メディアが報道しない本当のシリア・中東シリア・化学兵器の真相⑷Whose sarin?Seymour M. Hersh/London Review of Books, 19 December 2013 (3/3)

2013年8月21日未明、ダマスカス近郊グータ地区でサリン毒ガス事件が発生し、市民に多数の犠牲者が出た。事件は即刻アサド政権の犯行として報道されたが、すでに早い頃から複数のソースから<報道>に対する疑いの声が発せられていた。シーモア・M・ハーシュの記事「誰のサリンなのか?」は最も具体的で決定的なものだろう。全文翻訳、第三回配本。
シリア・中東(政治・国際)
taiyonoibiki 2501view 0コメント
2
ログインして広告を非表示にする

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「宇宙」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする