったのは「自分は抵触している『ヤバイ』ものは作ってないから安心」とか「他人事だと思っていても、いつか自分の身に降りかかる」15年前の事件とは離れてしまったけれど、今回の条例改正に際してあの頃を思い出す
佐藤竜雄 @seitenhyohyo
飛べ!イサミのあとナデシコを引き受けた際、「魂を売り渡した」とか「あっち側の人間になっちゃうんだ」とか色々言われた。当時はまる子から始まって、サトウは人殺しやエロのない健全な路線をこのまま行くのだろうと周りも思っていたから。だけど、そのガスの事件以来、オレは思ったのです。
佐藤竜雄 @seitenhyohyo
健全なアニメ、良いアニメと僕らが思って作っていたとしても、「それはダメだ!」「俗悪だ」というレッテルはいつ何時やって来るかわからない。そして安全な「こちら側」にいて「あっち側」を金儲けだ俗悪だと揶揄するのは何かイヤだなと。だから僕はナデシコを引き受けた。後悔は無かった。
佐藤竜雄 @seitenhyohyo
実はそのガス事件には後日談、というか更なる事態がイサミを襲った。もう忘れられかけているが、サブリミナル映像挿入事件だ。アクションシーンなどで一瞬白コマや黒コマを入れる代わりに遊びの絵を入れるというアレ。アレに超絶な方の絵を入れて大問題になったという。
佐藤竜雄 @seitenhyohyo
イサミも御多分に漏れず「一コマ遊び」はよくやっていた。アニメーターのお遊びだし、問題ないだろうと。しかし「内容に関わらず今後一コマ絵を見つけたら、即刻番組を打ち切りにします」ときっぱりと言われた。今では笑い話だが、当時は「何でこう、次々と」と途方に暮れた。
佐藤竜雄 @seitenhyohyo
政治的な話は苦手、とかオレには関係ないと思っている人もいるかもしれないが、モノを作ったり表現している以上、他人事では実はない。そう考えれば初のテレビシリーズ監督で一年間、そんなこんな経験が出来たのは良かったのかもしれない。
佐藤竜雄 @seitenhyohyo
一番なのは、論より証拠で作品で皆を納得させる事。それはわかってる。だから悪戦苦闘の日々。

コメント

ラルフ124c41+ @naijel 2010年3月20日
RT @seitennhyohyo: 健全なアニメ、良いアニメと僕らが思って作っていたとしても、「それはダメだ!」「俗悪だ」というレッテルはいつ何時やって来るかわからない。そして安全な「こちら側」にいて「あっち側」を金儲けだ俗悪だと揶揄するのは何かイヤだなと。だから僕はナデシコを引き受けた。後悔は無かった。
a_ge_ha @a_ge_ha 2010年3月21日
RT @seitennhyohyo: 一番なのは、論より証拠で作品で皆を納得させる事。それはわかってる。だから悪戦苦闘の日々。
jun@Jun-nyan(sɹǝunɾ) @juners 2010年3月21日
RT @seitennhyohyo: イサミも御多分に漏れず「一コマ遊び」はよくやっていた。アニメーターのお遊びだし、問題ないだろうと。しかし「内容に関わらず今後一コマ絵を見つけたら、即刻番組を打ち切りにします」ときっぱりと言われた。今では笑い話だが、当時は「何でこう、次々と」と途方に暮れた。
えふすく @FSQUARE 2010年3月21日
興味深い一例。最近でもひぐらし&スクイズとか例には事欠かないけれども
うずら™ uzu:lʌ @vitalsine 2010年3月24日
00年代ぐらいから「一コマ遊び」が無くなってきたのは、こういう事情なのかな?
たかしろゆーいち @TakashiroU1 2010年9月20日
どんなに安全運転していても向こうからぶつかってきたら終了ですからねえ…こればかりは…
えろばへろみ @eroba 2010年9月20日
オ○ムのネタ1コマがなければ、今でも当時伝統の1コマネタが続いていたかもしれない。らき☆すたで1コマかなたが出たりするのはあったが
とらとら @toratora_gomi 2017年7月8日
例の人なんかが映った1コマのほかに、ポケモンショックのこともあって出来なくなった感じだったと思う
ともはる @tomoharuhare_m8 2017年7月11日
その時期さえ乗り越えられれば大丈夫になる表現もありますからねぇ。自粛というのは本当に厄介です。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする